映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

レポゼッション・メン

2010年07月25日 | 洋画(10年)
 『レポゼッション・メン』を新宿武蔵野館で見ました。といっても、単に、待ち合わせの時間まで2時間近くあって、うまく当てはまるのがこれしかないという理由で見たにすぎませんが。

(1)ちょっとした近未来物ではないかと思ったのですが、そうには違いないものの、かなり社会性も帯びているようです。
 すなわち、この作品では、ほとんどあらゆる種類の人工臓器が作られている近未来において、それを製造・販売する企業・ユニオン社が、移植にかかる高額の費用を患者に融資しながら営業を拡大しているとされます。
 ただ、他方で、融資した資金の返済が一定期間滞ると、直ちに回収人(レポゼッション・メン:Repo Men)が出動して、抵抗する場合には麻酔銃で大人しくさせてから、人工心臓とか人工肺などを顧客の体内から取り出して回収するとされています(この点は、移植にかかるローンの契約を行う際には、あまり触れないようにしている、とされています)。

 この映画の主人公は、回収に練達した手腕を発揮するレミーであり、『シャーロック・ホームズ』での活躍ぶりを見たばかりのジュード・ロウが扮しています。また、その同僚のジェイクも重要な役割を果たしますが、『ラスト・キング・オブ・スコットランド』で印象的なフォレスト・ウィティカーが演じています。こうした芸達者な俳優が登場しますし、ふんだんにアクション場面も取り入れられていて(ジュード・ロウのナイフさばきは実に見事なものです!)、面白いことは折り紙つきといえるでしょう。

 ただここには様々な問題がありそうです。

イ)直ちに連想されるのが住宅ローンであり、この映画の背景にあるのが、下記の前田有一氏に言われるまでもなく、世界的な金融危機を引き起こした米国におけるサブプライムローンであるのは誰でもスグニわかることでしょう。

ロ)とはいえ、サブプライムローンの場合は、返済が滞ると住宅が差し押さえられて競売に付されますが、こちらの方では人工臓器そのものが回収されてしまうのです。いずれも、ローンの対象となった物件が取り上げられてしまうものの、人工臓器の場合はそんなことをしたら顧客の命も同時に失われてしまいます(ただ、眼、耳など生命維持に直接関係しない部位については、そんなことに直ちにはなりませんが)。
 従って、常識的には、いくら近未来物とはいえ、このような映画が成立するとはとても思えないところです。
 回収人が人工臓器を回収するとしても、そのあとには元の臓器に戻す必要があるのではないでしょうか?そうしなければ原状復帰とは言えないでしょう。
 あるいは、人工臓器の提供を受けた患者は、ローンの返済が難しくなった場合には、自己破産をすればいいのではないでしょうか?
いずれにせよ、ジュード・ロウらのレポ・メンが、格好良くぶっ放した麻酔銃で眠らせた人の胸をメスで切り裂いて手際よく人工臓器を取り出すなんてことは、それこそ“ありえない映像”としか思えないところです。

ハ)むろん、SF映画なのですから、別の可能的世界にあってはそうなっているのだ、“ありえないこと”を描くのがSFなのだ、としているのかもしれません。でも、そんな無茶苦茶な世界のことを知りたいとは誰も思わないことでしょう!

 劇場用パンフレットの「イントロダクション」で、「本作は人間の尊厳を問い、人命の価値を軽くする営利主義の実態をもリアルかつシニカルに暴き出す」と述べていますが、そんなご託宣の前に、この映画の設定自体が成り立つのかどうかをまずもって十分に検討すべきではなかったのではないでしょうか?

(2)ジュード・ロウの作品は、何のかんの言いながら結構見ています。
 最近では、『シャーロック・ホームズ』や『Dr.パルナサスの鏡』ですし、少し前では、『スルース』、『マイ・ブルーベリー・ナイツ』、『ホリディ』や『こわれゆく世界の中で』といったところでしょうか。
 単なるクマネズミの偏見なのでしょうが、ジュード・ロウは、『リプリー』(1999年)や『コールドマウンテン』(2003年)などからしても、どちらかといえば主演するよりも脇で登場する方が生き生きとしてその真価を発揮しているのでは、と思ったりしています。
 『スルース』(2008年)は全編二人の俳優によって演じられていて、ジュード・ロウは主役といってもいい活躍ぶりですが、なんだか演劇を見ているような感じを受けましたし、『こわれゆく世界の中で』(2007年)は悪くはないものの、酷く地味で深刻な印象の映画で彼の良さが生きてはいないような印象でした(共演したジュリエット・ビノシュの影響があるのかもしれません)。

(3)映画評論家の論評はまずまずといったところでしょう。
 前田有一氏は、「いかにもいまどきのアメリカ人向きブラックジョークに満ちたSF映画」であり、「斬新な世界観、中国語があふれる近未来のアメリカの風景、容赦ない回収から、必死に逃げ回るハードアクションなど見所はたくさん」として70点を、
 渡まち子氏は、「ミュージック・ビデオ出身という新鋭ミゲル・サポチニク監督のテンポのいい演出が、ダーティな“ハッピーエンド”も含めて、シャープな印象を醸し出していた」などとして60点を、
 福本次郎氏は、映画は主人公の「男の心境の変化と、彼に降りかかる危険を振り払いつつ真実に近づいていく過程を通じて、肉体の機能は機械に代替させると同時に、人格を損なわずに心を入れ替えることも可能なのかを問う。しかし、歪んだ世界では正義や良識が排除の対象になるのだ」として50点を、
それぞれ与えています。

 どの評者もSF物に野暮なことは言わぬが花と決め込んでいる感じですが、しかしクマネズミとしては、この作品の設定自体が気になってしまうのです。



★★☆☆☆

象のロケット:レポゼッション・メン

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロストクライム | トップ | 必死剣鳥刺し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありえない回収方法 (KGR)
2010-07-25 10:32:50
これはおっしゃる通りですね。

いくら返済が滞って回収が必然としても、生命にかかわる回収方法が許されるとは思えません。

>この作品の設定自体が気になってしまう
その通りですね。
あんな累々たる死体の山を作って言いはずがありません。

ただ、国民皆保険のないアメリカで、例えば手術するにしてもいちいち保険会社の承諾が必要だとか、保釈金立替業とその回収代行業が認められているとか、WANTED(DEAD or ALIVE)の社会だとかを考えると、まったくありえないとまでは言えないのかもしれません。

シッコ (ふじき78)
2010-12-30 01:22:52
マイケル・ムーアの「シッコ」の中で、保険に入っていない人が損壊してしまった指をそのままにするか、莫大な手術料金を支払うかで、指を失う選択をする場面がありました。多分、同様にホームレスが心臓発作で死んでしまうとしても人工心臓とかを付けね事は考えづらいと思います。

という現実から考えれば、法整備上は難しそうではありますが、そんなに突飛な設定でもない。何といってもアメリカはロビイストがゴネれば、正義でなくても、又、人の生死に関わるような事でも法案が通ってしまう国ですから(と私は思い込んでます)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インセプション / INCEPTION (勝手に映画評)
『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン最新作。ディカプリオと渡辺謙が共演したことでも話題の作品。 話題はそこだけではありません。映画の冒頭のシーンは、新幹線車内。この作品は、東京で撮影が開始されたんですよねぇ。こう言うハリウッド映画でも、もっと東京...
レポゼッション・メン /Repo Men (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ニコラス主演、リドリースコット監督作「マッチスティック・メン」の原作者が脚本{/shootingstar/} 待ってました、日本上陸{/ee_3/}でも地域によってはやらな...
映画「レポゼッション・メン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/7/7、シネマ・メディアージュ。 ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーブ・シュライバー。 他にもたくさん出ていますが、この3人だけわかれば十分。 * レミー(ジュード・ロウ)は、ユニオン社で働く回収屋(Repo man レポゼッション・マン)。 ...
レポゼッション・メン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:REPO MEN。ミゲル・サポチニク監督、ジュード・ロウ、フォレスト・ウィッテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ。ウィリアム・シェイクスピアの「ヴェニスの商人」と「サロゲート」を組み合わせて「ブレードランナー」の雰囲気を加味したよう...
『レポゼッションメン』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注。 最後の最後にある映画のタイトルを引き合いに出しています。 ご覧になるご予定の方は もうしわけありませんが、 公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Repo Men) 「いやあ、これはなかなかよくできた映画だわ。 やはり映画は観て...
レポゼッション・メン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 開腹シーンなどのグロさは、観てる方が痛みで失神しそうな凄さ!(R15+)
レポゼッション・メン (心のままに映画の風景)
人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。...
レポゼッション・メン (風に吹かれて)
アクション全開のジュード・ロウ公式サイト http://repo-men.jp原作・脚本 エリック・ガルシアユニオン社が製造する人工臓器が普及して、人間が長寿を得ている世界。高額なローンと引き換えに人
映画「レポゼッション・メン」@東宝東和試... (masalaの辛口映画館)
 今回は約40名ほどのブロガーが集められたブロガー試写会だ、客席はほぼ満席。   映画の話 人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと...
《 レポゼッション・メン 》 (映画 - K'z films -)
おすすめ度:4.5 原作は、詐欺師映画『マッチスティック・メン』(主演:ニコラス・ケイジ)の原作者としてもお馴染みのエリック・ガルシア。こちらは『シャーロック・ホームズ』のワトソン役が記憶に新しいジュード・ロウを主演に迎え、スタイリッシュに映像化された...
レポゼッション・メン (そーれりぽーと)
「臓器回収屋が切り裂くぜい!」的な予告編。 「へ?あのロクでもなかった去年の映画『REPO!』と同じ話???」 『レポゼッション・メン』を観てきました。 ★★★ 『REPO!』はロクでもない映画だったけど、こちらは何の捻りもなく、つまらねー!とうなだれて観てたら、...
レポゼッション・メン (LOVE Cinemas 調布)
ベストセラー作家エリック・ガルシアの原作小説「レポメン」を映画化。高額な人工臓器のローン返済が滞るとレポメンによる強制的な回収が待っている…という近未来SFサスペンスだ。主演はジュード・ロウ。共演にフォレスト・ウィティカー、『X-MEN ZERO』のリーヴ・シ...
『レポゼッション・メン』 (Repo Men) (Mooovingな日々)
近未来、洗練されたテクノロジーのおかげで人工臓器の開発に成功し、人間の命を助けることに貢献した会社ザ・ユニオン。しかしその人工臓器は非常に高価なもので、ローンの支払いが滞った者はレポマンと呼ばれる者が強制的に回収しにやってくる無情な世界。有能なレポマン...
レポゼッション・メン (キノ2)
 冒頭いきなり「シュレーディンガーの猫」の講釈から始まったりするあたり、なんだかウキウキしてしまったのですが、観終わって思うのは、シュレーディンガーによって提唱された量子論的思考実験の命題(ラジウムとガイガーカウンターを起動スイッチとして、観察者の...
レポゼッション・メン (だらだら無気力ブログ)
ジュード・ロウ主演で放つSFサスペンス。 恐竜ハードボイルド“鉤爪”シリーズの人気ミステリー作家エリック・ ガルシアが企画段階から関わり、原作小説『レポメン』を書き下ろすとともに 並行して映画シナリオも自ら手掛け完成させた。 高額な人工臓器によって長寿が...
★レポゼッション・メン★ (CinemaCollection)
REPOMEN延命のために、人工臓器を高額ローンで買う未来。払えなければ、回収(レポ)される──。上映時間111分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2010/07/02ジャンルS...
レポゼッション・メン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
週末からだとばかり思っていたら、7月2日金曜日から公開でした~~~んじゃ、お休みの今日観られるわ♪っと早速鑑賞。人工臓器が当たり前の世の中・・・今から20年後でもね、臓器は3000万円4000万円当たり前んじゃ臓器ローンを組みましょう♪安心してできる長期返済ですけ...
【映画評】レポゼッション・メン (未完の映画評)
非情な人工臓器の取りたて屋、通称レポ・メンが自身も人工臓器を埋め込まれる悲劇を描いたSFバイオレンス・アクション。
【レポゼッション・メン】 (日々のつぶやき)
監督:ミゲル・サポチニク 出演:ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ    たった一度の回収が、運命を変える・・・。 「近未来、人工臓器人間のお陰で人間の健康と自由と延命が確保されていた。 高額な人口臓器を
レポゼッション・メン (小部屋日記)
REPO MEN(2010/アメリカ=カナダ)【劇場公開】 監督:ミゲル・サポクニック 出演:ジュード・ロウ/フォレスト・ウィテカー/リーブ・シュレイバー/アリシー・ブラガ/カリス・ファン・ハウテン 延命のために、人工臓器を高額ローンで買う未来。 払えなければ回収〈...
レポゼッション・メン (映画尻エリカ)
『レポゼッション・メン』 “REPO MEN” (2010・アメリカ) 1h51 製作総指揮・監督 : ミゲル・サボチニク 出演 : ジュード・ロウ、アリシー・ブラガ、フォレスト・ウィティカー、リーヴ・シュレイバー 人工臓器ローン滞納者には臓器回収人が...
レポゼッション・メン 貯金しとこ~ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=34 -10-】 昨日、期日前投票に行ってきた~みんなもちゃんと投票に行くんだよ!  人工臓器を付けることで健康と延命が図られている未来。ユニオン社は、様々な臓器をローンで売っていたが、支払いが滞った場合、レポ・メンを差し向け、臓器を容赦なく「回...
「レポゼッション・メン」 ご利用は計画的に (はらやんの映画徒然草)
タイトルにあるレポゼッション・メンとは人工臓器回収人のこと。 作品中で描かれる近
『レポゼッション・メン』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
人工臓器により長寿が可能になった近未来、高額ローンの返済が滞るとレポ・メンと呼ばれる臓器回収人が強制的に人工臓器を取り立てていた。レミーは腕利きのレポ・メンとして恐れられていたが、ある出来事によって人工心臓を埋め込まれてしまう。多額の借金を背負い追われ...
「レポゼッション・メン」 (みんなシネマいいのに!)
 「銀河鉄道999」は鉄郎とメーテルが機械の体を無料でもらえる星に行く話だが、結
レポゼッション・メン (とりあえず、コメントです)
ジュード・ロウ主演の近未来SFサスペンスです。 実は血がいっぱいで好みではない映画だろうなあと思っていたのですけど、 人によって評価がバラバラなので、ちょっと気になっていました。 ちょうど、時間が合ったこともあって、チャレンジしてみることにしました(^^ゞ
「レポゼッションメン」 (Con Gas, Sin Hielo)
物語も回収。 はじめは結構ダメダメな要素が蓄積していた。 妻のキャロルが仕切りに「販売員に」と促すが、それは家庭を顧みない父親を戒めたのか、REPO-MENという職種自体に嫌悪感を抱いていたのか。 前者ならレミーの立場への理解がなさ過ぎだし、後者であれば販売...
レポゼッション・メン (Repo Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミゲル・サポチニク 主演 ジュード・ロウ 2010年 アメリカ映画 119分 SF 採点★★ 「レポマンの人生は緊張だ!」の名セリフにシビレた『レポマン』とは、全く関係ないんですねぇ。車のトランクに、宇宙人の死体が入ってるわけでもないんですねぇ。残念。 ...
『レポゼッション・メン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レポゼッション・メン 』 (2010)  監  督 :ミゲル・サポクニック キャ スト :ジュード・ロウ、フォレスト・ウィテカー、リーヴ・シュレイバー、アリシー・ブラガ、カリス・ファン・ハウテン、...
【映画】レポゼッション・メン…2010年の観賞映画は2010年のうちに(2) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
明日の休みは年賀状を作ろう…と今は思っているピロEKです 年賀状と言えば… 今朝出勤途中、いつも行かない郵便局前のポストに郵便物を投函しようと車を歩道に乗り上げ停車。 郵便...
『レポゼッション・メン』『シャーロック・ホームズ』を新橋文化で観て、レポは駄目也にグーと思う男ふじき☆☆☆,☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
ジュード・ロウ二本立て。 ◆『レポゼッション・メン』 五つ星評価で【☆☆☆欠点はあるもののかなりの善戦】 キャー、ジュード・ロウちょっとハゲっぽいけど素敵よおおお ...
レポゼッション・メン (RISING STEEL)
レポゼッション・メン / REPO MEN 2010年 アメリカ映画 ユニヴァーサル製作 監督:ミゲル・サポチニク 製作:スコット・ステューバー 原作:エリック・ガルシア 脚本:エリック・ガルシ...
レポゼッション・メン (SUPER BLOG.JP)
原作が「マッチスティック・メン」と同じなんだって。 そういやタイトルがよく似ているぞ。 原題は「REPO MEN」。 作品中では「回収屋」と訳されてましたね。 主演はボクの記憶に残ってるのは「シャーロック・ホームズ」のワトソン君だったジュード・ロウ。 それと名...
『レポゼッション・メン』 ('11初鑑賞100・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月22日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。