KAGOSHIMA SALT FAMILY soul diary
我等海一族、狙うはショアからの巨魚。 CONTACT : unkoking@goo.jp




2013年11月11日




寒くなってきましたな。
ちらほらアジの話も耳に入るようになってきた。
オレ的には、もちっと冷え込まないとアジ釣る気にならん。
どうもアジングを覚えたのが極寒の中だったから、それが未だに身に染みついてる模様(笑)

ってことで、アジはもう少し先。
じゃイカでもと、最近釣りを始めた悪友と出撃。
 運転中、海の向こうに開聞岳~

 メジャーポイント!

 登れ登れ! クーラーは空っぽだから楽だろ?(笑)

 釣れた~♪

 ホイ。800g♪♪

ま、ご覧のように散々磯を歩きまわって、釣れたのは気まぐれに立ち寄った港という素晴らしい釣行だった。


で、秋イカもそこそこ堪能したし、久し振りに魚の顔が見たくなりスズキでも釣るかと近所に出撃。

やったね~。メジャーポイントのどストライクな時間帯にも関わらず誰も居ない。
しかし流石のメジャーポイント、日々アングラーが入っている痕跡がオレを迎えてくれた。。。
 お♪
 も♪
 て♪
 な♪
 し♪

 まとめるとこんな感じ。おっルアー見っけ♪

キレイになった釣り場で、気持ち良くキャストして気持ち良くヒット。
グルグル~っとリールを巻いて、ホイッとランディング。
コースと水深を合わせてルアーを通すこと4投目。
 綺麗なおヒラちゃん~

まだまだ釣れそうだったけど、ここで終了~。
狙い通りに魚が出たしルアーも見っけたし、これで満足しちゃった(笑)


さて、次は何して遊ぶかな。
やっぱ『エクストリーム芋掘り』かね。


TACKLE
ROD : ZENAQ ESPERTO 90 parabolic YSG
REEL : SHIMANO 08TWINPOWER 3000
LINE : DUEL HARDCORE X8 #0.8
LEADER : DUEL H.D.CARBON PRO100 #3.0
EGI : OWNER Draw4 3.5
EGI2 : YAMASHITA EGI OH Q LIVE 3.5 Deep
LURE : DUEL Aile MAGNET (10年くらい前の古いモデル 9cm)



            

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2013年3月




今年もやります。
Shore Cast Meeting in 諏訪之瀬島 2013

先週、主催であるIsland Hoppers 杉田さんがHPにて開催の案内と参加者募集を発表したところ、参加希望メールが殺到してあっという間に募集定員に達してしまいました。

そこで、急遽募集定員を当初の15名から20名に増員することが決定されまして、引き続き参加者を募集しております。

定員20名まであと少ししか余裕はありませんので、参加をお考えの方は急いで応募してください。


「Shore Cast Meeting in 諏訪之瀬 2013」詳細は下記リンクからどうぞ。
ISLAND HOPPERS








みんな最初があった。
「夢」と「期待」と「不安」を胸に抱いてフェリーに乗り込んだ。
2等船室の毛布にくるまって、昂ぶる気持ちをぐっと抑え込んで眠りについた。

目覚めればそこは夢の島。

一緒に魚釣って遊びませんか?


GT 25kg 2012/05/12

TACKLE
ROD : ZENAQ DEFI MUTHOS DM100HHH Z-tune GTcustom
REEL : DAIWA SALTIGA-Z 6000
LINE : YGK YOZ-AMI GALIS ULTRACASTMAN X8 #8 113Lbs
SPACER : VARIVAS avani SS ASSISTLINE #30
LEADER : YAMASHITA ニュークロー #100 300lb
LURE : UZU Sports Fishing lab. 梅雨ブギィ D10
HOOK : OWNER C'ultiva ST-66 4/0


            

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )




2012年11月27日



そろそろ、アジが気になりますね。
また深夜徘徊、寝不足出勤の毎日が始まります(´▽`;)

さて、今まで私に数々のアジ料理を味わわせてくれた立役者。
YAMBAL ART CRAFT いざとなれば使える携帯ストラップ 10g
これが、遂にルアーとして発売されることになりました。

もう携帯ストラップじゃねぇ!
これからは、Cakra ZERO SWIM  チャクラ ゼロ スイム だ!






コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




2012年5月1日




いよいよ迫って参りました。
「島遊び」のシーズンが。

行かれる皆さんは準備万端整っておりますでしょうか?
「島からの便り」が届き次第、即出撃できることが理想です。

え? 私ですか?
勿論、準備万端整っておりませんので、即出撃なんてできません(爆)
昔から「切羽詰まらないとやらない子」なんですヾ(´▽`;)ゝ



そういえば、「ブログ開設」したようです。
今後、何かしら情報が発信されることと思いますので、要チェックです。

-Island Hoppersの日々-


差し当たり気になるのは、梅雨ブギィ関連と、Shore Cast Meeting in 諏訪之瀬島 2012についての情報ではないでしょうか。

イベントについては、まだまだ参加募集しておりますので 5月26日、27日 に都合の付く方は是非ご応募ください。
自分1人で何のつてもないトカラへ突撃するのは、かなりの勇気と決断が要ります(経験済)。
イベントに参加される方々はみんな「初めて(一部リピーターの方もいらっしゃいますが)」ですし、スタッフはdeeeepなトカラ経験者です。
この機会に、島の人々やスタッフ達とつてを作ってみてはいかがでしょうか。



トカラ列島、みんなで渡れば怖くない お後がよろしいようで・・・(汗)


            

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




2012年02月04日





タイトルでお察しだとは思うが、今回は「釣りネタ」ではないので、興味のない方は気前よくぶっ飛ばしてください。



先週、仕事中に友達からメールが入った。
「猪と鹿どっちがいい?」

そんなの決まってる。即答してやった。
「どっちも。」

ちなみにこれは花札の話じゃない。
ハンターであるヤツが「猪」や「鹿」と言えば、それは食い物のコト。
要するに「猪肉と鹿肉、どっちが欲しい?」ってことだ。

その後、
「お前ん家のいつものトコに突っ込んどくぞ」
「ヨロシク。まいどスマンね。
魚とかイカとか色々入ってるから、好きなの持ってけ。」

と、やりとりをした。
いつものトコとは、ウチの屋外に置いてある冷蔵庫の冷凍室のことだ。

このハンター、小さい頃からの付き合いで気心は知れてる。
大の魚好きで魚が欲しくなると、いつもこうやって物々交換を申し出てくる。
正月には10kg弱のブリに年賀状をくわえさえせて、ヤツの家の玄関ドアにぶら下げておいたんだが、もう次の魚が欲しくなったようだ。
 クーラーに入れとかないと魚が傷むだろ!と、苦情の電話がきた・・・

仕事を終えて家に帰りつき、いつものトコを覗いてみると入ってた。
デッカい塊が2個。
1つ3kgはありそうな塊で、袋にそれぞれ「シシ」「シカ」と書かれてる。
思わずニンマリしてしまったが、すぐに異変に気付いた。
その冷凍室にストックしていたはずの魚やイカがほぼ無くなっている。
残っているのは、「カンパチ アラ」と「タイ アラ」と書かれた袋が2つ・・・
やられた。
年末に釣った鯖で作った一夜干しや味醂干し、シメサバ、シイラの味噌漬けや切り身、マグロのブロックまでごっそり持って行きやがった(汗)
後日発覚したが、ヤツは冷蔵室のビールまで持って行ってやがった(大汗)
 どうやらこんな認識だったようだ
まぁ年賀状の迷惑料ってことで良しとしよう。
しかし、シメサバだけは返してほしいなぁ・・・



で、物々交換で手に入れたある意味高価な肉を早速土曜の夜に食うことにした。
色々考えたが、とりあえず猪肉を鍋で食うことに。
そこで、普通に家で鍋してもつまらないのでキャンプに行くことにした(爆)
鹿児島で今季最低気温と初雪を観測した次の日に、猪鍋食いにソロキャンプ!(アホ)

土曜の午前中は仕事だったので、午後からバタバタと準備して15時出発。
目的地は北(将軍様の国じゃない)の山間にある秘密のキャンプ地。
ウチからは遠いから早く行かないと日が暮れてしまう。
田舎道は交通量が少ないから順調に飛ばしていたが、途中警察官が立っていてビックリ。
 寒い中ご苦労だね~・・・ んん!?

 いつから立ってんの?顔色悪いよ。早く帰れ~

途中、通行止めがあって迂回してたら遅くなった。
18時到着。当然誰もいない(笑)
既に暗くなり始めてたんで、速攻で寝床建設。
 着工より15分で完成

寒いから焚き火開始。
 薪が完全に乾いてなくて火着きが悪い

七輪を準備して、鍋をセット。
 暗いとブレる

材料をブチ込んで、適当に味付け。
 スタンダードな味噌味で

フラッシュ焚くとこんな感じ。
 美味そう?

んじゃ。
 いただきます!


メチャクチャ美味い。
肉は臭みもなく柔らかい。
良いダシが出てるから、野菜や豆腐もたまりませんな~
空腹に任せて一気に食った。
満腹、満腹。

食後はお茶で一服。
 マッタリです。

やっぱ寒い日は鍋に限りますな。
22時現在、気温-2℃(爆)

23時、就寝。
翌6時30分、起床。
爆睡でした。



寒い中、山奥でソロキャンプ。
焚き火して、鍋食って、マッタリお茶飲んで。
月や星を眺めて、鼻水すすって。
最高に楽しかった。

肉、まだまだ沢山あるので食いたい人はキャンプ道具持って集合。



TACKLE
TENT : Mountain Hardwear Hammerhead 2
LIGHTING : KELTY LumaTech Lantern
STOVE1 : 七輪
COOKWARE : すき焼き鍋 1人用
FURNITURE : Coleman Picnic Bench Set
SLEEPING BAG : ISUKA Snow Treck 1100 + THERMAREST Tech Blanket
PAD : ISUKA Comfy Mattress 180
PILLOW : ISUKA Cozy Pillow
BACKPACK : mont-bell KITRA PACK 40
CAMERA : PENTAX Optio P80





            

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




2012年01月





ちょっと、お知らせ。

とある島の小さな小さな釣具屋さん
Island Hoppers HIKOUSEN

そこで販売されている、特殊ルアー梅雨ブギィ

2012年1月より通信販売開始。




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




2011年11月




この記事は「ほぼ備忘録」なんで、今回もぶっ飛ばしちゃってください。


散歩に行ってきた。
予想以上に寒いし、予想外の爆風。

こりゃ散歩どころじゃねーぞと、あまりの状況の悪さに耐えかねて10時頃からは風裏の方で散歩することに。

さっきまでの風がウソのようにここは静か。
途中で足を止めて景色を眺めたり・・・
 イイ景色

出会ったオッチャンと話したりしながらボチボチ歩く。

 水平線


昼前には、散歩仲間のFF(仮)君が持ってきたカップメンをご馳走になり大満足。

 やっぱり外で食うカップメンは5割増しに美味い!


次の散歩にはオレもカップメンを持って行こうと決意した。


次の散歩はいつ行こうかな。
そして何味を持っていこうかな。


TACKLE
STOVE : SOTO Single Burner ST-301(オレのと同じもんだった)
COOKWARE : ナベ?ヤカン?(見てないから分からん)
FURNITURE : ローソン 割り箸
FURNITURE2 : YAMBAL ARTCRAFT Arrow
LURE : NISSIN CUP NOODLE CURRY Regular
LURE2 : NISSIN CUP NOODLE SEAFOOD Reguler
CAMERA : OLYMPUS u1030SW





            

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




2011年10月




今回の更新は「釣りネタ」じゃないので、興味ない方はぶっ飛ばしてください(笑)


10月、数年ぶりにソロでキャンプに行った。
最後に行ったソロから、軽く10年は過ぎている。


その日、思い立ったのは午後になってから。
朝から行っていた磯からの帰り道だ。
秋晴れの空を見ながら車を走らせていると、無性に外でメシが食いたくなった。
ま、昼飯は磯を歩きながら食ったんだが(爆)

行先は、海とは違った空気を感じたくて山と決めた。

自宅に戻り車からタックルを降ろし、再びタックル(キャンプの)を積み込む。
まずは実家に向かいその日の獲物(ヒラ1匹)を献上し、そのまま山へ向かう。

途中、食料を買い込んでから目的地に到着。
暗くなるなる前にと、急いでテントを建てる。

 庭付き一戸建て

真っ暗な中、川の流れる音と虫の声しか聞こえない。
山の夜に漂う少し張り詰めたような独特の空気を感じる。
テーブルの上では、お気に入りのアルコールバーナーがコッヘルの下でほのかな灯りをともしている。
考えるのは・・・今日の釣りのこと、過去にヤラレタ魚の悔しい思い出。
そして今夜の晩メシ!
早くメシ炊けないかなぁ・・・(汗)

 豪華な晩メシ
空腹に任せて買い物すると、ついつい買い過ぎちゃうよね(大汗)


満腹になった後、お茶を飲みながらマッタリとイスにもたれて至福の時を過ごす。
時間は分からない。
時計は車の中だし、携帯はココに着いた時に翌朝の起床時間にアラームをセットしてテントに放り込んである。
眠たくなったら寝るし、眠たくなければいつまでもイスにもたれているだけだ。


翌朝、夜明けと同時に起き出す。
木々の間から徐々に差し込む朝日を眺めながらお茶を飲む。
山の朝に漂う、夜とは違った芯のあるような張り詰めた空気を感じる。

日の射す所でテントやシュラフを乾かし、タックルを片付ける。
そして、朝の空気がゆるみ始めるころにはテント場を後にする。

途中の温泉で朝風呂に入り、極楽気分で帰路につくのだ。


自分のキャンプスタイルはミニマムキャンプ。
持って行く道具をできるだけ少なくする。
今回の荷物は、ザック1つと片手に持てる折りたたみテーブルセットのみ。
テーブルセットについては持って行くか最後まで悩んだが、昔使ってたマットが見つからなかったので持って行くことにした。
大きなテントやタープ、豪華なキッチンや食器類・・・
そんなキャンプもイイけれど、便利で快適な装備が増えれば増えるほど自然から離れていくようで・・・
自分は厳選したお気に入りの道具をフルに使って、自然の中で自然を感じながら遊ぶのが楽しい。

さて、そろそろまた行こうかな・・・
もう寒いから、冬の装備と焚き火の準備をして行かないとね。



TACKLE
TENT : Mountain Hardwear Hammerhead 2
LIGHTING : KELTY LumaTech Lantern
STOVE1 : trangia Spirit Alcohol Stove + GAYA GEAR Solid-Stove
STOVE2 : SOTO Single Burner ST-301
COOKWARE : UNIFLAME Trail SquareKocher
FURNITURE : Coleman Picnic Bench Set
SLEEPING BAG : THERMAREST Tech Blanket
PAD : ISUKA Comfy Mattress 180
PILLOW : ISUKA Non-Slip Pillow
BACKPACK : mont-bell KITRA PACK 40
CAMERA : OLYMPUS u1030SW





            

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )




2010年11月29日




「お前、ブログ更新しなくなってそろそろ1年経つだろ!」って言われた。

マジか!?
速攻でブログ確認(大汗)


えぇと、まず結果から申しますとまだ1年経っていません。
正確には、まだ7ヵ月です。


このまま1年更新無しもオモシロいかなって思いましたが、冒頭のガセネタを言い放った方の為にもちょっと更新を・・・




記憶をたどると・・・

トカラには週末のワンナイトで数回行った。
結果は、ブレイクだらけでノーキャッチ(涙)
Gカップ2個、梅雨ブギィ2個獲られた・・・ゴメンなさい。

夏場は、色々と忙しくほぼ釣りに行ってない。

秋になり、ようやく釣りに行けた。
ヒラ行ったり、青物行ったり、イカ行ったり、アジ行ったり、カワハギ行ったり、悪い釣り人達とBBQしたりして遊んでた。
けど、ブログネタにする程の釣果もなく。
写真も撮ったような気がするけどまばらにしか見つからない(笑)
                    ちょっとだけ見つかったので追加up~

 北斗のカズ君 狙え!肘タタキ~


 ト・カ・ラ~

 晩飯~・・・確保!

 梅雨ブギィ!!

 ケバかな・・・

 ヒラは留守・・・

 北斗のしんちゃん 海晴丸にて太刀魚~

 携帯ストラップに食ってきたピンボケアジ(汗)

 Yes! キモパン♪ ※注:uzu製品ではございません(爆)

以上がパッとやっと見つかったボツ写真たち。
今月初めにアジング行って、結構釣った写真があるはずなんだけど、見つかんない・・・ま、いっか~


今年もあと約1ヵ月、年の瀬に向けて色々と忙しくなるなぁ。
次の更新は期間があまり空かないように頑張ります!



そう言えば、1つ前の記事で紹介した『アジングJAPAN最前線(つり人社)』
錚々たる顔ぶれのアングラーが書かれた熱く濃い記事の中、ある意味目立っていた私の薄くヌルい記事。
ダレにウケたのか全くもって不明でありますが、来年発売のアジング本用に再び『つり人社』より取材のオファーが来た(冷汗)

だ、大丈夫かぁ~?


            

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




2010年6月3日






つり人社よりアジングの本出ました。

-アジングJAPAN最前線-
 僭越ながら私も記事を書かせて頂きました。



ナガッさんによると、「記事を書かれている方々は、錚々たる顔ぶれ(unko以外)」だそうです(汗)
メーカーの代表の方や、本とかDVDとか出してる著名なアングラーの方々だそうです。

釣り関係のその辺の事情に疎い自分は、そんなエライとこに記事を書いていただなんて露知らず。
知らなかったとはいえ恐ろしい事をしたもんだと、冷汗ダラダラでございます(涙)

この本、中身はかなり濃いようです。(自分以外)
あまり知識のない自分には何に使うのか見当もつかないような道具が大量に載っていますが、一つ一つ丁寧に使い方や効果が説明されています。
また、それぞれのアングラーのシーンごとの攻略法も詳しく載っています。
初心者から上級者まであらゆるニーズに答えてくれる1冊だと思います!

書店や釣具店で見掛けた際には是非!
まずは立ち読みしてみて、それで気に入ったら買ってください(笑)


ちなみに私の記事は、『釣れない時は諦めて、釣れる時に釣っとけ』 的な・・・(大汗)
軽佻浮薄な人間にしか書けない極薄な内容となっておりますので、私の記事を読む時間があるくらいなら迷わず釣りに行くことをお勧めします。

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ