ワースワイルブログ/WB

バイク買取屋さんワースワイルのブログ≪Worthwhile Blog≫です☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワースは一日にしてならず!

2006年12月19日 | ■ワース☆マスターブログ≪WMB≫
バイク買取のことはおまかせ。バイク買取のワースワイル社長のブログです。】

いよいよ2006年も残り僅かですね、皆さん如何お過ごしでしょうか? たぶん師走(恩師や師匠も走るくらいに忙しい)なので大先輩達もが多忙極まりないこの時期は皆さんもとても忙しいことと思います。

今、バイク買取業界でも大きな動きが出てきました。今月の11日に大手バイク買取会社で上場会社のA社と全国に店舗展開をしているT社が資本提携し、来年からA社が買取業務を行いT社の既存店舗や新規大型店舗を出店し、日本最大の小売店R社のように全国展開をしていくようです。

ちなみにT社社長とは旧知の仲で昔在籍していた(株)ディアスという会社に勤務していた時代にはよく二人で夜の街に繰り出していた。最近も2ヶ月程前に二人だけで飲みに行った仲でしたが、その時にこのような資本提携の話は無かった。
やはりインサイダーのこともあり本音では語れなくなったってことですね。
上場とは友人をも無くす世知辛い世界で、まさにラストサムライのように強大な力に飲み込まれても勝てば官軍と言うことだな…

ところで御存知の通り当社もバイク買取業務を行っています。このバイク買取という業種は宣伝広告にとても力を入れているので、世間ではこの業界は大変儲かっていると思われがちです。
しかし実はとても薄利な商売で宣伝広告費が莫大な為、利益はとても薄い商売になってきました。バイク買取業界はまさにネット業界と同じで、生き残りを掛けた大戦乱状態にあります。
今までは二輪業界紙に広告媒体を出す程度でした。しかし今ではバイク業界を超越して莫大な広告費が掛かるネットバナーやラジオやテレビなど、投資家等へ知名度をUPさせる為で広告宣伝している状態です。

そんな中で以前、当社とのラジオ広告で広告代理店に圧力を掛けた【疑惑のB社】は当初中間決算後の決算予定では赤字が1億2千万円予定だったのがナント 今期決算では赤字が2億6千万円に膨れているではありませんか!
やはり宣伝広告費という悪魔の底なし沼から這い上がってこれないようです。クルマと違ってバイク人口は極端に少ないところに、本来であればお客様の手元に残るハズのバイク売却代金が効果の少ない余分な宣伝広告費に掛かっているということですね!
もちろんこのラジオ広告問題の時から当社はラジオCMは行っておりません。

当社の強みは以前より販売する為の買取を重視して参りました。まさに自社流通システムを確立し【買取業者⇒オークション⇒販売店】という中間マージンをカットし、そこを当社だけで行うので余計なお金がかかりません。
これはお客様に良いものを安く提供することを理念として商売を確立してきた唯一のバイク総合商社だから出来ることです。

特に買取業者では難しいカスタム車には絶大な自信があります。
【WMAラックローズ】ハーレーダビッドソンのエボ以前の旧車(リジットショベル系からパンやナックルやフラットヘッドのWL系など)は当社カスタムハーレー専門店です。
【ハックルベリー】カワサキのZ系やスズキの刀&隼のカスタムなどは大型カスタム車専門店です。
★モトフィールドドッカーズ★
【MFドッカーズ東京】チョイノリからビックバイクまでと最近はBMWやDCTも扱っています!
【MFドッカーズ名古屋】チョイノリから最近はZ400FXからナント!ローソンレプリカまで在庫しました!
【MFドッカーズ甲子園】ここはマンションの一階フロアーということと、店長がレース経験者であり元ラックロ-ズの店長であったこともあって大型カスタムやハーレーなどの大型車を中心に扱っています。

当社が以前よりユーザー様から直接仕入を行い直接販売をすることを大事にしてきた理由は、程度の良い車両やカスタム度合の高い車両などをより一層の手間と気持ちを込めて直接販売したい、その欲しいお客様に手渡したい、そしてそのお客様の笑顔が見たい信念でワースワイルを運営して参りました。

そのためには各資格の取得(2級&3級整備士&査定士)や古物商資格はもちろんのこと、国土交通省認証工場や公正取引委員会会員や各二輪車協会などの会員資格や、株式会社スズキをはじめ大手二輪メーカー様との正式なお取引、警視庁白バイ指定工場認可やヨシムラやアファムジャパンなどの大手パーツメーカー様などとの直接のお取引など全てはバイクの総合商社としてバイク好きの皆様に【より良いバイクライフ】をエンジョイして頂くために構築してきたものです。

最後にローマは一日にしてならずです。各買取業者が来年度は挙って販売をする予定らしいのですが、ハリボテの城ではお客様は満足しません。バイク買取の仕事でしたら先程も言った通りネット関連と似ていて専門知識が無くともある程度できる仕事です。

現にバイク買取会社の社長の中にはバイクの免許を持ってない社長や役員が多くいることも事実です。

しかし販売となると話は変わってきます。当社ワースワイルは創業が平成2年4月(平成5年に株式会社として法人成り)創業16年になりましたが、私の経験はバイクメーカーで13年在籍し、バイク業界に27年もの実績があります。

ローマは一日にしてならずで当社ワースワイルも一日にしてならずです。スタッフも経験豊富な役員&社員が揃っています。これらは全てお客様の立場や状況を考えバイクの買取をさせて頂き、お客様の笑顔が見たくてバイクの販売をさせて頂く、そんなワースワイルでありたいと考え日々切磋琢磨し邁進しております。
今後も努力を惜しまず一層努力して参ります。来年もひとつオートバイの総合商社ワースワイルグループをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

                    ◆ WWマスター ◆

===【バイク買取&販売情報】==================================
バイク買取バイク買取のワースワイルまで
無料バイク買取査定は お気軽無料バイク買取査定まで
バイク高額買取の秘密バイク高額買取の秘密まで
バイク買うなら日本全国モトフィールドドッカーズまで
【カタナ】【Ninja】【Z】【隼】【BMW】【DUCATI】の大型バイク専門店ハックルベリーまで
ハーレーのことならHarley-Davidson専門ラックローズまで
==============================【バイク買取&販売情報】=======
コメント