Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

Attacked!

2017-08-26 | Weblog

いやぁ、襲われました。

暑いねぇ…。
8月入ってからほぼ毎日の雨。
まるで梅雨に逆戻りしたかのようと思っていたら、ここ数日にわかの残暑の逆襲。
室内で34度とかね。辛いゎ…。

日傘を差して出かけましたけれどね。

暑さのせいでしょうかね?

蝉も狂ったと見える。

アテクシの方に向かって、猪突猛進で蝉がやってくる!
当然、避けていくものと思ったらそのまま突進してきて、思わず身をかがめてやり過ごした(汗)。


直進かよっ!

蝉も寿命の訪れと、暑さのためにおかしくなっている模様…。

まったくもっての残暑厳しき折。

怖いゎ、特攻な蝉…。

夜露死苦!
コメント

夜明けの祈り

2017-08-17 | Films




『夜明けの祈り』という映画を先日観てきた。
実話に基づいた映画である。

第2次大戦直後の1945年のポーランド。
フランス人女医のマチルドは、ソビエト連邦占領下のポーランドの修道院で起きた哀しい事件を知る。

ソ連の兵士たちが修道院を襲い、修道女たちを強姦したのである。
そのほとんどが処女であり、数十名の内の7人が妊娠する。


修道女という立場から世間体を恐れて公にはできない。
また、信仰のために生き、神と結婚していた立場の修道女たちにとって、己の穢れを許すことができない。
医師に対しても肌を見せることはなく、肌に触れることさえも信仰上許されないため、女医のマチルドでさえ手を焼く始末だ。

マチルドもリスクを冒している。
フランス赤十字の医師である彼女は、本来ポーランド人の治療はできない。
あくまでもフランス兵の帰還に必要な治療のために派遣されている。

しかし、修道女たちの窮状を知った今、医師として、人として、女性として。
彼女たちを放ってはおけない。

赤十字に内緒にしながら、己の睡眠を削り、修道女たちが無事出産できるように孤軍奮闘する。

主人公のマチルドを演じたルー・ドゥ・ラージュが美しいですね。
なんとも美しい。
見目麗しいのも確かだが、それ以上に彼女の生き方が美しい。

凛として、理系の女性らしく、修道女たちの信仰に対する思いに最初は呆れている部分もあるのだが、その中でもどうにか彼女たちの力になろうと奮闘する。

できる範囲で、その時できることに最善を尽くす。

また、修道女たちの姿も美しい。
私は信仰というものにさほど関心がないし、個人的に何かに信仰を寄せるということはないだろうと思う。
自社仏閣に参ったり、アニミズム的に自然を大切にする気持ちはあるが、信仰に生きることはおそらく一生ないだろうし、物理的に信仰で人が救われることはないと思っている。どちらかというと、現実的な人間だ。

だからマチルドの感情は理解できても、修道女たちの気持ちはあまり理解できない。
強姦、輪姦されて妊娠し、出産を余儀なくされているのに、診察にさえためらう、と。
そこに何の意味があるのか?と。
それならば医師の協力を拒否するのかというと、いざ困ると助けを乞うというね。
めんどいよなー、もう。

ただね、シスターマリアを演じたアガタ・ブゼクがまた、美しいのよね。
修道女の質素で暗い色調の服に包まれながら、こうしたシンプルな装いでこそ生まれる「素の美しさ」というものがあるのね。アガタ・ブゼクが実にいい。この方は本当にポーランド人で、なるほど、こういう東欧の硬質な美しさっていいよねと思う。

このお話は、一筋縄ではいかんのですよね。
修道院の体制というものも影響していて。理想では語れない、こうした宗教施設ゆえの「縛り」というものもあって。本来の趣旨とは違う方向に権力が働いてしまったりもする。難しいね。

マチルドは過酷な任務ながら、同僚の医師と時折セックスを楽しんでいたりもする。
この相手の同僚がなかなかいいんだよね。アテクシは結構好きでしたな。
ハンサムっていうのではない。でも医師としては確かな技量を持っているし、ちょっとチャラい感じもするのだけれど、マチルドに対して恋心も持っている。そのくせ、複雑な環境で育っているし、彼がユダヤ系ということもあって、過酷な状況でシリアスになったりセンチメンタルになったりすることを意図的に拒む。チャラく楽しく行こうよ~~♪的なノリなわけよ。
そうしないと、こういう深刻な状況でまともに生き抜けないこともあるからなんだけど。

ズルさと、豪胆さと繊細さ、医師としての確かな技量と冷静さ。
総合的に、哀れで愛らしくて、魅力的な男像であった。
アテクシ、結構、彼好きよ♪

こういう男とのセックスはたぶん気持ちがいいよねw
愛に飢えている臆病な男は、セックスが上手いw
でも、一生逃げ腰でイライラするよねw

そういうセックスを知っているマチルダが、女性として初めての性交が強姦で、しかも信仰に背く結果となり妊娠までしてしまった修道女たちと向き合う姿が、とても真摯だなと思う。
同じ女として初体験が強姦というのは、どれほど辛いことだろうか。
アテクシはとても幸せな初体験だったので、実に幸運であったと思うし、彼に感謝もしている。


医師として、人として、女性として。
マチルドは「できる限りのことをした」と。

同僚の彼が。
車の中で己の無力に泣く彼女に対してそう静かにつぶやくシーンが、なぜだか心に残った。

コメント

ねぇ?

2017-08-16 | Weblog

夏はどこに行ったの?

いや、暦の上ではすでに「秋」だけどさ。

なんなの?
ここ最近ずっと雨って…。

梅雨に逆戻りですか~~?

いや、エアコンかけずに済んでありがたいけどね。
つか、基本かけないけどね、ビンボーだから。
台風の時だけよ。

30度とか、「涼しい」とか思っちゃうもんね、最近。

それにしたって。

太陽が恋しいよっ!

出てこいや~~~っ!
コメント

真夜中に

2017-08-06 | Weblog

真夜中に思わず、ふふふと笑ってしまう時がある。
蝉が地中から出てきたばかりなのだろうか?

真夜中に突然鳴きだすことがある。

暗闇の中に響く「み~んみんみんみ~♪」

あぁ、なんて未熟者なのだろうと思いながら、つい微笑んでしまう。
真夜中に。

頑張って、数週間の晴れ舞台を生き抜きなね。
無事に子孫を残せますように。

コメント