ワースワイルブログ/WB

バイク買取屋さんワースワイルのブログ≪Worthwhile Blog≫です☆

【100周年限定FLH-TC1450エレクトラグライドクラシック】入荷!

2006年05月30日 | ■ワース☆マスターブログ≪WMB≫
バイク買取のことはおまかせ。ワースワイル社長のブログです。】

皆さんお久しぶりのブリ!ワースワイル社長です。

さあてだいぶ天気も良くなり五月晴れがチョロチョロ顔出し始めたのでいっちょ愛機【100周年限定ロードキング】でもいっちょ乗ったろかいと思ったところナナナナント!【100周年限定のエレクトラグライドクラシック】が入荷しましたぁ~!

それもパールホワイトのグンバツにキレイなTCなのっす!
どうしてこげにTC(ツインカム)88にこだわるかと言いますと! EVO(エボリューション)も雰囲気はとても良いのですが、全く速さが違うのっす。

TC88はオモロないと良く言われますが'05年以降の新しいバランサーの入った方のエンジンはHD独自の『ドドッドッド!』てな音と鼓動も少なくとてもつまらないのですが'04(モデルによっては'03)までのTC88はセッティング次第ではとてもオモロイ♪

しかぁ~し!インジェクション車は全くダメダメ子ちゃんなんでゲス。
インジェクション車で音の良いマフラーに交換しようものなら途端にスカスカピ~でバスン!バスン!パ~ン!と不調の駄馬と化してしまうのっす。

でぇ~もぉ~!TC88のキャブ車ならダイノジェットやキャブ交換でどんなマフラーでも対応できるの皆さん知ってはりました?

現在、HDの新車売上&台数が落ち込んでいます。これはインジェクション&バランサーの影響がかなり大きいと言われています。

今現在のHD(TC88)新車はどれもジャパニーズアメリカンと同じような鼓動でとてもツマらない熟成駄馬になってしまいアイアンホースとはけして呼べないシロモノになってしまいました。日本のメーカーなら世界最高の技術力で世界中のどんなに厳しい排ガス規制でも軽くクリアしてしまうのでしょうが、エンジンとミッションが別体のメカニカルロスだらけのエンジンではただ単にセッティングを薄くするしかないのでしょう(新しく作るとV-RODみたいに国産車を真似た水冷車になっちまう…とても悲しい)。

その駄馬と言われるTC88の中でも、私が大好きなバランサーが無いキャブ仕様はとても貴重な最後のアイアンホースと呼べるハーレーではないでしょうか…

10年位前にHD社が各国でHDの音の特許を取得しようとしていた(音の特許は無理だった)ことがとても懐かしいですな!

                     ワースワイルマスター

===【バイク買取情報】==============================
バイク買取ワースワイルまで
無料バイク買取査定は 無料バイク買取査定まで
バイク高額買取の秘密バイク高額買取の秘密まで
==============================【バイク買取情報】===
コメント