Stitch Diary

私の大好きな花糸と手作りと日々の暮らしのこと

ようやく卒業

2011年08月31日 | タティングレース

テーブルセンターサイズです。
58×21cm 糸Bockens 60/2
もう何年前からでしょうか(3、4年?)タッティングレースのモチーフ編みです。
細々と増殖させていたのですがそろそろ終りにしようとこの形で完成としました。
細部を見ると歴史が感じられ、あららなところもありますが
久しぶりにシャトルをカチカチするのも楽しかったです。

久しぶりということで

我が家の先輩ペット コバちゃん登場
この間書類を見たら1996年3月8日生まれでした。
ひまわりの種のようなものしか食べていないのに
いままで一度たりとも病気になったことがないという丈夫さです。
まだまだオウムにとっては人生半ばです

ディアナは・・・

すみっこでへん顔~
気を取り直して

コバちゃんにならって長生きしてください。
コメント

アンデルセン完成

2011年08月27日 | フレメ

(C)Haandarbejdets Fremme
30-2336.01 イダ・ウィンクラーデザイン
HFリネン12目 29.5×39.5cm
このキットは12目と7目のものがあるのですね。
ベングトソンのアンデルセンは10目と7目だけでしたので何か理由があるのでしょう。
ということで12目で刺しました。
ベングトソンのものとだいぶモチーフが重なっていますが、似ているようでそれぞれ違った良さがあります。
それにしてもこのサイズで表現できてしまうのだからやはりすばらしいです。

桃の季節が終わり
なしのネットでまたまたいたずらしてしまいました!
どろぼうさんみたいです。
コメント (3)

再びアンデルセン

2011年08月25日 | フレメ

夏の初めにベングトソンデザインのアンデルセンを刺しましたが
こちらはイダ・ウィンクラーデザインです。
この作品は結構刺されたものを目にする機会が多かったので
今更な気もするのですが・・・
それでも人気があるのには訳があるのですね。楽しい作品です。
12目が久しぶりなのでなんだか進みが遅いように感じます。
コメント (2)

お里帰りしてきました

2011年08月23日 | ディアナ
ディアナを譲っていただいたブリーダーさんのお宅でBBQをやるということで参加してきました。
去年10月に引き取って以来久しぶりです。
こちらから巣立ったいろいろなダックスちゃんが集まる中我が家と同じワイヤーダックスが5頭いました。

あいかわらず他のわんこが苦手なディアナ
「助けて~来ないで~」
ずっとすみっこに隠れています。

「ひえっ大きいのきた~」
スタンダードダックスちゃんはさすがに大きいけど大人でした。

みんなどこかで血がつながっていたりするので、なんとなく似ているような・・・

ママとも再会できました。
でもはっきりいってお互い覚えてなさそう・・・
期待はずれでした。

こちらの姉妹との再会のほうが興味ありげかな
一緒に生まれたダンスちゃんは前日2匹の出産を終えたばかり、ママになっていました。
ディアナももうおばさんですよ~
コメント (3)

ヘデボ刺繍のドイリー

2011年08月21日 | ホワイトワーク

縁に控えめですが飾りがついて完成です。
デザインを布に写してから結構放置されていて、
もうこれはこのまま陽の目を見ないのではないかと思っていましたがようやく完成です。
途中様々なクロスステッチの誘惑がありましたけど・・・あんまり繰り返し作業が多いもので

Mパパに新しいクッションを買ってもらいました。

なのですが飼い主の思惑通りとはいかず
相変わらず目新しいものはとりあえずやっつけるべく激しくガブガブホリホリしていました
おーい高○屋で買ってきたのですよ~


コメント (3)

発送終了

2011年08月16日 | フレメカレンダー

C)Haandarbejdets Fremme
1991年カレンダー5月 10目21×21㎝
パネル仕立てをして友人のもとへ旅立って行きました。
これで半分終わったのだけど年に1回このカレンダーを開くので
なんだかどれが刺し終わったものやら、だんだん怪しくなってきました~
こういう時ブログで過去をたどれるので便利ですね。


こちらも縁飾りを残すのみです。

おわかりでしょうか?
サテンでちいさいぷちぷちが入っています。
コメント (3)

準備完了

2011年08月14日 | フレメカレンダー
プチポアン部分を残し出来上がりました。
この黄色の点々はびみょうに2色です
こうしたものの場合模様になるいろを先に刺して後からバックを刺し埋める順番ですが
刺し残す点々もあるという
どうしたものかとチャートとにらめっこしながら刺すも進まず・・・
かつて無いさし残す部分に別糸で印を付けて刺すという方法で刺しました。
これを刺したことがある方でしたらわかるでしょう。
刺し残し部分に規則性があることが後から分かったからまだ良かったのですケド
あとはお楽しみを残すのみ

女の子登場です。
コメント (2)

8月恒例

2011年08月09日 | フレメカレンダー

友人の娘さんに毎年送っているステッチです。
フレメカレンダー1991年より今年は5月
これで6/12です。まだ半分というかもう半分というか6年目なのですね。
毎回悩まされますが、このデザイナーさんの刺しにくいこと
かわいいデザインなのだけが救いで、サービスで楽勝な月は皆無です
それでも大きな作品の後はなんとなく進みが速いような気がします。


「夕方のお散歩までお家の一番涼しい所から見守っているんだワン」

・・・遠くで見守ってると思ったら、冷蔵庫を開け閉めする音に反応します。
すいかだよ~

「見守るのもお腹がすくんだワン」

待てる子です
コメント (4)

夏休み真っ最中

2011年08月06日 | ベングトソン
気がつけば8月に入ってしまっていました。
そういえば日中子供の姿を良く見かけると思ったらお休みなのですね。

去年に比べものすごく暑い日が続かないのでだいぶ今年の夏は楽なようです。
それでもって

が刺しあがりました
(C)Haandarbejdets Fremme 30-5709
94×170cm 7目 デザイン Gerda Bengtsson
昨晩ほやほやをとりあえず広げて撮りました
もう葉っぱが何枚あったかなんてわかりません!
あんなにたくさんあった糸も残り10数本しかありませんでした。
あまり間違わずに刺せたのは細かい葉っぱゆえ、常に上下左右確認が必要だったからだと思います。
その分チャートと布を目線が行ったりきたりするのでいつもより目の疲れを感じました。
終盤やっつけ仕事にならないよう気をつけましたがどうだったんでしょうか?
この夏課題の大きなものがひとつ出来てほっとしています。
コメント (4)