KAGOSHIMA SALT FAMILY soul diary
我等海一族、狙うはショアからの巨魚。 CONTACT : unkoking@goo.jp




2012年02月04日





タイトルでお察しだとは思うが、今回は「釣りネタ」ではないので、興味のない方は気前よくぶっ飛ばしてください。



先週、仕事中に友達からメールが入った。
「猪と鹿どっちがいい?」

そんなの決まってる。即答してやった。
「どっちも。」

ちなみにこれは花札の話じゃない。
ハンターであるヤツが「猪」や「鹿」と言えば、それは食い物のコト。
要するに「猪肉と鹿肉、どっちが欲しい?」ってことだ。

その後、
「お前ん家のいつものトコに突っ込んどくぞ」
「ヨロシク。まいどスマンね。
魚とかイカとか色々入ってるから、好きなの持ってけ。」

と、やりとりをした。
いつものトコとは、ウチの屋外に置いてある冷蔵庫の冷凍室のことだ。

このハンター、小さい頃からの付き合いで気心は知れてる。
大の魚好きで魚が欲しくなると、いつもこうやって物々交換を申し出てくる。
正月には10kg弱のブリに年賀状をくわえさえせて、ヤツの家の玄関ドアにぶら下げておいたんだが、もう次の魚が欲しくなったようだ。
 クーラーに入れとかないと魚が傷むだろ!と、苦情の電話がきた・・・

仕事を終えて家に帰りつき、いつものトコを覗いてみると入ってた。
デッカい塊が2個。
1つ3kgはありそうな塊で、袋にそれぞれ「シシ」「シカ」と書かれてる。
思わずニンマリしてしまったが、すぐに異変に気付いた。
その冷凍室にストックしていたはずの魚やイカがほぼ無くなっている。
残っているのは、「カンパチ アラ」と「タイ アラ」と書かれた袋が2つ・・・
やられた。
年末に釣った鯖で作った一夜干しや味醂干し、シメサバ、シイラの味噌漬けや切り身、マグロのブロックまでごっそり持って行きやがった(汗)
後日発覚したが、ヤツは冷蔵室のビールまで持って行ってやがった(大汗)
 どうやらこんな認識だったようだ
まぁ年賀状の迷惑料ってことで良しとしよう。
しかし、シメサバだけは返してほしいなぁ・・・



で、物々交換で手に入れたある意味高価な肉を早速土曜の夜に食うことにした。
色々考えたが、とりあえず猪肉を鍋で食うことに。
そこで、普通に家で鍋してもつまらないのでキャンプに行くことにした(爆)
鹿児島で今季最低気温と初雪を観測した次の日に、猪鍋食いにソロキャンプ!(アホ)

土曜の午前中は仕事だったので、午後からバタバタと準備して15時出発。
目的地は北(将軍様の国じゃない)の山間にある秘密のキャンプ地。
ウチからは遠いから早く行かないと日が暮れてしまう。
田舎道は交通量が少ないから順調に飛ばしていたが、途中警察官が立っていてビックリ。
 寒い中ご苦労だね~・・・ んん!?

 いつから立ってんの?顔色悪いよ。早く帰れ~

途中、通行止めがあって迂回してたら遅くなった。
18時到着。当然誰もいない(笑)
既に暗くなり始めてたんで、速攻で寝床建設。
 着工より15分で完成

寒いから焚き火開始。
 薪が完全に乾いてなくて火着きが悪い

七輪を準備して、鍋をセット。
 暗いとブレる

材料をブチ込んで、適当に味付け。
 スタンダードな味噌味で

フラッシュ焚くとこんな感じ。
 美味そう?

んじゃ。
 いただきます!


メチャクチャ美味い。
肉は臭みもなく柔らかい。
良いダシが出てるから、野菜や豆腐もたまりませんな~
空腹に任せて一気に食った。
満腹、満腹。

食後はお茶で一服。
 マッタリです。

やっぱ寒い日は鍋に限りますな。
22時現在、気温-2℃(爆)

23時、就寝。
翌6時30分、起床。
爆睡でした。



寒い中、山奥でソロキャンプ。
焚き火して、鍋食って、マッタリお茶飲んで。
月や星を眺めて、鼻水すすって。
最高に楽しかった。

肉、まだまだ沢山あるので食いたい人はキャンプ道具持って集合。



TACKLE
TENT : Mountain Hardwear Hammerhead 2
LIGHTING : KELTY LumaTech Lantern
STOVE1 : 七輪
COOKWARE : すき焼き鍋 1人用
FURNITURE : Coleman Picnic Bench Set
SLEEPING BAG : ISUKA Snow Treck 1100 + THERMAREST Tech Blanket
PAD : ISUKA Comfy Mattress 180
PILLOW : ISUKA Cozy Pillow
BACKPACK : mont-bell KITRA PACK 40
CAMERA : PENTAX Optio P80





            

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )