KAGOSHIMA SALT FAMILY soul diary
我等海一族、狙うはショアからの巨魚。 CONTACT : unkoking@goo.jp




2007年07月




前日のネイゴ爆発(他人が)に触発され、本日も朝から出撃。

堤防についてみると、既に7~8人のアングラーが先端に陣取っている・・・
その中には先行していた本日の相方ヨッシーさんがいた。



海を見ると魚の気配があまり感じられない。
他のアングラーもそれを感じていたのか、誰一人としてキャストすることなく談笑したり海を眺めていたりしている。

自分はタックルをセットし、仁王立ちで海を観察する。
ふと、足元のテトラ付近で何かを感じた。
海中で反転する魚の魚体が見えたわけではない。
あえて言うなら、海面が一瞬揺らめいたように見えた。

反射的にその付近にジグを落とし、着底後にワンピッチでシャクる。
何事も無く海面までジグが上がってくる。
ん? 気のせいか微かな違和感が・・・
今度は少し沖目にキャスト。
着底後にワンピッチでシャクる。
3シャクリほどした時から手元に再び違和感を感じる。
バイトではない。ごみを引っ掛けた感じでもない。何か普段と違う感触。
そうだ、これは間違いなくネイゴがジグにジャレ付いている感触。(オフショアジギングやってる人はわかるかも)
海面に近付くとその違和感が消えたので、速攻でジグをピックアップしてさっきより更に沖目にキャスト。
着底と同時にジグを数回小刻みにシャクり上げた後、スライドさせるように大きくシャクる。
と、4シャクり目にゴン!!

やっぱり居たか!!

アワセを叩き込み、回収に入る。
いつもならココで綱引きファイトなんだが、今回はロッドを立ててファイト。
立ち位置から左45度方向にキャストしてヒットさせたが、足元から左側には高いテトラ突き出ているし右側には崩れテトラと敷石が4m位沖まで入っている。
この状況で綱引きすると左側のテトラでメインを擦る。
崩れテトラと敷石がある右側に自分が移動しながらロッド立てて魚を寄せてくる。
もう少しで浮くかなってトコロで突然手にラインを擦る感触が・・・
左側のテトラの更に沖に何か沈んでいるようだ。(先日の台風でテトラが流れたかな)
一瞬だけラインテンションを抜いてロッドの角度を変えてファイト続行。
もうラインを擦る感触は無い。
4m程先の敷石と海面との境にネイゴが見えてきた。
もたもたしてると敷石の淵でラインを擦るので、浮かすと同時に強引にジャイアントスイングブチ抜き。
高さ約3mの堤防上に4m先の海面から2kgの魚を普通にジャイアントスイングができるのはこのロッドくらいだろう。。。

 ネイゴ(爽やかサイズ) ジャイアントスイングにてKO!!
クリックするとデカくなるよ(o^∇^o)ノ



この日は前日と打って変わって激渋。
昼まで居たがデカいナブラは潮が動き出してから1度だけ。
ポッパーでドッカンドッカンやったが活性が揚がることはなかった。。。

どこ行ったのかな~ネイゴちゃん。。。
爆りてぇ・・・




TACKLE
ROD : MC works' RAGING BULL 100XR (PROTO)
REEL : DAIWA SALTIGA-Z 4500
LINE : YGK YOZ-AMI JIGMAN X8 #4 50Lbs
LEADER : VARIVAS SHOCK LEADER NYLON 120Lbs
LURE : UZU F1-SPORTS FISHING lab. 俺のシャバジグ 70g アナアキ包丁
HOOK : OWNER C'ultiva SJ-41 9/0
ASSIST LINE : YGK YOZ-AMI SEA HUNTER #40 200Lbs
LURE2 : UZU F1-SPORTS FISHING lab. ラッパのジョニー(PROTO)
HOOK2 : OWNER C'ultiva ST-46 3/0




            

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




2007年07月





では、「釣りネタ」を更新させていただきます。


☆スターさんより情報を貰い、出撃。
連日、1.5kg~2.5kgのネイゴ(小っさいカンパチ)が爆っているとのこと・・・


5:30 起床。(寝坊・・・)

6:00 ポイント到着。

7:00 隣の堤防の先端付近でナブラが見える。

結構デカいナブラで、その堤防にいるアングラーはガンガン釣りまくっている。
時折、こちらの堤防にもナブラが移動してくるがなかなかヒットしない。

そこで一計。
隣の堤防のアングラーが魚を掛けて、キャッチすると同時に自分がナブラ目掛けてキャスト。
『横取りファイト』開始。

自分のすぐ隣には餌師が居るし、隣の堤防の先端には5人位アングラーがいる。
まず、5人のアングラーが誰も投げていない隙を狙ってキャスト。
着水後1m程度ジグを沈めてワンピッチでシャクリ上げる。
3シャクリすると・・・ゴン!
2回アワセを叩き込んで、隣の餌師の邪魔にならないように自分が餌師から遠ざかりながら速攻回収。
綱引きファイトでゴリ巻きすると20mくらい沖でネイゴが浮き上がり、水面をバチャバチャバチャバチャ・・・っと滑って来る。
いわゆる「パチスキー」。←わかんないかな(汗)
そのままホイッ!と抜き上げ、終了。

ネイゴ(爽やかサイズ) 2kgよりちょいデカそう。 2.5kgは微妙・・・。
クリックするとデカくなるよ(o^∇^o)ノ

ナブラを見ながらキャストするタイミングを計る。
ベストタイミングは、
『ナブラが出る → アングラーが一斉キャスト → 全員、ルアーもしくは魚回収』で、自分がキャスト!!
が、このタイミングがなかなか出ない。

ナブラを2つ、3つと見送って4つ目に遂にオールクリア。
キャスト、着水、カウントダウン、シャクリでゴン!

綱引きファイト、パチスキー、ホイッと抜き上げ終了。

 ネイゴ(爽やかサイズ) これは2kgジャストくらい。


なにやら隣の餌師がビックリしている様子。
向こうから話し掛けてきた「兄ちゃん、いつの間に釣った? いきなりネイゴが目の前で水面を滑ってくるが」と。
どうやら綱引きファイトをしていると、掛けたのも寄せているのも気付かないらしい。。。
餌師は普通にルアーを回収していると思ってたらしい。
さすがにルアーを回収するように涼しげにネイゴを回収している訳は無く、それなりにアワセを入れたり走られないように頭をコッチ向けたりと色々操作をしてるのだが・・・


そして3本目。

 ネイゴ(爽やかサイズ) 見事にフッキングしているが、ピンボケも見事!!
クリックするとデカくなるよ(o^∇^o)ノ

結果、1時間で4本。 サイズは全て2kg程度。


クリックするとデカくなるよ(o^∇^o)ノ


1時間で4本。
これでタイトルが何故『爆』なのかというと、
隣の堤防のアングラー達は軽く10本以上獲ってたからです。(結構バラシも多かった)
つまり、「自分がネイゴ爆釣」ではなく「他人のネイゴ爆釣を見てた!」ってことです(悲)
いいなぁ・・・羨ましいなぁ・・・





TACKLE
ROD : MC works' RAGING BULL 100XR (PROTO)
REEL : DAIWA SALTIGA-Z 4500
LINE : YGK YOZ-AMI JIGMAN X8 #4 50Lbs
LEADER : VARIVAS SHOCK LEADER NYLON 120Lbs
LURE : UZU F1-SPORTS FISHING lab. 俺のシャバジグ 70g アナアキ包丁
HOOK : OWNER C'ultiva SJ-41 9/0
ASSIST LINE : YGK YOZ-AMI SEA HUNTER #40 200Lbs




            

コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )




2007年07月19日




みなさん、大変長らくお待たせ致しました。
お久し振りの更新ですよ。


釣友からは携帯や掲示板に、このブログをいつも見てくださっている方々からは公開メールに、「更新はまだ?」と多数寄せられていました。
夕べなんか福岡の釣友たちに会った時に直接言われてしまいました。。。
「更新せんとコメントも付けられん」と・・・

ホントすみません。
ちょっと色々ありまして忙しかったので記事を書いておりませんでした。

本命の「釣行記」は、現在は少しずつですが記事を書いております。
どういう形であれ必ずUPしますので、見放さないでもう少し待ってください。。。


それでは皆さん、溜まりに溜まった「鬱憤・意見・苦情・その他諸々」・・・
熱い書込みをコメント欄へどうぞ!!

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )