ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「今度は愛妻家」

2010-01-21 10:50:57 | Weblog
                            「今度は愛妻家」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。

原作・中谷まゆみ
監督・行定 勲

ネタバレあります。

不思議な作品ですな。

観終わって、どれが夢か現かよく判らなくなる・・。

しかし、やがてそんな事はどうでもいいっつー感じになりますな・・。素敵な映画だから。

いつものように、前知識ゼロで観に行きました。

コメディ!イッツ コメディ!(^^♪

石橋蓮司さんにはやられましたな!「これは演技というより“芸”ではないか!」などと心の中ではちょっと批評してみるものの、
その迫力に圧倒されて爆笑してしまいました(^^♪!!
映画であんなに笑ったのは久しぶりですな!蓮司さんありがとう!

おもろくて、やがて悲しき・・。
事前知識がないのですから、後半の物語りの展開は予想だにしませんでしたな。

薬師丸さんて、決して演技が上手い訳ではないと思うのですが、“ここぞっ!”というツボをしっかり押さえてくるのですな。
もちろん豊川悦司さんや石橋蓮司さんがその土台となってくれているのですが。

泣きました(T_T)/~~。薬師丸さんの涙が伝染ったように泣いてしまひまひた。

想えば中学生の頃、「野性の証明」を観て電流が走ったように薬師丸さんのファンになってから、「Wの悲劇」までは、“ヤクシマラー”だった私・・。

今、この歳になって、またこんな素敵な映画で出会えて、
いや~、長生きはするもんですね(笑)!

行定監督、脚本の伊藤ちひろさん、素敵な映画を有難う、という感じですな(^^♪。


ひきばっち的満足度★★★★








『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブラック・レイン」再び・・・。 | トップ | 「オーシャンズ」 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (KLY)
2010-01-21 19:49:27
ひきばっちさんこんばんは^^
最初はトヨエツと薬師丸さんの夫婦ってちょっと違和感があったんですが、お二方とも流石に上手いんですぐ馴染みました。石橋さんは素晴らしい芝居でしたねぇ。名優は何をやらせても出来るんだなぁと心底感心しましたよ。
ただ、作品的に、秘密が解ってテンションもがーっとあがったところで、延々と蘭子の恋話にないっちゃったんで、なんだかそこでちょっと醒めちゃった。^^;薬師丸さんでてこなくなっちゃうし…。なんかもったいなかったなぁって感じです。
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-01-22 09:37:47
トヨエツは上手いの判っていたですが、薬師丸さん、「3丁目の~」あたりから上手になりましたねぇ・・。
蓮司さんには感服いたしました!
本当に素晴らしい助演でしたね(^^♪!
蘭子はヒステリックすぎましたな・・。
観ていてあまり気持ちのいい役ではなかったです。まぁ、そこに濱田君の出番の必然性が出てくるのでしょうが・・。
ラスト近くで薬師丸さんが消えて、その辺でジ・エンドの方がよかったかな・・。
少し最後間延びしましたね・・。
確かに・・・。 (mezzotint)
2010-01-22 21:16:35
ひきぱっちさん
最後は引っ張りすぎだと思いました。
もう終わりそうなのにまだ続くの?
って感じでしたね(笑)
トヨエツ&薬師丸コンビの前作
「きらきらひかる」もいいです♪
mezzotintさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-01-23 12:24:27
>最後は引っ張りすぎだと思いました
そうなんですよね~・・。
もう少しタイトにまとめて欲しかったですよね。

「きらきらひかる」観てみます~!
“ヤクシマラー”としては見逃せないっす(笑)
「野蛮人のように」も観てないんですよ~。
同感 (えい)
2010-01-24 23:01:24
ぼくも、薬師丸ひろ子が
こういう形で再浮上してきたのが
とても嬉しいです。

ちなみに
『うた魂♪』はご覧になりましたか?
あそこでは、
かつての玉のような声が聞けますよ。
えいさん こんばんは♪ (ひきばっち)
2010-01-25 00:01:17
>薬師丸ひろ子が
こういう形で再浮上してきたのが
とても嬉しいです

そうですよねぇ(^^♪
ひと頃はあまり映画に
出なかったですからね~・・。
嬉しいかぎりです!

「うた魂♪」観ましたよ~(DVDですが)!
懐かしい、鈴がころがるような歌声でしたね。
今後も「主演・薬師丸ひろ子」の映画をどんどん観たいです(^^♪!
お礼 (クマネズミ)
2010-02-14 17:59:35
 「ひきばっち」さん、コメントしていただき、ありがとうございます。
 おっしゃるように、若いときは勿論ですが、中年の薬師丸ひろ子もこんなに魅力的だとは思いもよりませんでした。
 まさに、ヨク噛むと2度美味しいといったところでしょうか!
クマネズミさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-02-15 10:50:47
コメント有難うございます(^^♪
薬師丸さん、本当に素敵になられましたね・・。
「野性の証明」で、頼子の役をやったのが昨日の事のように感じられます・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今度は愛妻家 (LOVE Cinemas 調布)
脚本家・中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を実写映画化。結婚10年目を迎える夫婦、自堕落な生活を送る元売れっ子カメラマンと、おっとり型の妻を描いたドラマだ。監督は3月に『パレード』の公開も控えている行定勲。主演は『20世紀少年』の豊川悦司、共演に『ALWAYS 三...
今度は愛妻家 (なりゆき散策日記)
 テレビ東京主催の試写会にあたったのでいきました。 今度は…って離婚でもなにかする展開なのかと意味深なタイトルですね。ホームページは ココ 会場は年配のご夫婦、女性同士の組み合わせが多かった。この作品は、結婚していれば夫婦でみてほしい。まだ結婚していな...
今度は愛妻家 (シネマDVD・映画情報館)
中谷まゆみ脚本の大ヒットを博した舞台「今度は愛妻家」を映画化。監督は『OPEN HOUSE』『GO』の行定勲。近年、話題作を次々と発表し、ヒットメーカーの地位を確立した行定が、本作ではカラッと笑えて、心温まる夫婦の感動作を描く。主演・北見俊介を演じるのは豊川悦司。...
今度は愛妻家 (銅版画制作の日々)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 おぉ~こういう話しだったとは。。。。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作品だと思います。(1992年の「きらきらひかる」以来だと...
今度は愛妻家(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[今度は愛妻家] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年2本目です。 【あらすじ】 かつては人気のカメラマンだった北見俊介(豊川悦司)は、今は仕事をせずに、気ままに生きる典型的なダメ亭主。 そんな夫に文句を言い...
「今度は愛妻家」失って知る大切な人と愛されていた日々 (オールマイティにコメンテート)
「今度は愛妻家」は亭主関白で自由気ままなダメ夫と健康オタクの妻が離婚寸前までいってしまい沖縄へ離婚旅行へ行くがそこから1年の月日を経て妻が出て行ってしまうストーリーである。確り内容を辿っていくと冒頭のストーリーの意味を確り理解できるけれど、人は失って知...
『今度は愛妻家』 (ラムの大通り)
----確かこの映画、 観る前は「かなり、きつそう」って言っていたよね。 「うん。 白髪の豊川悦司 がカメラを構え、 横には寂しそうな顔をしている薬師丸ひろ子。 そこにキャッチコピーが 『夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある』。 このメインビ...
今度は愛妻家 (いい加減社長の映画日記)
予告編で気になっていた作品。 公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。 不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、土曜日の午前中としては、かなり少なめ。 「今度は愛妻家」...
『今度は愛妻家』 今度とは今年のことだ! (映画のブログ)
 劇中でニンジン茶の不味さが繰り返し語られるが、ニンジンの皮にはβ-カロチンが豊富に含まれるので、ニンジン茶を飲めば白内障予防になる...
今度は愛妻家 (まてぃの徒然映画+雑記)
邦画で久しぶりに涙をこらえました。元売れっ子カメラマンだけど、今は仕事もせずぐうたらと貯金を食いつぶしている北見俊介(豊川悦司)。妻のさくら(薬師丸ひろ子)は人参茶を作って新聞記事は必ずスクラップにする健康オタクで、俊介の身の回りの世話をかいがいしくや...
【今度は愛妻家】 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、濱田岳、水川あさみ、石橋蓮司、城田優  夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 「カメラマンの北見俊介はスランプ中、妻のさくらのことを口うるさく思いつつもうまくやっていた。 ある日さ
今度は愛妻家 (とりあえず、コメントです)
2002年に上映された舞台劇を映画化した、夫婦の物語を描いた作品です。 家の中のシーンが多くて登場人物は少ないのですけど その分、一人一人の心がじっくりと伝わってくるような心に残る作品でした。
『今度は愛妻家』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫 薫■鑑賞日 1月16日(土)■劇場 チネチッタ■c...
『今度は愛妻家』 (・*・ etoile ・*・)
'10.01.09 『今度は愛妻家』(試写会)@東商ホール いつもお世話になってるrose_chocolatさんのお誘いで、試写会に連れていっていただいた。rose_chocolatさんありがとうございました! *ネタバレしてます! 映画の性質上ネタバレしない方がいいかと思いますので、未見の...
今度は愛妻家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
試写会に誘っていただいてノーチェックで観に行った『今度は愛妻家』は行定監督作品でした。うっわ、、、当たりかはずれか?どっちだろうっと期待感低めで鑑賞開始(笑)だって、結構この監督さんの作品大作系はずしまくっているんですもの、、、こどものいない夫婦。気持ち...
今度は愛妻家 (迷宮映画館)
後悔、先に立たず。
今度は愛妻家 (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。  どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。  この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。  一つめは、戯曲の映画化という点です。  映画の設定場所が雑司ヶ谷の鬼子母神近くと酷...
【映画】今度は愛妻家 (★紅茶屋ロンド★)
<今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとても良いものばかりで、すごく気になっていました。レンタル新作だ...
mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が涙と笑いが交互に訪れる感動ドラマとして演出。夫婦を演...