Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

敬語で旅する四人の男

2016-12-04 09:36:59 | 読書
麻宮 ゆり子,光文社文庫 (2016/11).

Amazon の内容(「BOOK」データベースより)*****
真面目さゆえに他人に振り回されがちな真島。バツイチの冴えない研究者、繁田。彼女のキツイ束縛に悩む、愛想のよさが取り柄の仲杉。少し変わり者の超絶イケメン、斎木。友人でなく、仲良しでもないのに、なぜか一緒に旅に出る四人。その先で待つ、それぞれの再会、別れ、奇跡。他人の事情に踏み込みすぎない男たちの、つかず離れずな距離感が心地好い連作短編集! *****

2014 年 7 月刊の単行本を図書館で借用.著者は 2003 年小林ゆり名義にて第 19 回太宰治賞受賞.’13 年「敬語で旅する四人の男」で第 7 回小説宝石新人賞を受賞.太宰賞作はなかなかの怪作らしい.

4人の男たちが交互に主人公になる短編集.タイトル作が小説宝石新人賞受賞作だが,その時点ですでに4編連作の構想があったのだろう.
4人のうちの,「少し変わり者の超絶イケメン,斎木」が,アスペルガー症候群の持ち主で,彼を核にしたために小説が成功したと思う.ただしアスペルガーとか自閉症とかいう言葉は全く出てこない.この症候群に対する取材・調査は行き届いているとは思うが,自分にはよくわからない.敬語を使うのもこの症候群に特有らしい.4人では年長組に属す彼が敬語を使うから,後の3人も敬語を使わざるを得ないのかもしれない.

男ばかりで旅すると言う経験は,学生時代を除けば皆無なのでちょっと羨ましい.旅先は佐渡,京都愛宕山,鳥取,熱海.最後に斎木にカノジョができるのだが,ここに「つかず離れずな距離感」を持つはずの後の3人が登場するのがやや不自然.
でも (失礼ながら) 思いがけず面白かった.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平野レミ「ド・レミの歌」

2016-12-03 10:21:53 | 読書


文化出版局 (1976/5).

古い本を整理するつもりで,読み出したらとまらない.これもその例.製本が悪く今にもバラバラになりそうだ.

著者は料理愛好家.父はフランス文学者の平野威馬雄,夫はイラストレーターの和田誠,長男はTRICERATOPSの和田唱,長男の妻は女優の上野樹里.... だそうだが,こどもの代には馴染みがない.

この本は著者が生まれて結婚して長男が生まれるまでの半生...いや,大きく見積もっても 1/3 生を題材にしている.その後の子育てについての続篇を加えた新編集版が,中公文庫から 2013 年に出ている.

「前奏曲」「ド・レミの歌」「ド・レミの子守歌」の3部構成.「前奏曲」は思春期の思い出だが,北欧の男女のヌード写真集のための文章だったという.この「愛のオーロラ」という本の存在は雑誌「話の特集」で知っていたが,買い損なった.
「ド・レミの歌」の各節は「結婚についてのマジメな話」「歌についてのマジメな話」「英語についてのマジメな話」...など,全部タイトルに「マジメな話」がついている.これは父・平野威馬雄の「円盤についてのマジメな話」などの一連の著作の真似.雑誌「面白半分」連載.
「...子守唄」は妊娠から出産までの記録.こちらは雑誌「すてきなお母さん」連載.

文章のテンポとリズムがよく,話すのを聞いているみたい.しかし本書によれば著者はどもりで,でも緊張するとどもらない.どもりになったのは,どもりの子の真似をしたからで,寄り目の子の真似をしたら,寄り目になってきた.「母からどもりのうえに寄り目だったら見られないから,それだけは直してくれ,と何度も叱られた」.
「私はどもりなんかちっとも恥ずかしいことと思わない」.



ヘタウマなカットも著者.ただし猫のスケッチはとても上手い.右上は「カモネギ音頭」.この出版時点で最後のレコードで「私はシャンソン歌手のつもりだったのに,ものすごく下品で,「枯葉」とはあまりにも違うので,現実はきびしいと思った」.右下は赤ちゃんの心音を聞かされているところ.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありふれた祈り

2016-12-02 09:38:00 | 読書
ウィリアム・ケント・クルーガー, 宇佐川晶子 訳,ハヤカワ・ミステリ文庫 (2016/11).
原題 Ordinary Grace.アメリカでの出版は 2013.ハヤカワ・ミステリ 2014/12 の文庫化.

Amazon の内容紹介より*****
1961年、ミネソタ州の田舎町。13歳のフランクは、牧師の父と芸術家肌の母、音楽の才能がある姉や聡明な弟とともに暮らしていた。ある夏の日、思いがけない悲劇が家族を襲い穏やかだった日々は一転する。悲しみに打ちひしがれるフランクは、平凡な日常の裏に秘められていた事実を知ることになり……
*****

田舎町の名はニュー・ブレーメンで,ドイツ人が開拓し入植したことになっている.この後紹介文は「エドガー賞をはじめ4大ミステリ賞の最優秀長篇賞を独占し「ミステリが読みたい! 」で第1位に輝いた傑作」と続く.「傑作」に異論はないのだが,そして殺人が起こった後の展開はスピーディだが,ミステリとしてはシンプルすぎる.
中年が 13 歳にかえって語るというスタイルで,教養小説と分類することもできそう.

敏腕弁護士になるはずだったのに牧師に転向してしまった父親がよい.戦争のトラウマで花火を怖がる.
「ありふれた祈り」をささげる,ふたつ歳下の吃りの弟が儲け役.
キリスト教徒だったら違う読語感を持ったかもしれない.

解説 北上次郎.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12 月

2016-12-01 09:07:03 | 新音律


思いがけない方からクリスマスカードをいただいた.「アドベント・カレンダー」すなわちクリスマスまでをカウントダウンするカレンダーになっていて,日付の小窓を開けるとイラストが出現する仕掛け.すでにひとつ窓が開いている.
松ぼっくりは J 子がひろってきて塗ったもの.

昔 父親がサンタクロースについて言ったことをここに書こうと思ったら,すでに 2008 年 12 月のブログに書いていた.年をとると同じことばかり繰り返したくなる.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平野レミ - シャンソン・ド・レミ

2016-11-30 10:27:45 | 新音律


LP を聞いた刺激を矮小化し,古い CD をパソコンで聞き始めている.

Youtube スライドショーは,テレビでけたたましく,豪快な手抜き料理を披露しておられる方のシャンソン.1988 年のアルバム「きかせてよ-シャンソン・ド・レミ」の第一曲.アレンジとピアノ:佐山雅弘,ストリングス:友田啓明グループ.
シャンソンにはシャンソンの歌いかたがあるらしい (ジャズにもジャズの歌いかたがある).彼女の先生は佐藤美子だったとのことだが,正統的な唱法で話すときとまるで違うのが,良いような悪いような.
アルバムの他の曲には,中牟礼貞則(g),斉藤誠(b),石松元(ds),タイムファイヴ(chorus)なども登場.写真:篠山紀信という豪華版.ご夫君の七光り ?

この歌詞の新訳は黒柳徹子で,原詩の意味「あなたの愛の言葉は嘘ばかりだけど,それでも聞きたい」に忠実に訳しているのだそうだ.


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陽だまりでジャズ

2016-11-29 10:40:38 | お絵かき

J 子がジャズをテーマに油彩画を描くと言っている.

そこで小生も一枚,タイトルは「陽だまりでジャズ」.

...というのはウソで,大学祭で撮った一枚に,GIMP で「芸術的効果-油絵化」というのをほどこした結果.マスクサイズ M=80,指数 E=8.モデル?は M 井,N 水の両君.
なかなか良いではないか.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4年目のクリスマス・ライブ ?

2016-11-28 09:22:05 | ジャズ


カフェ・レストラン「サルディーニャ・リゾート」は,写真のように天井が高く面積も大きく,つまり体積が大きくてゆったりしていて,演奏していて気持ちがいい.ここでクリスマスのランチタイム/カフェタイムでジャズを演らせていただくようになって,今年で4年目になる.去年までに演奏した曲目を振り返って見ることにした.


2016 vo, p, b, ds, b, vib.

1-1 Sleepers Awake (J.S. Bach BWV645)
1-2 Skating in Central Park (J. Lewis)
1-3 Little Drummer Boy (K.K. Davis)
1-4 星めぐりの歌 (宮沢賢治)
1-5 Jingle Bells (J. Pierpont)
enc. Moritat (K. Weill)

2-1 If I Were a Bell (F. Loesser)
2-2 I Could Have Danced All Night (F. Loewe)
2-3 Bye Bye Blackbird (R. Henderson)
2-4 Night and Day (C. Porter)
2-5 The Christmas Song (M. Torme)
enc. Route 66 (B. Troup)

1-4, 1-5, 2-4, 2-5 はボーカル中心.
1-3 はドラムス中心.2-2 はピアノトリオ.2-3 はベース中心.
1-1 はバッハのカンタータ「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」.


2015 as, p, b, ds, vib.
p, vib は翌 2016 年にも出演した.この年は1ステージだけ.

1 Our Little Town (J. Heath)
2 I Mean You (T. Monk)
3 The Shadow Of Your Smile (J. Mandel)
4 Polka Dots and Moon Beams (J. Van Heusen)
5 Equipoise (S. Cowell)
6 When You Wish Upon A Star (L. Harline)
7 Speedball (L. Morgan)
enc. お正月 (滝)

Polka... は as とリズムセクションのカルテット.Equipoise はビブラフォンのカルテット.


2013 vo, vln, p, b, ds, vib

1-1 Bemsha Swing (T. Monk)
1-2 Jingle Bells (J. Pierpont)
1-3 Our Little Town (J. Heath)
1-4 Windows (C. Corea)
1-5 ベルベット・イースター (荒井由実)
1-6 雨の街を (荒井由実)
enc Bag's Groove (M. Jackson)

2-1 My Little Suede Shoes (C. Parker)
2-2 Lawns (C. Bley)
2-3 Tango pour Claude (R. Galliano)
2-4 明日は晴れかな曇りかな (武満徹)
2-5 すてきなホリディ (竹内まりや)
enc 枯葉 (J. Kozma)

邦題はボーカル曲.武満以外は S 田さんが持ってきた.ジングルベルは音量もキーもテンポも次第に上げるという実験ジャズ.翌年も演る 1-3 の原曲は「ああベツレヘムよ」.目玉は T.T.のバイオリンが活躍する 2-3  の Tango.全体にピアニスト K.O. カラーが強かった.


今年は?
12/18の予定だが...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあさんといっしょ

2016-11-27 17:01:47 | エトセト等


知り合いのお子さんが NHK「おかあさんといっしょ」に出た.去年の5月に会ったきりだったが,意外にすぐに認識できた.

日頃縁がない番組だが,おもしろい.このカットの場面でも,懸命に営業しているお姉さんと,子供たちの天然ぶりとの対照がいい.
別な場面 (ブンバ・ボーン) では,集団とは別に,あさっての方向を向いて動かないマイペースな子がいたりする.

おかあさんからのご案内メールには「お時間許せばご覧ください」とあった.お時間は許すに決まっているのだが,忘れるのが心配だった.あちらもよくわかっておられたようで,放映後のメールには「忘れずご覧いただきありがとう」とあった.
写真のナゾの四角い被り物 ? のおねえさんの正体は,ストーブであるとの解説もいただいた.

出演はインターネットで応募するきまりらしい.毎月募集で,締切日の属する月が、3歳の誕生月から4歳の誕生月までのお子様が対象 なんだそうだ.

1959 年からの長寿番組.しかし覚えているのは中村メイコの NHK ラジオ「おねえさんといっしょ」のほうだ.でもこの放送開始時,すでに中学生だった.
昭和は遠くなりにけり.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだ朝顔が...

2016-11-26 08:48:09 | エトセト等


関東では 2-3 日前に初雪.当県でもスキー場びらきがあった.でも庭にはまだ朝顔 (オーシャンブルー) が咲いている.
10 月中旬とくらべると,葉がどす黒くなってきて,終わりが近づいている感じはある.
ネットに這わせていたのだが,地面に下ろした.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルース @ MJQ ライブ

2016-11-25 11:52:31 | ジャズ


MJQ こと Modern Jazz Quartet を初めて生で聴いたのは 1966 年の厚生年金ホールであった.当時の録音を Youtube で漁ったが見当たらないので,一曲だけだが,CD ケース絵のスライドショーとしてアップしてみた.Slideshow DVD Creater というソフトをお試し使用した.しかし CD ケースという小さいサイズに描いたものを PC モニタの大画面で見るのはかなりの違和感.

曲はミルと・ジャクソンのブルース Ralph's New Blues だが,当時としては珍しく,ドラムスやベースのソロがある.ドラムソロのバックで喚いているのはジョン・ルイスのようで,いつになく羽目をはずしてしまったらしい.ピアノソロはシカゴの引用で始まり,ブギウギ調になり.ベースソロにこれが伝染する.この方はバックもソロも変わらないことがあるが,この日はなかなか饒舌だ.
この曲の最初のスタジオ録音よりも,テンポが早く,くだけた演奏.
Bluesology も Fontessa のスタジオ録音より,その後の Europan Concert のライブ録音の方がテンポが早くて面白い.

ライブのブルースとなると,MJQ 的にとりすました感じが消え,本音が出るようだ.
このグループにはには Blues at Carnegie Hall というブルースばかりの LP があって,こちらは全曲 Youtube にアップされている.このコンサートと動画の厚生年金コンサートは同じ年で,メンバーは 40 歳代.今思えば,この頃が彼らの最盛期だった.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

reading

/Users/ogataatsushi/Desktop/d291abed711d558e554bf7af66ee57d7.jpg