Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

不必要な犯罪

2017-01-24 09:50:47 | 読書


幻影城[幻影城ノベルス](1976/9).

狩久 (かり きゅう 1922-1977) は慶大工卒だが,1954-63 に100編の短編ミステリを書いた.その後 10 年余の休筆直後の,これはただひとつの長編にして最後の作品である.
2010 論創ミステリ叢書として,短編を集めて出版された「狩久探偵小説選」を図書館で拾い読みをしたのをきっかけに,40 年も前に買ったこの本を引っ張り出して読み直した...というわけ.ちなみに...傑作選は,500 ページと重いので ! 借りなかった.

たしかにアンカット・フランス装だったのを思い出した.手近な定規か何かを使ったらしく,破り目が汚らしい.反省!!

短編にはユーモア・ミステリ寄りが多いが,これはシリアス.ハイレベルな秀作だが,面白くはないかも.
ふたりの美人姉妹のうちのひとりを画家がヌードモデルに頼むことから,奇しく官能的な愛憎劇が始まる.成人向きの場面が多いのでアンカットだったのかな.
誤認殺人は不必要な犯罪だ,というのが,とりあえずのタイトルの由来.

画家とモデルの関係という事実そのものが傍目にはミステリアスだが,こういうのもありかな,と思った.

最後に梶龍雄による狩久のプロフィール.
幻影城のカバーの例にもれず,ここでも高塚省悟だが,絵は内容と関係がないと思う.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不必要な犯罪

2017-01-24 09:47:02 | 読書


幻影城[幻影城ノベルス](1976/9).

狩久 (かり きゅう 1922-1977) は慶大工卒.1954-63 に100編の短編ミステリを書いた.その後 10 年余の休筆直後のただひとつにして最後の作品がこの長編である.
2010 論創ミステリ叢書として,短編を集めて出版された「狩久探偵小説選」を図書館で拾い読みをしたのをきっかけに,40 年も前に買ったこの本を引っ張り出して読み直した...というわけ.ちなみに...傑作選は,500 ページと重いので ! 借りなかったのだった.

たしかにアンカット・フランス装だったのを思い出した.手近な定規か何かを使ったらしく,破り目が汚らしい.反省!!

短編にはユーモア・ミステリ寄りが多いが,これはシリアス.高級感はあるが,さのぶん面白くはないかも.
ふたりの美人姉妹のうちのひとりを画家がヌードモデルにすることから,奇しく官能的な愛憎劇が始まる.誤認殺人は不必要な犯罪だ,というのが,とりあえずのタイトルの由来.成人向きの場面が多いのでアンカットだったのかな.

画家とモデルの関係という事実そのものが傍目にはミステリアスだが,こういうのもありかな,と思った.

解説 梶龍雄.
幻影城のカバーの例にもれず,ここでも高塚省悟だが,絵は内容と関係がないと思う.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大坂の陣 近代文学名作選

2017-01-23 09:13:49 | 読書
日高昭二編,岩波書店(2016/11).

テレビの大河ドラマに便乗しての出版のように見えるが,やけに格調が高い.
日高氏は神奈川大学名誉教授だそうだ.

Amazon 掲載の「BOOK」データベースによれば*****
近代の著名な作家たちは、豊臣家の滅亡とその戦いをどのように描いたのか。明治から昭和戦前期までを中心に、坪内逍遙、岡本綺堂、徳富蘇峰、菊池寛、吉川英治、田中英光、坂口安吾ほか、十五名の作品を、「豊太閤追慕」「淀殿変幻」「落城の賦」「敗者の碑」の四章に分けて収める。近代文学が捉えた「大坂の陣」の物語には、それぞれの時代における帝国日本の「戦争」の陰影が深く刻み込まれている。*****

上にあるように,章のタイトルは文学趣味.内容は詩あり戯曲あり文語体あり.しかし敗戦がテーマだから,立て続けに読んだら気が滅入った.
面白かったのは吉川英治と,以外にも曾呂利が登場する坪内逍遥.坂口安吾の文章に既読感があったが,この人が書くものはぼくには全部同じに聞こえるのかもしれない.編者の解説もおおかたのテキストより面白かった.

図書館で借用.こうした,どういう読者を想定しているのかわからない本は確かに図書館向きだ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CDの額縁

2017-01-22 09:14:12 | お絵かき


かってはダイソーで CD 額を売っていたが,CD そのものがネット販売に押された結果,額縁も消滅して久しい.そこで「ゆーもあファクトリー」さんに注文して CD 絵仕様の額縁を作ってもらった.こちらにはもっと詳しい記事.値段は百均の一桁上だが額縁屋で買うよりはだいぶ安い.50 個 ! 一生分 ?

木目がぐるりと連続しているのがうれしいので,着色しない.

この絵そのものは,例によって CD ケースの内側からアクリル絵具の薄塗り.ウェブで見るより実物のほうが良い.

J 子の 100 号の額も作ってもらった.そちらが主で CD 額はおまけ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒龍荘の惨劇

2017-01-21 08:55:34 | 読書
岡田 秀文,光文社文庫 (2017/1).2014 年に刊行された単行本は「2015 本格ミステリ・ベスト 10」の国内第 5 位にランクインした.

Amazon によれば,*****
内容(「BOOK」データベースより)
明治二十六年、杉山潤之助は、旧知の月輪龍太郎が始めた探偵事務所を訪れる。現れた魚住という依頼人は、山縣有朋の影の側近と噂される大物・漆原安之丞が、首のない死体で発見されたことを語った。事件現場の大邸宅・黒龍荘に赴いた二人を待ち受けていたのは、不気味なわらべ唄になぞらえられた陰惨な連続殺人だった―。ミステリ界の話題を攫った傑作推理小説。
*****

首なし死体・わらべ唄・白紙の遺言状など,古典的な趣向がてんこ盛り.タイトルからして時代がかっているが,明治の文献を現代語訳したと言う体裁でサクサク読める.
ゲームみたいにサクサク殺され,残るは警察と探偵だけとなってしまう.探偵とは上記,月輪と杉山のペアで,それぞれホームズ役ワトソン役だが,まことに無能.
最後の 20 ページほどが謎解きに充てられるが,ちよっと急ぎすぎ.あまり詳しく書くとぼろが出るのかも.

ネタばらしをすると,真犯人はカリスマで,2家族の全員がこのひとにマインド・コントロールされるというのだが,強引な設定.でも彼に 4 (5) 人の妾がいて,同じ屋敷に住んでいるという能天気さが,強引な部分をカモフラージュしている.
ばかミスと思えば楽しく読める.

解説 法月綸太郎.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うどん キツネつきの

2017-01-20 09:13:41 | 読書
東京創元社(創元SF文庫 2016/11).2016 年林芙美子文学賞の高山羽根子の第一短編集.

Amazon によれば*****
内容(「BOOK」データベースより)
犬そっくりの生き物を育てる三人姉妹の人生をユーモラスに描き、第1回創元SF短編賞佳作となった表題作、郊外のぼろアパートで暮らす人々の可笑しな日常「シキ零レイ零 ミドリ荘」、15人姉妹の家が建つ孤島をある日見舞った異常事態「母のいる島」、ねぶたの街・青森を舞台に時を超えて紡がれる幻想譚「巨きなものの還る場所」など、全5編を収録。第36回日本SF大賞候補作。
*****

帯の「新時代の感性が描くシュールで愛しい五つの物語」という惹句が的を射ている.

カバーにはバックに英語で Unknown Dog of Nobody の文字があり,頭文字をつなげると「うどん」になる.「うどん」は犬 (らしい生き物) につけた名前.他の短編もそれぞれ英語かどうかわからないが,横文字のタイトルがある.
表題作ではパチンコ屋のゴリラが啼いているのかと思ったら,赤黒くぬれた肉塊,生まれたばかりで粘膜に包まれた「うどん」だったという出だし.これが「一日目」で,以下,七日目・四年目・七年目・十一年目・十五年目と小見出しが続く.一日目には生存が危ぶまれたうどんだが,このぶんでは永久に生きるのではないかと心配になる.登場人物は (そして人間は) 犬や蟹やフクロウを飼うのだが.食べるためにでもなく働かせるためにでもなく,なぜ彼らを育てるかと言うことを,この作は問題にしたいらしい.しかし特にオチがあるわけではなく,それは他の作品も同じ.
この作は第一回創元 SF 短編賞佳作だが,「これは SF らしくない」が入賞しなかった理由だそうだ.

五つの短編は次第にシアリアスになる配列.ぼく的ベストは真ん中の「母のいる島」.
解説 大野万紀.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

擦り切れた袖口の補修

2017-01-19 10:50:28 | エトセト等


持ち主同様,疲れた表情を見せるジャンパー.
タグ ? に Maul Ruck とあったので,ググったらタケオキクチの別ブランドで,登場が 1985 と判明.今ではビンテージ扱いされている品もあるらしい...知らなかった.
30 年間たまに着るという状態が続いてきたが,さすがに袖口がほつれてきたので,補修を依頼した.

これがビフォーアフター.こちらの写真は「洋服を直したり作ったりするレーベル qiv」さんのホームページから転載させていただいた.光栄なことに,news のページに同じ写真が出ている!

冒頭の全体写真はアフター.もともと袖口は布だったが,他の部分と似た皮を持ち込んで「パイピング」していただいた結果である.業界用語らしいが,わが解釈が正しければ,pipe を動詞として,こう言う風に使うんだな...

ホームページの,qiv というロゴがかっこいい!

これで一生もちそう.衣類は大切につかいませう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Good Bait / La Mer

2017-01-18 10:14:26 | ジャズ

Dizzy Gillespie (tp) Trummy Young (tb) Don Byas (ts) Clyde Hart (p) Oscar Pettiford (b) Irv Kluger (ds)

Wikipedia で Good Bait について,
*****Good Bait uses the changes to "I've Got Rhythm" (Rhythm changes) transposed up by a fourth as its bridge. The chord changes to Good Bait are similar to those of La Mer ("The Sea"), which was released at about the same time, and the title "Good Bait" may be an allusion to the sea.*****

とあった.Good Bait は 1944 年のタッド・ダメロンのバップ曲だが,La Mer はシャルル・トレネの 1943 年のシャンソンである.彼の「ブン」「詩人の魂」なども名曲だ.どちらも AABA 形式だが,La Mer は A が 12 小節と,ちょっと変わっている.出だしが似ている程度だから allusion なのだろう.

La Mer はよく考えられた曲だと思うが,Good Bait は B は A を5度下げた (4度上げた) だけということもあって,ちょっと大雑把というか,安直というか. 動画の演奏ではテーマの B 部分はアドリブだ.



動画でトレネが言っているように,La Mer はアメリカで Beyond the Sea というタイトルでヒットした.ぼくが覚えているのはボビー・ダーリン
歌詞が自然賛美から恋愛を歌ったものに変わっている.「枯葉」もそうだが,もとの歌詞を変えてしまうのがフランス人には気にくわないらしい

ジャンゴ・ラインハルトの La Mer は,バイオリンのバックのギターが激しい.Good Bait とは全く違うジャズだ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住吉 千夏子訳 絵本「たびネコさん」

2017-01-17 21:26:30 | 読書
ケイト・バンクス作,ローレン・カスティーヨ絵,住吉 千夏子訳, きじとら出版 (2016/9).
広島の紀伊国屋書店で発見.東京の丸善にはなかった.広島の出版社だからかもしれない.

出版社による内容紹介*****
たびネコさんは ちゃっかりネコさん。 家族旅行に おつきあい。 さあ、ごいっしょに ヨーロッパの名所めぐりをいたしましょう。
ローマから、マルセイユ、バルセロナ、パリ、ロンドン、アムステルダム、ミュンヘン、ヴェネツィアへ。巻末には、たびネコさんが訪れる名所の解説がついています。
コルデコット賞オナー作家による美しいイラストが旅ごころを誘う、画集のような一冊です!*****

EhonNavi のページで 6 ページだけ本の中を眺めることができる.

本には原著者紹介とともに (きじとら出版のホームページにも) 訳者 : 住吉千夏子(すみよし ちかこ)の紹介が*****
1984年島根県生まれ、広島県育ち。広島大学総合科学部・京都大学大学院農学研究科卒。社会人経験後、語学への強い思いからイギリスのリーズ大学大学院に留学、応用翻訳を学ぶ。現在、ドイツ・ケルン在住。本作で第22回いたばし国際絵本翻訳大賞(英語部門)最優秀翻訳大賞を受賞。*****
「大学のジャズ研でピアノを弾いていた」とは書いてなかった.

歌うような訳文だが,原文はどんな調子だったんだろう.
絵ではたびネコさんは黒猫で,写実的で姿態と動作に個性が感じられる描き方.モデルがいたんだろうか.コロッセオの俯瞰図の影がうまい.

ネコさんが行ったなかで,行ったことがないのはミュンヘンだけだ...などと,しばし老夫婦は思い出に浸るのでした.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土屋陽太・メタル展 @ 松屋銀座

2017-01-16 10:18:14 | エトセト等


*****遊びのギャラリー
まるで今にも動き出しそうなくらいリアルな生き物が、遊びのギャラリーにやってきました。土屋陽太・メタル展。
金属を自在に操り、滑らかな曲線と継ぎ目のわからない溶接技術は、圧巻です。どこか可愛らしい動きとつぶらな眼差しががほっとさせてくれます。是非!会場で癒されてください♪
*****
以上写真とも,松屋銀座のホームページより

金属板を叩いて立体化する,鍛金という手法と思う.しかし,鍋くらいなら想像できるが,こんな複雑なものがどうしてできるのだろう.

鍛金そのものは古い技術らしく,このウサギは明治時代の山田宗美作,加賀市美術館蔵.高さ23 cm.「一見鋳造品と見紛うばかりの重量感をもつが,実際に作品を手にすると 770g と,驚くほど軽い」と言う.現在は再現不可能な「幻の技法」とのことである.

比べると土屋さんの作品群は,材質も違うが軽やかで現代的.山田作品は全部が一体だが,こちらは手・足などは別々に作って溶接してあるらしい.
とても安い.左下の蛙が 10,500 円.欲しい! とは思ったが....

「松屋」という百貨店は今では三越伊勢丹ホールディングスの傘下にあるらしいが,松屋カラーは健在.地下の穴倉風コーヒースタンドと,この「遊びのギャラリー」が銀ブラの楽しみのひとつだ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

reading

/Users/ogataatsushi/Desktop/d291abed711d558e554bf7af66ee57d7.jpg