のんびりぽつぽつ

日常のこと、本のこと、大好きなこと・・・
いろいろ、と。
のんびりと。

2024年3月の読書

2024年04月18日 19時28分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1411
ナイス数:141

鬼を待つ (光文社文庫 あ 46-12 光文社時代小説文庫)鬼を待つ (光文社文庫 あ 46-12 光文社時代小説文庫)感想
再読)亡き妻の姿を追う。揺らぐ。間違っていると知りながら足を向ける。清之介が人である証。哀しく寂しく酷い事だけれど。 生国との関わりが「商い」のみでは終わらないことをこの先遠野屋清之介はどう乗り切っていくのだろう。「人」の心は酷い。おりんへの思慕と同様に、兄への想いも断ち切れないのだから。断ち切れば楽になる。でもできない。その揺らぎがどうか穏やかな凪となる日が来ますように。願ってしまう。
読了日:03月26日 著者:あさのあつこ
雲の果 (光文社文庫 あ 46-11 光文社時代小説文庫)雲の果 (光文社文庫 あ 46-11 光文社時代小説文庫)感想
再読)遠野屋の大番頭喜之助が逝く。その、人との縁の薄かった彼の最期をひとり看取り、残された言葉を心内に抱えながらいる清之介に、またも持ち込まれる血生臭い事件。一本の帯が導く果ては寂しく哀しいひとりの男の越し方と、そして考えもしなかった事件の闇を描く。今回の再読はこのラストで初めておりんさん、清之介の側に…と願った。叶わないと知りつつも隣で「ここ」に繋ぎ止めていてもらいたい、と。ああでも。喜之助はどんな思いで「帯」を見つめていたのだろう。それを思うと果てしなく寂しい。心の中に風が吹く。そんな終わり。
読了日:03月21日 著者:あさのあつこ
花を呑む (光文社文庫 あ 46-10 光文社時代小説文庫)花を呑む (光文社文庫 あ 46-10 光文社時代小説文庫)感想
再読)ああ面白かった。と今回はやけに素直にそう思ってしまう。すっかり木暮信次郎の毒気に慣らされてしまったか?花の香りに隠された悪事。それは遠野屋清之介の兄をも巻き込んで広がる。謎解きとしてもとても楽しめるしさらに伊佐次親分の家族の物語としても惹き込まれる2本立て。ラストにびっくりな件を隠して、さて次に進む。けれど、この時くらいな謎解きと3人の関係が好きかもしれないなぁ。とくに木暮様…どんどん闇が濃くなる感じが…
読了日:03月16日 著者:あさのあつこ
地に巣くう (光文社文庫 あ 46-9 光文社時代小説文庫)地に巣くう (光文社文庫 あ 46-9 光文社時代小説文庫)感想
再読)どちらも異質である事は変わりない。どちらがより異質か、と問われても答えられない。ただ。信次郎の姿に身がすくむ。清之介の姿に胸が詰まる。信次郎の父は息子をどう見ていたのだろう。20年の時を経て隠したものを暴かれたことをどう感じるのだろう。答えのない問いが時にとても気になる。読み終えて深いため息をついてしまうのは毎回変わらない一冊。
読了日:03月05日 著者:あさのあつこ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年2月の読書

2024年03月12日 16時52分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ

やっぱり読めない2月。それにしてもホントに読めなかった2月…

 

2月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:362
ナイス数:83

冬天の昴 (光文社文庫 あ 46-8 光文社時代小説文庫)冬天の昴 (光文社文庫 あ 46-8 光文社時代小説文庫)感想
再読)前巻で清之介の覚悟が描かれて、その通りの生き方を歩む彼の言葉を「つまらない」と切り捨てる木暮信次郎。その心内を伺うことは誰にも出来ないのかな。お仙さんの意外な過去と血に染まった今。繋ぐ信次郎の頭の中を本当にのぞいてみたい。お仙さんの昔語を聞いた時からもしかして犯人を描いていたのかな?とも。謎を解き、彼にとってはついでかな?とも感じる上役の無駄な死を防いで一件落着したけれど、つくづく人とは怖いものだ。善人、悪人、人を好くこと、嫌うこと。色々感じる一冊でもある。
読了日:02月15日 著者:あさのあつこ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年1月の読書 漫画を電子版で読むのは初めて

2024年02月15日 06時30分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ

アニメが面白くて小説の1巻だけ読んだ「薬屋のひとりごと」 その後つい漫画にも手を出して、こちらはサンデー版を無料で読める所まで読了。電子版では見開きページはどうなるんだ?と思ったら、タブレットならば紙と同じように読めるのね😆

色々面白い年明け。今年はもう少し読むこと復活したいなと思ってはいます。どうなるか。先ずは眼鏡作り直さないとな!?



読んだ本の数:2
読んだページ数:572
ナイス数:79

東雲の途 (光文社時代小説文庫)東雲の途 (光文社時代小説文庫)感想
再読)遠野屋清之介にとっての「覚悟」の一冊。商人として生きる。それを確かめるためだけの帰郷だったのだ、と気付く。すげと、そしておりんが差し伸べてくれた手を離さないよう、ただ祈る。
読了日:01月28日 著者:あさの あつこ
薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ (1) (サンデーGXコミックス)薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ (1) (サンデーGXコミックス)感想
サンデー版無料で読めたので…初めての電子版読書。そして最新一歩手前まで読み切ってしまった。マンガを読むのも久しぶり。無料には制約があるので続きをうずうずしながら待つ、というのも久しぶり😆アニメから入ったけどこれは面白い。そして「先」を知ってしまうと2クール目のアニメに別の目線が生まれてそれもそれで楽しかったり悲しかったり。むかしなら本屋さん走って大人買いしていたであろう自分の今の自制心にも悲しくなりつつ…1巻だけ登録しとこうと思います。新年初読了???なので😅
読了日:01月16日 著者:

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年12月の読書 あさのあつこさんは時代物が好きだ

2024年01月29日 15時21分00秒 | ぽつぽつぽつ

アニメで気になって1巻だけKindle無料版?で読んでみた小説「薬屋のひとりごと」その後漫画にも手を出して、初めてWEB上でサンデー版をほぼ発表されてる所まで読了。面白い。アニメがどこまで描かれるか分からないけど、今後も楽しみに見ましょ。


12月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1421
ナイス数:180

木練柿 (光文社時代小説文庫)木練柿 (光文社時代小説文庫)感想
再読)「おこまと共に刀を握らぬまま、生き抜いてみせます」 短編のひとつひとつがその前からその後に繋がるから、この一冊を飛ばす事は出来ないんだよね。清之介の先を見届けたくて、刀を抜かないで生き抜く姿を追いたくて、信次郎にひどく掻き回されながらも離れられない。何回読んでも。
読了日:12月28日 著者:あさの あつこ
夜叉桜 (光文社時代小説文庫)夜叉桜 (光文社時代小説文庫)感想
再読)弥勒と夜叉を併せ持つ生き物。「人」は常にままならず、惑い揺らぎ闇と光の間を行き来する。2つの件が重なる所。様々な面が遠野屋と交わりながらその先へと時は流れる。兄との邂逅が今後を予言してイヤだ。ここで伊佐次は遠野屋清之介を商人として生きるよう願っているのか。親分が救いなんだよなぁ、は毎回感じる拠り所。
読了日:12月19日 著者:あさの あつこ
薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)感想
Kindle無料版にて)なるほど1巻のみ読めるのね、と知り、移動中の読書に電子本はさすがの便利さでした。さて。アニメに夢中になって手にした原作。ほぼ映像は忠実に作られてるんですね。そのさくっと飛ばされてる解説が補完できて嬉しいのと、まだ映像解禁になってない若干部分を先取りして読了。実は文体は脚本っぽく感じて私にはだいぶん苦手でした。でもサクッと読めて興味を惹く世界であるのは確か。続きは有料か本屋さんに行くしかないので読むのは難しいけど、猫猫の行末はとても気になります。とりあえずアニメを追いかけよう。
読了日:12月08日 著者:日向 夏
弥勒の月 (光文社時代小説文庫)弥勒の月 (光文社時代小説文庫)感想
再読)なんだろう。今回はとても生々しく感じる。最新刊よりずっと生身の身体、男と女を感じ、そして暗い。まぁそこ(暗い)は今もあまり変わらないこの作品の根底にある形、だろうけれど隠されていない分露わ、なのかな。若い、のかな。木暮様が自分の感情を随分遠野屋に漏らしているんだな、とも思う。面白い。月日が経ちそれぞれ歳を重ねているんだろうな。皆それぞれに。
読了日:12月06日 著者:あさの あつこ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年11月の読書 やっと読んだ剣樹抄

2023年12月09日 15時14分00秒 | ぽつぽつぽつ
ドラマになったのは何年前?続編を本屋さんで見つけて背中を押され、やっと開いた剣樹抄。
読み出したら面白くて続編まで読了。
更にその先がとても気になってしまっている。
(映像も未視聴のまま。この光圀をどう演じているのかな?は気になるね)

あさのあつこさんの弥勒シリーズ最新刊もかわらぬ面白さ。
時代物がつくづく好きなんだなぁ、と思う今日この頃、なのです。


11月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1175
ナイス数:116

乱鴉の空 (光文社文庫 あ 46-14)乱鴉の空 (光文社文庫 あ 46-14)感想
木暮信次郎が行方不明。その屋敷は奉行所の捕り方が踏み込み、伊佐治は大番屋に連れて行かれる。何が何だか分からないまま、遠野屋清之介の助けで伊佐治は救われ、何が起こっているのか探索が始まる。哀しい女のさが。命を取られる者、奪う悪鬼、悼むもの、傍観するもの。今までよりも大きな裏と、そしてすっきりとしない納めだった。幕閣が絡んでくれば仕方ないか。なにやら今後もありそうで、でもできれば無しにして欲しくて。相変わらず伊佐次とその家族の面々の人らしいあたたかさに救われながら、今回は木暮家のお母上の様を垣間見られ→
読了日:11月28日 著者:あさのあつこ
剣樹抄 不動智の章 (文春文庫 う 36-3)剣樹抄 不動智の章 (文春文庫 う 36-3)感想
了助が父の仇が誰なのかを知る。光圀と了助の関係が反転する。お墓での場面が辛く、そして2人の立場(身分)の差が哀しい。三ざるの思いが予想外であり救い。その後の旅路は了助をどう変えていくのだろう。心うちの変化を随分丁寧に追うのだな、と思いつつ、地獄を感じるたびに読んでいて哀しくなる。一体この2人にどんな未来があるのだろう。仇と知ったのちの関係。旅路の先のつまりはそこが気掛かりで、了助の心の厳しい旅路を不安と期待と色々ないまぜな感情のまま見つめている。目先の事件よりもそこが1番。次巻はいつ?
読了日:11月15日 著者:冲方 丁
剣樹抄 (文春文庫 う 36-2)剣樹抄 (文春文庫 う 36-2)感想
ずっとずっと積んであり、そしたら続きが出ていて背中を押される(どんだけ)。手にしたきっかけは映像化。そして映像もまだ未視聴(どんだけ)😅読み出したらなんとなんと、こんなお話だったのか。これどう転がってどうつながっていく?そして光圀公を相変わらずなかなか厳しい描き方をする冲方さん。手合いの子どもたちが、そして何より了助と光圀が、どうなっていくのか。幕閣なんてどうでもいい。ただ町を焼くことは許せない。感想を書く間もなく次巻に入って色々変わって更に先が気になる。単純に、とても面白い。映像も、みるか。
読了日:11月06日 著者:冲方 丁

読書メーター
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年10月の読書 今村翔吾作品にハズレなし!

2023年11月11日 16時39分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ
イクサガミ。また首を長くして待つシリーズができてしまった。
 
そして電子書籍を迷う今日この頃。同じ作品を2冊買うのはもう何だかな、と。
Kindleかなぁ。どうなんだろうか。使い勝手とか耐久性?とか…
 
 

10月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1152
ナイス数:155

吸血鬼の原罪 天久鷹央の事件カルテ (実業之日本社文庫)吸血鬼の原罪 天久鷹央の事件カルテ (実業之日本社文庫)感想
久しぶりのシリーズ最新作。今回は事件簿。事件に絡めて社会問題も炙り出し、ラストの鷹央ちゃんの怒りは正当。そしてその後の行動に彼女の他人を思い遣る成長を感じます。それにしても重い物語だった。事件自体もだし、その謎解きと解決もだし、そしてそこに絡んだリアルな社会問題も。胸が悪くなる場面や憤りを感じる時も多々。容赦ないな
読了日:10月17日 著者:知念 実希人
イクサガミ 地 (講談社文庫)イクサガミ 地 (講談社文庫)感想
三部作ということはここは中間点。そして大久保利通や前島密が登場した事で思わず調べる紀尾井坂…。戦いは進むにつれて変化して、仲間というか共闘する纏まりもでき、謎が少しずつ紐解かれ、あっちこっちがつながると。嫌だなぁ。絶対そーじゃん?な歴史の証明。大久保さんってなんだかいい人に描かれること多くて、ほんっと切ないんです(個人的見解) 避けられない事実の裏にさらにえー?あなたが黒幕!?でノックアウトされつつ、意外な敵対関係も知って次は新刊を待つ形ですね。どうかみんな生き残って………
読了日:10月10日 著者:今村 翔吾
イクサガミ 天 (講談社文庫)イクサガミ 天 (講談社文庫)感想
嵯峨愁二郎と少女双葉を軸に、大金を得られるという怪文書により集められた強者たちが京都から東京へ命懸けで向かう死闘の旅を描く。「こどく」と言う言葉が主催者側から出た時点でこれは血で血を洗う物語だと覚悟はしたけれど…。双葉と同じでどうも私は覚悟が足りないようだ。この先に全く光が見えないまま、2人と共に街道を駆ける。背負う過去と目指す未来。一体どうなっていくんだろう。とにかくオロオロしながら先に進む。右京の過去と目指した未来に合掌…(辛い
読了日:10月03日 著者:今村 翔吾

読書メーター

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年9月の読書

2023年10月03日 18時07分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ

9月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:588
ナイス数:116

ぶたぶたの甘いもの (光文社文庫)ぶたぶたの甘いもの (光文社文庫)感想
ほっこりゆったり。この一冊は「和菓子の世界」そのもの。季節やこころをしなやかに映して包み込んであらわす。そんな和菓子のように、なんだかほっと落ち着けるぶたぶたさんなんだよなぁ。ということで何度目だよ、な再読。幸せである😀


読了日:09月25日 著者:矢崎 存美
此の世の果ての殺人此の世の果ての殺人感想
素子さん絡みで手に取った作品。隕石によって世界が終わる。その設定の一点のみが「ひとめあなたに・・・・・」と重なるのだけれど、ちょっと想像。横浜に向けて首都圏はあんな感じ。そして離れた九州ではこんなことも起こっていた。。片隅にそんな状況を浮かべつつ、驚くほどの残酷な殺人を主人公たちと追った。その先々で出会う人たちがちゃんとその場で個性を持って生きていて、ラストはまさか、の悲劇だったけれど穏やかでもあり、読後の感覚は良かった。選考委員の方々の評も載っていてなるほどなぁ、と拝読しました。
読了日:09月10日 著者:荒木 あかね

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年8月の読書 登録もれ…あーあ

2023年09月01日 18時09分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ

 

読んだ本
4
読んだ量
622ページ
 
 
 
こういう雑誌を買うことはまず無いのだけれど。池井戸さんのドラマ関連でふっと手に取って。座談会楽しかった(このメンバーで舞台やって欲しい😆)などパラパラページめくっていたら今村翔吾さんと佐藤雫さんの対談もあり。興味深く読ませてもらった。佐藤雫さんは未読の方。俄然興味が湧いています。たまにはいいですね。こういう雑誌も。
 
ネタバレ安心のぶたぶたさん。今回は湯治場のオーナーとカウンセラーと料理人の1人三役。これはもう最高じゃないですか。だけどなんだろうな。今回はあまりぶたぶたさんは前面に出てこないというか、しっかり支えているけれど陰に隠れているというか。ちょっといつもとは違う立ち位置の描かれ方だなぁ、と思いました。それでもきちんと支えられている感じは安定で、モヤモヤやイライラや諸々の負の感情を鎮めてもらって落ち着ける一冊でした。湯治場。良いですね。
 
だーさんの実家にある絵本。マゴくんが何度も読んで読んでと気に入ったものだから、マゴ○カなだーさんが帰ってきて購入。読んでみた。待つ力の違う5人兄弟。次々に入れ替わって生き延びる。その入れ替わりのを楽しく小さい子は読むのかな。ばば的にはツッコミどころというか、ま、色々考えてしまうところもあるのだけれど、それはまた色々分かってきてからお話するきっかけにもなれるのかな。
 
ネタバレ聞き手が変わって3冊目。全体の空気感が変わってどこか落ち着かなかったのが、すとんっと腰を据えられた感。富次郎の元で語られるのは今回3つのお話。どれも印象深くそして何か残るもののある終わり。その合間に挟まる三島屋の「今」が絡まって最後の富次郎の思わぬ覚悟につながる。気に掛かっていたあの番頭の登場と富次郎とのやり取り後の、照らしてくれる木賃宿の「灯り」にこの先を祈る。哀しみが来ませんように。どうか。

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年7月の読書

2023年08月03日 20時48分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ

今村翔吾作品の罠。2周してなお抜け出せない世界。ふとした拍子に真田をおもう。

大河ドラマがこれから思いっきりそんな時代だなぁ。宿敵「徳川家康」!!…が、主役ぅ〜〜😓

と、まぁそれ以外にもイロイロ複雑な気分になりながら、なんかまだ見てます今年も大河。なんでだろ。


7月の読書メーター

読んだ本の数:2
読んだページ数:810
ナイス数:119

幸村を討て幸村を討て感想
再読)ゆっくりゆっくり。途切れ途切れになりながら2周目。ドキドキとワクワクとハラハラと息の詰まる時と哀しさと辛さと。善も悪も全てを呑み込んで戦国から太平の世までを泳ぎ切った真田家にバンザイ!(その執念に圧倒されつつ) やっぱり問答無用で好きだという子どもの頃から刷り込まれてる完全真田贔屓です(笑)
読了日:07月24日 著者:今村翔吾
ぶたぶたカフェ (光文社文庫)ぶたぶたカフェ (光文社文庫)感想
再読)私のぶたぶたさん原点。最新刊とすれ違ってるもので、久しぶりにここを選ぶ。そしたらカフェ「こむぎ」に本気で行きたくなってしまった。今の自分に重なる。このシリーズはたまにこういうことがある。ふっと手にしてガツンと響く。芯が通っているシリーズだからだろうな。最新刊、早く手に入れなくちゃ!
読了日:07月15日 著者:矢崎 存美

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年6月の読書 一冊!

2023年07月13日 20時26分00秒 | ★★★毎月の読書まとめ

はい、これだけ。

だけども、とてもとてものめり込み楽しく苦しく心躍り切ない。

読み終わりたくない世界を堪能。

求む。早期文庫化!

今村翔吾作品、なんでこうも引き込まれるのか。ふぅ〜


6月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:577
ナイス数:97

幸村を討て幸村を討て感想
弟からの借り本)真田家の物語。豊臣の滅亡=大坂夏の陣が終わった後の家康の疑念から物語は始まる。ただひたすらに「名を残すこと」「家を守ること」この二つの為に生きた2人。戦乱の世の最後にそこに命を賭けて戦い抜いた兄弟の生き様を、関わった人々からの視点で描く。六文銭の一枚目から始まる幕間的な章、本編といえる各章、それが静かに微かに忍び折り重なり合い、ラストの一番の戦さ場に流れ込む。夏の陣、ではないその先。真田にとっての最大の敵「徳川」に向かうための、命懸けの戦。真田幸村といいつつ、実は兄信之、いや信幸の物語と→
読了日:06月17日 著者:今村翔吾

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする