KAGOSHIMA SALT FAMILY soul diary
我等海一族、狙うはショアからの巨魚。 CONTACT : unkoking@goo.jp




2006年4月16日






夕べ遅く、出撃を決意してベッドに潜り込んだ。

目を閉じれば、いくつものポイントの風景が浮かんでは消えてゆく。。。

過去にどれだけ足を運び、どれだけの苦渋を舐めただろうか・・・
ヒットにさえ持ち込めない日々、ヒットしても獲れなかった魚の数々・・・


2週間程前から県内各地での青物回遊の情報が入り始めた。
数日前もあるポイントで仲間がヒットに持ち込みながらバラシている。

前日までの情報を考慮してポイントを絞り込む。


4:00 アラームで目が覚めるが、あまりの眠さに2度寝しそうになる(^。^;)

4:30 タックルを車に積み込み出撃。

『SWAT』ヨッシーさんにメールで出撃の旨を伝えるが・・・返事がない(; ̄ー ̄)...ン?
前日のメールでは「起きれたら出撃する」ということだったが・・・

「先に行きますよぉ~~o(* ̄○ ̄)ゝ~~~~!」っと心の中で叫んでアクセルを踏み込む。



5:20 途中数ヶ所で海の様子を見てみる。


 イイ具合に潮が流れている



流れの状況を見て最終的に入るポイントを決める。


5:30 車を降りてタックルをセットし、ポイント付近まで歩いていく。

少し高い場所から海を見渡すと、潮がモロに当っている!
シューズにスパイクを装着し、岩礁帯を降りていく。

ランディングポイントを確認して立ち位置を決め、戦闘開始である。


まずはトップで狙おうと、チョイスしたのはDaiwa SALTIGA DORADO POPPER 14F レーザーマイワシ

流れの向こうにキャストしてポッピング。

初めはアピールさせるつもりで大きな飛沫を上げながら派手にポッピングする。

徐々にテンポ良く、音を意識したポッピングへ。



6:00 ベイトが所々で跳ね始めた。


次第に海面がザワつき始め、下に何かいる!!
そんな気配がプンプン匂ってくる。

ザワついている海面の向こうへポッパーをキャストしてポッピングしてくると・・・

ザバーッ!! っと5匹程魚が海面に飛び出してきた!!


Σ(゜Δ゜*) ウォッ! 出やがった!!  喰え! 喰えっ!!

と心の中で絶叫しながらポッピングを繰り返す!
数回ポッパーにアタックしてくるがフックアップしない。。。


周りを良く見ると所々で背中を出しながらベイトを追っている!!
数回にわたりポッパーを打ち込むが、アタックはあるもののやはりフックアップしない(w_-;


ここで思い切ってジグにチェンジ。
軽くジャークを入れながら表層を引いてくると、追いかけては来るが追いきれずにUターン。。。

それならばと、ミノーにチェンジ。
チョイスしたのはTACKLE HOUSE SINKING WORKS BK140SW RS14R.イワシSHG/レッドベリー

着水後、4秒程カウントダウンしてトゥイッチを入れながら巻いてくると・・・ガツンッ!!


キターーーー(|||ノ`□´)ノーーーーッ!!!


直後にアワセを叩き込みロッドを立てて一気に寄せに入るべくゴリ巻き開始!


この場所は根がキツ過ぎる・・・足元から沖の方まで沈み根や離れ根が至る所に点在する。
魚を寄せてくるのは根と根の間の狭い隙間しかない。
迷ったらアウト! 躊躇してもアウト! ドラグが鳴いてもアウト!


ヒットは約30m沖、ひたすらロッドを立てて魚を浮かせつつ強引に誘導しながら鬼のゴリ巻きである。

一瞬だけドラグが鳴いた、直後に手に伝わってきたのはリーダーが擦れるあのゴリゴリという感触・・・。

とっさにロッドを更に引き上げ、リールを巻く手を離しドラグノブを締め込む。
ヒヤリとしたがそこは何とか回避したようだ。



手前3mまで何とか寄せ、勝ちを確信した時だった。
あろうことか左の海面に突き出た根に向かって一気に走り始めたのだ!

リーダーはさっきのミスで傷が付いているのは明白。 あまり無理はできない。

躊躇していると魚は根の向こう側に回ってしまう!

そしてまたもや手に伝わるリーダーを擦る感触。

ここまできてラインブレイクでヤラレてたまるか! と 一気に魚をブチ抜いた!!


揚がったのは

 ハマチ 4㎏



今回は運が良かったのかもしれない。
ドラグ設定のミスがあったにも係わらず魚を獲ることができた。

もしこの魚がハマチでは無く、同サイズのカンパチであったなら恐らく、いや確実に獲れていなかったと思う。

更なるスキルアップの必要性を感じた釣行だった。




 
ROD : ZENAQ DEFI MUTHOS 110HH
REEL : DAIWA SALTIGA-Z 4500
LINE : YGK YOZ-AMI JIGMAN X8 #4
LEADER : MORRIS VARIVAS SHOCK LEADER 80lb
LURE : TACKLE HOUSE SINKING WORKS BK140SW RS14R.イワシSHG/レッドベリー









※このハマチ。丸々と太っていて70㎝で4㎏あり、帰ってさばいてみると太くてデッカイ(15㎝程)卵をもっていた。

 脂がのってて刺身は最高に美味かった(@ ̄¬ ̄@)♪
 そして何と言っても 、煮付けて食べたらメチャクチャ美味かった~(丿 ̄ο ̄)丿




            

コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )




2006年4月2日





前日の夜、仲間から『某ポイントでハマチ・ネイゴ・3㎏UPのカンパチが釣れている』という情報が入る。

これは行かねば! と出撃の準備を整え、天気予報を見ると・・・

03時~06時 降水確率100%
06時~09時 降水確率100%
09時~12時 降水確率100%

って なんじゃ(`□´)/ゴルァ~!!

釣りに行くなっちゅうことか・・・


カンパチは諦めて、その晩は目覚ましをセットせずに就寝。。。。

目が覚めると朝9時半・・・風が強く雨は上がっている。
昼前に再びパラついたが、夕方には完全に晴れていた。


夜になると風は一段と強くなり海は荒れまくっている。

どうしようか迷ったが、先週のアジングでは強風と荒れ海で結果を出すことができたので・・・

出撃決定!!


20:00 タックルをカンパチ用からアジ用に積み換えて出撃。

20:45 ポイントに到着。

先行の餌師が隅っこに1人居る。
強風と波を考慮してジグヘッド2gをセット。
ミスバイト&フッキングミスを軽減すべく今回はアシストフックも装着!

広範囲にボトムを中心に探るがアタリなし。


21:15 潔くポイント移動。 移動先はサイズは出ないが数が出るポイント。

着いてみると風は弱く波も大したことない。。。
ジグヘッドを1.5gに変更して、街灯周りを丹念に探ると・・・コツンッ!

サクサクっと寄せて抜き揚げると・・・約15㎝の小アジ。
ん~~~・・・南蛮漬けっ!とキープ。

程なくして水面がパチャパチャ騒がしくなり、そこら中で小さなライズが起きはじめた。
表層をゆっくり巻いてくると簡単に喰ってくる。
しかしどれも小さい・・・
15㎝程度の南蛮サイズを5匹ほどキープした。


そしてふと気付いた・・・潮はちょうど満潮。風は無い。波も無い。アジの活性が高い。。。

戻るべし!!!

速即〆したアジをクーラーに叩き込み移動!


22:15 再び最初のポイントへ到着。ココのアジはデカイ。


さっきとは打って変わって静かな海である。
そして、餌師が居なくなってる!! パラダイスの予感( ̄m ̄* )ムフッ♪

タックルをセットしていると・・・パシャッ!  ( ‥) ン?
パシャパシャッ!  ( ‥) ンン?

パシャパシャッ! パシャッ!! _s(・`ヘ´・;)ゞんんん!!

ライズしとる!


ジグヘッドはFINA ジグヘッドまっすぐ 1.5g
刺さってるワームはダイワ 月下美人 ビームスティック 1.5inch 蛍光レモン

表層のスロー引きで・・・ゴゴン!
さっきとは明らかに違うアタリ。 ドラグが鳴る!

寄せきって抜き揚げようとするとアジの重さでドラグが滑って揚げられない。。。

スプールを抑えて揚げてみると・・・w( ̄△ ̄;)wおおっ!!塩焼きサイズ!!!

 なかなか良型です!


その後ワームにスレて反応が悪くなると、ワームを
FINA じゃこまろ 1.5inch グロー
ECOGERA メバル職人 ストローテイルグラブ 2inch ライトスモークゴールド
ECOGERA パワーシラス 2inch パールグロー
とローテしてアタリを拾っていく。

アクションはタダ巻きだけでは喰わないことが多い。

デッドスロー→スロー、スロー→ストップと変化を付ける。

一番良かったのが、デッドスロー→ストップのストップで喰ってくるパターン。
ストップは一瞬のステイだったり軽くフォールさせたり。

アタリ始めるとポンポン揚がる。。。

↓調子に乗って・・・
 ハメ撮りじゃぁ~(`∇´ )にょほほほ って先っぽ写ってないね。。。



最後はライズも消え、底にへばり付いているアジを拾い上げていった。
ここもズル引きだけでは喰いが悪い。
ストップを織り交ぜ、時にはチョンチョンっと跳ね上げてからのフォールで。

 ~28㎝ 18匹。



ん~~・・・ 『SWAT』TAKEさんの話だと、5月頃には30㎝オーバーが釣れるらしい。。。(*^m^*) ムフッ

30㎝オーバーともなると掛けるのすら難しくなりそうだ。
来たる5月の30㎝オーバーに向けて修行あるのみですな。。。





            



コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )