夢見るババアの雑談室

たまに読んだ本や観た映画やドラマの感想も入ります
ほぼ身辺雑記です

柴田よしき著「お勝手のあん」 〈ハルキ文庫〉

2024-02-23 14:35:54 | 本と雑誌

 

「赤毛のアン」の冒頭は みなしごのアン〈アンの綴りの最後にはeをつけてほしいアン〉が連れてこられるところから始まります

クスバート兄妹は畑の手伝いになる男の子が欲しかったけれど手違いで駅で待っていたのは女の子

兄のマシュウは 女の子の表情と話し方にほだされ連れて帰るも 妹のマリラは役に立たないから取り替えてくるように 最初言うけれど

アンの様子に自分の少女時代を思い出し

 

クスバート兄妹は この風変りだけれど想像力豊かで かつ素直で優しく利発な少女を育てることにします

〈「赤毛のアン」は少女時代に繰り返し読んだ好きな物語でした 

でも人名とか記憶違いがあるかもしれません〉

 

 

「お勝手のあん」は 神奈川宿の旅籠が力仕事のできる小僧を口入れ屋に頼んだところ

依頼主が旅籠であることから 女中が欲しいのかと勘違い

女の子が連れてこられた

その宿の主人の又いとこである品川の旅籠「紅屋」の大旦那吉次郎は その女の子やすが気に入り 連れて帰り台所の手伝いに

美味しい栗を選んだやすの才気を見込んだのだ

料理人政一 女中頭のおしげ それぞれ一本まっすぐなスジが通った大人たち

複雑な生い立ちながら 自分が生きる枠には気づいているお小夜

 

他にも歴史上実在人物も あらあらあの方がこういう登場をなんて場面

主人公へのかかわり方もあり

 

また出てくる料理の作り方も これちょいと作ってみようかと思うほど丁寧に書かれています

手をかけようと思えば いくらでも手をかけられるのが料理

かかる手間暇を惜しまず 美味しいものを作る心意気

心がけ

時短ばかりが良いものではないよなあと 反省させられたり

 

 

やすの夢は女料理人として生きること

はてさて その願いはかなうのでしょうか

 

シリーズ第一作です

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


さくさく削除はするけれどーー;

2024-02-23 14:28:09 | 子供のこと身辺雑記

パソコンにもスマホにも日々 色々とみょうちくりんなメールが届く

たとえば 「財務省」とタイトルあり

ーあなたはまだ税金を払っていませんか 払っていませんなら下記にお振込み下さいー

 

日本語もおかしいし あんまりひどすぎて笑ってしまった

 

全く持っていないカードの支払い要求とか

イオンカードや三井住友なんて名乗るのも届く

その都度 迷惑メール設定してるけど メルアド変えてのこの根気たるや

ぼろい儲けとやめられなくなるのか 悪事は

げに恐ろしきこと

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい

 

 


伊岡瞬著「白い闇の獣」〈文春文庫〉

2024-02-20 19:06:25 | 本と雑誌

 

あとがきで著者は 世に出していい内容か悩んだ・・・・・というようなことを書いておられる

 

小学校を卒業しその祝いの夕飯

帰宅する父親の為に傘を持って迎えにでた少女

けれど少女は・・・生きて戻ってこなかった

両親は必死に探す

やがて警察からの連絡

少女は死体で見つかった

無残に腫れあがった顔 暴力を受けた体

少年たちの犯行だった

 

それから四年 反省することなく生きている少女を殺した少年たちのうち二人までが不審な死を遂げる

警察は殺された少女の父親が消息不明となっており その行方を捜す

 

殺された少女の担任だった女性は教師を辞めていたが 少女殺しの人間が死んだ現場で見知らぬ男から声をかけられる

 

元教師の女性の過去 殺された少女の父親との関わり

凶悪で愚劣な生き物

これに相対する決意

いかなる代償を払ってでも

 

 

この世の中は綺麗ごとばかりではない

真っ当に生き続けていても どうしようもない できないこともある

絶望し無力感に襲われることも多々あるだろう

それでも生きていくのだ 人間は

生き続けていれば また笑える日はくる

生きていてよかった そう思えることもある

 

せめて物語の中では ささやかな幸せ いや救いがあって良いと私は思うのだ

読書の中に救いを求める人間もいるかと思うから

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい

 

 

 

 


堂場瞬一著「不可能な過去」 〈ハルキ文庫〉

2024-02-20 18:58:01 | 本と雑誌

 

裁判で無罪となった人間から届いた手紙には「あの事件の犯人は自分だ」という内容

当時 取り調べに当たった刑事から話を聞いた警視庁追跡捜査係の沖田は調査を始める

だが この十年前の殺人事件で容疑者となった人物は既に死亡している

では誰が手紙を出したのか

 

一方沖田と同期の西川は 神奈川県警で追跡調査係のノウハウを教えることに

そこでモデルケースとして4年前の未解決事件を調査するが

 

やがて沖田が追う事件にも西川が追う事件にも 同じ人物が関わっていることがわかる

 

そして新たな殺人事件

邪悪で卑劣な人間により容疑者に仕立てられてしまった人物

容疑者となった人物には世間ばかりか家族も冷たかった

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい

 


テイクアウトは有難し^-^

2024-02-20 18:38:39 | 子供のこと身辺雑記

午前は長男が眼科受診

午後は税理士さんに書類を届けに

隙間時間でバタバタ昼食作るのが面倒だった横着者の私

マクドナルドさんとスターバックスさんでテイクアウト♪

スターバックスさんのスコーンを包む紙も綺麗でね

桜色の花見だんごフラペチーノは 小さなお団子が入っておりました

 

夕飯おかずだけは・・・一応?!真面目に作った・笑

手羽元に塩胡椒とカレー粉まぶしてから薄力粉ぱたぱたつけたのをオリーブ油を入れたフライパンで焼いて 焼き色ついてからひっくり返し

皮をむいて切ったジャガイモを加えて くし切りしたレモンをのっけて 蓋をして蒸し焼きにしたの

長男は常に謎料理を食べさせられている

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい

 


新川帆立著「先祖探偵」 〈ハルキ文庫〉

2024-02-18 19:19:31 | 自作の小説

 

 

全部忘れなさいーと言って・・・母はいなくなった

本当に自分の名前も忘れてしまった

世話してくれた人間がつけてくれた名前で生きてきた

邑楽風子〈おうら ふうこ〉という人間として・・・

彼女は依頼人の先祖探しを仕事とする探偵

「幽霊戸籍と町おこし」

「棄児戸籍と夏休みの宿題」

「焼失戸籍とご先祖様の霊」

「無戸籍と厄介な依頼人」

「棄民戸籍とバナナの揚げ物」

他人の戸籍で就職の為になりすまそうとする人間

火事や災害で戸籍が無くなる・・・・確認できない

そして様々な事情で 国の勝手で 日本戸籍を失ってしまった人間

 

戸籍ない母親は娘に戸籍を与えるために・・・・娘を手放した・・・

 

最初 本のタイトル見た時に これってご先祖様の霊の導きで事件を解決するってな話かなって思ったら

ルーツ探しのほうでした

 

巻末に著者と辻堂ゆめさんとの対談あり

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


おかずから

2024-02-16 22:33:20 | 子供のこと身辺雑記

小さな鯵に粉をまぶして揚げました

玉ねぎや人参と漬けて南蛮酢に

 

豚ばら塊肉を焼き色つけて 一時間ばかし葱と一緒に茹でてから

黒砂糖・味醂・酒・醤油などのタレで煮詰めたもの

牡蠣に粉まぶしてバター焼きしたの

汁物の具は水菜 人参 白菜 えのき茸 鴨肉

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


誉田哲也著「オムニバス」 〈光文社文庫〉

2024-02-16 21:59:55 | 本と雑誌

 

「それが嫌なら無人島」

姫川玲子にとって天敵のような勝俣健作に呼び出され 釘をさされるが・・・・・

いわくつきの事件 そして容疑者らしい

容疑者さんは 殺していない・・・と言う

そして本当に 殺してはいなかった

 

「六法全書」

家から悪臭がするー

その家の住人が自殺

床下からは死体が見つかる

調べていくと・・・

 

姫川の観察力 着眼点 注意力

 

「正しいストーカー殺人」

ストーカー男を逆に殺してしまった・・・

が その女性はそこまで魅力的ではない

隠されていた真実は

 

「赤い靴」

死体となって発見された男性は小説を書いていた

唯一評価された小説の内容は・・・

娘を虐待する両親を殺して その娘と逃げるというような内容

それは本当にあったことであったのか

赤い靴はいてた女の子~♪

それではなくて 別の赤い靴ではないかと 姫川は言う

はいてしまえば踊り続けるしかない 脱ぐことができない赤い靴のような・・・・・

 

「青い腕」

暴力を受け続け虐待され続けてきた娘がいる

彼女を救おうとした青年がいる

ただ運命は優しくなかった

 

「根腐れ」

その愛情が自己満足にすぎず 受けた相手を壊すこともある・・・

母親について語る姫川

 

「それって読唇術?」

姫川が待ち合わせた相手との話

 

事件も姫川を取り巻く人間たちとの関係 距離感も面白い

 

解説は宇田川拓也さん

 

 

姫川玲子シリーズは 竹内結子さん主演でドラマ化されました

出演俳優さんも原作のイメージを壊さない適役ぶりで 小説は小説

ドラマはドラマとしてたのしく人気となりました

 

しかし竹内結子さんは故人となり

読みながら もしもドラマ化されるなら・・・姫川玲子は 他の刑事たちはどういう俳優さんがいいだろうと そうも思って読んでおりましたが・・・・・

どうしても読んでいると 竹内結子さんの姿が浮かびます

 

いまだ その死が惜しまれてなりません

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


「本を美しく保ち読書が楽しくなる」ーカバーだそうです

2024-02-15 17:13:01 | 子供のこと身辺雑記

牛乳石鹸ではありませぬ

文庫本を買ったら 本屋さんがね つけてくれたカバーさん

しおりもありました

子供の頃 住んでいた家の 近所の銭湯でね お風呂上りには

コーヒー牛乳かフルーツ牛乳

着替える場所にはテレビが置いてあってプロレスとかプロ野球とかにチャンネルが合わせてありました

そんな遠い遠い昔のことを 牛乳石鹸の青箱と赤箱を見ると思い出します

牛乳石鹸 よい石鹸~♪

なんてコマーシャルも

 

 

ごちゃごちゃ買ってきて仏壇にお供え

おひな様からみの駄菓子ですが 眺めていると楽しいです

 

百合の茎が弱っていたので 思いっきり短く切ってみましたが 蕾 開いてくれました

花屋さんも「これ半額でいいから」って

主人のお父さんの命日が明後日なので 昨日お墓掃除して 今日は少しお金とお菓子を添えてお寺さんにも行ってきました

姑が施設暮らしとなったので お寺さんの方で供養をしていただいております

 

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


薬丸岳〈やくまる がく〉著「誓約」 〈幻冬舎文庫〉

2024-02-15 16:52:59 | 本と雑誌

 

 

やくざに追われて・・・過去 生きる為に自分の名前も顔も変えた男

それから職を得て妻子もできて日々平穏に過ごしてきた

しかし・・・過去からの手紙に さいなまれることとなる

 

私の命はもう長くない だから私の代わりに 私の娘を惨殺した男たちを殺してほしい

あいつらが刑務所から出てきたら・・・

 

その約束を果たせと手紙の主は書いてきていた

あの男たちが出てきた・・・・・

手紙の主は催促する

殺せと 

約束を違えたら 彼の娘に何が起きるか・・・・・

 

娘を護るためには 殺すしかないのか

しかし彼には殺せず 殺さなければいけない相手は殺されている

その凶器には彼の指紋があるのだと

隠してきた過去

自分を脅しているのは誰なのか 過去の自分の行動を振り返る彼

 

脅迫者との対決の場面 顔を見せたのは

実に意外な しかしよく知っている人物だった

 

彼は その人物を死なせるわけにはいかない

彼は全てを喪ってしまうのだろうか・・・・・

 

 

とても誠実な解説を書かれているのは 沢田史郎さん

書店員さんだそうです

著者の作品への理解と敬愛が感じられる文章を書いておられます

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


柴田よしき著「あんとほうき星」 〈ハルキ文庫〉

2024-02-15 16:38:57 | 本と雑誌

 

安政5年・・・

日本では多くのことが起きた

それは庶民の暮らしにも不安をもたらす

それでも日々をしっかり大切に生きていくしかない

 

品川の旅籠「紅屋」の中で やすは料理人としての腕を磨きながら周囲の人々のことも心にかけている

やすが可愛がっているとめ吉がはしかになり 紅屋の人々も心配する

紅屋の若女将の妹も新しい生き方を見つけようとしている

様々な人々の数奇な運命

この巻では 徳川家定の死にも触れられている・・・

 

そう よしながふみ原作漫画「大奥」でも・・・描かれた時代とも重なっているのだ

「大奥」はどちらかと言えば武士側目線で描かれることも多いけれど

同じ時代でも こちらは市井の人々側から

おそらく次の巻では時代の大きな変化 波も描かれるのかもしれないと

勝手に思っている

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


柴田よしき著「あんの信じるもの」〈ハルキ文庫〉

2024-02-14 19:52:41 | 本と雑誌

 

品川の旅籠「紅屋」で料理人として生きようとするやす

漢字ならば「安」 あんとも読めると教えてくれたお小夜は嫁ぎ 出産が近い

どういう理由か 紅屋へのいやがらせなのか やすが可愛がるとめ吉が味噌を買いに行って 知らぬ人間から体中に味噌をつけられた

犯人は誰なのか

またやすに料理を教えてくれている政さんの様子もどこかおかしい

 

日々の中で出会う人

また離れていく人

少しずつ少しずつ やすは成長していく

歴史上の実在人物も意外な形で登場したりします

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい

 


ついつい自分を甘やかし 外ご飯

2024-02-13 20:09:50 | 子供のこと身辺雑記

自身の内科受診が終わり薬局で薬を受け取り 姑の支払いで四か所へ

用事が片付けば お昼過ぎ

横着して帰り道お店に寄りました

揚げ麺に炒飯のセット

食べながら具材を確認してしまう・笑

家でも作ろうかなと揚げ麺を買ってきてあるので

ここんとこ 細くなくて少し太めの揚げ麺が食べたいと思っておりますが

売っている揚げ麺はいずれも細くて

太目の中華麺を買ってきて自分で揚げようかなーなんてことも考えております

 

姑の家の庭に数年前に植えたマンリョウ

思いのほかに実をつけてくれていて 嬉しくなりました

 

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


大倉崇裕著「冬華」 〈祥伝社文庫〉

2024-02-13 19:40:17 | 本と雑誌

 

 

 

 

 

季節を冠したシリーズ三作目

便利屋として倉持と働き始めた深江が消えた

荷物は部屋にそのままにして

容易ならぬことが起きているのではと案じ 姿を捜し始めた倉持は 謎の男たちから脅されて・・・・・

 

かつては命も預けたことのある深江

その身に何が起きているのか

消えるまでの深江とのやりとりを思い出し わずかな手がかり求め動く倉持は儀藤と出会う

深江はある人間の遺骨を撒くために山に向かった

その深江の命を狙う一派がいるのだと

 

深江に恨み持つ熊本と名乗る男は猟師の植草を雇う

身動きとれなくなっているかもしれぬ深江の為に倉持も山へ

 

深江を狙う植草

雪の中 血の華を咲かせる羽目に陥るのはどちらか

 

 

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい


喜多みどり著「弁当屋さんのおもてなし 巡り逢う北の大地と爽やか子メロン」〈角川文庫〉

2024-02-13 19:30:37 | 本と雑誌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弁当屋さん「くま弁」の若夫婦 ユウと千草は旅に出た

旧知の将平を訪ねてのこと

伯父の民宿で働く将平は客の子供を気にしていた

料理をあまり食べていない

翌日 ユウと千草を案内すると張り切っていた将平の姿がない

捜すと彼は足を痛めていた

件の子供が宿を出ていて気にして追いかけたあげくのこと

子供が料理をあまり食べなかった理由

それからその土地ならではの料理

 

北海道を舞台に観光案内してもらっているような気分にもなれるシリーズです

著者も北海道出身とのこと

 

コメント欄は閉じております

ごめんなさい