映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

必死剣鳥刺し

2010年07月28日 | 邦画(10年)
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。

(1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出されると、もうこの映画の世界から逃れられなくなってしまいます。
 といっても、そこからラスト近くまでは、実に淡々とした物静かな映像が続きます。海坂藩があるとされる山形県の四季折々の景色に囲まれながら、閉門を命じられ蔵の中で蟄居する三左エ門の様子、それが1年で許されて藩内を見回る姿が映し出されます。その中で注意を引く動きといえば、三左エ門と身の回りの世話をする亡妻の姪・里尾(池脇千鶴)との関係でしょう。
 池脇千鶴の如何にもといった抑制の利いた素晴らしい演技によって、ある一夜に2人が結ばれるのも当然と観客は納得がいきます。

 さらに、ラストには見せ場が2つも用意されているのです。
 一つは、三左エ門と別家の隼人正(吉川晃司)との対決です。隼人正も剣豪でありながら、三左エ門はなんとか打ち果たします。このときの有様は、二人の俳優に気迫が十分にこもっていて、そのぶつかり合いは実に見ごたえがありました。
 二つ目は、最後の乱闘場面です。
 数多くの相手に取り囲まれ、何人も倒しながら深手を負ってしまい、中老の津田民部(岸部一徳)のそば近くまでにじり寄っていくシーンは、迫力満点といえるでしょう。
 そして「必死剣鳥刺し」の場面です。ほとんど死んだようになった三左エ門の死を確認しようと近寄ってきた津田に対して、最後の最後の力を振り絞って剣を突き立てるのです(あるいは、死後硬直をも考慮に入れての「鳥刺し」なのかな、とも思えましたが)。
 こんなことが可能とは思いもよりませんでしたから、実際度肝を抜かれました!

 とはいえ、この映画については、酷くつまらない点にばかりこだわってみたくなってしまいます。
〔といっても、なぜ別家の隼人正は簡単に城内に入ることができたのか、三左エ門が剣を振り回すと相手は簡単に殺されるのに、彼自身はいくら切られてもなかなか死なないのはなぜか、どうしてこの時代に鉄砲が使われなかったのか、などといったことを問題にしたいわけではありません←それらはこうした時代劇における殺陣の定番なのでしょう!〕

・主人公の三左エ門は「必死剣」によって中老の津田民部を倒しますが、それによって必ずしも勝ったことにはならないのではないかと思えてきます。
 というのも、津田が極悪人ならば、それを最後に成敗したことによって勝ったことにもなるでしょう。ですが、彼は決して悪人ではないのではないでしょうか?海坂藩本家の存続を図るために、剣の達人である三左エ門を斬首とせずに藩主のそばにいて警護にあたれるように取り計らったのであり、それは功を奏して別家の隼人正を排除できたわけですから。
 それに、三左エ門を皆で切り殺して、隼人正を殺した下手人に仕立て上げようと謀ったにしても、元々三左エ門は斬首されても当然と本人が納得していたわけで、何の問題もないはずですから。
 津田を演じる岸部一徳がいかにも悪役面をしているがために、最後に「必死剣」で彼を倒す三左エ門をすごいと思ってしまうところですが、ちょっと立ち止まって考えてみると、いったい三左エ門は何をしたのか、と思えてしまいます。

・映画の冒頭の能舞台のシーンで、舞い終わると場内が静まり返る中、「連子」が“拍手”をし、それにつられてそのほかの聴衆も“拍手”をしますが、いったい江戸時代にそのような場合に“拍手”をする習慣があったのかどうか、大いに疑問です(ちなみにこのサイトをご覧ください)。

・その「連子」ですが、映画の中では皆に「れんこ」様と何度も言われているところ、むしろ「れんし」様というべきではないか、いやいや本来的には名前そのものを軽々しく口にはしなかったのではないか(普段住まっているところの名称などを代わりに使うのではないか)、などの疑問がわきました。

・三左エ門が「連子」の墓を訪れる場面がありますが、そこに「連子」に仕えていた女性が現れ、彼に何か云いたそうにします。ですが、彼はそれを遮って立ち去ってしまいます。おそらくその女性は彼に対して、「連子」殺害の理由を聞き糺したかったに違いありません。 あるいは、「連子」の咎とされるいろいろな行為にも理由があってのことなのだ、という内幕が明かされたのかもしれません(勘定方に切腹を命じたのはともかく、元々、「強訴」をした一揆の首謀者が斬首の刑に処せられるのは、当時それほど特異なことではなかったはずですし、荒廃した菩提寺の造営も光明皇后の新薬師寺ではありませんが〔7月14日NHK「歴史秘話ヒストリア」〕、昔からよく行われてきたことではないでしょうか?)。

 というわけで、豊川悦司と吉川晃司との斬り合いの迫力や、ラストの凄まじい殺陣は十分評価できるものの、物語全体はちょっとどうもという感じがしてしまいました。
 尤も、上で色々難癖をつけた点は、ラストのシーンに至るための単なるエピソードに関するものであり、ラストの2つの斬り合いこそが何より重要なのだという立場に立てば、どれもこれもどうでもいい点ばかりといえるでしょう!

(2) 藤沢周平の小説を映画化した者はこれまでもいくつか見てきましたが、ここでは『隠し剣 鬼の爪』(山田洋次監督、2004年)と比較してみましょう。

イ)『鬼の爪』も『鳥刺し』と同じように、山場が2度ほどあります。
a.主人公・片桐(永瀬正敏)とその友人・狭痢小澤征悦)との対決は、三左エ門(豊川悦司)と隼人正(吉川晃司)との切り合いに相当するでしょう。
 ただ、『鬼の爪』においては、片桐は、藩の剣術指南役だった戸田の所に出向いて、相手の倒し方を習得する場面が丁寧に描かれています。とはいえ、そこで教えてもらったのは「隠し剣」ではなく(すでに伝授済み)、相手と向き合ってから視線をそらして背中を見せ、意表を衝かれた相手が隙を見せたところを切り倒すというもの。実際、その戦法を使って片桐は狭間を倒します〔むしろ、彼らを取り囲んでいたものからの発砲によるとも言えますが〕。
 他方、『鳥刺し』においても、三左エ門が隼人正を倒す際には「必死剣」を使いませんでした。

b.片桐が城内で家老(緒形拳)を暗殺しますが、これは『鳥刺し』において三左エ門が津田民部を倒すのに対応していると思われます。
 加えて、その際に片桐は「隠し剣 鬼の爪」を使いますが、三左エ門も「必死剣 鳥刺し」を使います。ただ、前者では、使った道具がどんなものなのか映画の中で示されるものの、後者にあってはどのようなやり方で津田を倒したのか今一よくわからないところです。

ロ)これだけ状況が類似している上、この二つの作品では、主人公と女性との関係がよく似ているとも思われます。
 すなわち、『鬼の爪』では、片桐は、禄を返上して町人となり蝦夷に向かいますが、その際に、以前片桐の家に女中奉公に来ていたきえ(松たか子)に愛を告白して一緒に北に向かいます〔随分と現代人っぽい感じがしてしまいますが!〕。
 他方、『鳥刺し』においても、三左エ門は、一生懸命身の回りの世話をしてくれる妻の姪・里尾(池脇千鶴)と、一夜限りながら関係をもってしまいます(あるいは、津田民部の謀略がなければ、戻って一緒になったのかもしれません。妻の実家に預けられる里尾に、「必ず迎えに行く」と言っているのですから)。
 このように身近にいて世話をしてくれる女性に、主人公が強い愛を感じてしまうというのは、『たそがれ清兵衛』(山田洋次監督、2002年)でも、井口清兵衛(真田広之)と朋江(宮沢りえ)との関係でも見られたところです。

(3)映画評論家の論評は余り見かけませんが、渡まち子氏は、「この映画は、勧善懲悪の形をとりながらも、剣に生きて死ぬ道を静かに否定しているように思う。それでも戦いに身を投じていく主人公のままならぬ人生が、人間の業となって浮かび上がってくるところに、暗い情熱がある。中老役の岸辺一徳の腹黒い表情、三左ェ門を慕う里尾役の池脇千鶴の秘めた情熱の顔つきが印象的だ。木彫りの鳥の人形を作る豊川悦司の横顔がストイックでいい」として60点を与えています。



★★★☆☆


象のロケット:必死剣鳥刺し
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レポゼッション・メン | トップ | 華麗なるアリバイ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (hal)
2010-07-28 08:18:10
私も最近の藤沢周平ものの映画作品は大体見ていますが、こういった比較分析はおもしろいですね。やはり基本的なパターンがあるのですね。
拍手 (KGR)
2010-07-28 12:26:11
確かに能に拍手も似つかわしくない気がしますが、そもそも拍手と言う慣習がなかった、とは全く知りませんでした。

最後の山場は盛り上がるんですが、そこに至るまでがダレます。

津田や帯屋、連子や藩主の関係性がいまいちで、仰るように三左衛門が藩に何をもたらしたのかは不鮮明です。
津田の思惑を観客に示さないことで逆に三左衛門にとっての正義がぼやけているというか描ききれてないというか、そういう気がします。
拍手 (ふじき78)
2010-07-28 23:54:19
こんちは。TB辿ってきました。
拍手は周りの侍も明らかに面食らったような顔をしていて、殿様が拍手しだしたので、仕方なく同調の輪を広げたと言う書かれ方をしていたので、どこかで西洋の話を聞いた連子様が筋違いなのにやってしまったという感じじゃないでしょうか(トヨエツが拍手しなかったのは好対照で面白かったです)
鳥刺しといっても刺身ではない? (桜肉)
2010-08-03 01:45:56
  例によって「海坂藩」の小編をいろいろ折り込んで長くしたもののようで、筋書きはほぼ先まで読めるのですが、まじめにしっかり作っており、総合的に考えて、なかなか良かったと評価しています。話としては、桜が綺麗でハッピーエンドにおわるだけ『花のあと』のほうが好きですが、本作も悪くありません。
  最後の関心は、秘剣鳥刺しを誰に対して用いるのかということで、個人的な感想をいえば、二人に対して同時に効果があって、これぞ「一石二鳥」の秘剣で「鳥刺し」だよというほうが、気分的な満足度が高かったと密かに思っています。悪い殿様もご一緒にどうぞという気がするわけであり、「鳥刺し」という命名の由来がよく分からないからです。「一石二鳥」なんて、刀では物理的に無理だよと言わないで、どうせフィクションなのだから、そのように作れなかったのかといい加減な想いを廻らしています。
  女性贔屓の私としては、この観点で見ると、『花のあと』は理不尽に対して「怒った女」の話であり、本作は「忍ぶ女、耐える女」の話だと受けとめます。だから、こうした観点でともに面白く見ることができ、本編でも、女性役を演じた池脇千鶴がしっかり演じていたと評価しています。

  実のところ、クマネズミさんも言われるように、この映画は、その場では勢いのなかで納得して見ていますが、細部を考えると、おかしなところもいろいろあります。敵役の御別家様が迎え撃ちをされるようなタイミングで出てくるのもそうですし(藩内で無双の剣の達人の主人公が謹慎している時期に行動すれば、目的を達せる可能性があるのではないか)、殿様の愛妾殿の呼び方などもそうです。おそらく、言われるように、「ラストの2つの斬り合いこそが何より重要なのだという立場に立てば、こんなことはどうでもいい」というものなのでしょう。だから、私も、同様に考えて、なかなかの立ち回りと忍耐の女性を評価します。
忍ぶ女 (クマネズミ)
2010-08-03 05:30:32
桜肉さん、懇切なコメントをありがとうございます。
おっしゃるように、この映画の見所は、ラストの2つの斬り合いと池脇千鶴でしょう。
特に、池脇千鶴は、先般見た『パーマネント野ばら』でも、一緒になる男という男に殴られて捨てられる役を演じていましたし、「忍耐の女」にピッタリなのかも知れません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『必死剣鳥刺し』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳公式サイトはこちら。<Story>時は江戸。東北は海坂藩...
必死剣鳥刺し (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。藤沢周平原作、平山秀幸監督。豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ 小日向文世、岸部一徳。藤沢周平の架空の海坂藩物時代劇は「花のあと」、「山桜」「武士の一分」と四つ目。この中では最も殺陣が派手なのだけれど、その分、説得力も...
『必死剣 鳥刺し』の作法とは? (映画のブログ)
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと...
【映画】必死剣鳥刺し (芸術に恋して★Blog★)
いままで、藤沢周平原作の映画化作品は好んで見てきたが、今回の「必死剣鳥刺し」はとりわけ、その中でも緊張感が高い作品であると思う。物語は、他の作品と比べると厚みが少ない気もするが、正義を貫く孤高な武士と、人を利用することしか考えない上役や弱者の不条理など...
『必死剣鳥刺し』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し」□監督 平山秀幸 □脚本 伊藤秀裕、江良至□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳■鑑賞日 7月10日(土)■劇場...
「必死剣 鳥刺し」 (俺の明日はどっちだ)
・ うひょー! そのまるで焼き鳥屋みたいな題名に惑わされることなかれ! 久々に時代劇をちゃんと堪能することが出来、「これぞ、映画!」と言いたくなる「しゃれども、しゃべれども」の平山秀幸監督の手によるお馴染み藤沢周平原作の映画化作品。 現代の中間管理職と...
『必死剣鳥刺し』|豊川悦司の侠気、吉川晃司の狂気 (23:30の雑記帳)
映画館に入って驚いた。 年配の方の多いこと、多いこと。 マジで老人会の団体が入っているのかと思った。 最近DVDで観た平山秀幸監督の 「しゃべれどもしゃべれども」がとても よかったので、本作の公開を心待ちにしていた。 しかしその一方で、劇場予...
映画 「必死剣 鳥刺し」 (ようこそMr.G)
映画 「必死剣 鳥刺し」
必死剣 鳥刺し (迷宮映画館)
吉川晃司!!いいです。あの若かりし頃の吉川君は、どこにもないです。ハイ!
『必死剣鳥刺し』を見た (ワノログ)
 昨日、藤沢周平原作・豊川悦司主演の映画『必死剣鳥刺し』の試写会に行ってきた。試
映画「必死剣鳥刺し」 (今日の素敵さがし)
 こう見えても(どう見えてるか?ですけどね)、時々、「あー、ドキドキするよなチャンバラやってくれる時代劇みたーい!」と思う。
必死剣 鳥刺し (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  必殺剣ではなく必死剣、「この技を使うときは、使い手はほとんど死んでいる」という。またやき鳥じゃあるまいし、「鳥刺し」というのも妙な名前である。もしかすると長刃で自分を貫きながら、同時に串焼きのように、2〜3人まとめて刺し貫く剣技なのかもしれ...
「必死剣鳥刺し」真の敵を見定めて (再出発日記)
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳なんともやり切れない男の話である。冒頭から兼見三左ェ門に...
上映会「必死剣 鳥刺し」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
第1回シアタースタッフ映画祭、オープニング上映。 2010/4/23、科学技術館の地下3階、サイエンス・ホールでの開催。 時間的には逆になるが、本編上映後、主演の豊川悦司の舞台挨拶があった。 MCは黒川エリじゃないや、襟川クロともう一人若い女の子。 その後...
「必死剣 鳥刺し」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「必死剣 鳥刺し」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・藤沢周平 監督・平山秀幸 わたしも歳なのでしょう。こういう作品を観るといいな〜・・!としみじみ思うようになりました。 本作は藤沢周平原作...
映画「必死剣 鳥刺し」@東商ホール (masalaの辛口映画館)
 映画の主権はニッポン放送「栗奉行」さん。映画上映前に抽選会が行われた。客入りは7〜8割くらい、客年齢は異常に高い。    映画の話 江戸時代、海坂藩の近習頭取・兼見三...
必死剣 鳥刺し (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平の「隠し剣」シリーズのなかの一編を映画化。とある事件から不条理な運命に身を堕とした剣客の心情を描き出した時代劇だ。主演は『今度は愛妻家』の豊川悦司、共演に『パーマネント野ばら』の池脇千鶴。他にも岸部一徳、小日向文世、吉川晃司、戸田菜穂ら実力派が...
「必死剣 鳥刺し」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読だけど、シリアスな時代劇はいいやね。武家の物腰など所作一つ一つに品があって、時代劇ならではの静謐さが実に心地よい。時代劇だけに色々なところでお約束なのだけど、”正義が勝つとは限らない”理不尽
必死剣 鳥刺し (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
藩主の側室の横暴を止めるために公の場で刺し殺した剣の達人が、権力闘争に巻き込まれてしまう。ラストの殺陣シーンは翻弄された主人公の怒りが昇華されて、すさまじい。亡き妻の姪の献身的な愛に応える物語が救いになっている。
No.061 「必死剣 鳥刺」 (2010年 114分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 平山秀幸 出演 豊川悦司    池脇千鶴    吉川晃司 昨日の野球が雨で流れまさかの映画鑑賞でした 本日も野球のチケット買ってたので再び甲子園へ 大阪は揺るぎない薄曇り、これは野球あるね〜と思ってたら淀川越えた辺りから雲行きが怪しくなり、甲子園...
必死剣鳥刺し (日常の履歴)
藤沢周平原作という事で、また凹む話じゃないだろうなと思ってたら、全くその通りでし
平山秀幸監督 「必死剣鳥刺し」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
読売新聞7月9日夕刊の映画評でベタ褒めしてたので、即観たくなっちゃいました(^。^:) 公式サイト⇒http://www.torisashi.com/ 【あらすじ】 舞台は東北、海坂藩。主人公の兼見三佐ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾で失政の元凶となっていた連...
必死剣鳥刺し (うろうろ日記)
試写会で見ました。豊川さんと池脇さんが舞台挨拶にこられていましたが、二人とも、そ
「必死剣 鳥刺し」 殺陣が見もの (ももたろうサブライ)
監督 平山秀幸少しあらすじ海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の失政の元凶である愛妾(あいしょう)・連子(関めぐみ)を3年前に城中で刺...
必死剣鳥刺し (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
藤沢周平の"隠し剣"シリーズの短編「必死剣 鳥刺し」を映画化した作品。原作は読んだことがあります。 海坂藩の近習頭取、兼見三左ェ門は、3年前、藩主、右京太夫の失政の原因となっていた側室、連子を刺し殺していました。一年の閉門、減給の処分は受けます...
映画『必死剣鳥刺し』 (健康への長い道)
今年20本目、43歳になって1本目(笑)は、故・藤沢周平氏原作の『必死剣鳥刺し』。いつも空いている梅田ブルク7も、さすがに日曜日はそこそこ混んでいます。 Story 江戸時代、東北の海坂藩で近習頭取を勤める兼見三左エ門(豊川悦司)には、消えることのない過去があっ...
『必死剣 鳥刺し』 ('10初鑑賞94・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 7月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。
「必死剣鳥刺し」 (元・副会長のCinema Days)
 もうちょっと演出テンポを速めた方が良い。監督の平山秀幸はかつてのプログラム・ピクチュアの作り手のような実直さはあるが、観客をグッと引き込む良い意味でのケレンに欠けている。ここで言うケレンとはいわゆる“作家性”のことだけではない。スピードとスリルを重...
「必死剣 鳥刺し」:新宿消防署バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここが百人町のアパートだ。 {/hiyo_en2/}百人町?おもしろい地名ね。 {/kaeru_en4/}このあたりに、かつて伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことから名付けられたらしい。 {/hiyo_en2/}海坂藩にも鉄砲隊があれば、一発で解決して、あんな刃傷沙汰は起こらなか...
必死剣鳥刺し (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
はじめてこのタイトルを聞いたとき、思わず焼き鳥を思い浮かべてしまいました。必死に鳥肉を串に刺している豊川悦司・・・7月19日の109シネマズ・デーにて1000円で鑑賞。祝日の割...
必死剣 鳥刺し (だらだら無気力ブログ)
藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども ...
『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEI?で観る男ふじき (ふじき78の死屍累々映画日記)
よおし、じゃあ俺は「ゆとり剣つくね」だあ! 続編はサイボーグとして蘇ったモニカ吉川が 百姓の生首をダンゴ三兄弟にした剣で藩政に殴り込みをかける。 初っ端からターボ全開でくだらない嘘吐きまくりの私ですが、 映画は詫び寂びが効いてて、思った以上によく出来...
『必死剣 鳥刺し』 (ラムの大通り)
----また藤沢周平? ほんと人気だね。 「うん。でも、その理由は分かる気もするな。 原作こそ読んでいないけれど、 『たそがれ清兵衛』に始まり、 最近の『花のあと』に至るまで、映画化された作品を観る限り、 そこに貫かれていているのは“ある運命”。 それもその多く...
『必死剣 鳥刺し』 (beatitude)
寡黙で理解されずとも多くを語らず、己の信念を貫く男――ですかね。必勝の技の名が“鳥刺し”ってなんか…焼き鳥みたいw…とかくだらない事を思いながら観ちゃいましたが全体的に映像...
必死剣鳥刺し (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
組織と権力の悪意に、個人の正義が利用され踏み潰されるこの物語は、藤沢文学の中でも異色の苛烈さを持つ時代劇だ。江戸時代の海坂藩。兼見三左ェ門は藩主の失政の元凶である愛妾を城中で刺し殺す。死を覚悟したその行為には意外なほど寛大な処分が下り、再び藩主の傍に仕...
「必死剣鳥刺し」死に場所を決めて必死剣を繰り広げた先にみた殿様と妾の悪政に翻弄された武士の生涯 (オールマイティにコメンテート)
7月9日公開の映画「必死剣鳥刺し」を鑑賞した。 この映画は藤沢周平隠し剣シリーズの一遍を映画化した作品で、 藩政が乱れた原因が殿の妾にあると察して自らを犠牲に妾を刺すが、 斬首にならず生かされ、自らの死に場所を探していくストーリーである。 剣の剣客でも...
必死剣 鳥刺し (シネマ大好き)
海坂藩の物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、能の見物のあと、藩主・右京太夫(村上淳)の側室・連子(関めぐみ)を衆目のなかで刺し殺す。斬首を覚悟していた彼に下った判決は、意外にも、役を解いた上の一年の閉門だった。妻を失くしていた彼は、妻の姪の里尾(池脇千...
必殺剣 鳥刺し (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
死ぬことさえ許されない。ならば、運命を斬り開くまで。“秘剣”の全てが明らかになるラスト15分が、時代劇映画の歴史を変える。 物語:時は江戸。東北は海坂藩の近習頭取・兼見三佐ェ門には、消そうにも消せない過去があった。物頭をつとめていた三年前、藩主・右...
「必死剣 鳥刺し」を観た (RINRIN♪LIFE)
「必死剣 鳥刺し」を観て、今帰ってきました。
「必死剣鳥刺し」 現代のサラリーマンの姿とかぶる (はらやんの映画徒然草)
「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平作品が数多く映画化されるようになりました。 小説
「必死剣 鳥刺し」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:平山秀幸原作:藤沢周平脚本:伊藤秀裕、江良至 藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、「今度は愛妻家」の豊川悦司主演で映画化。監督は「愛を乞うひと」、「しゃべ
『必死剣鳥刺し』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『必死剣鳥刺し』に行ってきました。 いゃ〜、最近は、暑いですね
必死剣 鳥刺し (WEBLOG:e97h0017)
「藤沢周平秀異の作」を映画化したという本作、確かに原作における「必死剣」とは、主人公が我流で編み出した剣技であり、「隠し剣」シリーズでは異色の作品となるでしょう。原作では主人公がなぜそんな技を生み出さなければならなかったのか
必死剣鳥刺し (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月5日(月) 19:30〜 丸の内TOEI1 料金:0円(完成披露試写会) パンフレット:0円(売値不明。豪華なプレスかもしれない。) 『必死剣鳥刺し』公式サイト 初めて試写会に行きましたよ。しかも舞台挨拶付き。家に招待状が来ていて、どこで当たったんだろうと...
【必死剣鳥刺し】 (日々のつぶやき)
監督:平山秀幸 出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳 死ぬことさえ、許されない。   ならば、運命を切り開くまで。 「海坂藩の頭取の兼見三佐エ門は、藩主の側室を城中にて殺めた。 政に口を挟み財政難で苦しみ喘
必死剣鳥刺し (とりあえず、コメントです)
藤沢周平著の時代小説「隠し剣」シリーズの同名短編を映画化した作品です。 時代劇はあまり観ないジャンルなのですけど、藤沢周平原作の作品はいくつか観ています。 今作も豊川悦司さんを主演にどんな作品をを紡ぎ出しているのか期待しながら観ていました。
必死剣鳥刺し (愛猫レオンとシネマな毎日)
藤沢周平原作の「隠し剣」シリーズの映画化になります。 舞台は、お馴染み、東北の海坂藩(うなさかはん) 「必死剣」とも「鳥刺し」とも言われる秘剣の持ち主である主人公、兼見。 その技を目にする時、遣い手、兼見は半ば死んでいるとされるのだが・・・ コレは、いい...
必死剣 鳥刺し☆独り言 (黒猫のうたた寝)
トヨエツ主演の時代劇を試写会で鑑賞。主人公は、城主の側室を城中で刺殺しながらもなぜか中老・津田民部のとりなしで斬首をまぬがれしかも1年の閉門の後、城主の側用人に取り立てられる普通、そういうのってありえないでしょ?何か思惑がっと思うのは当たり前。案の定中...
必死剣 鳥刺し (to Heart)
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤...
必死剣 鳥刺し (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 策略、裏切り、人生に不条理── 全てを断ち斬る壮絶な殺陣。過酷な運命の中で男は何を貫こうとしたのか…。 【鳥刺し】 それは、必死必勝の剣。その秘剣が抜かれる時、遣い手は、半ば死ん...
鳥刺しショー (Akira's VOICE)
「ヒーローショー」 「必死剣鳥刺し」
必死剣鳥刺し (いやいやえん)
藤沢周平の隠し剣シリーズの1編ですね。 それは、必死必勝の剣。その秘剣が抜かれる時、遣い手は、半ば死んでいるとされる。 物語はもう知っているので、あとは当てはめていくだけなんだけど…豊川さんとのロマンス部分があるぶん里尾役の池脇千鶴さんがあまりにも幼...
必死剣鳥刺し (シネフィルも萌えヲタも)
藩政を乱す藩主の側室を刺殺した物頭・兼見三左エ門は、特別に死一等を免ぜられ謹慎の後、密かに彼を慕う姪の献身もあり生きる気力を取り戻していくのだが……。 『たそがれ清兵衛』『武士の一分』の藤沢周平原作、『太平洋の奇跡』の平山秀幸監督、豊川悦司・池脇千鶴...