Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

Lock out

2018-08-17 | Weblog

いぁ、もうまさに。
水かあを。
Locked out.

えー。
PCがですね。じゅもうなんでそうがね。

オグインできないんですお。
いおいおと。

キーボードがね。数文字動かんのです。
うえにみずかあをLocked out.

このぶんそうもね、わかあんでそ?

結構な文字が、機能してない…。

オグインはスマホでパスワード変更してはいえた。
でも、最近PC使っていなかったとはいえ、いきないこんなにおじが使えんとゎ。

えーと。

想像しておんでください。

あうふぁべっと数文字が打てないので、こんな文になっといます。

そうがねぇ。
ノートだけどキーボードだけ安価なのを買ったお。
こえじゃ打てねえもん(爆)。

あはは。
あばい、こえ。

頭のおかしい人みたくなってう。

とっと楽しい♪

どんだけ貧乏あねん、自分。

コメント

Once in a blue moon

2018-06-21 | Weblog

まさかねぇ…。
日本がコロンビアに勝つとは思わなかったもんねぇ…。

サッカーフリークではないけれど、ワールドカップは好きでそこそこ見る。
でも、コロンビア戦は「どうせ勝てないだろ」と見ていなかったのだ。
非国民!うひひぃ!

ちらっとTVをつけてみたら、始まって数分で点が入っている。
しかも、日本に?
となれば、嫌な予感しかないよねー。

こういう出だしであれば、絶対に途中で追いつかれるであろうと思っていたら、案の定。

うちの隣のお家の旦那さん。なんか声がでかくてですね。
いつも夜中までケタケタと笑い声とかが聞こえてきて、頭悪いんじゃないの?と思うくらいなんですよ。

コロンビア戦は見ていなかったんですけどね。
ある時、隣の旦那さんが「うぉ~~~っ♪」という歓喜の雄たけびをあげたのですよ。
窓を開けているからか、ベランダ越しに聞こえてくる。

あ、試合が動いたんだなと思って(笑)。
チャンネルを変えたら、日本が勝ち越し点を入れていました。

「大迫、半端ねぇ」の奴です。(←これ泣きながら言った子、かわいいよね(笑))

ま、でもよく見れば。
相手、一人足りないんですからね。勝って当然とも言えるけどね。

冒頭のハンドでレッドカードで一発退場はキツかったですね。
ただのハンドなのに、なんでレッド?
まぁ、その分、コロンビアへのフリーキックが後で与えられた感があるのでね。
レフリーの采配なんだろうなと思いますけど。

一人少ない相手なので、勝ったところで誇れるものではないと思いますが。
勝ちは勝ちなんでね。

こんな番狂わせがあるんだねぇと。
アイスランドとかも健闘してますしねぇ。
ドイツが負けたりとかね。

人間に「絶対」はないよねと思わせられます。

セネガルもポーランドも格上ですけど。
人間のやることに「絶対」はないですからね。

最後のホイッスルが鳴るまで、頑張りませう!

Seize the day!



コメント

After the quake…

2018-06-21 | Weblog

大阪で大きな地震があって。
直後に、その近くに住まうであろう君に、メールを送った。

古いメールアドレスはおそらく送れてはいないのだろう。
何の返信もない。
記憶の隅にある携帯の電話番号にメッセージを送ってみたけれど、即「不達」の報せがあった。


さて、困ったね。
アテクシはもう、君に連絡を取る術がないのだ。
残念ながら。

でも、死者に名を連ねていないところを見ると、元気でいるのだろう。
そうであってほしい。

無事に、元気に。
笑っていてほしい。

青空の下で。
サンダーソニアのように。

二度と会えなくても。
いつも、君の幸せを祈っている。

コメント (2)

ねぇねぇっ♪

2018-04-05 | Weblog


私、別段大谷君のそんなファンでもなんでもなかったのだけれど、このメジャーでの初ホームランでチームメイトに無視されているなかの(メジャーの慣例で初ホームラン打った人をジョークで最初無視するんだそうだ)

「ねぇねぇっ?ホームラン打ったよ~、褒めて~~♪」は、


かわいすぎんだろっ!

萌えました…♪
大谷君はわんこみたいだなぁ。日本犬。しっぽフリフリ♪

かわぇぇ♪


コメント

知不在

2018-03-03 | Weblog

電車に揺られながら、次の駅を示す電光掲示板をぼんやりと眺める。

父の介護施設のある最寄り駅が表示される。
「あぁ、また甘いものを持って、お見舞いに行かなければならないのか」と陰鬱に思う。

そう思った。
そして、一息吸う。

ふと、我に返って。


あぁ、そうか。
もう、行かなくていいのだ、と。


そう思い返しながら、ひとり電車に揺られていく。

コメント (6)

お疲れでしたね

2018-01-19 | Weblog

小室さんが雑誌に不倫をすっぱ抜かれて、記者会見を開いたそうな。
弁明なのかと思いきや、これを機に音楽活動を引退することになった。

なんだかな…。

不倫に賛成というのじゃないですよ。
でも、基本的にアテクシは不倫は「当事者同士の問題」じゃないかと思うのですよ。
まぁ、一応。日本の民法では不倫はいけないことにはなっていますけども。
関係のない他所の人間にとって、公的に被害を被らない限り、ご本人の下半身生活がどうであろうと知ったことじゃね~~と思うのですよ、アテクシ。

それが公的な人間であってもね。
フランスのミッテラン大統領だっけ?
不倫をメディアから追及された時「不倫?それが何?」と言ってのけたくらいだからね~。
いや、ほんとにそう思いますよ、アテクシも。
公私の区別はつけてもらわないといけないので、愛人の費用とかを公費から出しているとか、公用車で愛人に会いに行くとかの費用は自腹で出せよって思いますが。
そうして、仕事はきちんとしているのであれば、他人がとやかく言うことじゃないと思うの。

アテクシ、結構個人主義。

で。

小室さん。

これは特に普通の不倫ともケースが違うと思うのですよね。
奥様が若くしてくも膜下で倒れて、要介護状態。もう10年弱くらいになるのじゃなかろうか。
ある程度、お金はあるのだろうからヘルパーさんとか看護師さんとか色々雇ってはいるだろうけれども、それでも介護の責務は小室さんの双肩に担われているのでしょう?

基本、病気を発症する前の状態には戻らないでしょうしね。
一人で介護を背負う負担を思ったら、不倫したって仕方がないだろうと思うよ、アテクシは。

だって奥さんは普通の奥さんとして性生活ができるわけでもないし、かといって要介護状態の妻を捨てるわけにも人情としてできないわけだろう。そうしたら、人間だもの(←みつをか!)息抜きしたい時だってあるでしょうよ。

一連の話を聞いていて、真相がどこにあるかは分からないけれど、今回の件に関しては小室さんは気の毒だなぁと思ってしまった。

もうすべてが面倒になってしまったのでしょうね。
引退宣言をするに至ったのも。
結構、精神的に限界なんじゃないかと思うのだけど。

お相手とされる方は看護師さんだそうだから、そりゃ頼りにするよね。
男の人だって肩を貸してほしいと思う時があるだろう。

個人的には、芸能人の不倫云々とかどうでもいいですゎ。
勝手に自分たちで処理しろよと思う。

モラル云々言うけれども、じゃぁどれだけの人が他人を裁けるほど、聖人君子的な生活を送っているんだろうかと。一億総人口出家でもせんといかんだろう、それなら。
坊主だってなまぐさだし、昨今。

小室さん、お疲れでしたね。
まだ、先は長く続くのだし。いつ果てるともなく続くのだし。


どこまでも限りなく降り積もる雪とあなたへの想い、か…。


小室さんが自殺とかしなきゃいいけどな。
ちょっと心配になる。

コメント

夕焼け

2018-01-16 | Weblog

先日、野暮用で渋谷に参る。
初めて渋谷ヒカリエに行った。
上階の劇場でパリ・オペラ座のガラ公演を鑑賞したのだが、ヒカリエの上階は眺めが良いのね。

丁度、夕焼けの時刻で沈みゆく陽が美しかった。
夕陽の右の建物のさらに右に、うっすらと「富士山」が見えるの、分かります?

富士山が見えると、テンション上がるのよね~~♪
途端に、あてくしは「江戸」を想ってしまう。
江戸時代にはきっと毎日こんなふうに富士山が江戸から見えていたのだろうなぁと。
人口も少なく、大気汚染も今ほどではなく。
高層ビルもないのだから、さぞや富士山は綺麗に見えていたであろうなと。

なんかね、嬉しいのですよね。
東京から富士山が見えると。



公演が終わる頃には、渋谷から見える新宿の夜景も綺麗でした。
写真撮らなかったけれど。
NTTビルのライトアップが綺麗でしたゎ~。

ここは無料で上がって来れるし、デートにはなかなかよい夜景スポットと思いますぞ。
コメント

オオカミ少年のありがたさ

2018-01-06 | Weblog

今年初めての緊急地震警報が鳴った。
ちょうど携帯をいじっていた時に、突然アラームが鳴って「ぎょっ」とした。

しかし、全く揺れが起こらない。
普通の地震ほども起こらない

なんだ、揺れんやないかいっ!とツッコみつつ。

後から知ったところによると、日本列島を挟んで、太平洋側と日本海側の双方で同時刻に小規模の地震が発生し、それを計器が同時に観測したため「一つの大きな地震」と予測して緊急地震警報を発するに至ったと。

後ほど、どうして緊急地震警報がミスったのかという報道を立て続けに流していたが。

アテクシね、思うんですよ。

「大きな地震が来るよ」という警報を出して「何も起こらなかった」のなら、何ら問題ないだろうよ、と。
却ってありがたいじゃないか。
しかも、計器のミスとかそういうことではない。正しく作動していて、たまたま二つの地震が重なったから「一つの大きな地震」とミスリードしたというだけのこと。

これはね、「良い間違い」ですよ。

何も予測もなくて、突然巨大地震が発生して、多くの人が犠牲になるよりも、遥かにありがたい計測じゃないですか。

なんでそんなに気象庁を今回のことで責めるの?

理解できない。

警報を出して、何もなかったで済むなら。
それは「ありがたい」ことだよ。

警報が間違っていたわけでもない。
きちんと二つの地震を計測した結果でしょ?
悪くない。

ラッキーでありがたいよ。
幸運な一日であったでしょ、我々?

それとも大地震が起きて、死んだ方が良かった?

何もなくて。
良かったんだよ。



コメント

(ちっちゃな)福、来たる!

2018-01-06 | Weblog

福袋を買いましたっ!
あのね、これ、『人生初』の福袋でもあるのです!

一万円の福袋なので、中身が見えないのにこの値段って、アテクシには結構「博打」です(笑)。

チャコットのバレエグッズの福袋なんですが~。
アテクシ、10年以上前のレオタード、いまだに使っているんですよ(←物持ちいいよな、苦笑)。
肥ったのでサイズはパツンパツンだったりするのですが、それでも伸ばして使っていたの(笑)。

でも、さすがに買い替えていいんじゃないかと思って…。
で、福袋なら普通一枚一万円近くするレオタードが2枚入ってその他もろもろ入って、一万円ですからね。
サイズ指定はできるけれど色目は分からない。
どんなものが入っているか分からないから、いくら「トータルで高価なものが入っていて」も自分が「欲しくないものにお金は払いたくない」というタイプの人間だから、福袋って今まで買ったことがなかったのです。

でも、今回「とりあえず着られるレオタードが一万円で2枚手に入るならいいじゃないか」と割り切って、初購入。初チャレンジ!

本日、届きました!

やっぱりドキドキわくわく。
箱を開ける時に、期待感で楽しいんですね(笑)。

開けてみたら!

意外にヒットでした!

派手なショッキングピンクとかのレオタードとかだったら、あるいは茶色とかだったら嫌だなーって思っていたのだけど、青とパープルっぽい色目やグレーなどだったので、これなら十分使えるなと。

嬉しかったです~~~♪
久々に純粋に「嬉しい~♪」ってテンションが上がりました(笑)。
うふふ♪

グレーのレオタードはちょっとアテクシ、お尻がキツかったョ(涙)。こちらの方が値札を見ると9500円。
青いのが8500円なのだけれど、青いのはMade in JapanでグレーのはMade in Chinaなんですね。青いほうが伸びがいいし、前身ごろの裏地もクロッチ部分にまできちんとついている。グレーのは生地が伸びないし、ペラペラなんです。しかも、アテクシにはちとキツイ。ギリ着られるけれど。到底、このブルーのレオタードとグレーのレオタードが同じサイズって信じがたいゎ。スポーツする時のウェアってやっぱり質感は大事なのね。合わないとストレスになるからね。グレーの方は、定価でこの値段でこの質感なら買わんよね、たぶん。

これが福袋の怖いとこね。
試着できないからね。
博打w。

いくら同じサイズでもメーカーによってサイズ感が違ったりするから、やっぱりリスキーではあるのです。
でも、総体的には満足。
どれもちゃんと使えそうな代物だし。
巻きスカートまである。

これね、憧れなんですよ(笑)。
かれこれ、ブランクもあるのだけれど延べ10年弱はバレエを習っている。一時期はトゥシューズも履けていた。肥っているアテクシは恥ずかしくてこの「巻きスカート」というものをレッスンで使ったことがない。というか、細身だった時ですらこっぱずかしくて持っていなかった。タブーなのよ、自分の中で。男っぽい外見と気性なのでね。フェミニンなものは似合わない。

でも。だからこそ。
ひらひらのスカートとか、やっぱり憧れなんですよ。バレエをやっている以上(笑)。

いつも全身黒で、黒いスパッツ(レギンスっていうの?今時は?)でやってるから。
色目のあるレオタードなんて買ったことないのです。

なので、今回初めての「巻きスカート!」Wow!
使えるかな?
恥ずかしくて、使えんよな(笑)。
レギンスの上からとかならOKかな?(笑)(←どうでもいい。誰も気にしていないと思う)

やー。
合計、3万円ちょっと分くらいは入っていたので、お得はお得よね。
これで、福袋に目覚めてしまいそう。
来年も買っちゃうかもなー。

年甲斐もなく、ぴょんぴょん跳ねて喜んじゃいました。
だって新しいバレエ用品買ったの「ほんっとに」久しぶりだも~~ん♪

嬉しいなぁ♪

なんも決意じゃないのよ。
ただの道楽なの(笑)。

道楽だからこそ。
『愛』なの。

ただ、好きなだけ。
それだけ。




コメント

いつの間にやら、明けました。

2018-01-03 | Weblog

明けましておめでとうございます。
すっかりサボっている間に、いつのまにか年を越してしまいました(笑)。たはは。

おせち料理も買いましたが、元旦だけで2日目からすでに飽き…
普通にパン焼いて目玉焼き作って食べてました…(笑)。

おせち料理って味が濃いし、お餅で胃がもたれるので、年を取ってくるとキツイ…。
サラダとか食べたくなって、残ってた春菊でサラダとか作って食ってました。
地味。

三が日に出かけることって滅多にないのですが、姉と姪っ子が一時帰国していたので、連れだって父の施設へ。その数日前には単独でアテクシ見舞いに行ったばかりだったので、超めんどい。
餅は喉に詰まるからということで、今年から施設で振る舞われることはなくなってしまった。
でも、食べたかろうしと思って、市販の角餅を8等分に切って焼いて、おしるこに投入してサーモスの瓶で持っていく。それでも詰りそうでした。とほほ。来年はないね。

姉や姪っ子は遊び気分だから、年に1-2回見舞えばいいだけだから、楽でいいよな。
介護の責任は娘である姉にも平等にあるはずだが、「遠くに住んでいる」というだけで「免除」されるのね。遺産は平等に分配するのにな。
基本「他人事」として彼女は把握しているので、すべてがお客さん気分。

なんだかな。

ま、くたびれ損。
所詮、それがアテクシの人生なんだろう。
ワガママで、人に頼れる人の方が人生は得するんだと思う。


見舞いの後に、皆でお茶でもとファミレスに寄る。
姪っ子はずっとスマホをイジリながら歩いていて、先頭でドアの前についているのに何もせん。
仕方がないので3番目に歩いていたアテクシがドアを開ける。

いやさ、ほんとにさ。
海外育ちだからさ、この子。レディファースト板についているのはいいんだけどさ。
面子の中に男がいないときは、自分でドアくらいあけろやっ!
何もせんで開けてもらうの、待っているの。

どこのおひいさまだよっ!(怒)

もう、やんなっちゃうよ。

姉は姉で、カキフライを頼んでおきながら、フライ部分がいらないからって牡蠣を剥いて中身だけ食べている。
…。
汚い食い方するなー。もう、人としてヤダ。
同じ親に育っているのに、どうしてこういう汚い食べ方をするんだろうか。
ぐちゃぐちゃなの。

親戚からはちょこちょこ連絡が来て、父の様子とか尋ねられるし。
自分で行けよ。

はーっ。
正月って疲れる…。
何が楽しいのか、まるで分からん。






コメント

葛藤

2017-11-09 | Weblog

実利。
大事です。

物を購入する時には、そういう観点から選ぶべきだと思う。
のに。
のにのに…。

全くなんのクソの役にも立たないものが欲しくなる時がある。
困ったもんだぜ。

これが欲しいんだよな。

何の役にも立たないんだがな。
うん。
知ってる。

これは産まれた赤子なんかにプレゼントする奴だよな。

馬が好きなんだよ、俺。
ウェッジウッドも好きなんだよ。

買ったら、きっと小さなクリスマスツリーにも飾りようもないほど。
ツリーが倒れる、たぶん、重みで(笑)。

なんだろうな、クリスマスは罪だな。
こういう「何の役にも立たないもの」が欲しくなるんだから。

(買わぬ努力をするよ~)


コメント (2)

もはや、それは愛?

2017-10-22 | Weblog

先日、録画していた「カンブリア宮殿」を見ていた。
「バルミューダ」の特集の回で、バルミューダが新しく発売した「炊飯器」の出来栄えを披露するために、炊いたご飯でカレーの試食をしてもらうという企画を取材していた。

その映像を眺めていたら、カレーを食べている美しい女性が映った。
「カメラマンは本当に『抜け』のいい美人を見つけるのが上手いなあ」と感心していた。

そして、ふと…。
「あれ、待てよ?」と。

幸い、録画していたものだったので、数秒Rewindして見直す。

あれ…あれれ?

カレー食べている美女、前のストレッチ教室の先生じゃんっ!(笑)

思わず、笑っちゃいましたよ。
ほんの数秒ですからね。

この数秒で反応したアテクシ、えらい!

もうそれは、だろ!

いやぁ、一年ぶりくらいに見た、以前のストレッチ教室の先生。
元バレリーナなので、そりゃ美しいですよ。風貌も、佇まいも。
相変わらず別嬪さん。

お元気そうで良かったなぁ♪

眼福、眼福♪
あゝ、なつかしや、懐かしや。
コメント

パリの小さなキッチン♪

2017-10-17 | Weblog

わーい。
レイチェル・クーのパリの小さなキッチンが再放送しとるでー。

イギリス人のフレンチ・シェフ、レイチェル・クーが可愛いお家ご飯を作ってくれる番組。
二か国語放送しているので、英語のお勉強をしながらお料理番組も楽しめるという。

この番組、好きなんですよねー。
いや、作らないですよ。
作らないです。

でも、料理番組好きなんですよ(笑)。
見ているのが。

ほとんど見ているはずなんだけど、再放送しているので、もう一回見ちゃう。

いいなぁ。
かわいいなぁ、レイチェル。

お腹とかちょいぽちゃなんだけど、かわいい♪
こんなコ、彼女に欲しいなぁ♪(←あれ?)
美味しいもの作ってくれる彼女とか彼とか、いいじゃないか♪

そういや、アテクシ、お付き合いした男性は皆、料理上手w。
フグの調理師免許持っている人もいたゎ♪

美味しい料理は人を幸せにするもんねー。

どんな寂しい人間も、美味しいごはんには救われるもんだよねー。
だから、アテクシは美味しいごはんが好き♪

高級とかってことじゃなく。
丁寧に作られている、という意味で。

買ってきたお惣菜でもいいんです。
ちょっと器に移すとか、箸置きを用意するとか。
一人ご飯でもそういうの、大事だなと思う。
それをおろそかにすると、人間ってどんどん堕ちていっちゃうんだよね。

毎週月曜夜にNHKのEテレでしばらくやるみたいなので、お時間ある方は覗いてみて~。
イギリス英語のお勉強にもなるよ~♪

P.S.(レシピはカロリー過多ですからね、明らかに。)





コメント

正しいひきこもり生活

2017-10-14 | Weblog

寒いよね。
なんだよ、突然。

この前、ちょうど衣更えはしたけれど。
秋を通り越して、いきなり冬。しかも、雨。
しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん。(←古いね、お前さんも。分かった人は同世代w)

バレエ教室の待合室にね、子ども向けように様々なバレエ関連の書籍が並べられている本棚があるんですよ。たまに時間があるとアテクシ、そこでいい年して漫画とか読んじゃっているのですが。残念ながら持出し禁止で。この前ちらっと目にしたのが『まいあ』という有吉京子さんのバレエ漫画「Swan」の第2世代の話だったのね~。あ~、こんなの出ているんだ?と。

「Swan」の主人公の聖真澄ちゃんとパートナーのレオンが結婚して、生まれた娘ちゃんがまいあちゃん。
そうかそうか、アテクシの愛しのレオンが結婚したのか…。そうかそうか。もう、お祖母ちゃんみたいな気持ちで眺めちゃうよ(笑)。

SWAN自体は30年くらい前の漫画ですよね。これでアテクシバレエが好きになって習いたいなぁって教室見学とかまで行ったのだもの。大体、アテクシの人生の決断ってその当時読んでいる漫画に左右されてるゎ、おい(笑)。アホだな。ドイツ人のバレエダンサー、レオンハルトが好きでねぇ♪でも、本編では真澄はレオンの親友とつきあってしまって、まぁ、色々あるんですよ。

それで、読みかけた「まいあ」の続きが読みたくて、ブックオフで検索君~。
そうしたら。

あれ?
SWANの続編みたいなのがある?てっきりSWAN本編の愛蔵版とかの古本かと思っていたら、そうではなくて、どうも真澄とレオンのその後の話が描いてあるみたいなの~~。

えぇ~~っ?

そ、それは読みたい…。

ということでね。
おバカさんな私は…

大人買いしました…(笑)

そうしたら、今朝の朝一で届いちゃってさー。
まだ寝てて。
寝間着のまんま出ちゃったよ、しょうがない(笑)。再配達も大変だろうし。
時間指定できればいいのになー。

やー。
それで朝から午後まで、読みふけっちゃった(笑)。
頭クラクラしてきた。

やーやーやー。
なんか、真澄ちゃんとレオンのその後も大変だったんだなぁ。
色々あって…、うん。
人と一緒に生きるってのは大変なことだよねぇ。

ダンスのテクニック的なことよりも、段々精神的なお互いの信頼の話になったりして、色々と思うところはありました。耳に痛い感じ…(苦笑)。で、てっきりこちらの続編も終了しているのかとおもっていたら、どうやらそうではなく、オンタイムで連載中みたいなのねー。季刊誌みたいらしいから、それほど進まないみたいだけど。
ドイツ編のいいところで話が切れちゃって…、つ、続きが読みたい…。

嬉しかったですねぇ。30年ぶりにまたこの世界が味わえて。
初めてSWANを読んだときの情熱がよみがえるようで。

ただ、アテクシの肉体は30年、年取ってんだよなー(笑)。
身体が思うようにはもう動かんのだよー。
ルルベもできん。

もし幼いころからバレエをやっていればなぁ…。
アテクシ、きっと生涯好きだったろうなぁと思う。
踊っている時のエクスタシーと無になる感覚が好き。
理想には、アテクシの身体は届かないけれど、ね。


やー。
正しい引きこもり生活でした。
寒い雨の日、家に閉じこもって、布団に寝転んで寝食を忘れ漫画読むっていうね(笑)。

ダメ人間。
でも、幸せだ~♪

愛するレオンにもう一度会えるなんて~~。
泣けるゎ~~♪



コメント

かつぐ人

2017-10-12 | Weblog

ちょっとイイ男に出会った。
とは言え、顔は見ていない。

後姿のイイ男。

スーツ姿のその男は会社帰りなのだろう。
足早に駅の改札を抜けていく人の群れの中で、目についた。

駅前にあるスーパーでいくらか買い物をしたと見え、ビニール袋を左手に提げている。
そして、右手は肩の上に何かを担いでいる。目をこらす。

米袋!

かっこいいなぁ、うぉいっ!(笑)
肩に米を担ぐ男。5㎏くらいかね?
10㎏じゃちょっと大変だろうし。

ひとり暮らしなのか、妻子持ちなのかは分からなかったが…。

いずれにしてもちょっと素敵であった。
スーツ姿に米袋を担いで、颯爽と改札へ向かっていく。

あれは、イイ男である。
コメント