映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

愛のむきだし

2010年05月23日 | DVD
 前日のブログ記事で書きましたように、TSUTAYAから『愛のむきだし』のDVDを借りてきて見てみました。
 この作品は、昨年さまざまの賞(注1)をもらって注目されていましたから是非映画館で見たいものだと思っていましたが、余りにも長尺のため二の足を踏んでいたところ、とうとう劇場公開は終わってしまい、そうなるとまあいいやとなって、DVDもそのまま見ずに終わるところでした。

(1)園子温監督の作品は、映画館では『ちゃんと伝える』しか見たことがありませんが、その映画のAKIRA(EXILE)といい、この映画の西島隆弘(注2)といい、歌手を俳優として使うのがとてもうまい監督だなと思いました。
 また、DVDで見た『紀子の食卓』は、この映画ほどではありませんが160分の長さの作品ながら、この映画同様その長さは少しも気になりませんでした。監督の類い稀なる長編制作力によっているものと思われます(注3)。

 そんなことはさておき、この映画は、長いだけあってストーリーはかなり複雑で、それを把握するだけで精一杯になってしまいます。大雑把には次のようでしょう。

 母を幼い時分に亡くしながらも、主人公の本田ユウ(西島隆弘)は、神父の父テツ(渡部篤郎)と二人で幸せな生活を送っていたところ、自由奔放なカオリ(渡辺真起子)が突然彼らの前に現れます。テツは神父でありながらカオリに溺れてしまいますが、そんな日は長く続かず、カオリは立ち去ります。
 ある日、ひょんなことから「女装」していた最中に、ユウは、街のチンピラに絡まれていたヨーコ(満島ひかり)に出会い救出しますが、彼女に「マリア」を見出し恋に落ちます。ヨーコも、自分を助けてくれた女装のユウ〔謎の女(サソリ)〕に恋をしてしまいます。
 そうしたところ、いなくなったはずのカオリが再び現れ、父はそのカオリと再婚すると言い出します。おまけに、カオリの連れ子がまさにヨーコだったのです。ヨーコは幼少期に父から受けた虐待で男という男を全て憎んでいますから、サソリの正体がユウだとは知らないこともあって彼を酷く毛嫌いします。
 同じころ、「ゼロ教会」という新興宗教団体が世間を騒がせていました。そこにはコイケ(安藤サクラ)という敏腕ながら性格の曲がった女性信者がいて、信者数を増加させるべくユウたちに近づいてきます。ついには、ヨーコに自分がサソリだと思わせ、ヨーコの信頼を勝ち得るとともに、ユウの家庭の中にまで入り込んできて、ユウのいない間に皆を「ゼロ教会」に引き連れていってしまいます。
 ユウとその仲間は、ヨーコをゼロ教会から救い出そうとし、ヨーコを拉致して監禁しますが、監禁場所にコイケたちがやってきて、ヨーコは取り返されてしまい、さらにはユウもゼロ教会に入信することを強要されてしまいます。
 仮面入信したユウは、隙を突いて教団本部に忍び込みヨーコを助け出そうと試みます。ですが、洗脳にされてしまった彼女は簡単には元に戻ることができません。
 むしろ絶望的になったユウは、精神的なダメージを受けて精神病院に入らざるを得なくなります。
 他方、救出されたヨーコは、親戚の家で従妹たちと一緒に暮らすうちに、次第に洗脳が解けてきてユウの気持ちが理解できるようになり、入院先に行ってユウと面会します。
 はじめのうちユウは、ヨーコに何も反応せず、ヨーコも病院を立ち去らざるを得なくなるものの、次第に記憶が蘇ってきて、とうとう全てが分かるようになり、ヨーコの乗るパトカーを追いかけ、ついには二人が固く握手するシーンでジ・エンドになります。

 こんな簡単な要約からでも、この映画が、カルト教団、親と子の葛藤、精神病院などといった現代的な問題をビビッドに取り上げていることが分かると思います。
 そうした状況をヨコ糸として、何よりもユウとヨーコとの関係がタテ糸として、4時間という上映時間の中で、様々な側面からじっくりと強い説得力を持って描き出されていきます。
 ユウは、普通の高校生、父親と対立する息子、女装したサソリ、精神が崩壊した病人などの面を見せますし、ヨーコも、女子高生として、サソリに同性愛を抱く女性として、カルト教団の信者として、洗脳が解けた人間として、ユウを病院から助け出そうとする女性として、というように様々に変化します。
 普通であれば、これだけ錯綜した面を中心人物が見せれば〔さらには、カオリとコイケが絡んできます〕、作品から混乱した印象を受けてしまうところでしょうが、監督の傑出した手腕と、彼らを演じた西島隆弘と満島ひかりの演技力によって、映画は見る者を圧倒します。

 特に、満島ひかりは、この映画に初めて登場する場面では、街のチンピラと格闘しスカートを翻す大胆なカットまであり、またユウに拉致されて壊れたバスの仲に監禁される場面では厳しく縛められていますし、ラスト近くではユウを殺そうと首を絞めたりまでするなど、まさに体当たりと言っていいほどの活躍振りです。
 そして、最後にユウと手を握り合う場面での嬉しそうな顔は出色の表情です。
 これからもイロイロな映画に出演して様々な物を見せてもらいたいものだと思いました。

(注1)たとえば、第59回(2009年)のベルリン映画祭にて、「カリガリ賞」及び「国際批評家連盟賞」を受賞。
(注2)彼が所属するAAAがごく最近リリースした「逢いたい理由/Dream After Dream ~夢から醒めた夢~」がオリコン(5月17日付け)の第1位になったとのことですが、この歌を作曲したのが、ナント小室哲哉だとは!
(注3)長尺の映画としてこれまで見たものには、3時間37分の『ユリイカ』(青山真治監督)とか3時間22分の『沈まぬ太陽』がありますが、この作品は3時間57分で、それらよりも20~30分以上長いのですから!


(2)この映画で興味を惹いたのは、些細なことですが、ヨーコとカオリの右の二の腕にタトゥーが見られる点です(注)。



 ただ、実際にこのタトゥーが何を表しているのか(十字架は分かりますが)、どんな経緯で二の腕に入れることになったのかなど何も映画から伝わってこない点が残念なところです。

(注)なお、報道によれば、新しい英国首相夫人の足首には、小さなイルカのタトゥーが入っているとのこと。


(3)映画評論家の評価は二つに分かれるようです。
 渡まち子氏は、「アブノーマルな行為が、信仰というフィルターを通して高純度の愛へと至る物語に、心から感動した。ふやけた笑顔の西島隆弘と挑発的な満島ひかり。共に適役である。ダンスのような盗撮テクはギャグすれすれで、かなり笑える」などとして80点の高得点を与え、
 また、福本次郎氏も、「ほとばしるような激情が圧倒的なパワーとなって、4時間近い上映時間を一気に突っ走る。先の読めない展開は一切の予断を許さず、俳優たちの熱演と緻密に練られた演出は細かい齟齬を力業でねじ伏せる。破壊的な情熱をフィルムに焼き付けたかのような物語は、園子温監督の魂を投影しているかのよう」として90点も付けています。
 ですが、前田有一氏は、「要するに、なんでもありの世界でなんでもありのストーリーをやっても、観客は驚きも感心もしない」のであって、「虚構の世界にまずは現実感を構築し、そこに配置してこそ突飛な内容も生きてくる。だが、この映画はそうしたプロセスを(あえて)踏んで」おらず、「めくるめく不条理&変態ワールドに酔いしれ、そこから各自、何かをつかみとって帰りましょう、という映画」だ、として45点しか付けていません。
 ただ、前田氏は、一方で「観客は驚きも感心もしない」と言っておきながら、他方で「めくるめく不条理&変態ワールドに酔いしれ」と述べていて、はたしてその両者は並立可能なのかどうか頗る訝しいところですが?


★★★★☆

象のロケット:愛のむきだし
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川の底からこんにちは | トップ | 石井裕也監督作品(上) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして・・・ (きこり)
2010-05-23 18:58:16
TBありがとうございました。
『愛のむきだし』は最近見た映画の中でも
印象深い作品でした。
クマネズミさんが書かかれてるように、いろんな問題を扱いながらも、すっきりとまとまって、どの役柄も生きている。こんな長い映画を見たのは久し振りでしたが、まったく気になりませんでした。
満島ひかりさんはいいですよね~
この映画ですっかりファンになってしまいました。
ゆらゆら帝国の曲もぴったりでした。
TBありがとうございました (SunHero)
2010-05-24 00:52:57
はじめまして、音楽ウェブロッジのオーナー=SunHeroと申します。
古い記事にTBをいただき、ありがとうございました。

AAAの新曲がオリコン1位になったという補足がありまたので、付け加えて...主題歌&挿入歌を担当したゆらゆら帝国が今年3月に解散したそうです。園監督は彼らの楽曲を用いることにしてから、脚本を一部手直ししたというだけあって、まるで映画のために書かれた楽曲のように溶け込んでいましたよね。
TBありがとうございます。 (かからないエンジン)
2010-05-30 22:29:02
もう一年近く前の映画になりますが、
劇場で観た時の衝撃は未だ忘れられません。(あの時は楽しかった!)

園監督、今度はハリウッドにて、カトリックの村でロックバンドがリンチに合って殺された事件(事件名失念)の映画化に携わるということで、今から楽しみにしております。
こんばんは (michi)
2010-05-31 03:39:31
TBありがとうございました。
私からgooブログさんへのTBが不調なので
コメントにて失礼いたします。

劇中で流れていた「ボレロ」がちょっと不気味で
印象に残っています。
本作で満島ひかりさんを知って以来、彼女の出演作品を観るようになりました。
どんな役どころでもこなしてくれそうで
これからも楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
園子温監督 「愛のむきだし」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
去年、劇場で観た「沈まぬ太陽」が上映時間3時間超えってンで驚いたンですが… やはり去年の映画でキネ旬第4位になった今作 な、なんと上映時間237分 え~~~約4時間じゃん!ムチャ長い!(@。@!) キネ旬4位じゃ観ておきたいと思ってDVDを借りたのです...
『愛のむきだし』 (マガジンひとり)
@早稲田松竹、園子音監督(2008年・日本) キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出…。監督の友人が体験した実話をベースに、人間の本質を「むきだし」にする内容で、237...
愛のむきだし (あーうぃ だにぇっと)
監督・原案・脚本: 園子温 キャスト ユウ☆西島隆弘 ヨーコ☆満島ひかり コイケ☆安藤サクラ 尾上寛之 清水優 永岡佑 広澤草 玄覺悠子 中村麻美 サオリ☆渡辺真起子 テツ☆渡部篤郎 他 【ストーリー】 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭...
『愛のむきだし』 (2008)/日本 (NiceOne!!)
原題:LOVEEXPOSURE監督・脚本・原案:園子温出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡部篤郎、渡辺真起子鑑賞劇場 : ユーロスペース公式サイトはこちら。<Story>幼い頃に...
愛の付け毛 (Akira's VOICE)
「愛のむきだし」 「エクステ」 
愛のむきだし (Art-Mill)
手の動きが美しいのです。 京都シネマウェブサイトhttp://www.kyotocinema.jp/ 作品データ 原題:Love Exposure 製作年:2008年 製作国:日本 配給:ファントム・フィルム 上映時間:237分 スタッフ 監督:園子温 アクション監督:カラサワイサオ エグゼ...
映画 「愛のむきだし」 (ようこそMr.G)
映画 「愛のむきだし」
愛のむきだし/西島隆弘、満島ひかり (カノンな日々)
あの園子温監督の最新作です。園子温さん、次は何をやらかすんだと思ったらなんと237分という大長編作品です。4時間ですよ、4時間!ちょっと頭おかしいんじゃない?(笑)。実話がベースらしいんですが予告編を観た限りではいったいどこが実話なんだろって感じでしたよね...
『愛のむきだし』 そっちとこっちを分かつのは? (映画のブログ)
 私の大好きな映画に『エル・トポ』がある。美しく、刺激的で、面白い、最高の映画だが、残念ながら重大な欠点がある。  『エル・トポ』は...
「愛のむきだし」 園 子温 監督 加筆ありデス・・(^▽^;) (トリ猫家族)
 おもしろかったわ~100分越えるとちょっと辛い私が、237分夢中で見たぞ・・ 好き嫌いあると思うけどね・・・ この映画全編を貫く「変さ」が、私は結構好きかも・・ そもそもこのタイトルがすごい・・・なんだよ「愛のむきだし」って・・((-∀- ) これはR-15指定映画...
「愛のむきだし」 (古今東西座)
盗撮少年の話で上映時間237分と聞けば、そんな映画を誰が観に行くんだと思われそうだが、海外の映画賞に出品された(おまけに受賞まで)れっきとした日本の作品である。この作品に『プライド』(→記事)の好演が印象的な満島ひかりが出演していると知り、どうしても観た...
「愛のむきだし」 (みんなシネマいいのに!)
 上映時間237分。 これは危険だ。 映画が面白くなくても我慢できる時間は2時間
mini review 10444愛のむきだし」★★★★☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』...
『愛のむきだし』 (ラムの大通り)
----『愛のむきだし』、 タイトルからしてスゴいけど、 えっ、これ237分もあるの? 「そう。インターミッションまで設けられていたよ」 ----そんな疲れそうな映画、よく観に行ったね?
09-50「愛のむきだし」(日本) (CINECHANの映画感想)
裏切らないもの、それは愛  敬虔なクリスチャンの一家に生まれた青年、角田ユウ。母を早くに亡くし、神父の父テツと2人暮らしの彼は、理想の女性“マリア”に出会う日を夢見て満ち足りた毎日を送っていた。  ところが、ある出来事をきっかけに優しかった父はユウに懺...
新春映画鑑賞第一弾は「愛のむきだし」で始まり。。。。。 (銅版画制作の日々)
京都シネマにて鑑賞。 京都シネマ5周年特別企画、京都シネマで観たかった!スタッフセレクションと題して本作の上映が1月15日までやっております。他にも2009年で上映された色々な作品が1月22日(金)まで上映されます。見逃した作品がありましたら、ぜひ京都...
愛のむきだし(DVD鑑賞) (~映画盛り沢山~)
やばいやばいやあばいあやばいあやばいやあhc:sjdsぎおれ」:gl;fほrgjkdlbv;えrp めちゃくちゃいいです やばいって打てなくなるほどww もりだくさんとしては今年観た邦画の中でダントツ一番なだけでなく、今まで観た邦画の中でも3本の指に入るくらい好きです ...
★『愛のむきだし』★ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、園子温監督&脚本&原案、西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡部篤郎、渡辺真起子出演。 ≪DVD観賞≫
愛のむきだし (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
愛のむきだし [DVD]なんとエネルギッシュな映画だろう。神父の父が強制する懺悔に応えるため罪作りに励む純粋な少年ユウは、次第に女性の股間の盗撮のエキスパートに。ある日、彼は運命の女性ヨーコと出会い恋に落ちるが、彼らに怪しげな宗教団体の魔の手が迫る。ヨーコの...
「愛のむきだし」 公開初日、行きました (音楽ウェブロッジSunHero)
公式サイトでトレーラー(予告編)を見てビックリ!予告編でこんなシーンまで見せちゃっていいのか?というか、一応アイドル出身なのに、こんな破廉恥な役柄をやらせてもいいのか?と思っていたら、・・・
愛のむきだし (単館系)
「 キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出…。 人間の本質を『 むきだし 』にする間違いなく本年度No.1の...
「愛のむきだし」 (prisoner's BLOG)
愛のむきだし [DVD]アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 宗教と変態と愛についての四時間になんなんとする大作。 主人公がどう変態かというと盗撮マニアなのだが、同性愛とかと違って「合意の上」で成り立つわけではない、人それぞれの趣味だから...
愛のむきだし (C note)
DVDで観た映画の感想って滅多なことじゃ書かないのだけど、これは書いておきたいで
愛のむきだし (2008) (肩ログ)
LOVE EXPOSURE 日本 監督:園子温 出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡辺真起子、渡部篤郎、他 ―237分の衝撃― 全くもってその通りでした・・・ 敬虔なクリスチャンの一家に生まれた青年、角田ユウ。母を早くに亡くし、神父の父テツと2人暮らしの彼は、理...
『愛のむきだし』 (Rabiovsky計画)
映画「愛のむきだし」公式サイト 園子温 - Wikipedia 監督・脚本・原案:園子温 出演:西島隆弘 、満島ひかり 、安藤サクラ 、渡部篤郎 、渡辺真起子 2008年/日本/237分 おはなし Yahoo!映画 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西...
愛のむきだし (迷宮映画館)
凄い!という言葉を、いままで簡単に使いすぎてた。すいません。こういう映画にこそ使わなければならない!!!
映画「愛のむきだし」 (おそらく見聞録)
監督:園子温(その しおん) 出演:西島隆弘(最高)満島ひかり(最高)安藤サクラ(怖ええ)渡辺真起子 渡部篤郎  出演:板尾創路 岩松了 大口広司 岡田正 倉本美津留 堀部圭亮 尾上寛之 清水優  盗撮に明け暮れ、罪作りに励む、神父を父に持つ主人...
「愛のむきだし」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年・ファントム・フィルム/監督:園 子温) これは、凄い映画である。出て来る人間がほとんど全員、異常というか変態。題名からしてヘンな日本語だ。 しかも上映時間がなんと237分!4時間である(
「愛のむきだし」:光林寺前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この先へ行けばフランス大使館にたどり着く。 {/hiyo_en2/}恋の国、フランスね。おしゃれな映画もたくさんあるし。 {/kaeru_en4/}フランス映画のようにソフィスティケイトされた恋もいいが、むきだしの愛の話もなかなかいいぞ。 {/hiyo_en2/}園子温監督の「...
【DVD】愛のむきだし (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 満島ひかりを追って ▼感想 奇跡。 ▼満足度 ★★★★★★★ けっさく ▼あらすじ 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。父の期待に...
愛のむきだし (活動写真放浪家人生)
<下関スカラ座シアター・ゼロ>  「歯は白い方がいい。白いものはみんな美しい。」・・・意気消沈のまま
愛のむきだし (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:園子温 本作品の主
愛のむきだし / Love Exposure (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
「愛のむきだし」 (Mr.Bation)
「00年代 もう一度スクリーンで観たい映画はこれだ!」 「愛のむきだし」 この作品は気にはなっていたのだけれど、あまりに上映時間が長いという事で怖気づいておりました。 ありえない漫画チックな展開に疑問を抱きながらも
愛のむきだし (いやいやえん)
237分とか約4時間の半端ない長時間の作品ですが、一気に引きこまれてしまいました。「冷たい熱帯魚」の監督さんです。 簡単にいってしまえば、変態、盗撮、洗脳、父子、原罪、カルト教団、信仰、希望、愛、という
映画「愛のむきだし」のDVDを見ました(パンチラ盗撮における罪と罰と宗教的因果関係) (翼のインサイト競馬予想)
どこかの2chのまとめサイトの面白い映画を上げるスレで見かけた「愛のむきだし」の
愛のむきだし (LIFE ‘O’ THE PARTY)
な~~~んじゃこの映画!!! 怒涛の237分!! 鑑賞後「ぽ