Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

教育勅語の高橋源一郎訳

2017-03-21 08:55:06 | エトセト等
小説家・高橋源一郎氏のTwitterが話題になっているそうだ.その教育勅語の現代語訳はhttps://www.buzzfeed.com/kotahatachi/what-is-mizuhonokuni20?utm_term=.iiA38prYod#.avaLZk1oyxに全文出ている.
逐語訳ではない.
原文は文章がずらずらと連なる上に句読点もなく,現代的なセンスでは悪文である.お経とおなじで,訳のわからないほうがありがたいのだろう.
高橋訳ではずいぶん軽くなっちゃったと思うが,こうでもしなければバカバカしくて...というところか.ちょっと原文とともに抜粋してみると



朕󠄁惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇󠄁ムルコト宏遠󠄁ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ

 はい、天皇です。よろしく。ぼくがふだん考えていることをいまから言うのでしっかり聞いてください。もともとこの国は、ぼくたち天皇家の祖先が作ったものなんです。知ってました? とにかく、ぼくたちの祖先は代々、みんな実に立派で素晴らしい徳の持ち主ばかりでしたね。


「父母を敬い、兄弟は仲良くし、夫婦は喧嘩しないこと」の段は省略.


一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ

 さて、その上で、いったん何かが起こったら、いや、はっきりいうと、戦争が起こったりしたら、勇気を持ち、公のために奉仕してください。というか、永遠に続くぼくたち天皇家を護るために戦争に行ってください。


是ノ如キハ獨リ朕󠄁カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺󠄁風ヲ顯彰スルニ足ラン

 そのことは、きみたちが、ただ単にぼくの忠実な臣下であることを証明するだけでなく、きみたちの祖先が同じように忠誠を誓っていたことを讃えることにもなるんです


斯ノ道󠄁ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺󠄁訓ニシテ子孫臣民ノ俱ニ遵󠄁守スヘキ所󠄁

 いままで述べたことはどれも、ぼくたち天皇家の偉大な祖先が残してくれた素晴らしい教訓であり、その子孫であるぼくも臣下であるきみたち国民も、共に守っていかなければならないことであり...



明治神宮の公式サイトに国民道徳協会の訳も載っている.天皇をオブラートに包んだ訳で,「我カ皇祖皇宗」を「私たちの祖先が」としているが,そうすると「私達 = 天皇家」と解釈してしまいそう.

太平洋戦争の戦死者 (230 万人と言われる) に最期に天皇陛下バンザイと言わせたのがこの教育勅語だろう.彼の戦争責任の証拠文書だ.
16 トンの両親は唱和して覚えた世代だが,戦後になってみると,教育勅語については良いイメージはないようだった.
ジャンル:
ネット
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工学部ヒラノ教授の介護日誌 | トップ | フランキーとジョニー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。