Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

世界でいちばん静かな場所

2016-09-26 09:30:48 | 科学

トレヴァー・コックス, 田沢 恭子 訳「世界の不思議な音」白揚社 (2016/5) は,文献リスト完備だが学術的・系統的ではなく,世間話集という感じの本だ.「世界で一番静かな場所」はこの中の一章.音に関する本で,無音に関する部分が面白いというのが面白い.

ここではジョン・ケージの「4分33秒」のことも書いてある.この曲では演奏者は舞台に出場し,楽章の区切りを示すこと (ピアノの場合は鍵盤の蓋を閉めたり開けたりするらしい) 以外はに何もせず,一定の時間が経過したら退場する.ここで16トンが思い出したのは,ジュークボックス中の静寂盤だった.案外,ケージ氏もジュークボックスからヒントをもらっていたりして...

もっとも,「世界の不思議な音」は科学の本で,サブタイトルは「奇妙な音の謎を科学で解き明かす」である.
ギネスによれば,世界一静かな場所はどことかの研究所の無響室で,背景音は -9.4dB だそうだ.しかし無響室でも何も聞こえないわけではない.自分の血液が体内を流れる音が聞こえるとか,音を聞こうとしても何も聞き取れないために脳がアイドリング・ノイズを生じ,これが耳鳴りとして実体化するという記述がある.
地球上では生物がいると静かな自然環境は得られない,その意味で南極大陸は静寂を聞ける場所である.ここの,地球上で最も不毛な干からびた谷間で過ごした体験者は「生命も存在しない,流れる水もなく,風の音も聞こえない,あの原始の「気配」はまぎれもなく衝撃だった」と語っている.無響室との違いは,閉塞感がないことだそうだ.
「フローティングタンク」という,外部の刺激から遮断された真っ暗なスペースで,濃い塩水に体を浮かせて感覚遮断を体験させる商業施設も紹介されている.この2ページ弱の体験記は読んでいただくしかないが,著者は後で時計を見て2時間も塩水に浮かんでいたことに驚愕し,脱水症状で虚脱感と吐き気を覚えたそうだ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芸術新潮 特集 こんなに凄かった! 長谷川町子と「サザエさん」

2016-09-25 09:09:55 | エトセト等

10 月号が出ると,この9月号が書店から消えてしまうので,あわてて購入.

単行本未収録の「サザエさん」が22編.これが面白い.今の新聞漫画がつまらないことを実感した.

長谷川町子は極度の人見知りだったそうだが,若いときの写真はとてもかわいい.

姉妹三人で戦後,闇市で紙を調達して出版社「姉妹社」を立ち上げサザエさんを出版...というのは,「とと姉ちゃん」とそっくり.この姉妹社のおはなしも熊谷真実主演で「マー姉ちゃん」として 1979 年に朝ドラになっている.タイトルも含め,「とと姉」は二番煎じ...というより,これが常套手段.好意的に言えば,同じコード進行で幾多の名曲迷曲があるブルースのようなものかもしれない.

単行本のサザエさんの画面が新聞のときに比べ横長なことを,長年不思議に思ってきた.下の図のように「版型にあわせるために」単行本用に書き足しているのだそうだ.窓の中が新聞らしい.助手がいたわけではないので,町子さんは忙しかったことだろう.



町子さんがこっそり書き溜めた純粋絵画があるとのこと.長谷川町子美術館に行けば拝めるのだろうか.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1945年±5年 広島現代美術館 特別展

2016-09-24 09:45:15 | お絵かき
自分の年齢に換算すると,「0歳+10歳」.「戦争と復興:激動の時代に美術家は何を描いたのか」というタイトルが付いている.展示品 210 点で,とても疲れた.

この絵はチラシなどにも出ていて,
 小早川秋聲「国之盾」1944年(一部1968年改作)京都霊山護国神社蔵(日南町美術館寄託)
だそうだ.いやなタイトルだ.しかしこのように手を組んでもらったり,日の丸をかぶせてもらったり,おまけに絵に描いてもらった戦死者は幸運だろう.大多数はジャングルなどで泥と糞にまみれて餓死病死したが,そういう人たちは「美術」として残されない.
ここに展示された,多数の戦地風景にはキャンプみたいにのどかな絵が多い.
フジタには,もっとえげつない,劇画的な戦争画があるのに,それがない.香月泰男の場合も,戦地から内地の家族へ送った,ほのぼのとした絵入り葉書が展示されているが,シベリアの絵はない.

戦争に関しては,展示はきれいごとで,タイトルに対する答えは,「美術家はたいしたものは描か (け) なかった」と受け取られそう.

「原爆の図」の再制作版の展示が話題になっているが,ここで展示されているのは第一部だけ.どうせならオリジナル版と一緒に比較しながら見たかった.
でも赤松俊子 (丸木俊) メーデーのスケッチ等,原爆以外をテーマとする絵を見ることができた.

展覧会の解説は兵庫県立美術館のページが詳しい.印象に残ったのはこの,ピカソの「ゲルニカ」を思わせる山本敬輔「ヒロシマ」.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブロッケン現象

2016-09-23 09:10:21 | お絵かき


CD ケースに内側からアクリル絵の具.背景は裏蓋.
しめった感じを出したくて,間にプチをはさんでみた.実物はなかなかよろしいのだが,写真にしたらつまらなくなった.
虹の部分は,薄く溶いた絵具を置いて乾くまで待つという気の永いやりかた.
虹の中心と CD の中心をずらしたのが,良かったのか悪かったのかわからない,

三角山は Wikipedia から拝借した.ここの御嶽山王滝頂上の図は是非ご覧いただきたい.
でも,ぼくの絵のほうは全体としては心象風景.ブロッケンの虹は学生時代に見たきりだ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あっちの(元)会長 春風亭柳橋

2016-09-22 10:28:39 | エトセト等


J 子が「笑点」がご贔屓で,その影響で落語番組をテレビで探したり,Youtube でつまみ食いしたりしている.きのうは BS で襲名したばかりという橘家文蔵の「夏泥」.この方は文左衛門時代にバンドを演っていると聞いた.

寄席芸人の団体に落語協会と落語芸術協会 (かっては芸術協会) がある.学生時代にオチケンの友人がいて,こっちの協会,あっちの協会と区別していた.サークルがこっちの協会から指導されていたという義理もあって,あっちの協会は一段下に見下しているようだった.そのころのあっちの協会の会長が六代目春風亭柳橋であった.Wikipedia では好意的とは言えない書き方もされているが,たぶん落研 OB の執筆だろう.

あのお経を歌うような喋り方がなつかしい.
当時の芸術協会は新作落語中心とされていたが,ぼくが寄席に行くようになった頃は,柳橋は古典落語をきちんとしゃべっていた.蒟蒻問答も柳橋で初めて観た.自分がご幼少のみぎり,ラジオで落語を落語と認識したのはこの柳橋と三代目三遊亭金馬からだった.
しかし柳橋は数年のうちにみるみる しわくちゃになり,寄席では小話をみっつよっつ喋って引っ込むようになった.歳をとるとはああいうことなんだ,と今になって思い当たっている.

柳橋は NHK のとんち教室のレギュラーだった.この番組は大喜利の変形だが,笑点と違ってメンバーで落語家は他には桂三木助だけだった.

ところで Youtube で志ん朝の声だけを聞いたら,(あまりそっくりではないのだろうが) 志ん生とそっくりだと思った.晩年の志ん生がラジオを聴いて,息子 (志ん朝) もうまくなったと感心したが,実は放送されていたのは志ん生の録音だったと聞いたことがある.
小学生時代は古今亭ではなく「ぽこんてい」で,タヌキのようなオヤジが落語を喋っていると思ってラジオを聞いていた.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にぎやかな落葉たち -21世紀はじめての密室-

2016-09-21 09:52:06 | 読書
辻真先,光文社 (2015/2).

Amazon の内容(「BOOK」データベースより)引用*****
北関東の山間にたつグループホーム「若葉荘」。世話人は元天才少女小説家。居住者は自在に歳を重ねた高齢者たちと、車椅子暮しながら筋骨隆々の元刑事と、身寄りのない彼の姪。賑やかで穏やかな日々は、その冬いちばんの雪の日、とつぜん破られる。密室に転がった射殺死体の出現によって―ホーム最年少の少女スタッフは、隠された因縁を解き明かし、真相に迫ることができるのか!?半世紀を超える筆歴を持つ日本一やんちゃな巨匠が、稚気と叙情と茶目っ気を縦横に駆使して描く、本格ミステリ長編! *****

普通に健全なミステリが読みたいと思っていたところ,図書館で手にとったら著者が 83 歳ということにも興味がわいた.老齢の作家のストーリー造りは,とかくつじつまが合わなかったりするものだが, これは期待を裏切り,期待通りに普通に健全なミステリであった.しかし悠揚とした展開,グループホームを舞台とすることなどは,このお歳の作家らしくもある.
「にぎやかな落葉たち」はグループホームの入居者たちのことらしい.「 21世紀はじめての密室」はちょっと...

本格ものの慣例に従いまず間取り図があるが,ダメ図面.中二階や屋根の構造がストーリーでは重要なのだが,一枚の平面図ではさっぱりわからない.つづく登場人物リストには死んだはずの人物が「生きていれば年齢」で載っていてミスリーディング.
はじめから殺されてもいい人物はそのように描かれていて,犯人そのものはバレバレだが,その後明らかになる因果関係はおもしろかった.密室造りには作為が目立つ.

日本語入力には (作家が) 最適と信ずる親指シフト・キーボードで書かれたとのこと.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金持・ビンボー人の表層と力と構造

2016-09-20 10:02:09 | エトセト等


先月だったか,NHKの番組に実名出演した母子家庭の女子高校生に関して,1000 円のランチを食べていたとか,スマホを持っているとか,映画を見に行っているとか,趣味のグッズが高すぎるとかで,片山さつきという女の子議員が「このレベルでは貧困ではない。」と息まいて,NHKに対して調査を求めたのだそうだ.

思い出したのが「金魂巻」.渡辺和博とタラコプロダクション,主婦の友社(1984/7).「現代人気職業 31 の金持・ビンボー人の表層と力と構造」というサブタイトルつき.

図はカバー見返しで
「このような内容です.たとえば女子大生の場合,マル金とマルビはどこが違うのでしょうか?」
と書いてある.この問題に答えられないようで,政治家というのはおこがましい...と言いたいが,30 年前の歴史問題にすぎなくなっている.

1984 年当時は女子大生も「現代人気職業」だったらしい.マル金・マルビは第一回流行語大賞であった.

今ではマルビは大学に進学できない.
マル金とマルビでは健康・寿命にも食生活にも格差が生じている.ステーキやフォアグラを嗜むのはマルビで (ただしファミレスで),その結果メタボである.マル金は玄米やひじきや納豆で (ただし放射能と無縁の海域産,あるいは生産者指定無農薬農法を厳選) メタボにも糖尿病にも癌にも無縁で長生き,ということか.

金魂巻著者代表の渡辺和博さんは 2007 年に癌でご逝去.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

殺しの手帖

2016-09-19 17:23:18 | エトセト等


今は亡き雑誌「話の特集」第2号 1966年3月号に掲載された,和田誠による「暮しの手帖」のパロディ.ここにアップしたものの他に,表紙,「殺しの中で考える」という文章と広告ページ ... 「結婚生活にあきたひとに,遺産をねらうひとに,あなたの心からあたたかい花束として,この「殺しの手帖」をプレゼントしてあげてくださいませ」の CM つき.
計算が正しければ,和田さん30歳の,結婚前の作品だが...

単行本 (和田誠「倫敦巴里」話の特集(1977/8) )  にも入っている.文庫化を望む.
この本を今、探し出したら,著者があとがきで (このテのものに)「パロディ」という言葉はあえて使わないと書いていた.パロディは権威を引きずり下すくらいの力があるもの,「俺のやってることなんか,やっぱりモジリ程度なんだなあ...」

暮しの手帖の発行部数100万部とは,この頃のことかもしれない.からかう相手に不足はないと言うところだが,からかわれた側は鷹揚にうけ流したんだろうか.花森安治の絵も文章も字体もまねるところが満載と思うが,からかったら怖そうと思うのは,テレビが作ったイメージかもしれない.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーコさんの「言葉」,蓮舫さんの「言葉」

2016-09-18 09:50:06 | エトセト等


日曜朝の ETV,美術番組の前の5分間がヨーコさんの「言葉」.絵本の読み聞かせスタイルで絵本作家・佐野洋子さんのメッセージを伝えてくれる.北村裕花さんのイラストも魅力.放映後ある程度時間が経ったバックナンバーは「どーがステーション」にアップされる.

この朝のタイトルは「追及されてみたい」.男になって浮気して,女房にバレて,追及されてみたい.のらりくらりとした言辞を弄してみたいのだそうだ.
のらりくらり男の典型が政治家で,だから国会中継を見るのも割合お好き.
土井たか子さんは,女性が男性化した見本であって,「首の振り方、にらみつけ方,肩のいからせ方,得意になり方を見ていると笑ってしまう」のだそうだ.

元気な頃の土井女史を知らない方は,クリントン女史を思い浮かべていただきたい.
ぼく的年寄り目線では,蓮舫さんは土井さんよりカワイイので,男の真似をして生意気な口をきいているなぁという態度で鑑賞している.

ところで彼女の「二位じゃだめなんですか?」発言.あのとき多くの理工系の男たちがヒステリックに反発したが,ぼくは二位でもいいと思っている.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落語「野晒し」のサゲ

2016-09-17 09:40:25 | 読書

塩見 鮮一郎 編集「被差別文学全集」河出文庫 (2016/8) 中の,落語「野晒し」について.

サゲまで演じられることはまれで,多くは途中で噺を終えるのだそうだ.
ストーリーは Wikipedia にあるが,八五郎が川辺でみつけた骨 (こつ) を妙齢の女性のものと妄想して回向し,その骨主が幽霊となって訪ねてくることを期待する.しかし訪ねてきたのは,八五郎の独り言を盗み聞きした幇間の新潮だった,というわけで,

八「お前は何だい?」
幇「シンチョウという幇間(タイコ)でげす」
八「なに太鼓? ああ、しまったそれじゃ馬の骨だった」

この小三治のは半分以上がマクラ,というより漫談なので,急いで確かめたい方は最後の1分を.

浅草新町には,かつて多くの太鼓屋が立ち並んでいたという.太鼓には馬の皮を張った.新町はシンマチと読むのがふつうで,これをシンチョウと読むのはこの一角だけだそうだ.
江戸時代は獣皮を商売とする一族は差別の対象とされた.この噺が「被差別文学全集」に収録された所以である.

「全集」に収録されたのは,昭和初期の 6 代目春風亭柳枝の口述である.シンチョウ・太鼓・馬の骨と聞いて笑うことができたのは,当時でも東京下町の住人だけだっただろう.落語には,かなりローカルな一面があるのだな.

追記
三遊亭円輔がこの噺のマクラで,あらかじめオチの説明をしていた,
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

reading

/Users/ogataatsushi/Desktop/d291abed711d558e554bf7af66ee57d7.jpg