映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

冷たい熱帯魚

2011年02月27日 | 邦画(11年)
 『冷たい熱帯魚』をテアトル新宿で見てきました。土曜日の午後だったせいでしょうが、ほとんど満席の状況でした。

(1)この映画を製作した園子温監督の作品としては、最近では、『愛のむきだし』と『ちゃんと伝える』を見ています。前者は、オーム真理教事件を題材の一つにしていますし、後者では父親とその息子が同時にガンを患うという設定が設けられています。両者ともそれなりにかなり厳しい状況が描かれているとはいえ、本作品の内容はそれらをはるかに凌駕しているでしょう。
 特に、本作品は、実際に起きた誠に陰惨な事件(「埼玉愛犬家連続殺人事件」)に基づいているのですからなおさらです。
 といっても、映画はその事件をなぞろうというのでは全然なく、当該事件をヒントにしつつも、あくまでそれだけで独立した一個の作品を形成しているといえるでしょう。
 ですから、実際の事件では、首謀者夫婦は逮捕され裁判で死刑判決を受けているとか(確定)、その妻は映画の愛子ほど若くはない、共犯の男は、この映画の主人公とは違って3年の実刑を科されたものの、出所後に事件のことを書いた著書を出版している(注1)、などと論ってみても何も始まりません。

 では何が描かれているのでしょうか?
 この作品で主に描かれているのは、崩壊しかかっている家族ではないかと思います。
 外見上一番家族らしい形態がとれているのは、主人公・社本吹越満)の家庭。なにしろ、両親と娘が揃っているのですから。



 とはいえ、社本の現在の妻は後妻(神楽坂恵)で、娘(梶原ひかり)はこの継母を酷く嫌っているばかりか、母親の死後すぐにそんな女と結婚した父親をも大層憎んでいます。
 ですから、殺人鬼の村田でんでん)が、娘に自分の店(大規模な熱帯魚店)で働くように勧めると娘は喜んでそれを受け入れてしまいますし、後妻の方も、娘から嫌われていることに加えて、社本が営む熱帯魚店が酷くシャビイなこともあり、結婚したことをいたく後悔しています(後妻は、家事をやる気などすっかりなくしていて、3人が揃う夕食に出されるものは、すべて冷凍食品を解凍したものばかり)。
 このように、社本の家はいつ壊れてもおかしくないわけですが、にもかかわらず社本は、何とかそれを維持し立て直そうと必死になります。
 たとえば、いとも簡単に人を殺害してしまう村田の行動を見たら、常識的には、人はすぐさま警察に飛び込んで告発しようとするでしょう(少なくとも、その場からなんとか逃げようとするでしょう)。しかしながら、社本にあっては、そんなことをしたら妻や娘の命はないぞと村田に脅されると、家を守ろうとするあまり見て見ぬふりをし、あろうことか次第次第に共犯者的な関係に陥ってしまうのです。
 こうした社本の思いつめた努力は、物語の進展の中で報われるのでしょうか、それがこの映画の見所の一つだと思います。

 社本以外の登場人物の家族も皆うまくいっていないようです。
 いうまでもなく、殺人鬼・村田とその妻・愛子黒沢あすか)との関係は、一見すると緊密なようですが、内実は酷くおぞましいものですし、渡辺哲が演じる顧問弁護士(大きな家に一人で暮らしているのでしょうか)の存在が胡散臭くなってくると、愛子の肉体を罠に使って彼を死に至らしめたり、また社本の妻と肉体関係を持ったりもします。

 また、村田に毒の入ったドリンクを飲まされて殺される熱帯魚愛好家(諏訪太朗)も、行方不明になると登場してくるのが、その弟と称する男で、仲間のチンピラを率いて村田の会社に現れます。ですが、顧問弁護士から一喝されると、いともあっさりと引き下がる始末。行方不明の親族を探そうとする必死さは微塵もありません。



 こんなところから、劇場用パンフレットのインタビューで監督は、「今回は“徹底的に救われない家族”を描いてみました」と述べていますが、そんな言い分を素直に信じ込んでしまいたくもなってきます。

 ですが、「たい帯魚」というように、矛盾する言葉を一つのタイトルの中にわざわざ押し込んでいることをも踏まえると、あまり監督の言葉を額面通り受け取る必要はないかもしれません。
 ここからは完全ネタバレになってしまいますが、ある意味で社本は、最後に自分の思いを成し遂げて死んだのではないでしょうか?なによりも、自分を下僕のようにこき使いクソミソに貶した村田を世の中から排除するのに成功し、あまつさえ、死体を愛子に処理させるということまでやり遂げたのです(愛子は、そのために精神的に変調を来してしまいます)。
 さらに、社本は、自分もとから逃れようとした妻を殺した上で自殺することによって、最小単位ながらもその家を維持し得たのではないでしょうか?
 さらに社本は、自分が自殺することで完全に独り立ちできることになる娘には喜んでもらえ、自分を評価してくれると思ったようですが、それはいくらなんでも無理でした。
 なにはともあれ、ラストシーンでの社本は、目的を達成した後の実に穏やかな死に顔をしているのです!

 仮に以上のように見ることが出来るのであれば、本作品は、身の毛もよだつ事件のために危機に瀕した家族の繋がりを、死を賭して守ろうと頑張った男の物語だとも言えるのではないでしょうか?

 こんな社本を演じるのは吹越満です。『ヘブンズ・ストーリー』で主人公の少女・サト(寉岡萌希)の父親役を演じていましたが、それほど目立つ役柄ではありませんでした。ですが本作品では、狂言回し的な役割を果たしつつ、物語の進行と共に次第に存在感を増し、ラストでは大層重要な働きをしており、この人ならではの良さを遺憾なく発揮していると思いました。

 そして、殺人鬼・村田を演じているのが「でんでん」。
 映画『悪人』のラストの方で、深津絵里に「出会い系サイトで知り合って殺しちゃうなんて悪い奴だ」と話すタクシー運転手役を演じていましたが、この映画ではその持てる力を100%以上発揮させています。とにかく、人のいい熱帯魚店のおやじさんという面と、自分に少しでも逆らう者をいとも簡単に殺してしまう殺人鬼の面とを併せ持った役柄を、大変な説得力を持って演じているのには驚きました。「悪人」というタイトルを付けるとしたら、むしろこういう男を描く映画こそふさわしいのかもしれません。



 女優では、村田の妻・愛子を演じる黒沢あすかが、体当たりの演技を見せています。なにしろ、村田と一緒になって殺人を犯したり、その死体をバラバラにする役なのですから、さぞかし大変だったのではと思います(なお、彼女については、なんといっても塚本晋也監督の『六月の蛇』〔2003年〕での演技が印象的でした)。




(2)映画は、見る者に様々なことを考えさせる大変優れた作品と思いますが、それだけでなくこの映画には、140分を越える長尺にもかかわらずクマネズミを退屈させない点が備わっています。
 すなわち、希代の悪魔・村田が経営する熱帯魚店の名前が「Amazon Gold」だったり(注2)、アマゾン流域で獲れる世界最大の淡水魚「ピラルク(Pirarucu)」がその店の水槽の中で泳いでいたりするので、ブラジルで生活した経験があるクマネズミは、それだけでこの作品には釘付けになってしまいました(注3)。
 さらに加えて、アマゾン川には、血の臭いに接すると凶暴性を増すとされる肉食性の淡水魚「ピラニア(piranha)」が生息することからも(注4)、この映画とブラジルとの関連性を考えないわけにはいきません。本作品で流される血の量はただ事ではありませんから!
 さらに、関連性を探れば、村田の山中の隠れ家の屋根には、大きな十字架やキリスト像が置かれていますが、これはリオデジャネイロのコルコバードの丘にある巨大なキリスト像を思い起こさせますし、あちこちに転がっているマリア像も、ブラジルのマリア信仰に連想を誘います。
 なにより、クマネズミの滞在中には、日本で保険金殺人(少なくとも3人を殺害)を引き起こした犯人が逃亡してきて、アマゾン奥地で銃撃戦の末に射殺されてしまうという事件がありました(1979年)!

(3)この映画を見た後に、別の関心からフランシス・コッポラ監督の『ドラキュラ』(1992年)のDVDを見てましたら、本作品と通じる点がいくつもあるのではと思えてきました。
 別というのは、世界的な日本人デザイナーの石岡瑛子氏(71歳)についてのNHKTVの番組(注5)を見て、世の中にはすごい女性がいるものだなと驚き、それならアカデミー賞の衣装デザイン賞を受賞しているこの作品を見てみようと思ったからです(注6)。



 さて、どこらあたりが本作品が『ドラキュラ』と関連性を持っているのかというと、たとえば、
イ)どちらも大量の血が関係します。
 一方の『ドラキュラ』には、いうまでもありませんが、吸血鬼が登場します。それほど外に流れ出ないとはいえ、人間の体から吸い取られる血の量は大変なものです。
 他方、本作品の場合、解体作業が行われる浴室で飛び散る血の量はただ事ではありません。なお、あれだけ夥しい血を完全に洗い流すことなど不可能で、そうであれば海老蔵殴打事件ではありませんが、血痕のDNA鑑定によって行方不明者がそこにいたことの証拠を見つけ出すことができるのでは、そうなれば警察はもっと早い段階で事件をストップさせることができたのでは、などと余計なことを思ったりしてしまいました(注7)。

ロ)両者の隠れ家は、いずれも随分と人里離れた山の中に設けられています。本作品の場合、死体の解体作業を行う古ぼけた小屋に行くために、村田たちは車で随分山を登っています。だからこそ、長年にわたって秘密に出来たのでしょう。
 一方、『ドラキュラ』においても、ルーマニアのトランシルヴァニア地方にあるドラキュラ伯爵の城は、都市から随分離れたところにある峻厳な山の上に設けられています。そこに行くためには、やっと馬車が1台通れるくらいの細い道しかありません。

ハ)本作品における隠れ家の外観を見ると、十字架に架けられたキリストの像とかマリアの像とかが屋根などに取り付けられていますが、随分と壊れています。
 これは、ドラキュラ伯爵の城と似たような状況にあると言えるでしょう。なにしろ、ドラキュラ伯爵は、神を信じられなくなってしまったのですから、まともな聖像が置かれているはずがありません。たとえば、城の入口におかれている十字架には、動物の顔面した悪魔が架けられています(注8)。

ニ)吸血鬼を完全に殺すためには、心臓に楔を打ち込み首を刎ねる必要があり、それが『ドラキュラ』でも描かれていますが、これは、本作品において、顧問弁護士の生首を村田が社本に差し出すシーンや、社本が村田のボディを何度も執拗に突き刺す場面と通じるところがあるでしょう。

ホ)映画『ドラキュラ』では、全体としては吸血鬼を巡る物語ながら、ドラキュラ伯爵の妻エリザベートに対する強い愛が強調されているところ、本作品においても、殺人鬼・村田の突拍子もない行動が全編を覆い尽くしてはいるものの、やはり社本の家族愛が中心的に描き出されていると言ってもいいのではないでしょうか。

(4)渡まち子氏は、「衝撃的な内容は、見る人を選ぶだろう。ただ、人間の中に確かにある、ダークな側面を、エロスとタナトス全開でたたきつけるこの映画、抗し難いどす黒い魅力がある。勇気があれば、悪意の極北とそのなれの果てを覗いてほしい」として70点をつけています。




(注1)実際に殺人事件にかかわって有罪となって服役した男が書いた書物が、文庫版となっています(角川文庫『愛犬家連続殺人』〔志麻永幸、2000年〕)。

(注2)アマゾン川流域では、大勢の人(ガリンペイロといいます)が群がって金の採掘を行っていることによっているのでしょう(なお、映画PR用なのでしょう、この店のHPまで作成されています!)。

(注3)ただ映画で、村田が1000万円もの投資価値があると誇大に言っている「アジアアロワナ」は、おもに東南アジア産のようです(たとえば、このサイトのものは、100万円もします!)。

(注4)大昔になりますが、TVで放映された米国映画『ピラニア』(1987年公開)を見た記憶がありますが、いくらなんでも酷すぎる描き方で、実際にはむしろ臆病な性格を持つ魚のようです(また、「ピラニア軍団」も一時ありました)。

(注5)「プロフェッショナル/仕事の流儀」の第156回「時代を超えろ、革命を起こせ デザイナー・石岡瑛子」(2月14日放映)。
また、このサイトでも、石岡瑛子氏のことが簡単に紹介されています。

(注6)映画『ドラキュラ』の衣装については、記事を改めて述べてみたいと思います。

(注7)骨は焼却炉で完全に灰にしてしまうと、DNA鑑定が難しくなってしまうそうですが、できないわけではないとの情報もあります。仮にそうであれば、村田は、映画の中で「ボディを透明にす」れば警察も手が出さないというようなことを言っていますが、あるいはこれは埼玉愛犬家連続殺人事件当時(1993年)の事情に基づいた台詞なのかもしれません。

(注8)園子温監督の『愛のむき出し』では、巨大な十字架を西島隆弘らが担いで歩いている場面が映し出されています。




★★★★☆





象のロケット:冷たい熱帯魚
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洋菓子店コアンドル | トップ | 再会の食卓 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かからないエンジン)
2011-02-27 08:57:36
TBありがとうございます。

いつもながらの内容豊富な考察、楽しく拝見させて頂きました。
コッポラ版「ドラキュラ」との関連性には気がつきませんでしたね。
他の評論家も触れてないみたいですし
TBありがとうございました (西京極 紫)
2011-02-27 15:09:49
ラストの社本の満足しきった表情の解釈が
僕とまったく同じだったので驚きつつも嬉しく思います。
まさに人間の闇の部分を描いた作品でしたね。
Unknown (ふじき78)
2011-09-15 00:00:47
こんちは。

> 「悪人」というタイトルを付けるとしたら、
> むしろこういう男を描く映画こそ
> ふさわしいのかもしれません。

「悪人」というより「悪でん」かな。
こんなの(誉め)撮っちゃったから、次の『大木家の~』では、でんでんさん完全にリミッター外れてしまいましたね。
ほぼ同意だが… (やくざ)
2012-06-20 18:12:48
う~ん

顧問弁護士じゃないでしょ。あれはヤクザ。話が進むにつれ分かると思うが。
チンピラが取り合えず引き下がったのもヤクザが同席してるから。
それにあの家はもろヤクザの家。子分見りゃ分かるはず。

ラストのシーン。娘に評価してもらえると思った…という感想はなんだかなぁ?
ヤクザと弁護士 (クマネズミ)
2012-06-21 22:07:18
「やくざ」さんの「やくざ」なコメントには「やくざ」にお答えしましょう。
「やくざ」さんは、「弁護士」と「ヤクザ」とは両立しないとお考えのようですが、この世には「ヤクザの弁護士」も「やくざな弁護士」も生息することは
よく御存じではないでしょうか?
なにより、又聞きながら、『ナニワ金融道』の青木雄二氏が、漫画の中で「弁護士はお上公認のヤクザ」であると言っているくらいですから!
なお、次のサイトの記事が参考になるかと思います。
http://okwave.jp/qa/q6211753.html

ともあれ、渡辺哲の役柄については、たとえば、次のサイトも参考になると思います。
http://www.kinejun.jp/special/dvd/41523.html
Unknown (ヤクザ)
2012-06-25 19:09:57
熊ネズミよ、まだまだだな。ヤクザ系弁護士がいることなど万人が知っている。

いちいち博識ぶって説明せんでもよろし。逆に恥ずかしいぞ(笑)。

劇中、初めは『村田の顧問弁護士です』で、次は『村田の顧問アドバイザーです』と言ってただろ?たしか。

本当の弁護士ならずっと弁護士で通すだろ(笑)

ずっと弁護士だと信じて見たヤツがいたなんて、なんて映画脳のないヤツだと思っただけ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
◆『冷たい熱帯魚』◆ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、園子温監督、吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり 出演。
冷たい熱帯魚 (あーうぃ だにぇっと)
2月5日(土)テアトル新宿で観てきました。 16:30からの回だったのですが、立ち見が出るほどの盛況。 次の回も満席でお立ち見状態。 上映館が少ないこともあるのでしょう。 噂通りの熱気あふれる会場でした。
「冷たい熱帯魚(Cold Fish)」ロンドン国際映画祭で (ノルウェー暮らし・イン・London)
もう・・・・・・・ユッケは食べられない。
冷たい熱帯魚 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:COLD FISH。園子温監督、吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲。1994年に発覚した埼玉愛犬家連続殺人事件をベースにしている。実際の事件は ...
映画 「冷たい熱帯魚」 (ようこそMr.G)
映画 「冷たい熱帯魚」
『冷たい熱帯魚』 (こねたみっくす)
これを「とんでもない映画」と言わずして、何を「とんでもない映画」と言うのか。 『「冷」たい「熱」帯魚』というタイトルのように、理性と本能、ブラックジョークと血塗れなグ ...
冷たい熱帯魚 (eclipse的な独り言)
静岡に来るのは4月。待てないで観てしまいました。O寒さん、もう一度見たいのでご一緒させてください。お願いです。ネタばれです。
冷たい熱帯魚 第172回映画レビュー すばらしき世界へ行くためには (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
『愛のむきだし』等で一躍高い評価を得た 園子温監督の最新作『冷たい熱帯魚』観てきました。 いやあ、本当やばいです。 まさか、ここまでやるとは思いもしませんでした。 どこがやばいのか、...
『冷たい熱帯魚』 ソノシオンかく語りき (映画のブログ)
 「僕はもう観客に癒しも慰めも与えなくて、残酷な事実だけを提供します」  そう園子温監督が宣言したとおり、『冷たい熱帯魚』は希望を次々に打ち砕く。  家族の現状に問題があっても何とかこのまま過...
冷たい熱帯魚/吹越満、でんでん、黒沢あすか (カノンな日々)
鬼才・園子温監督の最新作です。既に各国の映画祭で上映されており以前よりその評判と内容を漏れ聞いていましたので日本で公開されるのをとても楽しみにしてました。なんでも1993年 ...
冷たい熱帯魚 / COLD FISH (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「愛のむきだし」から一転、暗~い作品であるという事以外、知識なく観たけど、、、 受け取り方は観る人次第だけど、いやー立派な娯楽映画と受け取りました、...
能動的イマジネーションを遮断する『冷たい熱帯魚』のインパクト (L'ATALANTE)
現在公開中の園子温監督『冷たい熱帯魚』(Coldfish 2010)を京都シネマで鑑賞しました。 ふとしたキッカケから連続猟奇殺人事件の片棒を担ぐことになった男(吹越満)の悲劇が、R-18+指定に違わぬ血の海の中で描かれる本作、自らの欲望に忠実なシリアル・キラーに扮する...
「冷たい熱帯魚」 (元・副会長のCinema Days)
 誰にでも奨められる映画では決してないが(爆)、かなりの密度の高さを持つ問題作であることは確かだ。とにかく、人の道を外れることの禍々しさと、一度外れた後に遭遇するある種“自由”で“清々しい”異世界の不気味な美しさを、これほどまでに活写した映画は今まで...
「冷たい熱帯魚」;猛毒注意 (大江戸時夫の東京温度)
園子温監督の『冷たい熱帯魚』、うーん、思った以上の劇薬でした。 それなりにホラー
「プロフェッショナル」の石岡瑛子 (大江戸時夫の東京温度)
14日放映のNHK『プロフェッショナル』に、アート・ディレクターの石岡瑛子さんが
冷たい熱帯魚  監督/園 子温  (西京極 紫の館)
【出演】  吹越 満  でんでん  黒沢 あすか   【ストーリー】 小さな熱帯魚屋を経営する社本(しゃもと)信行は、ある夜、娘の美津子がスーパーで万引きをしたため、妻の妙子とともに店に呼び出された。その場を救ってくれたのは、スーパーの店長と知り合いの村田幸...
『冷たい熱帯魚』 (ラムの大通り)
----おっ。これはいま注目の作品だね。 「ヴェネチアが沸いた! 園子温、最高傑作にして金字塔的作品 誕生!」…。 いったい、どんな映画ニャの? 「ひとことで言えば、 猟奇連続殺人と、その男に魅入られた 熱帯魚屋を営む主人公・社本と家族の話」 ----へぇ~っ。主演が...
冷たい熱帯魚 (映画と旅行、にゃんぱらりんな日々)
1993年の埼玉の愛犬家殺人事件や他の猟奇殺人事件をヒントに作られた作品。邦画は試写会でしか見ない私がお金を出して見に行ったのは「闇の子供たち」以来。それほどこの作品には以前から興味があった。 さて、埼玉愛犬家殺人事件の真相はとても凄惨で当時もゾっとしたも...
冷たい熱帯魚 (LOVE Cinemas 調布)
『紀子の食卓』、『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督が、“埼玉愛犬家殺人事件”をベースに人間の狂気と愛を描いた衝撃の問題作。主演は『掌の小説』の吹越満。共演にでんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、渡辺哲。第67回ヴェネチア国際映画祭の上映では、6分間のスタンデ...
冷たい熱帯魚・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
和製ナチュラル・ボーン・キラーか。 これは、ひょんな事から連続殺人事件に巻き込まれた平凡な男の体験を通して、人間の秘めたる狂気を描き出した、壮絶なダーク・エンターテイメントだ。 鬼才・園子温監督が...
冷たい熱帯魚(2011-006) (単館系)
冷たい熱帯魚 『紀子の食卓』、『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督の最新作がこの作品。 冒頭の食事を準備するシーンのテンポがいい。 主人公の主人公の社本(吹越満)と再婚した妻の妙子(神楽坂恵)と...
冷たい熱帯魚 (メルブロ)
冷たい熱帯魚 346本目 2011-06 上映時間 2時間26分 監督 園子温 出演 吹越満(社本信行) 、 でんでん(村田幸雄)     黒沢あすか(村田愛子) 、 神楽坂恵(社本妙子) ...
映画レビュー「冷たい熱帯魚」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆人間のグロテスクな狂気を冷徹なまなざしで描く問題作。名脇役でんでんが演じる猟奇的キャラが見もの。 【70点】 小さな熱帯魚店を経営する社本と若 ...
「冷たい熱帯魚」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/配給:日活英題:COLDFISH監督:園子温脚本:園子温/高橋ヨシキ 「愛のむきだし」の鬼才・園子温監督による、人間のおぞましいまでの狂気と欲望のカオスを描いたホラー・サスペンスの傑
『冷たい熱帯魚』は恐怖のアダルトビデオだよ。 (かろうじてインターネット)
 映画感想の本数もかなり増えてきたので、あいうえお順にしてみましたが、「索引」みたいのきちんと作った方がいいですよね。過去に何の感想を書いたか分からなくなっちゃうので。  今回はタ行だよ『...
冷たい熱帯魚 (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞冷たい熱帯魚 2010年/日本/146分 監督: 園子温 出演: 吹越満/でんでん/黒沢あすか/神楽坂恵/梶原ひかり 公式サイト 公開: 2011/01/29 2009年1月14日、静岡県で熱...
『冷たい熱帯魚』 シオンの過剰 (Days of Books, Films )
Coldfish(film review) 浴室で死体をばらばらにし、「ボディを
冷たい熱帯魚 (rambling rose)
でんでん、スゴ過ぎ・・( ̄∇ ̄; ヤバ過ぎるやろ、このオッサン!
■冷たい熱帯魚 [映画館] (*Hello Nico World)
『冷たい熱帯魚』(2010)日本 監督:園子温 脚本:園子温・高橋ヨシキ 出演:
冷たい熱帯魚 (ケントのたそがれ劇場)
 新宿テアトルは平日の昼だというのに超満員。先週封切られて以来、毎日が満員御礼という異常事態が続いている。そしてヤフー掲示板のレビューもかなりの高得点なのだ。 一体どんな映画なのか、そんなに何が凄いのかを確認するためにチケットを買った。相変わらず館内超...
『冷たい熱帯魚』から王道を学ぶ (「実存浮遊」から柔和な路上を歩き瓦解した世界に埋没する)
■ 映画『冷たい熱帯魚』『紀子の食卓』から洗脳と成長と憑依を学び、すべてを覆す強い女子高校生を知る 園子温監督の衝撃作『冷たい熱帯魚』を見ました。 『夢の中へ』や『奇妙なサーカス』でおなじみの...
冷たい熱帯魚 (~映画盛り沢山~)
監督:園子温  脚本:園子温/高橋ヨシキ  撮影:木村信也 出演:吹越満/でんでん/黒沢あすか 公開年:2011年  製作国:日本  上映時間:146分 2011年7本目 テアトル新宿にて鑑賞 ******************** 最初から最後まで不快な映画でした。 ...
冷たい熱帯魚 COLDFISH (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
この素晴らしき世界。 世界が絶賛!『愛のむきだし』を超える、園子温の手加減無しの猛毒エンターテインメント 『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督が、埼玉愛犬家連続殺人事件などの猟...
冷たい熱帯魚 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
小さな熱帯魚屋を営む男が、ひょんなことから想像を絶する破滅の世界へ導かれていく姿を描く「愛のむきだし」の園子温監督作。出演は「ヘヴンズ ストーリー」の吹越満、「人の砂 ...
冷たい熱帯魚 (銀幕大帝α)
COLDFISH/10年/日本/146分/犯罪サスペンス・ドラマ/R18+/劇場公開 監督:園子温 脚本:園子温、高橋ヨシキ アクションデザイン:坂口拓 特殊造形:西村喜廣 出演:吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲、諏訪太朗 <ストーリー> 熱....
悪魔と熱帯魚 (Akira's VOICE)
「悪魔を見た」 「冷たい熱帯魚」 
『冷たい熱帯魚』をテアトル新宿で観て、へらへらワハハハふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆園子温、名刺代わりとしていい映画ができたんじゃないかなあ】 はっきり言って『愛のむき出し』が大好きすぎるので、 この映画のイケイケドンドンなノリ ...
冷たい熱帯魚 (A Day In The Life)
早くもDVDにて登場。  話題の「冷たい熱帯魚」を観賞しました。 解説 上映時間約4時間の『愛のむきだし』などで話題となった鬼才、園子温監督 による人間の狂気と愛を描いた作品。 実際の猟奇殺人事件に触発された園監督が、猟奇殺人事件に巻き込まれるこ とに...