KAGOSHIMA SALT FAMILY soul diary
我等海一族、狙うはショアからの巨魚。 CONTACT : unkoking@goo.jp




2006年3月30日





『SWAT』TAKEさん&ヨッシーさんにお誘いを頂いた。
もちろん「アジング」である。
連日夜明け前から単独釣行を繰り返し、見事な連敗を積み上げてきた自分にとってまさに「救いの手」である。。。

この機会を逃してなるものか!と、2つ返事で即バイト。



当日、午前中に雨がパラついたが午後からは晴天。
しかし・・・ものすごい強風。

夕方にはTAKEさんから、「強風で白波が立っていてヨッシーさんは釣行を諦めてしまった」という旨のメールが入る。。。
しかし、自分としてはココで諦めるわけにはいかない!
なんせアジを釣ったことが無いのだ。
強風だろうが海が荒れていようが、可能性があるなら出撃あるのみ!!


17:30 仕事を全て明日に廻し、職場から逃走ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

19:20 ポイントでTAKEさんと合流。


先に始めていたTAKEさんに挨拶をしていると傍らにおいてあるクーラーが・・・「ゴトゴト・・・ゴトゴト・・・」

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ( ‥) ン? ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「釣れてますよぉ~(^▽^)/」とTAKEさん。。。

ダッシュで車に戻り、タックルをセットする。

コソッと隣に入りキャスト開始。

横目でTAKEさんの釣り方を覗き見しながら、適当にカウントダウンしてリトリーブ。
マネしてるつもりだが何か違うらしい・・・その証拠にTAKEさんはドラグをジージー鳴らしながらアジとファイト中。三( ゜Д゜) ス、スゲー!

8:00 マネをすること数分、ストップ&ゴーにフォールを混ぜながら引いてきて
    足元でのフォール中に・・・コツンッ   キターーw( ̄△ ̄;)wーーッ!

反射的にアワセを入れるとドラグがジーーっと鳴る。

ヨッシャ!乗ったっ!!

ドラグをジージー鳴らしながら小気味良く引きながら走り回る。
浮いてからの水面での抵抗は青物特有の力強さがある。

抜き揚げてみると
 初アジ!! 25㎝程度の塩焼きサイズ。

w( ▼o▼ )w オオォォ!! オモシロい!


1匹釣って何となくイメージが掴めたような・・・

TAKEさんは相変わらずポツポツと釣り上げている。。。
流石である。


21:00 相変わらず風は強く海も荒れている。
 荒れてはいるが潮は澄んでいる・・・判るかなぁ。。。。


その後、TAKEさんと色々話をしながら2人共ポツポツとアジを追加していった。
 25㎝程度。 ワームを後ろから丸呑み。



9:30 、TAKEさんが寒さに耐えられず撤収。


この後、自分は3匹ヒットさせるも3バラシ。

しかも最後にヒットしたアジは完全に寄せきって、抜き揚げ寸前にズシッっと重くなった。
w( ̄△ ̄;)wおおっ? 何だ??抜き揚げられん・・・
慌ててリーダーを掴んで引きずり揚げてみると・・・なんと
さっきまで元気に引きまくっていたアジがデッカイ海草になっていた・・・(゜Д゜) ハア??

運の無さと折からの強風が身に沁みてきたので撤収となりました(〒_〒)







自分はワームをフック(ジグヘッド)にセットするのが、メチャクチャ苦手である。。。(ノ××)ノ
絶対と言ってイイほどまっすぐ装着できません。。。

あれこれ悩んでいると、ナガッさんが良い物教えてくれた。
FINA ジグヘッドまっすぐである。
これはイイ! 自分も驚くほどワームをまっすぐ刺せる。 

今回の釣果はもちろんこのジグヘッドを使用してのものである。
ちなみにワームはFINA じゃこまろ グロー



今回、TAKEさんが~26㎝を11匹。
自分が5匹の釣果となった。


 最大25㎝くらい。正確には測ってないんで判りません。。。


今回の釣行では運良くアジを獲ることができた。
しかし、自らパターンを見付けることはできず、今回の釣果はTAKEさんからのアドバイスに寄るところが大きかった。


なんとなく判ったことも多々あったので、今後はそれを確かめながらアジングの確信に迫る釣行を心掛けて行きたい。





            

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2006年3月26日




最近始めた釣りがある。
そう!タイトルの通り『アジング』である。
言わずと知れた最近流行りの「鯵をルアーで釣る」のである。
今の今までベイトであったはずの鯵がなんと今回は対象魚に昇格である。

火をつけたのは・・・『SWAT』の方々。。。
師匠と仰ぐのは・・・TAKEさん&ヨッシーさんである。


今までマアジを狙って釣ったことは・・・無い。
アオアジならエギングタックルでちょこっと狙ったことがある・・・カンパティー! in 垂水!!で少しだけ触れている。


まずはタックルだと色々調べてみるとアジ専用ロッドで目ぼしいものはZENAQ DEFI MUTHOS Damper90しかない。
ZENAQのロッドはショアジギングやGTで使っていて大変気に入っているが、Damper90はちと高い。。。予算オーバーである。


そこで仕方なくメバルロッドで代用することにして近所の釣具屋を物色するが、ピンとくるものがない。

ネットで探してようやくOFT water side Long Hornに行き着いた。
ナチュラムのポイントを駆使してなんとかLong Horn 90を予算内ゲット( ̄‥ ̄)=3

なんせアジングはもとよりライトゲームが初めてである(;´▽`A``
するとまぁ驚くことが多い・・・lure wt.0.5~5.0gとかline wt.2~6lbとか自分的にはミクロの世界である(ノ゜ω゜)ノ*
今まではlure wt.45g~180gとかline wt.20lb~40lbとかいう世界だったのに(^。^;)


ロッドをネットで探す傍らアジングについても少し調べたが意味不明の言葉が多数。。。
りぐ・きゃろらいな・すぷりっとしょっと・ぐらぶ・ねじ系・すとろー・・・さっぱり解りません(ーー;)

とりあえず、基本だというジグヘッドやワームを数種類覚えて釣具屋へ。
形や色や大きさで散々迷うこと約1時間、知識も経験もないので迷っても意味が無いことに気付いて
その時手にしていた物を即購入。


そしていよいよ、アジングデビュー!!

夜、満潮2時間前に桜島到着。
各港をラン&ガンして回るもアタリすら無し(w_-;
初回にしてバイトすら皆無というアジングの厳しさを思い知らされました。



アジはれっきとした回遊魚。
それならば回遊条件はカンパチと同じはず。

ならばこのオレの青物必釣公式に当てはまるはず!!

本邦初公開!
(時期+潮+水温)×ベイト×腕=刺身食べ放題釣果


それではこれ↑を踏まえてアジング第2弾。


午前3時に桜島に到着。
アタリをつけたポイントをチェックしながら本命ポイントへ。
入念に計算して入ったポイントだけあって先行の餌師がアジを釣っている。

餌師から離れた潮の当る場所に入り、キャスト開始。
表層から徐々に探っていくがアタリは無い。
ワームで探れる深さには限界があるので、3gのメタルジグに変更。
あまりに深くて底は取れないができるだけカウントダウンして探ってみる。

ゴンッ!     キターーーw( ̄△ ̄;)wーーーッ!!

遂に待望のアタリである。
強烈なアタリの後は、根掛りかと思うほどビクともしない。。。
『SWAT』の方々の話だと30㎝クラスはかなり引くという話。

「こいつは間違いなく30㎝クラスだ!!」と頭の中で絶叫!

ただ、外道でスズキがヒットすることもあるらしいがエラ荒いが無い事からスズキの可能性は無いと判断した。


しかし、緩めの設定とはいえドラグが悲鳴を挙げ続けている。
ライトロッドではあるがLong Horn 90
繊細なティップに比べてバットにはパワーがある印象だったが、バット付近までひん曲がりノされ気味である・・・(゜_゜i)

おかしい・・・・

青物特有のガンガン叩くようなトルクのある引きではなく、ググーッっと引きこむ重い引きである。。。

おかしい・・・・


ラインを巻いては引き出され、引き出されては巻きの繰り返し。
魚が走る方向に移動しながら優しく優しくファイトしました。

ようやく魚が浮いてきて、水面に見えたその姿を見ての第1声は・・・
「えっ・・・・・(゜Δ゜*)・・・・・・」でした。


最後の抵抗を何とか凌ぎ、階段まで誘導してズリ揚げたのは

こいつ
 太刀魚 体長約1m・指5本サイズ!!

この魚と闘ったダイワ月下美人プリズナーPHピンクイワシ3g
 暗すぎてピント合いませんでした(~_~;)
目は取れ、塗装も剥がれ、トリプルだったはずのフックが先の折れたシングルに・・・


なんでこの時期に太刀魚が・・・もう3月後半ですよ???


この後、ワームに戻してキャストを続けるもアタリ無し。

そう簡単にアジは釣れてはくれないようである。。。

難しければ難しい程燃えてきますよ。
他のアングラーが釣れて自分が釣れないなんて我慢できません。。

まだまだこれからアタックし続けますよ・・・(*^m^*) ムフッ


※最後に、↑で紹介した青物必釣公式
アジが釣れなかったのは、1つ誤算があったからです。
オレ・・・アジング初心者で「腕」がゼロだった( ┰_┰)




            

コメント ( 1 ) | Trackback ( 4 )