滝番小屋

新城市出沢と鮎滝の近況を紹介、その他雑感を少々。

出沢昔ものがたり 一話追加

2024年04月19日 | 出沢

出沢昔ものがたりは、一応完結したのだが、
まだ少し物足りない気がして、
大海の瀧神社に伝わる話を脚本にしたら、
忍さんが絵を描いてくれた。

外伝 第二話
 村をすくった龍神様(大海・瀧神社)
  ぷかりプカリと流れてきた葛籠の中に・・・

毎回思うのだが、脚本から場面を切り出し、動きのある絵にする
この能力は尋常でない。
当初は挿絵をお願いしたのだが、あまりの出来に、
いつの間にか紙芝居になってしまった。
重子さんの絵も、味があり安らぐが、忍さんの絵には活気がある。
寒狭峡に伝わる話と相まって、いい作品に仕上がった。

舞台を製作したコバ建築さん、監修の益道さん、
みんなの努力もさる事ながら、
昔話を語り継いだ、先人たちの思いがここまで導いてくれたのだろう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の新滝_2024-04-18

2024年04月18日 | 鮎滝・新滝

■2024-04-18_1110;新滝

動画(YouTube)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年も咲いた銀竜草

2024年04月17日 | 瑠璃光浄土

白鳥神社の幽霊茸が咲いた。
キノコなので、出たと言うべきか?。
コロニーが、少し大きくなったように見えるが気のせいだろう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鮎滝も初飛び

2024年04月16日 | 鮎滝・新滝

■2024-04-16_1144;鮎滝;WT17.0℃
写真には写らなかったが、パラパラと飛んでいるのを確認。
今年初めての跳び。

踊り場まで登ってきたら、
階段に ま・む・し。
目があっても逃げない・・・。
膝の術後を心配して、ミッちゃの様子を見に来たのだろうと
掴まえてミっちゃの所に連れて行った。

銭形模様も美しいマムシの持ち方
喉を締めてはいけません。首根っこを優しくつまんで下さい。

新滝は変わらず今日も飛び続けている。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第一波新滝へ_2024-04-15

2024年04月15日 | 鮎滝・新滝

■2024-04-15_1138;馬の背・新滝;WT16.5℃
鮎滝道の草刈り中、
まだ一週間ほど早いな、と思いながらも
鮎滝に降りて水温を測ると16℃を越えている。

もしかしたら鮎が来ているかもしれんと、
猿橋にまわって見ると、来た!来た!!、第一波が馬の背に到着。
水がいいので、新滝まで一気に上って飛んでいる。
今年も鮎の顔を見ることができて一安心。
昨年のような大水が出ないことを祈るばかり。

2024-04-15_馬の背遡上中(YouTube)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長篠堰堤桜満開

2024年04月06日 | 出沢

■2024-04-06;1020
昨夏の大水でかなり痛めつけられたが、
ポカポカ陽気に誘われて、寒狭峡の桜満開。

現場の頑張りと、地元の協力のお陰で
復旧工事も何とか桜に間に合った。
お疲れ様でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鮎滝の空撮動画がXに

2024年03月24日 | 鮎滝・新滝

ドローンパイロットの川田千尋さんが
鮎滝笠網漁の空撮動画をXに投稿してくださいました。
撮影は 2023-08-22 です。

https://twitter.com/i/status/1765163730424496161

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寿恵広リニューアル中

2024年03月22日 | 出沢

■2024-03-22
連休には間に合わないけど、
鮎のシーズンまでには完成する予定。

※内装は仕上がっているので、営業はしています。
(みさよ・ちえ・くみこ)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猯を食ってコロナ封じ

2024年02月25日 | 出沢

懲りない八平会は、今月はコロナの反省会。

『アナグマが、ど美味いらしい』
と聞いたミっちゃが、鍋にして持ってきた。
卓さんの箱罠に入った、八ノ平のアナグマだそうだ。

話の種にと、食してみたが・・・、
・・・ニクだ・・。旨い?・・、マアこんなもんか。

子供のころは、食べものは自分で確保する、
自給自足の生活だった。
山で獲って来た動物の他に、飼っていたウサギや、
トヤになって卵を産まなくなった鶏を、
祖父が料って食べさせてくれた。

今は、その頃の味を思い出すことはできないが、
よく肥えた猯(マミッチョ)は、ご馳走だったのは間違いない。

あの頃は皆んな今より免疫力があった。
風邪を引いたぐらいでは、医者に掛からなかった。
猯を食って、たまご酒を呑んで、ぬくとくして眠れば、
コロナも退散したのである。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シンナーの匂いが・・

2024年02月14日 | 瑠璃光浄土

熱も下がり、喉の痛みや咳も取れ、
何とかコロナが治ったと思っていたら、
どこか近くでペンキ塗りをしているような、
ツーンと鼻を突く匂い、かなり強い。

特に、気温の低いところに行くと、強く匂う。
シンナーのような匂いなので、いい匂いとは言わないが、
耐え難いというほどの匂いではない。
一緒にいる人に聞いても、そんな匂いはしないと言う。

そうか、これがコロナの嗅覚障害か、
後遺症が残らなければいいがと、心配をしたが、
徐々に良くなって、一週間ほどで気にならなくなった。

・・・今回のコロナ第十波は、
陽性と診断された人の他にも、
風邪気味だったが熱が出なかったので、医者にかからなかった
という人もいたようなので、
出沢でもかなり感染した人があったと思われる。
幸いにも重篤化した人は聞いていないが、
当初から言われているように、集団免疫とやらを獲得して、
そろそろコロナも収まってほしいものだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする