映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

のだめカンタービレ(前編)

2010年01月10日 | 邦画(10年)
 本年の劇場鑑賞映画の第1番目として 「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」を、吉祥寺の映画館で見ました。

 この映画は2部作の前半に過ぎず、後編は4月中旬の公開を待たなくてはならないということで、それではあまりに間隔があきすぎではないかと思えて、余り観る気が起きなかったところ、マスコミに掲載されている映画評が概して好意的なので、それでは観てみようかという気になり、暇なこともあって正月明け早々近くの映画館まで行ってきました。

 私も以前、フランスに留学するまでの原作漫画を読んだことがありますが、それ以降については、漫画もTVドラマも知らず、それでいきなりこの映画に臨んだところ、映画の中で演奏される音楽の質の高さもあって、ラストで上野樹里が雨の中にたたずむ姿には心が残りながらも、総じて大変面白く見終わることができました。

 特に、冒頭で演奏されるベートーベンの交響曲第7番第1楽章と、クライマックスで演奏されるチャイコフスキーの序曲「1812年」とは、劇場の大音響で聞くと随分と聴きごたえがあり、かつまた玉木宏扮する千秋の指揮ぶりも大層見事だと思います。
 これに、バッハのピアノ協奏曲第1番の弾き振りも加わるのですから、上野樹里が主役でなかなか良くやっているとしても(昨年は「キラー・ヴァージンロード」を見ました)、私には、玉木宏の方が強く印象に残りました。
 確かに、上野樹里が弾く「トルコ行進曲」(実際の演奏は、著名な中国人ピアニストによっています)も面白い演奏ですが、私には、強弱を強調しすぎて、やや奇をてらったものではないかという感じもしたところです(“分かったようなことを言って”との陰の声)。

 といっても、問題がないわけではありません。団員の3分の1がやめてしまい危機に瀕しているマルレ・オケの常任指揮者に千秋が就任すると、あっという間に見事な演奏を披露できるまでになりますが、ちょっと出来過ぎの感がしないでもありません。
 「ボレロ」のめちゃくちゃな演奏の後、オーディションで団員を入れ替えるだけであれほどの演奏ができてしまうというのは、実際にはあり得ない話でしょう。
 とはいえ、元々のボロボロの演奏自体が、素人分かりするようにギャグとして演じられているために―いくらなんでもあの程度の演奏しかできない団員では、どんなに練習しても上達はしないでしょうから!―、その後の演奏との格差が大きく感じられるだけなのかもしれません。
 そうだとしたら、有能な団員が加わりさえすれば、千秋の名指揮ぶりとあいまって、あのような素晴らしい演奏につながったとしてもおかしくはなさそうです。

 それに、再建ぶりをはじめて公開する演奏会で演奏されたのが、虚仮威しによく使われる「1812年」ですから、なおのこと印象が深くなってしまいます(なにしろ、ナポレオンがロシアに侵入しまた退却する様が、両国の国歌とか大砲の音を交えて演奏される体のものですから!)
 ですが、元々この映画は、主にクラシックなどなじみがない若い人向けのものでしょうから、そういう観点から考え直してみれば、それはそれでよく作られていると言ってみてもいいのでしょう。

 ところで、もうひとつ面白いなと思った点は、言語に関することです。このところ洋画でも、一つの作品の中で様々の言語が使われている映画がよく公開されるようになってきました。
 今回の映画は、舞台がパリですから言語の問題の処理の仕方には興味深いものがあります。この映画では、外人が話す言葉は、吹き替えによって日本語に置き換えられているだけでなく、なんと外国人を日本人が演じることでその問題を処理している場合もあります(竹中直人やなだぎ武など)!元々がファンタジーなのですから何でもありだとしても、いくら何でもという気がしないわけではありませんでしたが。

 とはいえ、今回の映画はあくまでも2部作の前半でしかありません。4月に公開される「後編」をも見た上で全体を評価しなおす必要があるでしょう。
 また、楽しみが一つ増えた感じがします。

 評論家の面々は次のような感想です。
 前田有一氏は、「全体的にコメディ色が強く、いまさらいうまでもない上野樹里の怪演により爆笑確実。この世界観に慣れている人なら、十分満足できる仕上がりだ。ヨーロッパロケによる美しい映像も、もちろん注目」として55点を、
 渡まち子氏も、「今回は劇場版にふさわしく、ウィーンやパリなど、欧州の華麗な都を舞台にする豪華なもの。TVドラマの安易な劇場版が氾濫する中、本作は名曲の数々を劇場のクリアな音響で堪能できる点に映画版ならではの説得力がある」などとして55点を、
 福本次郎氏は、「人気テレビドラマの延長線上にある前半部分は笑えないコメディだが、真摯に楽曲に向きあおうとする後半は思わず聞き入ってしまった」として50点を、
それぞれ与えています。
 この中で福本次郎氏は、「騒々しいエピソードの連続で綴られる」とか、「人気テレビドラマの延長線上にある前半部分は笑えないコメディ」だという具合に、かなり否定的です。このような書き方をする人は、シリアスなところが何もないこうしたたわいのないコメディが元々肌に合わないのでしょう!


今年は☆マークの評価をしてみようと思います(満点は★5つ)。
この映画は、後編とあわせて評価し直したいと思いますが、取り敢えずは、
★★★☆☆

象のロケット:のだめカンタービレ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本清張原作映画 | トップ | 海角七号 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最終への序奏として見れば満足 (スウィング・カレー )
2010-01-12 00:20:31
  この映画は、ご承知のように漫画原作のテレビドラマの続編ですが、出演者のファンとしては出来がどうであれ、まずは見ておくというものでした。「のだめ」漫画は以前にごく全巻を家族が借りてきたので、国内編はすべて楽しく読んだのですが、それでも、海外編はあまり興味を惹かれず、かつ登場する外国人の名前が煩わしくて、こちらはまったく読まずにおりました。
  こうした経緯があったのですが、映画のあらすじはすっきり分かり易く、かつ楽しい展開で風景画面も綺麗であり、演奏される音楽ともども楽しんできました。製作関係者がこの漫画と音楽に対して理解と愛情をもって作ったと感じます。多少欲をいえば、落ちぶれたフランス・オーケストラの立て直しがごく普通に進むのが、もう少しどんでん返しとは言わないでも、波乱があってもよいかなぁと思ったものです。でも、子供たちも含めて広く家族を視野においた映画作りということであれば、ごく素直な物語のほうで、良いのかも知れません。
 
  音楽演奏の水準もオケを含め高そうで、個人的な感触では、のだめ君が弾くトルコ行進曲(実際の演奏はランランという著名な「男性」のピアニストとのことです)が面白く感じました。音響効果の良い劇場で「見る、聴く」というだけで、映画化の意味があるはずです。ちょっと離れた感じのあるクラシック音楽に対して、ファンが増えれば、音楽関係者にとって嬉しいことでしょう。「のダメ×ダメ・オケ」はマイナスの相乗で、結果がプラスということかもしれません。
  インターネット上の映画評価などを見ると、総じて好意的で評価(満足度?)が高いようですが、映画製作に芸術性(そして、厳格な音楽)を求めるむきからは厳しい評価もあると思います。でも、これはそうしたことが狙いではありませんから、自然に楽しめるような寛容性が観衆にあれば、それで良いと思われます。
  最終編の後編が次ぎに控えており、これが4月半ば頃に上映予定ということで、この辺の間隔がすこしありすぎで不満だという声も聞かれ、やはりそう感じるものです。
  ともあれ、楽しい映画は良いと改めて感じたところです。そして、そのように受け取って見たほうが、得だということでしょう。
一粒で二度美味しい (クマネズミ)
2010-01-14 05:31:25
 「スウィング・カレー」さん、コメントありがとうございます。
 4月の後編の公開が待ち遠しい感じです。
こんばんは (サラ)
2010-02-14 01:43:45
以前より、TBをたびたび頂きありがとうございます。
ワタシも一番は映画ですが、絵も音楽も好きです。
今回、リンクさせていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (LOVE Cinemas 調布)
原作は二ノ宮知子の同名漫画。というよりももはや大人気TVドラマ『のだめカンタービレ』の最初で最後の映画化といったほうが良いだろう。上野樹里や玉木宏以外にもテレビシリーズのメンバーが勢ぞろい。監督はTVドラマの演出も手がけた武内英樹。製作はフジテレビにこ...
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 (ラムの大通り)
----これも人気テレビシリーズの映画版だよね。 スペシャルか何かを偶然観て、 よく分からないと言っていなかった? 「うん。あれはたまたま観たわけだけど、 不思議だったのがのだめなるヒロインの口調。 この人、どこか問題を抱えているのかと思った。 でも、これもいわ...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 憧れと反発 (はらやんの映画徒然草)
漫画、アニメ、TVドラマと人気のコンテンツ「のだめカンタービレ」の実写版映画の前
劇場鑑賞「のだめカンタービレ最終楽章前編」 (日々“是”精進!)
のだめカンタービレ最終楽章前編&後編(3CD)「のだめカンタービレ最終楽章前編」を鑑賞してきました二ノ宮知子の同名人気漫画を上野樹里、玉木宏主演でテレビドラマ化し、大ヒットとともにクラシック・ブームも巻き起こした「のだめカンタービレ」を銀幕に昇華、新た...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (いい加減社長の日記)
もうこれは、はずしようがないでしょ。 というわけで、「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」を鑑賞。 これも公開日に観たのに、感想は今頃^^; (C) 2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (勝手に映画評)
2006年にフジテレビで放送され、人気を博した「のだめカンタービレ」の完結編。原作の方も完結みたいなので、本当に最終楽章=完結編と言うことの様です。 この「のだめカンタービレ」、実は、刊行前に原作のストーリーをフジテレビに教えたりしていて、TVやアニメが原作...
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に学ぶ世界戦略 (映画のブログ)
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』は、ヨーロッパを舞台にした映画だ。 外国に飛ばされてしまう映画や、見知らぬ外国で事件に巻き込まれる映画はあっても、日本人が外国で普通に生活し、仕事や学業に励む日本映画は極めて珍しい。 …つづきは、こちらにてご覧く...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」ダメオーケストラを見事に再建した千秋の指揮者プロデビュー (オールマイティにコメンテート)
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」は2006年に放送されたドラマ「のだめカンタービレ」の続編で千秋先輩を追ってパリに留学したのだめが千秋との共演を目指して毎日課題曲に励むも、千秋がプロの指揮者となってオーケストラの公演で成功させていく事で距離が離れそ...
映画「のだめカンタービレ」良かったです♪ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
私はドラマ版「のだめカンタービレ」の大~~ファンです! コミック版とTVアニメ版も見たことはあるのですが、原作よりもドラマ版が一番好き...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (Akira's VOICE)
暴走のちステップアップ。  
のだめカンタービレ 最終楽章 前編/上野樹里、玉木宏 (カノンな日々)
別に映画化しなくてもTVドラマでいいじゃんと思ってたんですけど、ここ最近の映画宣伝で主演の玉木宏さんが「演奏もクラシック音楽も映画ならではスケールになってとてもいいんです」とコメントしていたのを聞いて私も受け止め方をガラリとチェンジ。TVドラマにはしっかり...
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 ('09初鑑賞186・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 12月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:15の回を鑑賞。
映画「のだめカンタービレ最終楽章・前編」 (DolceVita)
さてさて、新年早々見てまいりました、映画「のだめカンタービレ最終楽章・前編」。(↑前編の予告編はこちらの公式HPで見られますよ♪)予告や宣伝でも言われていましたが、やはり映画館の音響とスクリーンで感じるオーケストラの音と演奏シーンは見ごたえ・聴きご....
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
いやあ、この映画版はホント面白かったです。いや、「楽しかった」のほうが近いかな。(^_^)  のだめが進級試験で弾く「トルコ行進曲」のように、遊び心に溢れていて独りよがりで薄っぺらくて、キラキラ輝いているくせにチャラチャラしていて、楽曲を深く理解して弾いてい...
『のだめカンタービレ最終楽章・前編』行ってきました。 (mamataro's eyes)
後編が楽しみ。 {/onpu/}『1812年』よかった{/face_zzz/}{/hearts_pink/}…千秋先輩(携帯の待ち受け){/face_suki/} 「ズルイ…」から始まってのだめちゃん、溜めて溜めて、ラストの雨の中。 後編でどんな巻き返しをしてくれるのかすごく楽しみ{/m_0146/} あと個人...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (Serendipity !)
 待望の映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を公開初日に観た。  出演は連ドラ、スペシャル版に引き続き、テオ役になだぎ武を加えて、上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー、 山田優、福士誠治、吉瀬美智子、竹中直人、瑛太 、水川あさみ、小出恵介ら。  原...
のだめカンタービレ最終楽章前編 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
のだめと千秋先輩のでこぼこコンビが、繰り広げるクラシック音楽を題材にしたコメディタッチの映画だ。本場ヨーロッパのコンサートホールでロケをしたので、臨場感がたっぷりで楽しめる。特に千秋役の玉木宏は指揮ぶりがうまい。後編が待ち遠しい。
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (塩ひとつまみ)
今年最初の映画はこれ。 頑張って朝早く起きてモーニングショーで見て来ました。
のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編> (美味-BIMI-)
のだめ見てきました~~~! レイトショーで映画終わったら12時(疲)!@@! でも面白かった~。行って良かったです。 期待を裏切らなかったです。 あちこちに散りばめられた細かいギャグに、映画館中で笑いが起きてました! この漫画で、クラシックファンは確実...
のだめカンタービレ最終楽章 前編 (うろうろ日記)
試写会で見ました。ドラマは見ていましたが、映画が始まると、アレ?パリ行ってたっけ
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。 (たいむのひとりごと)
ブラボー[E:note] ずっと楽しみに待っていた『のだめカンタービレ』の完結編。原作は一足先にクライマックスを迎えているが、ドラマはドラマ、アニメはアニメそれぞれに完結編を制作してくれるフジテレビに
映画 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 を觀た (仙丈亭日乘)
生マングースに會つてきた!
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (2009) (白ブタさん)
やっぱりこれを見ないと、今年は終われません(*^_^*)
のだめカンタービレ 最終楽章 前編  (Diarydiary! )
《のだめカンタービレ 最終楽章 前編》 2009年 日本映画 プラニティ国際音楽
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/12/19製作国:アメリカ上映時間:分監督:武内英樹出演:上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、谷原章介、なだぎ武、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人Story:プラティニ国際音楽コンクールでみごと優勝に輝いた千秋は、かつてシュトレーゼマンも...
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 (みゆみゆの徒然日記)
 原作も好きですが、ドラマも好きでスペシャル含め全部見ています。先日もスペシャルドラマの再放送があり、やっぱり映画も見なくちゃ!ということで、行ってきました~~{/m_0146/} 【あらすじ】 プラティニ国際音楽コンクールで優勝後、千秋は、“ルー・マルレ・オー...
映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編」 (CLASSICA - What's New!)
●映画館で観てきました、「のだめカンタービレ最終楽章 前編」。期待に違わぬ完成度...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
二ノ宮知子の同名コミック、TVドラマともに大人気のラブ・コメディの劇場版。国際音楽コンクールでの優勝後、千秋は仏のルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に。だが、そのオケは財政難の上、団員の雰囲気は最悪だった。愕然とする千秋だったが、気を取り直して、の...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (ルナのシネマ缶)
実は、結構「のだめ」の ファンだったりして・・・ 原作本もテレビドラマも しっかり観てるし、 テレビで充分だと思いつつ 映画館で観てしまいました。 たしかに、オーケストラの 演奏とかは、すごく良かったです。 プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、千...
【のだめカンタービレ 最終楽章 前編】はい。のだめ祭りです (映画@見取り八段)
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 監督: 武内英樹    出演: 玉木宏、上野樹里、ウエンツ瑛士、ベッキー、福士誠治、なだぎ武 公開: ...
★「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年の劇場鑑賞映画の一本目ーーーーーーーーーーーーーっ。 こんなんでいいのか???とも思ったけど、 基本的にギャグ映画も好きだし・・・ 昨日DVDでピアノものの「4分間のピアニスト」観たし、 一応音楽繋がり・・って事で。
■のだめカンタービレ 最終楽章 前編見てきちゃいました・・・ブヒッ (Akatuki Design )
待ちに待った「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」をまたまた松戸のシネサンシャインで見てきちゃいました。 20:00以降はレイトショー料金なのと近いのが素晴らしい! でも、ちょっと音響はやっぱり良くなかったかな・・・ せっかくの素晴らしい音楽だったのにちょっと...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編♪  (★ Shaberiba )
楽しかったぁああ!!でも。思いもよらない切ないラスト。このままで4月まで待てと~!!ムキーー!!あっ。ついのだめ言葉が(笑)
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (小部屋日記)
(2009/日本)【劇場公開】 監督:武内英樹 出演:上野樹里/玉木宏/瑛太/水川あさみ/小出恵介/ウエンツ瑛士/ベッキー/山口紗弥加/山田優 待ってくださいね先輩。 今すぐ追いつきますから。 二ノ宮知子の同名ベストセラーコミックをテレビドラマ化し高視聴率を...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (心のままに映画の風景)
プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、 千秋(玉木宏)は、かつてシュトレーゼマンも指揮を務めた由緒ある“ルー・マルレ・オーケスト...
パブリック・エネミーズ (勉強 画像)
のだめカンタービレ - 映画的・絵画的・音楽的 のだめカンタービレ ・ 松本清張原作映画 ・ 医学と芸術展 ・ 謹賀新年 ・ ジュリー&ジュリア ・ パブリック・エネミーズ ・ カールじいさんの空飛...
映画『のだめカンタービレ最終楽章 前編』 (健康への長い道)
久し振りの休日。昼過ぎまで寝てから、近所の映画館で『のだめカンタービレ最終楽章 前編』。さすが、平日16:00からという半端な時間、空いております。 Story プラティニ国際音楽コンクールで優勝後、千秋(玉木宏)は、“ルー・マルレ・オーケストラ”の常任指揮者...
[映画] のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (霞の気まぐれ日記)
明けましておめでとうございます。 今年も当ブログはのんびりと更新していく予定ですが、 どうぞよろしくお願いします。 さて、元旦から、念願の“のだめ”を見てきました! 新しい年を、のだめワールドでハッピーに始められたら 幸せだろうなー、と思いまして。。 お正...
のだめカンタービレ(最終楽章) (なんとかなるかな?たぶん・・・)
さて、野郎一人で見たのはタイトルのとおり『のだめカンタービレ』テレビで思いっきりツボに嵌った作品です。ストーリーとかは後編もあり、見てないかともいると思うので割愛します。感想やはり、劇場で見て正解でした楽しさ、切なさ、すべてがテレビ版よりスケールアップ...
「のだめカンタービレ 最終楽章~前篇」 (NAOのピアノレッスン日記)
~この冬、映画館がコンサートホールに変わる~ 原作・ドラマ・アニメ、すべて見つくしたのですから当然見なくちゃ!! 2009年 日本 (東宝)    09.12.19公開監督:竹内英樹     製作:亀山千広    上映時間:121分原作:二ノ宮知子脚本:衛藤...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (玉木宏さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆玉木宏さん(のつもり) 玉木宏さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に千秋真一 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (えいがの感想文)
2009年 監督:武内英樹 出演:上野樹里    玉木宏 まあまあ、こんなもんなんでしょうかね。 TVドラマ程ではないけど、そこそこ笑えるし。 ヨーロッパロケは豪華で、「変態の森」のCGもチープでいい感じ、 オーケストラもふんだんに聴かせてくれて。...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (とりあえず、コメントです)
ベストセラーコミックを上野樹里さん&玉木宏さん主演で映画化した作品です。 テレビドラマを観ていたので、あの二人にまた会えるのを楽しみにしていました。 期待通りの楽しさと音楽の美しさにワクワクしました~!
のだめカンタービレ 最終楽章 前編☆独り言 (黒猫のうたた寝)
さすがというかフジTV、公開前日にはSPドラマの再放送ときましたか(笑)ええ、策略にまんまとかかってもかまいません。公開初日は、仕事も休みでラッキーっと『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』にいそいそと出かけてしまう猫。漫画ではまって、TVドラマはどうなのよ?...
のだめカンタービレvol.44 映画2回目!^^!<のだめカンタービレ最終楽章・前編> (美味-BIMI-)
のだめの映画!2回目行っちゃいました~~ ぎゃぼ~~~~! アニメ<のだめカンタービレvol.43 アニメ・フィナーレ 第1話 「Lecon 1」> を見た後に観る映画は、また違く感じました。。。 あらすじ詳細は、前回の記事、 <のだめカンタービレvol.42 映画<のだ...
のだめカンタービレ最終楽章前編 (単館系)
個人的に最近の月9の中では傑作なんではないかと思うのだめカンタービレ ついに映画公開! あらすじとか説明不要・・・だよね?多分 見ど...
映画「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」 (itchy1976の日記)
のだめカンタービレ/最終楽章 前編(eiga.com) のだめカンタービレ/最終楽章 前編(公式サイト) ○基本データ(eiga.comより) 監督:武内英樹 製作:亀山千広 エグゼクティブプロデューサー:石原隆、和田行、吉羽治、畠中達郎、島谷能成 プロデュース:若松央樹 プロデ...
『のだめカンタービレ最終楽章 前編』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回は、3度エキストラに出掛け、キャストや撮影現場を間近で見たり、バッチリ映っちゃったり(エキストラレポート)なんかもした、ドラマ『のだめカンタービレ』の続編、『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の完成披露試...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
この冬、映画館がコンサートホールに変わる。 待っていてくださいね先輩。 今すぐ追いつきますから。 二ノ宮知子の原作クラシック音楽漫...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編(復習上映会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[のだめカンタービレ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年28本目(27作品)です。 【あらすじ】 プラティニ国際音楽コンクールでの優勝後、千秋真一(玉木宏)は、ルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に抜擢さ...