夢見るババアの雑談室

たまに読んだ本や観た映画やドラマの感想も入ります
ほぼ身辺雑記です

見た夢のこと

2018-05-22 19:59:26 | 子供のこと身辺雑記
何かが原因で夜中に1度か2度 目覚めるのだけれど

それは腰のあたりに布団の上から乗る猫(大抵 瑠奈) そして足首のあたりに布団の上から乗る猫(こちらは麦丸)のせいだったりすることもある

ーああ 重い 寝がえり打てない
足がつるーとか


もう一つは夢 起きれば忘れる夢も多いけれど

昨夜は一度眠って まだ暗いうちに目が覚めた

何かの理由で同じ部屋にベッドを三つ入れて 私と子どもたち二人と寝ている

長男は廊下向こうの洗面所に居て 私はテレビを観ながらベッドに横になって娘と話している

そろそろ眠ろうってことになって 雨風の音がして 私は窓が開いてないか気になって廊下に出て順々に確かめつつ階段を降りて玄関へ

すると奥から父が出てきて 少し話をしてから「子供達元気か?}と父が尋ねてくる

私は一緒に暮らしているのに 変ーとか思いながら「元気よ」って答える

父は明るい笑顔で「元気ならいい」と返事
そして奥に戻っていく

私は玄関の窓から 外を眺めて知らない車が自分の家の駐車場に車の頭を突っ込んで方向転換しているのを見て -こんな夜中にーと思っている


そんなところで一度目が覚めて

ーああ お父さんは亡くなっているのにー夢だったんだ

そう思って またすぐに眠った



その夢に出て来る家は幾度か 繰り返し夢の中に出て来る家で
夢の中では間取りも確かに覚えているのに 起きてから図面に起こそうとすると どうしても不確か
階段の位置とか 奥の部屋の間取りとか思い出せないところも多い


子供達と同じ部屋で眠ったのは 長男が共通一次か何か大学受験の関係の折りに試験会場近くのホテルに泊まった時ぐらいだし


なんか亡くなった父に 「元気か」と心配させているのかと思うと 頼りない娘の私はひどく申し分けなく思ったり
夢でも気にかけてくれる父の気持が有り難くもあり


起きてから 今日はずっと見た夢のことが頭を離れず 思い出しては夢の中のことをあれこれ考えておりました
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

「羅生門」(1950年 日本映画)

2018-05-21 20:07:03 | 映画
羅生門 [DVD]
クリエーター情報なし
角川エンタテインメント


薄布ごしに見えた女人の姿
馬上の女性(京マチ子)に盗賊の男は心を奪われる

旅しているらしい夫婦 盗賊の男(三船敏郎)はまずは夫(森雅之)を騙して妻から引き離し おびき出した先で縛り上げる

被り物を脱いだ女の子供のようにあどけなくもあるその表情にも惹き付けられ さらには男に刃を向ける気性の激しさも気に要り
強引に女に迫る


そう それから

盗賊の言い分 犯された女の申し立て

果ては巫女が呼び出した死んだ夫の言葉も違う


盗賊が女を犯してからあとの成り行きが三人それぞれ食い違う



羅生門にて この話を僧(千秋実)に話す杣(そま)売りの男(志村喬)は実は盗賊の多襄丸が女を犯し 妻を犯された男が死ぬまで全てを見ていた

だがこの杣(そま)売りの男も真実を全て話していたわけではない

杣(そま)売りの男が語り終えた時に聞えてきた赤ん坊の泣き声
捨てられていた赤ん坊にかけられていた着物をはぎ取る下人(上田吉次郎)

それを咎めた杣(そま)売りの男は 逆に死んだ夫が持っていた太刀と女の小刀を盗んだろうと そんな人間に自分のことをとやかく言う資格はないのだ
俺が奪わなくても誰かが盗むのだ
人でなしなのは子供を捨てる親だ

そうして着物を持ち雨の中 姿を消す


この杣(そま)売りの男までもが 死人から盗むようなそんな人間であったのだと 人間不信に陥る僧
抱き上げた捨て子の赤ん坊を 抱きとろうとする杣(そま)売りの男に 赤子の産着までも盗むのかと声を荒げるが

杣(そま)売りの男は言う
自分のところには6人の子供がいる これが7人になっても育てていけるだろうと


自分の心を恥じる僧


杣(そま)売りの男は大事そうに赤ん坊を抱いて 羅生門を去っていく


この映画について詳しい情報あるサイトさん↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/羅生門_(1950年の映画)



http://cinematoblog.hatenablog.com/entry/2016/02/04/200000


http://www.japanimafrance.com/entry/rashomon



印象的な場面は演じる京マチ子さんの
笠を脱いだ時の盗賊が心奪われる あどけない表情の美しさ
盗賊に犯されたあと 盗賊に口説かれている時の 夫がこんな美しい妻は見たことがないと思った時の表情

どちらもその瞬間の美しさに目を見張ります


この映画は白黒(モノクロ)だからこそ良いのだなと思います
野卑な場面も堕ちない品が保たれている
それは映画人の矜持かもと思うのです


それでも巫女が霊をその身に下ろし 死んだ男の声で事の成り行きを語る場面は 中々にこわいです



後年 上田吉次郎さんは ヤクザの親分役なども時代劇で演じておりました
岡っ引きを演じても 悪い側が多かったような
声に特徴ある俳優さんでした


盗賊は荒々しい欲望むきだしの下品なオス
それが異質な雅な世界の女に魅了された

盗賊とは違う世界に生きて来た夫婦は 盗賊の世界に引きずり落とされる

そうして自分の持つナマの感情 醜さにも気づかされる

そんな自分の弱さ醜さを見まい 人に知られたくなくて 自分を守るウソをつく
ウソは事態を混乱させる

ー何を信じればいいものかー


でも人は 誰だって自分をまもりたいのだ
どれほど時代が変わろうとも




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

柚月裕子著「盤上の向日葵」 (中央公論新社)

2018-05-21 13:23:30 | 本と雑誌
盤上の向日葵
柚月 裕子
中央公論新社



本の帯から
{異端の天才棋士。
本当にお前が殺人犯なのか?




埼玉県天木山中で発見された白骨死体。
遺留品である初代菊水月作の名駒を頼りに、叩き上げの刑事・石破と、かつてプロ棋士を志していた新米刑事・佐野のコンビが捜査を開始した。
それから四カ月、二人は厳冬の山形県天童市に降り立つ。
向かう先は、将棋界のみならず、日本中から注目を浴びる竜昇戦の会場だ。
世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とはー!?}






母の死後 酒浸りとなり勝てもしないギャンブルに狂い雀荘通いをする父親は まだ小学生の子供を新聞配達などさせて働かせ
そのうえ満足に食べさせもせず風呂にも入れず 暴力をふるい

その子供・上条桂介の境遇を知り 元教師の唐沢光一郎は自分に子供がいないこともあり不憫さが増して なんとか桂介を救い出しできれば
養子にしたいとまで思うようにさえなっていたが

それが果たせず 東大に合格した桂介へ贐として大切にしていた初代菊水月の駒を贈る
お金に困ることがあれば役立てるようにと


桂介はそれを大切に仕舞っていたが 将棋が縁で知り合った賭け将棋の鬼のような男に 初代菊水月の駒を所持していることを知られる

詳しい事情も知らぬまま 将棋の対局見たさについていった先で 相手に騙され大切な駒を奪われる


その後 彼は懸命に働いて駒を買い戻したがー



身許不明の死体が持っていた高価な将棋の駒
刑事達は駒からも手がかりを得ようとする

復顔から分かったのは東明重慶・・・将棋の元アマチュア名人


それから上条桂介へとつながっていく



何故 死体は高価な駒を持っていたのか・・・・・


将棋を指して勝つ時 桂介には盤の上に向日葵が見えた
その向日葵は決して明るくはない

亡くなった母の面影
ゴッホの描く向日葵


血の繋がった父親と思っていた男に聞かされた自分の出生の秘密

狂気

近親相姦


IQ140の天才で東大卒業後 就職
起業し成功
その会社を手放し 将棋の世界へ
異例の経歴



その少年時代から現在へ

刑事の捜査の進み具合と交互に描かれる


物語の中で謎が明かされ 警察の手がその身にかかった時 桂介が選んだのは


{-潮時ーそんな言葉が頭に去来する}

{刹那
身を躍らせる
銀色に光る雪が、満開の向日葵に取って代わる。
舞った。
向日葵へ向かってー}



それで終わりの人生ならば 彼は何の為に生きてきたのだろう

本の帯には
{デビュー10年目の集大成。
慟哭のミステリー}

こんな言葉もある
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日記代わりにー

2018-05-20 08:31:08 | 子供のこと身辺雑記
先週は新・御三家の一人で私が学生時代 級友達の人気を集めていた西城秀樹さんの死が報じられ 同じ日に星由里子さんの死もまた報じられた
昭和生まれの身には どちらも出演映画やテレビドラマを楽しく観てきた方

西城秀樹さんは二度倒れられてリハビリを頑張りながらの芸能生活

星由里子さんは 姑の家でTVドラマを観ていたらCMに出演されていて 
まだまだ頑張っておられるのだと思っていた


そのお二人の死のニュースを見た夜に帰宅した長男から聞いたのは 長男の研究を指導して下さっている恩師の急死だった
北海道での学会に学生を連れて参加していて倒れたのだと

大学に来ない師を案じて連絡をとった長男の後輩になる学生が その死を長男に連絡してきたと


まだまだ若く 亡くなるようなお年ではない

その師の研究室の学生は長男とその後輩の女性だけ
特殊な分野の研究をなされていた

長男にとっては師の為にも現在取り掛かっている論文を書き上げることが何よりの恩師への供養
気合いの入った表情になっていた


昨日通夜 今日が告別式
親しい人間は行っていいということで長男は二日続けて行っている



聞けば数学専攻の長男は 大学一回生の時にその恩師の最初の講義を受けて その人間性にうたれ将来この先生の指導を受けたい
学びたい研究したいと大学院に進み その研究室へと

師が亡くなられる数日前にも取り組んでいる論文についての相談をしたのだと


くも膜下出血・・・・・であったらしい

良い方は早く亡くなるーなんて言葉があるけれど
余りにも突然の死

長男はまだ正直 受け止められていない
心の整理もつかないと 昨夜 話していた


会館に置かれた師が愛用の眼鏡や日頃使われていた品
そうしたものを眺めていると こう心にくるものがあるのだと


それでも師の死に直面した 同じ研究室の後輩の事を
「ショックやったやろう 大丈夫やろか 
自分よりはるかに出来がいい優秀な 普段からしっかりした人やけど」
などと案じていた


指導して下さり 敬愛する恩師
その早すぎる死に

「まさか僕が卒業するより先に亡くなられるなんて考えたこともなかった」

まだまだ信じられない
恩師が此の世に居ないことが

恩師との出逢いから今迄を幾度も心の中で繰り返し思い出しているような長男でもある
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

田村由美作「ミステリと言う勿れ」2巻 (小学館 フラワーコミックスアルファ)

2018-05-19 20:58:21 | 本と雑誌
ミステリと言う勿れ 2 (フラワーコミックスアルファ)
田村 由美
小学館



バスジャック犯の家へ連れていかれたバスの乗客

乗客の中には風変わりな思考をする青年・久坂整(くさか ととのう)がいた
彼は何故か事件の方から寄って来るような体質だ

実はバスジャクを計画した側からすれば 久坂は予定外の・・・乗せるつもりのない乗客だった


一方 生き埋め連続殺人事件の為 久坂の知り合いの刑事達は捜査本部に集まっていた
生きたままの人間を埋めて殺す人間がいるらしい



連れていかれた家で電話を見つけた久能は知り合いの刑事に連絡し
それまでのバスジャック犯と人質になった乗客の言動から 彼等の中に生埋め犯がいることを看破


犯人は身柄を拘束されたが 身内が生き埋めにして殺された青年はそれを良しとせず
犯人を拉致し彼等の納得する方法で殺した


ところが久能はこの家族が殺されたことの復讐を果たした青年にシンパシイを覚える

今度こそ観たいイベントの為に広島まで出向いた久能は いまや殺人犯となった青年の代わりに ある遺産相続の為の競争に参加することとなる
遺言書にある遺産相続の為の条件を首尾よくクリアできるかは 次巻にて





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柚月裕子著「凶犬の眼」 (角川書店)

2018-05-19 09:33:35 | 本と雑誌
凶犬の眼
柚月裕子
KADOKAWA


映画化された「孤狼の血」に登場する日岡と彼が出遭った男の物語

本の帯から
{仇がどこであろうと殺(や)って殺⦅や⦆りまくったる。

所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。
そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配の国光寛郎だと確信する。
彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。
日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。
男気あふれる国光と接するにつれて、日岡のなかに思いもよらない考えが浮かんでいく・・・・・。}



前作「孤狼の血」にて命を落とした大上
彼の生きざまが魂に焼き付いている日岡

刑事として男として大切にしたいもの
ついには国光と「きょうだい」と呼びあうまでになる

組同士の抗争

けじめをつけるということ

組長(親というべき存在)を殺された男は 刑務所の中にいても鳩を飛ばし 報復を果たす

だが その彼も・・・彼がタマ(命)をとった男の下に居る者に自分の命を奪われるのだった



国光寛郎という男への鎮魂歌(レクイエム」とも呼べる物語



一之瀬守孝・瀧井銀次・小料理や「志乃」のおかみ晶子も登場します
大上の後継者として生きていく日岡
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

柚月裕子著「孤狼の血」 (角川文庫)

2018-05-18 19:47:29 | 本と雑誌
孤狼の血 (角川文庫)
柚月裕子
KADOKAWA








それでも男にも妻子あり まだ普通に生きていた時代もあったのだった
「今」に比べて

疲れていた男の睡眠の邪魔になるまいと愚図る子を背負って外に出た妻

背中の子供ごと死んだ


子供の名前は秀一


暴力団と手を結んだ悪徳刑事などと悪名ばかりが高い大上

そんな大上の下についた日岡
大学出の日岡の名前は秀一

大上は死んだ子供の面影を日岡に見たか

最初から日岡の正体 影の任務については気付いていただろう大上

喧嘩に強いヤクザ者に匕首を出させる喧嘩をしてみせた日岡
そして秀一という名前


自分をスパイする役目だろうと思いながら 大上は死んだ息子がもしも生きていて 無事に育っていたら
日岡のようであってほしいと思ったか

悪態ついて日岡をこづきながら 一緒に歩いていたら親子に見えはしないかと考えることはなかったか


大上について行動する日岡は 大上の持つ人脈 人間関係にも詳しくなっていく

自分と同じゆるぎない正義を日岡の中に見た大上

大上の一番まもらないといけないもの
彼の信じる正義


法律を遵守していては 逮捕できない

外道は許せない

ならば

毒をもって毒を制する



読みながら 大上という刑事の行く末にとても不吉な影を感じて 続編となる「凶犬の眼」を買ってきて冒頭を少し読みました


ああ 不吉な予感は当たったーと思いました

もう 大上はいない 平成の世には

ただ その魂を受け継いだ 日岡がいる


映画では大上を役所広司さんが 日岡を松坂桃李さんが演じています


ウイキペディアさんよりコピー

映画の出演者

大上章吾:役所広司…呉原東署・捜査2課・暴力団係・班長(巡査部長)

日岡秀一:松坂桃李…呉原東署・捜査2課・暴力団係・大上班のメンバー(巡査)

高木里佳子:真木よう子…クラブ梨子のママ

嵯峨大輔:滝藤賢一…広島県警 監察官(警視)

永川恭二:中村倫也…尾谷組の組員

岡田桃子:阿部純子…薬剤師

野崎康介:竹野内豊…加古村組の若頭

高坂隆文:中村獅童…安芸新聞社の記者

上早稲潤子(うえさわ じゅんこ):MEGUMI…上早稲二郎の妹

岩本恒夫:井上肇…広島県警 副本部長(警視長)


加古村猛:嶋田久作…加古村組の組長

瀧井洋子:町田マリー…瀧井銀次の妻

柳田孝:田中偉登…尾谷組の組員(準構成員)

備前芳樹:野中隆光…尾谷組の組員

賽本友保(さいもと ともやす):ウダタカキ…尾谷組の元若頭(14年前に死去)

吉田滋:音尾琢真…加古村組の組員

上早稲二郎(うえさわ じろう):駿河太郎…呉原金融(加古村組の関連企業)の経理担当社員

友竹啓二:矢島健一…呉原東署・捜査2課・暴力団係・係長

瀧井銀次:ピエール瀧…瀧井組の組長

土井秀雄:田口トモロヲ…呉原東署・捜査2課・暴力団係・班長

五十子正平(いらこ しょうへい):石橋蓮司…五十子会の組長

尾谷憲次:伊吹吾郎…尾谷組の組長

一之瀬守孝:江口洋介…尾谷組の若頭


利用され殺された上早稲二郎
バックにいる五十子会の力を頼みに尾谷組を潰そうと動く加古村組

大上は外道な五十子会や加古村組よりも 尾谷組を買っていた
尾谷 一之瀬 そして瀧井
人間としての極道をしての肚の据え方 仁義の通し方

五十子会の組長の汚い過去を知る大上はそれを取引材料として持っていたのだが
五十子会の組長なる男は はるかに卑劣だった


大上の行方を必死に探す日岡
そして一之瀬と瀧井


惨殺された大上の落とし前は一之瀬と瀧井がつける
彼等の友情は本物だった

そして日岡も自分を卑劣な任務につけて利用しようとした相手に牙を見せた


短い間だったが共に行動した大上から 刑事としての「血」を受け継いだ日岡
彼もまた損な生き方をする男になる



「孤狼の血」 映画の公式サイトはこちらです↓

http://www.korou.jp/

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おかずから

2018-05-18 19:35:40 | 子供のこと身辺雑記

出汁の味付けは肉じゃがか天つゆくらいの味の濃さで








じゃがいもを水洗いし泥など汚れを落として皮ごと茹で蒸しにします

あとは指でつるんと皮をむいて つぶします
片栗粉と卵を加えてまとめ ラップで包んで団子にしやすい形(かまぼこ状)にしたら ラップを外して切り分けて
掌を使って団子にまとめます

くし形に切った玉ねぎを出汁で煮て 少し柔らかくなったらじゃがいものお団子を加えて また少し煮て
団子に味が沁みたら 青みとしてネギかきぬさやなど加えます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月も半ばを過ぎました

2018-05-16 15:01:28 | 子供のこと身辺雑記
数年前に玄関のガラスのコップ植えで買ってきたサボテンがちょっと大きくなり コップでは窮屈そう

それでサボテン用(多肉植物用)の土を買ってこなくちゃーと園芸店とかホームセンターに行くたびに!
ついつい買わないといけない他のごちゃごちゃしたの(植物用虫よけ剤・除草剤・肥料・猫さんと犬さん餌におやつに猫トイレの砂)とか
綺麗な花の苗とか
そうしたものにばかり心を動かされ

幾度も幾度も買い忘れて帰りの車の中で
ーああ また忘れたー
とアホを繰り返しておりましたが・・・遂に遂に買ってきて植え換えました
さ~~~~これで当分園芸店には行かないわ
行く度 何か欲しいものができて この季節は特に魔のゾーンです・笑
ついつい あれ買ってここに植えてーなんて そちらの誘惑にかられるのです
あの花が私を呼んでいるって・爆



植え替えたものの余計なことして これまで順調に生きて来たサボテンが枯れないか かなり不安です・・;






そして誘惑にかられ買ってしまった紫陽花 フラミンゴという品種です




この薔薇の色は どう見ても赤 でも青バラの品種の名札が買った時にはついていました




ピエール・ドゥ・ロンサール 咲きました♪



ピエール・ドゥ・ロンサールと手前の赤い薔薇は宴です




これはアンクル・ウォルター 咲き始めの形が好きです




去年 腕を骨折して水やりができない間に枯れて 今年根っこから伸びてきたアジサイのアナベル
今年は花を諦めていたのですが 蕾を持ってくれました
アナベルは白い花が咲く品種です





そのアナベルの横のディープ・パープルという名前の紫陽花です






赤いツルバラが枯れたあと ツルバラってことで買ってきた苗でしたが 育ってみればツルバラではないようです




じゃがいもの花 例によって庭に埋めた生ゴミから成長したの




ぶどう ベリーAです




白薔薇 毎年いっぱい咲いてくれます
そろそろ20年が来るかも




名前も好きな紫雲というバラです



月曜日は主人の方の墓掃除に行って草抜き頑張って 火曜日は私の方のお墓に行って草抜きして
だけどこの季節 また次にお墓へ行く時には たんと草が生えています
だから♪今日は除草剤を撒いてきました
横着者のすることです♪♪♪


でもお墓に行きながら思ったのは お墓掃除も自分の為 自己満足っぽいなあって
亡くなった両親やご先祖様に縋りたくて行っていないかい?なんてね

今朝がた 亡くなった叔母が夢に出てきました
母の妹の一人で長年病院通いして最後はほぼ寝たきりで

その叔母が夢の中では元気に歩いていました
楽しそうな笑顔で叔父と一緒で

「おばちゃん 元気になったんや 良かったね」
そう言ったら嬉しそうに明るく笑った叔母

場所は駅みたいな所ともう一か所と

あれは幾つの時の叔母だったのだろう
まだ若かった

起きてから少し考えていました

夢に死んだ人が出てくると縁起が悪いなんて言いますが 私は夢の中でも元気な叔母に会えて嬉しかったです

だんだん生きている人間よりも亡くなった人の方が近い存在に感じられるようなー






コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

「安物買いの銭失い」になるかもしれないけれど

2018-05-14 09:33:47 | 子供のこと身辺雑記


読みたい雑誌があって書店に寄ったら レジでお金を払う時に積んでありました








なんと出版社の宝島社さんが出してる眼鏡


姑用にハズキルーペとか 類似した商品でどれにしようか悩んでた私
値段でコレに飛びつきました(笑)
1200円
もしも使えなくても 諦めがつく値段ですし 使い勝手が悪ければ 私が使ってもかまわない


何かおもちゃみたいな売られ方 (もしくは雑誌の付録みたいなツクリの箱)ですが
逆にそこにそそられたり☆します


書店の方に商品について尋ねたら「よくわからない 使った感想を教えて」と逆に頼まれてしまいました
長年のつきあいの懇意な本屋さんなので^^


使える品かどうか 姑に届けてきます
心配になって・・・ちょっとかけてみたら 字はかなり大きく綺麗に見えました



ところで面白がって 宝島社 拡大鏡 眼鏡で検索してみたら こんな動画までありました↓

https://www.youtube.com/watch?v=5co12DGb_8k


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

かけるか 入れるか シチューのみで食べるのか

2018-05-13 22:54:32 | 子供のこと身辺雑記
あるTV番組でクリームシチューをご飯にかけて食べる地域の境界線なんて 調査をしていた

東北地方と鹿児島県ではカレーライスみたいにシチューをご飯にかけて食べる人が多いそうだ


私は最初からはかけないけど クリームシチューの中にご飯を少し入れて食べる時はある


普通に美味しいと思って食べているけれど 人によっては考えられない非常識な食べ方だそう

食べている人間が美味しければいいじゃないーと思うのだけれど



そんな事を思っていたら食べたくなってお昼にはクリームシチューを作りました







先日 作ったグラタンも今日作ったクリームシチューも 耐熱容器にバターと牛乳を一緒に入れて電子レンジで2分温めてから小麦粉を入れて泡だて器で混ぜるだけーってインチキなホワイトソースもどき使用
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

時にストレスたまります 

2018-05-13 22:25:15 | 子供のこと身辺雑記
ある占いによれば 周囲の人間に尽くしてこそ 開かれるのが私の運勢なのだそうだ
姑がとっている夕刊には日々の占いがついていて 家族のことを気にかけるべし


自分の不満や欲求はおさえて おさえてー


でも それじゃストレスたまりっぱなし
私はそれほど聖人君子じゃないから ブログを「王様の耳はロバの耳」の話の穴として 書くことでストレス解消しておこう


先週 姑の寝具類を買って 見たら枕カバーなども随分くたびれていたので 新しいのを買って 古いカバーは外して持ち帰り
家で洗濯したんです


で姑の目の前で「お義母さん 枕カバーも換えておくね 洗って明日持ってくるから」と言って 主人にも換えたのは夕方だから自宅で洗って干して
乾かしてから届けるねー
お義母さんが勘違いしていたらいけないから 念押しの説明もしておいてねーって頼んでね



で翌日のお昼に姑の家に行ったら 姑が何かガサゴソ捜している様子で
枕のことを言い出したから カバーと枕にかけていたのは持ち帰って洗濯して干して まだよく乾いていなかったから夕方には持ってきますーって
話したの


姑の家には洗濯用の糊も無かったし カバー類は糊付けしたほうが気持ちいいと思ったから

で夕方 乾いた洗濯物を届けてね


次の日のお昼に行ったら 姑は不満そうな表情で 前に使っていた枕が無い 枕の高さが変わってイヤだとかって言いだすの

それでわざわざかけている枕カバーを外して見せて 枕は換えてなくて姑がずうっと使っているものだと
だから枕の高さは変わらないはずなのですけれどーって


姑が使っているものを無断で勝手に捨てたりしませんーって
そう話したんだけど


うん 情けないなあ
勝手にモノを盗ったり捨てたりなんかしないのに

たいていボロいから捨てたほうが良いのでは?と思っても一緒に暮らしてるんじゃないし
って そこは抑えてね


たぶん少し若い頃の私なら言い負かして喧嘩して ぷんとふくれているかも

でも相手は高齢で 多少はボケはきているところもある

呆れても怒っても自分の値打ちを下げるだけだよな
自分が姑の年齢になった時(そこまで長生きしたくないけど)のことを考えてしまう

姑なりに一所懸命に生きているのだし

これがね 寝具類とか化粧品とか 母の日のプレゼントでも こちらが買ったあとで まだ言われないといけないかな
姑の頭の中はどうなっているのかな

勘違いしてたなら ちょっと謝れないかなとか
気にせず忘れようと思っても 嫌なわだかまりが心の中に残るのですよね

もし主人に言ったら また変なふうに姑に言うだろうし
だから まあ胸の中におさめてるんだけど

姑を反面教師にして これも人生勉強と思って 私は気を付けようとも

せめて「有難う」のひと言あれば 
そのひと言だけでいいのにねえ


ブログでネタにしたし 気持ちを切り替えて月曜日から また何か姑の好きそうなおかずを作って届けなきゃ

また一週間が始まります



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「史上最大の作戦」 (1962年 アメリカ映画)

2018-05-13 15:58:41 | 映画
史上最大の作戦 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



第二次世界大戦5年目のフランスのサント・メール・エグリーゼの街もドイツ軍の占領下にあった
ドイツに抵抗するレジスタンス狩りも行われている
そんなドイツの裏をかくように勇気ある人々は抵抗運動を続けている
従順かに見える人々もいつかは連合軍が来て ドイツ軍を追い散らし自由を取り戻してくれるという希望は捨ててない
その兆候を求めて自宅の窓から海岸線を眺める人もいる


天候の穏やかな5月 連合軍が来なかったことでドイツの将校らには気の緩みもあった
悪天候の続く6月には攻めてこないのではと


そんな中ドイツ軍のロンメル将軍は ただでさえ疲れ切っている兵士達に海岸への防備の仕掛けで更に作業へと駆り立て疲れさせていた
しかしロンメルの用心は正しかったのだ
その備えは

ただ上部が緩み切っていた



一方 連合軍側は待つことに兵士達が疲れている

艦上に長くいて船酔いしているものも
留守が続き妻から離婚を言い出されている者もいる


見るからに短気そうなバンダーボルト中佐(ジョン・ウェイン)は「この戦争は5年近くも続いているんだ」
兵士達よりも もっと待っている人間がいることを話し諭すのだった

出撃を待つのは俺たちだけではないと



レジスタンスなどに向けて連合軍側が流す詩を使った暗号を解読するドイツ軍
特にヴェルレーヌの詩は問題視されるのだった
ー秋の日のヴァイオリンの悲しい調べー


そうした報告も問題なしと パリで作らせた妻への誕生日プレゼントの靴を持ち出かける元帥
上司が無能では


フランス イギリス アメリカ
連合軍側の兵士達は待つことに疲れつつ 様々に時を過ごしている
兵同士のバクチに興じる者


以前 勝った時にゲンが悪かったから 素寒貧になるまで続けるとする者や

予測をするのが得意なドイツ軍の将校のひとりも しかし「アイゼンハワーはバクチは打たん」と攻撃はないものと思い込む


だが連合軍側は遂に決定した
「作戦を決行する!」


侵攻開始!

この知らせが各部隊へ


ーノルマンディー上陸だ!ー

ー成功を祈ろうー

ー待ち望んだ日がやってきたー


ー出動命令が出ましたー

ーノルマンディーで味方してくれるのは 神と 銃だけだー


そして空からの部隊の秘密兵器は 兵士に見せかけたルパートと名付けられたオトリの人形


海からの上陸部隊が一番過酷と言えるだろう

しかし落下傘で地上へ下りる兵達も命懸け

地上へ下りる時に狙い撃ちの攻撃をされるのだ

占領下の皆様への暗号のメッセージ

ージョンの髭は長いー
待ち望んでいた日が来たという表情になるコルビル町長はやって来る連合軍の応援の為に電話線を断つ

各グループに向けて違うメッセージが暗号で出されており レジスタンスの闘士らは 橋で逢おうーと
ドイツの援軍が来る線路を破壊に向かう


ドイツ軍側は暢気にカードゲームに興じている将校たち
そこへ暗号を解読して24時間以内に侵攻が開始されると報告あるも


「もう こういう事態にも興奮を感じない」とゲームを続ける将校



連合軍側は艦内でも
ーよく覚えておけ 後世に語り継がれる歴史的な日がやってくるー

ー史上最大の艦隊だー


ーそう思うと 武者震いしてくるなー


1944年 6月6日 ノルマンディー


イギリスの兵達は上陸前にミュージカル「ミー・アンド・マイガール」で歌われるランベス・ウォークの歌を歌っていました
これは宝塚歌劇の舞台でも使用されているとても楽しい曲です

戦争場面前には幾つかの明るい描写もあります

こんな元気な兵達が これから死んでいくのです

レジスタンスの闘士は女性も闘います
自分より力の強いドイツ兵に怯むことなく

武器を持って敵と戦う 相手を殺す
それが戦争です


互いの国への愛国心から その自由の為に


ただ無抵抗で殺される人間は それこそ命の無駄使い
平和主義? いいえ綺麗ごとに逃げるただの臆病者です
人は闘うべき時には 敵わぬ相手とでも戦わなくてはなりません
決して譲れない大切な何かを守る為には


ましてや自分の国を護る為ならば
そうした気概もない人間は 自分を正当化したいだけの卑怯者です

己の卑劣さをごまかしたい言いつくろいたい人間が 愛国者という言葉すら貶めるのです


あちこちで連合軍側が攻撃を始め 暢気に妻に誕生日祝いの靴を届けていた元帥は 戦況の報告を受けて漸く
「ノルマンディーか ノルマンディー ばかだった」と茫然と呟きます


フランスのコマンド部隊は苦戦するも戦車を引っ張ってきて形勢逆転
ここで修道尼達が全員が看護婦の資格を持つとかで弾丸飛び交う中を負傷兵の手当てに来ます
肝の据わった女性達です

ただ海岸のオマハ・ビーチは悲惨な状況が続いていました
ドイツの攻撃を切り崩せません


しかし指揮官(ロバート・ミッチャム)は撤退はしないと決意していました

動ける人間を集めて 何とか破壊砲が扱えるという軍曹に「君は今から少佐だ 指揮を取れ」と工作を任せます


彼は二重のドイツ軍の備えを破壊しますが・・・そこで落命しました


指揮官の心強い副官もまた戦死します

何千という兵達が死んで 彼等の犠牲で  
遂に遂に上陸成功



バンダーボルトも脚を負傷しながら街へ
そこで落下途中で撃たれ 宙づりになっている兵の死骸に目を留め おろしてやるように厳命します
街を護る兵を一部置いて 彼は更なる進軍を続けるのでした


下半身に重傷を負いながらドイツ兵を斃すも動けずいる兵と 自分の部隊からはぐれた若い兵士は 戦況が分からず
自分達は「勝ったのだろうか」


海岸では「あの坂の上まで」と車に乗ります
次から次へ上陸してくる連合軍の兵士達



連合軍側は大きな犠牲を払いつつ勝利へ向かい大きく進み始めました




もっと詳しい情報はこちらへどうぞ↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/史上最大の作戦

http://inagara.octsky.net/sijousaidaino-sakusen



http://summaars.net/longestday.html


http://www.geocities.jp/qqppk513/the_longest_day.html



当時の主役級の人気俳優さんが多く出演しており その豪華さでも話題を呼んだ映画です

だってあの007のショーン・コネリーさんすら まだジェームズ・ボンド役を演じる前なので本当にちょい役
何処に出てたっけ?と思うほどの

後に有名になった俳優さんも え?今の人はもしかして あの俳優さんなんじゃーと

誰が出ているのかを捜すのも面白いかと

むしろ ちょっと長く映ったら この人 もう死ぬのではと思ってしまいます







 



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朝から雨になりました

2018-05-13 08:11:13 | 子供のこと身辺雑記
日頃の水道水での水撒きでは得られない輝きを雨は植物にもたらしてくれる
日差しが強くなり地面が乾きがちな季節になると特に雨は有難く感じます

水撒きサボれるぜってせこい喜びも勿論あります♪






これは島根県オリジナルのあじさいで銀河という品種です







柿も葉を茂らせています







西洋あじさい(ハイドランジア) 品種名は覚えていません





木苺(ラズベリー)たんと実っております




此の薔薇はレッド・シャトーという品種です
隣には紫陽花を植えています

紫陽花と交互に薔薇を植えている場所もあります

その根元に季節の花の苗を植えようかなと思案中だったりします









ジュビレ・デュ プリンス・ドゥ・モナコって やたら長い名前の薔薇 覆輪色というか開くと色が次第に変わってきます




ポップコーンって可愛い名前がついた紫陽花 花びらがくるんと丸まった形をしています









ピエール・ドゥ・ロンサール やっと咲き始めてくれました
蕾がいっぱいついておりますので これから楽しみです
とても優しい可愛らしい花が咲くんです





巨大なねぎ坊主みたいな花 ニンニクとかネギとか虫よけになるからと思って植えているのですが 効果はあるのかな










雨が降ったらまた雑草も育つよなあーなどとも思いながら 目に余る雑草を雨の降り始めの時間に抜いておりましたが
いよいよ雨は本降りになりました
今朝の公園の大掃除(草抜き)と町内清掃は中止になるようです
雨天順延 また週をあらためて
あんまり暑い日にならないと良いのですが

長男「大丈夫 来週の日曜日も予定は明けてある」

公園草抜きに行ってくれるつもりの長男 用意周到?!先を見越した予定を立ててくれているようです












コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自分用のメモとして

2018-05-12 14:34:14 | 子供のこと身辺雑記
花の咲いている間に
鉢植えのガクアジサイ






花を(ま 実際はがくですが)大写しで残して
暇な時に図鑑で形から種類を調べる参考にします

ガクアジサイでも品種名があるはずですが 買ったお店では ただガクアジサイと表示のみ


時々薔薇の苗でもあります品種名が書いてなくて ただ「赤」とか「黄」とか 色のみの表示で
それでも赤が欲しい時で買って帰って植えたら 春になって咲いたのはピンクだったり
付いていた品種名と どう見ても違う形の花が咲いたりね

よく行く近所の花屋さんだと必ずご主人が教えてくれて間違いはないのですが そこは個人の花屋さんの哀しさ
あまり種類は置いてません

元々切り花がメインの花屋さんですし

だけど花の苗などは個人の花屋さんで買ったのは とても長く美しく咲いてくれます


ーで玄関外に置くプランターに植える花の苗を何にしようか図鑑眺めて思案中です

サフィニアやペチュニアとは 私 相性があんまり良くないのですよね^^;
ほどよくほこってきたと思ったら なめくじさんに食べられる
薬を撒いているのに ものともしないタフなナメクジさんがいるんです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加