映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アウトレイジ

2010年07月01日 | 邦画(10年)
 カンヌ映画祭での受賞は逃しましたが、話題性たっぷりということで、北野武監督の『アウトレイジ』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。

(1)この映画は、北野武率いる弱小ヤクザ組織大友組が、上の大組織(北村総一朗率いる山王会本家と、その下の國村隼率いる池元組)から無理難題を吹っ掛けられ、そればかりか石橋連司率いる村瀬組も絡んできて、ついには解体させられてしまうというよくあるヤクザ抗争物といえるでしょう。
 組の名前と組同士の関係、誰がどの組に所属しているのかさえ把握してしまえば、今回の北野作品はとても理解が容易で、映画自体を娯楽作品として楽しむことができると思います。
 なにしろ、これまで北野映画の常連だった大杉漣とか寺島進といった面々ではなく、初めて監督の作品に出演するという俳優、それもこうしたヤクザ映画には向いていなさそうな俳優が多数見られるのですから、面白くないはずがありません。
 本家の会長・関内というこの映画ではトップの地位にある親分を演じているのが、『踊る大捜査線』でズッコケ警察署長役を演じている北村総一朗ですし、その右腕の若頭・加藤となっているのが三浦友和(『沈まぬ太陽』で専務の行天を演じています)、大友組のインテリヤクザ・石原に扮しているのが加瀬亮(最近では『重力ピエロ』の兄役が印象的)、悪徳刑事・片岡役に小日向文世(『サイドウェイ』の道雄役)、等々。
 それぞれが、それまで演じてきた役柄とは全く違った雰囲気を持つ役についていながらも、そこは十分にその役になり切って演じている様は、見ていて小気味よさすら感じました〔マア、誰でも簡単に悪人になれるということなのでしょう!〕。

 ただ、問題がないわけではないと思われます。
イ)従来の映画では必ず見られたワケノワカラナイ場面が、今度の映画については1か所も見られないこと。
 もちろん、監督自身が「エンターテインメントを突き詰めてみた」といっているところから、「アートっぽい」ところは求めなかったのでしょう。監督の狙い通り、「一回で理解できる映画」になっていて、その結果大層「面白い」映画になっていると思います。
 ですが、そうなってくると、これまで北野作品に長らくお付き合いしてきた方としては、少しぐらい「アートっぽい」ところがあってもな、とないものねだりをしたくなってしまいます。

ロ)この映画のコピーに「全員、極めつけの悪<ワル>ばかり」などとあって、「悪」が強調されていること。
 とはいえ、この映画で描かれているのは、ヤクザという特殊な集団の中での抗争であって、その外部の者には何の影響もありません〔時折、ヤクを売人から買うとか、大使館の敷地に設けられたカジノに集まったりする一般人らしき人たちが描かれてはいますが、そうした人たちは犯罪行為を承知の上だと考えるべきでしょう〕。
 ですから、このヤクザ抗争で、何件もの殺人が行われても、ワルたちが悪行をなしているとは思えないところです。

ハ)女性の役割があまりにも限定的なこと。
 大友組長(北野武)の愛人とか、その幹部組員(椎名桔平)の愛人など数人が映画には登場しますが、今時の映画には珍しく、単なる道具的な存在としてしか描かれていないように思われます。

 といったところから、さすがに面白い映画なのですが、もう少し工夫の余地があるのではないかと思ってしまいました。

(2)この『アウトレイジ』は、1993年の北野作品『ソナチネ』と比べてみると興味深いかも知れません。
イ)映画で設定される場所は、『ソナチネ』は沖縄で、その美しい風景も映画の中にふんだんに取り入れられていますが、『アウトレイジ』の方は専ら東京であり、その風景などは二の次になっています。

ロ)『ソナチネ』の主人公の村川(北野武)は、自分たちを抹殺しようとする組織の本拠に乗り込んでいって派手な銃撃戦を敢行した後、車の中で静かに自決しますが、『アウトレイジ』では、主人公の大友は、2人の組長を含めかなりの人数を殺すものの、最後は小日向文世扮する刑事に捕まえてもらいます。
 結局は刑務所の中で村瀬組の若頭・木村(中野英雄)に殺されるものの、自分の配下の組員があれだけ殺されているにもかかわらず、刑務所に入ってまで生き残ろうとするのは、これまでに見られなかった展開です〔最後まで解決されないで残ってしまった木村の恨みを晴らさせるために、わざと刑務所入りをしたような感じを受けるところで、ここは今回の映画でただ一つ違和感を覚えた点といえます〕。

ハ)『ソナチネ』では、紙相撲見立てなどの印象的なシーンが見られますが、『アウトレイジ』ではそういったシュールな場面はほとんど見られません。

ニ)『ソナチネ』は、短い会話がぼそぼそっと飛び交いますが、『アウトレイジ』では登場人物は饒舌で、従ってわかりやすくなっているといえます。

(3)この映画に対して、映画評論家は総じて好意的といえるでしょう。
 小梶勝男氏は、「本作は、エンタティンメントであると同時に、北野武監督による暴力論であ」り、「偽善を最も嫌う北野監督らしい、性悪説に基づいた人間観は、決して不快ではない。むしろ徹底ぶりが気持ちいいほど」だし、「暴力をエンタティンメントとして成立させ、他には何も付け加えようとしない。付け加えないどころか、余計なものを一生懸命削ぎ落とそうとしている。その姿勢はB級バイオレンス映画として実に正しいと思う」として77点を、
 渡まち子氏は、「ヤクザ世界を描くことや暴力描写は北野武監督の原点である。だがここにはかつてのキタノ映画に見られた静謐なムードは微塵もない。大量のセリフと怒号が飛び交うこの群像劇には、キタノ映画に初参加の俳優の顔触れが功を奏して、新鮮な“男の映画”の趣があ」って、「残酷描写の連打に目をそむけたくなることも多かったが、それでも北野監督が暴力の世界をリロードして臨む、ニュー・バイオレンス映画には、圧倒的な迫力がある」として65点を、
 福本次郎氏は、「裏切りと駆け引き、ハッタリとだまし合い、銃弾と血がシュールなアートのように飛び交い、男たちの凄惨なバイオレンスがスクリーンを覆う。カネと権力をひとり占めにしたいというストレートな欲望をむき出しにしたヤクザの行動様式はある種の潔さすら覚える」として60点を、
それぞれ与えています。

 ただ、前田有一氏は、「こうしたエンタテイメント作品を撮るときの北野監督に何を期待するか。観客それぞれだろうが、私の場合はあえていうならオリジナリティ、または意外性といったところ」だが、「残念ながら本作の暴力シーンに、現代の映画としてとくに驚くような新味はない。むろん、不快な暴力を自主規制したアメリカの一般向け映画などとは比べようの無い、エグい表現は多々ある。だがそれも、どこかで見たような平凡なものばかりといった印象」であって、「ヤクザ映画としてはそれなりに個性を感じさせるが、北野作品ならではの驚きは薄い。こじんまりとまとまってしまった印象である」として55点しか付けていません。
 これまでどのくらいヤクザ映画を見たかによって、「どこかで見たような平凡なものばかりといった印象」を受けるかどうか違ってくると思いますが、クマネズミには、前田氏が挙げる椎名桔平の殺され方〔「車とロープを使った殺し方」〕が一つあるだけで十分ではないか、他にも変わった殺し方が描かれていたらその印象は薄まってしまうのではないかと思え、そればかりか、國村隼の殺され方〔舌を絡めた殺し方をされます〕、石橋連司の殺され方〔サウナ風呂で、総身の刺青を見せながら仲間とともに壮絶に殺されます〕などヨク見れば様々な工夫が凝らされていて、「平凡なものばかり」という印象は受けませんでした。



★★★☆☆


象のロケット:アウトレイジ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孤高のメス | トップ | シーサイドモーテル »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (ゴーダイ)
2010-07-01 16:42:53
はじめまして。
私はこの映画をコメディとして楽しみました。怖い映画かと思っていたらけっこう笑えるんですよね。
たけしさんの映画は数えるほどしか見ていないのですが、著作についてはまあまあ読んでいる私としては、たけしさん的笑いの映画だと思いました。
Unknown (リバー)
2010-07-01 22:20:13
TB ありがとうございます。

たしかに、もうひと工夫があればと思いますね
とはいえ 単純に面白くはありましたが

役者陣は良かったですね
いつもTBありがとうございます。 (KGR)
2010-07-03 20:56:03
毎度評論家の方のご意見は参考になります。

連続猟奇殺人事件でもあるまいし、人殺しに平凡もくそもあるか、と言う気がしますが、
事務所に乗り込んでのマシンガン乱射だけはいただけませんでした。

クマネズミさんのご意見の(ロ)(ハ)は、敢えてそうしていると見ました。
悪を敢えて閉じた世界として表現することで善の世界を考えさせない、
悪と悪の対比、どっちがより悪か、みたいなところに焦点を当てたと感じました。
Unknown (かからないエンジン)
2010-07-04 20:24:29
TBありがとうございます。

僕も、「面白い!」と感じつつ、やはりどこか物足りなさを感じました。

やはり北野武といえばかなり変わった人ですから、本作の意外なまとまりの良さに少々肩透かしを食らったのかもしれません。

そういう点では、前田氏の言う「北野作品ならではの驚きは感じられなかった」に同意してしまいます。(氏の批評は好きじゃありませんが)

それにしても、大杉漣や寺島進がこの映画に出演していたらどういう役割を担っていたのか、妄想してしまいます。
Unknown (ふじき78)
2013-03-02 09:05:26
> ハ)女性の役割があまりにも限定的なこと。

三作目が出来るなら「アウトレイジ ビヨンドの女たち」という鉱脈がまだ残されてるという事ですね。
Unknown (クマネズミ)
2013-03-02 11:05:08
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
例えば、『HANA-BI』などの岸本加世子、『アキレスと亀』の
樋口可南子、あるいは大島渚繋がりで小山明子などの女
組長との対決ではどうでしょうか?
でもやっぱり前田敦子か橋本愛でも呼んでこないことには様にならないかもしれませんね。
もしくは、『脳男』で活躍した二階堂ふみあたりはどうでしょ
うか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アウトレイジ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。北野武監督、ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、國村隼、三浦友和、石橋蓮司、小日向文世、杉本哲太、北村総一朗、塚本高史、中野英雄。巨大組織暴力団・山王会会長の関内(北村総一朗)の正装?がどこやらの国の首領様ファッションとそっくりなのは気のせいか。
映画「アウトレイジ」(2010年、日) (富久亭日乗)
    ★★★★☆  北野武監督のバイオレンス・ムービー。  暴力団の頂点に立つ山王会の組長、関内(北村総一朗)が 直参である池元組の組長、池元(國村隼)に 村瀬組の締め付けを命令した。 池元は、配下の大友組の組長、大友(ビートたけし)にその役目を丸投げする...
『アウトレイジ』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ」□監督 北野武□キャスト ビートたけし、三浦友和、椎名桔平、加瀬亮、國村隼、石橋蓮司、小日向文世、杉本哲太、北村総一朗、塚本高史、中野英雄 ■鑑賞日 6月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満...
アウトレイジ (あーうぃ だにぇっと)
6月9日(水)@九段会館。 妻を誘ったが断られる。 「タケシの作品でしょ。パス。」 というわけで一人で見てきました。 さて、妻の判断はどうだったのか?
「アウトレイジ」 (prisoner's BLOG)
昔、北野武が「あの夏いちばん静かな海」をシナリオを作らないで、A4二枚分のシーンの柱を書いただけのところから作ったのを、ベテラン脚本家の笠原和夫が激怒して「シナリオ骨法十か条」というのを勢いに任せて書き上げたことがあったのが話題になったことがある。古典的...
映画「アウトレイジ」   (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/18、109シネマズ木場。 * 北野武監督作品。 ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、三浦友和、北村総一郎、國村隼、 石橋蓮司、杉本哲太、小日向文世、塚本高史。 ** 本筋に入る前に上下関係、組織関係を整理しておこう。 やくざ用語には詳しくないので、一般...
アウトレイジ (Akira's VOICE)
命を大切にしやがれってんだ,この野郎!  
北野武監督、超絶的正攻法。『アウトレイジ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。ネタばれしています。鑑賞後に御覧下さい。北野武監督が久々に描く本格バイオレンス・アクション『アウトレイジ』。タイトルは極悪非道を意味し、登場人物すべてが悪人。いつもの北野組(寺
アウトレイジ/ビートたけし、椎名桔平 (カノンな日々)
時に無実の罪で痴漢の容疑をかけられ、時には放火犯疑惑の弟を見守っていたあの優しい加瀬くんが暴力団組織の人間の演じるというのが私にとっては最大の衝撃だったこの作品。彼にそんな凄みのある役が出来るのかなと思っていたら劇場予告編で一瞬映ったあのシーンの迫力で...
アウトレイジ (だめ男のだめ日記)
「アウトレイジ」監督北野武出演*ビートたけし(山王会大友組組長大友)*椎名桔平(山王会大友組若頭水野)*加瀬亮(山王会大友組組員石原)*三浦友和(山王会本家若頭加藤)*國村隼...
「アウトレイジ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「アウトレイジ」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・北野武 音楽・鈴木慶一 OUTRAGE=非道<無法、乱暴>、憤慨させる、法を犯す・・・。 まぁ、そんな感じの映画でしたね(笑) しかし、こういう教...
アウトレイジ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
北野武監督・脚本・主演で暴力団同士の抗争をリアルな描写で描いている。目を覆いたくなる残酷な暴力がホラー映画みたいで、笑いの要素も散りばめられている。戦いに命を掛ける男たちの姿は悲哀に満ちていて、権力を持つものの独善さを感じた。
アウトレイジ (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」  かなり特殊なバイオレンスコメディ映画。  ついに北野武監督の『アウトレイジ』をレイトショーで鑑賞してきました。本当は先週見る予
アウトレイジ  監督/北野 武 (西京極 紫の館)
【主演】  ビートたけし  椎名 桔平  加瀬 亮  三浦 友和   【ストーリー】 関東一円に勢力を張る巨大暴力団組織・山王会組長の関内のもとに、一門の幹部が集結していた。その席上、関内は若頭の加藤に、直参である池元組の組長・池元...
『アウトレイジ』 ('10初鑑賞85・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 6月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 19:00の回を鑑賞。
[映画『アウトレイジ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  ヤクザカーストの中で、上流の思いつきで翻弄される下層組織に始まり、そのシステム自体が崩壊していく物語。  そこには、ビートたけしらしい、バイオレンスとおとぼけと間(ま)が厳然とあり、  観る者は、シェイクスピアとコントが紙一重であるこ...
アウトレイジ (Diarydiary! )
《アウトレイジ》 関東一円を牛耳っている山王会、その傘下の池元組と弱小暴力団村瀬
怒濤と暴力と死・・・ (笑う学生の生活)
22日ことだが、映画「アウトレイジ」を鑑賞しました。 北野 武監督作 いわいるヤクザもの とにかく、暴力、怒濤、殺し・・・ ここまで徹底したヤクザ映画も最近では珍しいかと ストーリーはヤクザの抗争 裏切り、駆け引き、権力な...
「アウトレイジ」 (古今東西座)
北野武監督久しぶりのバイオレンス映画『アウトレイジ』を観た。暴力に次ぐ暴力、小指飛びまくり。映画のキャッチコピー通り、登場人物は全員悪人な暴力団の抗争劇。今までも暴力映画を撮ってきた北野監督であるが、『アウトレイジ』は過去の作品よりも殺伐とした非情な世...
アウトレイジ (だらだら無気力ブログ)
ヨーロッパなどで評価が高い「世界のキタノ」こと北野武監督が、 欲と裏切りが渦巻くヤクザ社会を描いたバイオレンス群像劇。 登場人物全員が悪人で、報復の連鎖の中で生き残りをかけて闘う男達の 生きざまを描く。 主演の巨大暴力団組織内の下部暴力団の組長をビートた...
アウトレイジ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ヤクザ社会の下剋上をすさまじい暴力描写で描く、温故知新のキタノ映画だ。関東一円で勢力を張る巨大暴力団組織・山王会組長が、直参である池本組の組長・池本に直系でない村瀬組を締め付けるように命令する。池本にとって村瀬は兄弟分。池本はその厄介な仕事を配下である...
アウトレイジ (LOVE Cinemas 調布)
世界の北野最新作。ヤクザの世界で繰り広げられる文字通り「仁義無き戦い」を描いたバイオレンスムービーだ。出品されたカンヌ映画祭でも賛否両論渦巻いたといういわくつきの作品。主演はビートたけし、共演に北村総一朗、三浦友和、國村隼、杉本哲太、椎名桔平、加瀬亮、...
アウトレイジ (悠雅的生活)
呼び出しは、体育館の裏。
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
「アウトレイジ」:残忍だけど面白い (大江戸時夫の東京温度)
映画「アウトレイジ」を観ましたが、いやー面白い。北野映画史上、単純な面白さではピ
アウトレイジ (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
北野武監督のバイオレンス映画です。登場人物はヤクザと、ヤクザと癒着した警察官で、「全員悪人」です。巨大暴力団組織「山王会」の総会のあと、池元組組長・池元は本家若頭の加藤...
アウトレイジ (映画尻エリカ)
『アウトレイジ』 (2010・日本) 1h49 監督・脚本・編集・出演 : 北野武 出演 : 椎名桔平、加瀬亮、國村隼、杉本哲太、三浦友和、北村総一朗、小日向文世 ヤクザの権力闘争。 北野映画の特徴はエピソードの積み重ねかと思います。 それは...
「アウトレイジ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/オフィス北野=ワーナー配給監督・脚本:北野 武 作る度に常に話題を振りまく、鬼才・北野武監督の、15作目に当る新作。 「ソナチネ」、「HANA-BI」等の静謐な暴力映画で、ヨーロッパ
アウトレイジ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 北野武初監督作品『その男、凶暴につき』に次ぐバイオレンス!
「アウトレイジ」激しい抗争の果てにみたルール破りを続けたしっぺ返しの結末 (オールマイティにコメンテート)
6月12日公開の映画「アウトレイジ」R15+指定を鑑賞した。 この映画は北野武監督最新作品で ヤクザの世界を舞台に全員悪人しか登場しない今時珍しい映画で、 仁義なき戦いを繰り広げた先に裏切りに裏切りを 繰り返して抗争を繰り広げていくストーリーである。 ヤク...
『アウトレイジ』  (つれづれなるままに)
HBCシネマ倶楽部 『アウトレイジ』の試写会に行ってきました。 北野作品は、あま
「アウトレイジ」:菊川駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}金もうけのいい方法があるんだけど。 {/hiyo_en2/}なに? {/kaeru_en4/}宝くじ売り場から、宝くじを大量に盗むんだ。 {/hiyo_en2/}それで? {/kaeru_en4/}どれか一枚でも当たってりゃあ、一躍億万長者だ。 {/hiyo_en2/}バカねえ。お金と交換しに行ったら、...
「アウトレイジ」  仁義なき中、哀しき忠誠と武闘派の最期・・・・。  (追記) (取手物語~取手より愛をこめて)
武の作品を劇場で鑑賞するのは、実は「その男、凶暴につき」以来。
アウトレイジ (とりあえず、コメントです)
カンヌ映画祭でも話題になった北野武監督の最新作です。 実は北野監督作品は『Dolls ドールズ』と『座頭市』しか観たことがありません。 バイオレンスが苦手なのでスルーしていたのですけど、今回はチャレンジしてみました(^^ゞ
アウトレイジ 第153回映画レビュー 暴力溢れるコノヤロウ祭り (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
映画 アウトレイジ(2010/06/02)鈴木慶一商品詳細を見る 北野武監督最新作「アウトレイジ」観て参りました。 本作、北野監督久々のバイオ...
No.049 「アウトレイジ」 (2010年 109分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 北野武 出演 ビートたけし    椎名桔平    加瀬亮 日曜のシネコンは相変わらず混んでます アポロシネマも新作が続々公開された事もありチケット売り場も行列です そんな中、あまり女性や子供(子供は見れないか)が見ない映画を選択したつもりですが、結構...
「アウトレイジ」 (みんなシネマいいのに!)
 「その男、凶暴につき」を観た時、北野武の映画作家としての非凡さを知ったが、ここ
アウトレイジ (愛猫レオンとシネマな毎日)
北野武監督の最新作は、バイオレンス・アクション映画です。 ワタシには苦手なジャンルなので本来だったら、スルーしていたところですが 試写会で見れるという事で、行ってきました。 見たら、意外と面白かったです。 ”意外”という言葉は失礼だろうけど、正直な感想な...
映画を観た~アウトレイジ~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
アウトレイジ(OUTRAGE) (CHAOS(カオス))
やっぱりいいねぇ、北野映画。 最近の抽象的なアート路線から外れて(戻って)、今作はとことんヤクザものだ。 とにかくバイオレンス。 旧来のバイオレンスをとことん見せつける。 エヴァンゲリオンが新たなバイオレンスのカタチだとしたら、やっぱりこっちは昭和系...
アウトレイジ (まてぃの徒然映画+雑記)
もう観てから3週間くらいたつのか。実務補習が入ったので、その間まったくブログは更新できませんでした。印象も薄れてきています。いつの間にか公開劇場が広がって、川崎でも公開...
【映画】アウトレイジ (新!やさぐれ日記)
▼動機 北野武最新作 ▼感想 非常にスッキリ!なぜだろう? ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 関東一円を取り仕切る巨大暴力団組織・山王会組長の関内(北村総一朗)が若頭の加藤(三浦友和)に、直参である池元組の組長・池元(國村隼)のことで苦...
アウトレイジ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月23日(金) 21:00~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『アウトレイジ』公式サイト ストレートなバイオレンス・ヤクザ映画。 ここんとこの作品の意味不明な奇をてらったところが無く、素直な作品だ。 登場人物は、「この...
mini review 11514「アウトレイジ」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
ヤクザの世界で男たちが生き残りを賭け、裏切りや駆け引きなど壮絶な権力闘争を繰り広げる、「世界のキタノ」こと北野武監督が放つ本格バイオレンス・アクション。タイトルは極悪非道を意味し、登場人物すべてが悪...
アウトレイジ(映画/DVD&ブルーレイ) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アウトレイジ] ブログ村キーワード全員悪人アウトレイジ(OUTRAGE)製作国:日本製作年:2010年配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野ジャンル:犯罪/ドラマ/アクション/コ...
【映画】アウトレイジ (【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog)
『アウトレイジ』(2010年・監督:北野武) 「全員悪人」をキャッチフレーズに、ヤクザの抗争劇を描いてカンヌ映画祭りで話題を呼んだ北野武監督作。…なのだが、この作品で北野監督
アウトレイジ : ザ・極道 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 今日は朝から目が痒いです。ここ広島でも花粉が飛び始めました。花粉症の皆さんにとってつらい日が続くと思いますが、耐え忍んで行きましょう。では、本日紹介する作品はこちら
『アウトレイジ』『アウトレイジ・ビヨンド』を早稲田松竹で観て、早稲田松竹さん偉いぞふじき★★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
ありがとう早稲田松竹。 という感じで満席が出た。 昔だったら、どこでもやったような正続とか新旧二作品の同時上映興行を行える名画座がなくなってしまったのだ。お客は集中す ...
アウトレイジ (のほほん便り)
キャッチコピーは「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」。 予想はしてたけれど、「仁義なき戦い」も真っ青に、容赦なく人が殺されまくるし、キレ演技とバイオレンス・シーン満載に圧倒。 でも、ここまで徹すると、ある意味、潔いです。乾いたトーンで、テンポが良...