Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

山彦

2016-01-30 | Music




たまたま見かけたんだけれど。

アテクシ、これ、好きでした。
声質は、正直決して好きじゃないのです。

でも、「歌詞」がいいですね。

中高年にはちょっと、グッと響くんじゃないかなぁ。
ことに、女性には。

この歌が秀逸だなと思ったのは。
「頂上を前にして引き返す」ことを歌ったこと。

人生には、そういうことが度々あるから、ね。

それでも涙をぬぐって「何度でも頂上を目指せ」と言える勇気。
天晴です。

この方は、『挫折』を知っている人でしょう。
「挫折」を知った人だけが知る『強さ』を、この歌詞から感じるのだ。

PVの映像もこれまた、いいですね。

アテクシはなぜだか。
この歌を聞いていて思い描いたのが「二階堂ふみ」ちゃんでした。

歯ぐきから血を流しても。
石に齧りついて、這いあがる強さ。

憧れる。


コメント (2)

君が好き♪

2016-01-28 | Weblog




アテクシ、芸人の横澤夏子さん、好きです。
なんでしょ。好きなんですよ(笑)。

元気がいいし、目の付け所がいい。
そして、顔がどうやら学生時代の友人によく見るとすごく似ているという(笑)。

なんだか、好きです。
夏子。

ブスじゃないっすよ。
たぶん、海外に行ったらめちゃめちゃモテますよ。うん。

「二日酔いの女」が好き(笑)。
コメント

地獄に仏

2016-01-27 | Weblog

朝は地獄のようであった。

介護関連の用事を済ませ、母に留守番を頼み、久しぶりに夜に出かけた。

下界、という感じ。
夜のネオンもキラキラしてみえる。

しばらく見ない間に神楽坂も変わったなぁ。
また、知らない店なども増えている。

遅ればせながら初詣。
神楽坂の毘沙門天と、赤城神社。
嗚呼、神さま、仏さま!(笑)





それから好きな男に会いに行った。
ふふふ♪

吉田鋼太郎さん♪
la kaguで蜷川演劇について語るトークショーがあったので、いそいそと行ってきた♪

生鋼太郎♪

舞台は何度か拝見しているけれども、こんなに近くで見られるのは初めて。
しかし~。傾斜などのついていない普通のお部屋に椅子が並べられているだけなので、アテクシの前方の方が背が高くて、ちょうど鋼太郎さんの顔に被って全然見えなかった~~~(涙)。

でも声は聞こえたからいいの(笑)。

幸せな一夜でござんした♪

帰り道。
明るい月が煌々と夜の街を照らしていて。

美しい夜でした。
小さな幸せ。




コメント (2)

『蜜のあわれ』

2016-01-25 | Films




室生犀星の小説を映像化した作品。
二階堂ふみちゃんが「金魚の少女」を演じる。

これ、みたいなぁ。

可憐なビジュアルと相反するような、二階堂ふみの「毒」が好き。
この子は、いい女優。

ひらひらと。

室生犀星もロリコンかぁ…。
コメント

意外な人が…

2016-01-23 | Weblog

意外な人が…声を演っとるんだよね。

最近、見ちゃっているのがフジTVの夜中にやっているアニメ枠『ノイタミナ』。フジは最近は全体的にとても「残念」な出来だけれど、この深夜のアニメ枠だけは案外いいものをやっていたりする。以前は「銀の匙」やっていたんだよね、ここで。あれ、好きだった。

関東圏では木曜24:55から放送している『僕だけがいない街』。

アテクシ、原作も読んだことはない。ただ、タイトルに魅かれてたまたま録ってみた。
2回目から見たので事情が今一つ分かっていないのだが、主人公の藤沼悟は現在29歳。
ある日、母親が目の前で刺殺される。その容疑者がどうやら自分、という状況に置かれてしまう。

その瞬間。悟はなぜかタイムトリップし、20年近く前の、自らの小学生時代に戻っている。
身体は小学生だが、精神は29歳の悟のまま。

小学生の頃。好意を寄せていた同級生の少女、加代がある日失踪し殺される。
加代は学校でも孤立していて、母親から虐待を受けている。

悟が母親殺しの犯人とされる理由は分からないが、自らの「現在」を変えるために、悟は加代の殺害を阻止しようと奮闘する。

という話である。

まー、アニメにするにしちゃ「重い」話だよ。
でも、この深夜枠アニメは大人のためのアニメだよな、基本。
子供向けじゃない。

昨今のアニメの画質は低下している気がするし(量産しなきゃならないから仕方ないだろうけれど)、この作品も決して絵が綺麗とは言えないのだが、話が魅力的。

そして、なんと言っても。
声のキャストが意外な人たちなのであった。

子ども時代の悟を演じているのは、「まれ」の土屋太鳳ちゃん。アテクシ、この子の顔、好きなんですよ。まろやかな和風で美しい顔でしょう。朝ドラに出る前に、「鈴木先生」で出ていて、ちょっと注目していた子でした。あっという間に売れたのぅ。
そして、大人になった悟の声を演ずるのは満島真之介君。彼もアテクシ、とっても好きな俳優さんです。

声優さんじゃないのに、二人ともとってもお上手。まるで違和感ない。声優ってやはり難しくて、声優として訓練されている人の声は「前に出る」んですよね。声の通りがいい。でも、慣れない下手な人がやると声が籠って、とても聞きづらい。
この二人は、とてもお上手で「声優」としても、なんら違和感がないの。太鳳ちゃんや真之介君とは知らないで見ていて、あとで声が彼らと分かって、驚いたくらい。

物語として、引きこまれる。

話は知らないんだけれどね。
アテクシ、うっすらと展開は予想できるのだよ。

悟は必死に、世界を変えようと自分の過去を変えていくのでしょう。
そして、たぶん、加代の命は救えるのではないかと。

ただ、引き換えに。
おそらく、悟が命を落とすことになるのではないかな、と。

でないと、タイトルが意味をなさないから。

映画の「ドニー・ダーコ」みたいなことになるのではないかな、と(笑)。
さぁ、アテクシの勘は当たりますかどうか。
当たらずとも遠からずじゃないかね。

今年、藤原竜也君の主演で実写映画化もされるらしいです。
へぇっ。藤原君かぁ…。苦悩しそうだなぁ(笑)。


あ、それにね。

何がいいって、この物語「北海道」が舞台なんすよ。
北海道弁で。
雪景色の中で物語が展開していく。

アテクシ、北海道が好きなんですね。
あの広さと静けさに、初めて「息がつける」というか。

舞台が北海道ということも、大きな要因だなぁ。

今のところ、興味深いアニメです。
お時間あったら、是非ご覧あれ。






コメント

夜中に発声練習

2016-01-22 | Weblog

アテクシは声が小さい。
小心者なので、大きな声が普段出せない。

だが、人間、怒髪天を衝く時には出るもんだ。声。

もう介護でストレスが溜まって、死にそう。
ほんとに、うんざり。

殺してしまう介護者の気持ち、アテクシは良く分かる。
メッタ刺しにして、殺したくなるんだよ。
これはほんと、やっている人にしか分からんのよ。
やったことがない人には、介護がどれだけのストレスか決して分からない。

休みがない。
リラックスできる時間が一時もない。
常に要介護者の要求だけは一人前にある。

話はまともに通じない。


あんまりにも疲れているものだから、朝洗濯して一日かけて乾かした洗濯物を夕方取り入れ、最後に少し乾燥機にかけようと思ったら。
気づけば洗濯機がぐゎんぐゎん、水を張って回っている。

え?

そう。
しでかしました。

いつものくせで「洗濯」コースを押しちゃったんですゎ(涙)。

一日かけて乾かした洗濯物を、また濡らすという…。
朝起きて干したあれは、何だったのか…。

まぼろし~~~~(涙)。

普通ならあり得ないこんなミスも、疲れていると起こり得る。


父はまたポータブルのトイレで転倒し、大便をつけたままごろんごろん畳に転がり。指にも便をつけたまま、あちこちを触る。
転倒した際に、電気ヒーターをひっくり返し、加湿用の水を畳に振りまく。

もうね、死んでいいんじゃないかと思うよ…。
本気で。

そして日々、税関の人がやってきているだの、工事の人が来ているだの。
世迷いごとを述べる。これは薬の副作用なんだろうけれども、むしろこの幻覚が一番こちらにとってはやっかい。

もう薬やめていいんじゃないかな。どうせ治療方法のない病なんだし。
幻覚が止まってくれるほうがありがたいよ。正直。
別に病の進行が加速したところで死が早まるだけで、どうということはない。
むしろ、welcome。

こっちが先に憤死しそうだよ、ほんとに。


役者志望の人とか、介護をやってみるといいかもね。
怒りのあまり、腹の底から野太い声がでるぜ。マジで。

日頃、相当抑制しているんだろうねぇ、アテクシは。
野生の雄たけびを。

1km先まで届きそうな、クモザルのような声を出せるよ。


コメント

よく、分からん…

2016-01-21 | Weblog

SMAPの解散騒動。
よく、分からんのよ。

そんなに大騒ぎするほどのことなのかね?
別段ファンではないけれど知っているし、同世代だし。
10代初めからジャニーズに入って、皆、もうメンバーは40代近くいっているわけでしょう?
30年近く頑張って働いてきて。
そりゃ、これだけの年になればさ、そろそろアイドルもいいんじゃないの?って思うでしょうよ、普通。
各々が個人の活動をしたいと思うようになるだろうし、いい年なんだから家庭を持ったりとかもしたいでしょう。

色々問題が出てくるなんてことは、至極「当り前」のことなんじゃないのか?
アラフォーの男たち5人が一緒に仕事をしていればさ。

別に驚くに値しないし、周りがガタガタ騒ぐほどのことでもないような気がするんだけど?

ただ、まぁどんなに世話になったにしろ、マネージャーがタレントを連れて独立するというのは、御法度だろうなと思う。
それは筋が違うでしょうね。どんなに有能なマネージャーさんであれ。
ジャニーズの名があったからこそ、彼らはここまで売れたのだし、その分事務所も搾取はしているわけだけれど、そういう契約の下に仕事をしてきたのだから、それは致し方ないとこでしょう。

マネージャーが独立したいというのあれば、個人ですべきで、それで新事務所を設立するなりなんなりした上で、SMAPメンバーがそちらに移りたいというのなら、移籍の話なりすべきだったんだろうよ、と。

大体、そんな裏事情のことは表に出すべき話じゃない。そもそも。

そして、なんだか葬式みたいなしけた顔をして、意味不明な生放送をする意味も分からん。

もっと他にやることあんだろ、日本人。

SMAPが解散しようが存続しようが、イイ大人なんだし彼らの自由だろう。


つくづくこんなことでワイドショーがいつまでもネタにできるとは、日本つぅのは平和な国だよなぁ…。

コメント

じんじん

2016-01-20 | Weblog

やっちまったなぁ。

調理し終わった鍋をシンクに置いて、何を思ったのかちょっと左手で物を取ろうと、鍋の脇を通るつもりが、左手の小指が熱くなった鍋の持ち手のむき出しの鉄部分に触れてしまった。

あちっ!

瞬間、放して、あぁ、やっちまったと。

即、水で冷やしたが痛い。
左手の小指の第2関節部分を火傷した。

あーあ。

いてぇなぁ。

皮膚の色が変わっているので、こりゃダメだ。

ベランダからアロエを切ってくる。

アロエは温暖な土地の植物なので本当は外で越冬させてはいけないんだろうと思う。
葉っぱが冷害のために赤く染まってしまっている。そんな過酷な環境に置いているくせに、火傷をすると、その葉っぱを切って皮をはいで、バンドエイドで傷口に貼る。

人間は勝手なものですねぇ。

じんじんと、痛い。
小さいけれど、苛立つのに十分なほどには。

お風呂に入ったり、水仕事をしたりしても痛い。
くそぅ。
しくった。

アロエを巻いている間は、痛みが引く。

偉大なり、アロエ。
(せめて、室内で越冬させてやれや!)

だよねー。

コメント (2)

よく頑張りました

2016-01-19 | Weblog

大雪と言ったら、雪国の人には笑われてしまうだろう。
それでも、都心でこれだけ雪が降れば、どこもかしこもてんてこまいである。

雪だけならまだしも、低気圧の影響で異常に風も強い。
体感温度は下がる。

ばっかみて~に寒いな、おいっ!

いやもう気持ちがめげるほどに寒かったす。
すんません、北国の人。
まだ、氷点下もいってないっス。

でも、さみぃ~~~よ。

秩父や八王子あたりではかなりの積雪で。
交通にも多大な影響があったとか。
通勤・通学の人々がホームに入ることさえできずに、3時間も4時間も、並んで待っていたとか。

はぁ~~~っ。

日本人、ほんとにえらいねぇ。
アテクシなんか、そういうの耐えられないけどね。
電車動かないなら、休んでいいじゃん?と思っちゃう。

せめて動くまで喫茶店で茶でもしばいていようと思うよ。
どうせ並んだって、復帰が早まるわけでもあるまいし。

日本人って、ほんとマジメ。
感心する。

皆、雪かきを頑張ったり、雪の中を通勤・通学したり。
ほんとによく頑張りました。
自分で自分を褒めてあげて下さいな。

そして、温かい鍋焼きうどんでも食べて、暖かいお風呂で芯から温まっておくれね。
うちは「おでん」でしたえ。

皆、一日、よく頑張りました。
暖かくしてお休みを。

きっと明日はいいお天気に。



コメント (2)

ほりだしもの

2016-01-16 | Books

父が一時的にお世話になるかもしれぬ施設の下見に行った。
電話応対してくださった方はお休みとかで、若い男性が案内してくれた。
こじんまりした施設だから見るのに30分もかからないけれど。

エレベータで移動する際に中で二人きりになって。「ぽっちりさんは、体調大丈夫ですか?」
「?え?私ですか?」
そう答えてから気づく。ああ。
「リウマチですか?今のところ、薬で抑えられているので大丈夫です。お気遣いありがとうございます♪」

介護関連で人とやりとりをするようになって何が嫌かと言うと「プライバシー」というものが全く無くなってしまうことだ。
致し方のないことなのだが、家族構成やらなにやら、あちらこちらにすべて話さなければならない。

たとえばこの施設の彼のように、一見の人であって見ず知らずの人であるのに、彼の手元には私の個人情報まですべて渡っているのだ。アテクシの持病の話までケアマネは書いていたんだろうね、申請書に。私は書いていないはずだが。

仕方がないんだけどね。必要な情報なのだろうし。
でも、うんざりするよ、こういうの。
悪気がないのは分かっているし、施設の兄ちゃんは気遣ってくれてのことなんだろうけれど。


施設見学を終えて、歩いて駅まで行く。


この近くの病院に父は通院しており、なんどか入院などでも世話になって行き来はしていた。
その時、一軒、古本屋があるのが目に入っていた。

なんどか前を通ったことはあるのだが、なかなか入りづらく立ち寄ったこともなかった。

幸い時間もあったし、帰り食材の買い物もしていかねばならないからたくさんは買えないが。
ちょっと覗いて見ようと。そんな気分だった。

鄙びた町の片隅にある、小さな古本屋。

特に期待してもいなかった。

が…。

あれ?
意外にここ骨太かもしれないぞ?(笑)

店の外の棚に、川端康成やら夏目漱石、森鴎外なんかのハードカバーがちらほら置いてある。
この場末じゃ初版本とは思わないが、なかなか悪くないチョイス。
入口入ってすぐに、村上春樹のコーナーがあって一連の諸々。100円コーナー、200円コーナーも悪くない。

間口は狭いが、中に入ると案外の蔵書数。その分通路は狭く、ここで大きな地震があったら、死にそうだ。
少し奥に入ると芸術系の雑誌や演劇関係などもあるし、写真集もある。小島一郎がないか探したが、残念だがなかった(ちぇっ)。音楽関係、CD類も置いてあるし、奥には漫画も。落語の志ん生の本もあって、ちょっと惹かれたな。

幅広いなぁ。結構網羅している。料理本とか新書なども置いてあるし。
短時間ではとても集中して見きれない感じ。
ちょっと疲れていたし、アテクシも。

100円コーナーで、前からちょっと読みたいと思っていた桜木紫乃の「ホテルローヤル」を見つけた。
お♪買おう♪100円でっせ(笑)。直木賞受賞作よ?(笑)

重くなるから、あんまり買えないなと思って2冊だけ選んで、レジへ。
レジがこれまたかわいい♪
昭和レトロな、玉のれんみたいなジャラジャラした感じのものが垂れ下がっている。

そして、驚いた。
レジの兄さん。結構ロン毛で、少しウェーブのかかった髪を後ろに一つに束ねている。
かなり縄文系の濃ゆい面立ちで、案外若い。店主なのだろうか。
むさくて、ワイルドな感じで、結構セクスィ~♪(笑)

なんつーか、これまた意外なとりあわせやね(笑)。
もっと枯れたじぃさんとかがやっているのかと思ったが、でも、蔵書のチョイスを見るとなるほどとも。
表に止めてあったバイクは兄さんのかな?

なんかちょっと好きだな、この本屋。
また、機会があったら寄らせてもらおう。
意外に掘り出し物かも。

本を売るならここに売るのもいいかもな。
大事にしてくれそう。

2冊で、216円(笑)。なんて贅沢な買い物か(笑)。
なかなかよさげな掘り出し物を手に入れて。

ちょっと嬉しい午後。

コメント

バルス!

2016-01-16 | Films

「天空の城ラピュタ」
何度目か、と思うが、結局見ちゃうのよね(笑)。

「私を離さないで」も録画してますがな。裏で。

ラピュタ、綺麗なんだよなぁ。
パズーがどんどん「男」になっていくとこも、良いよねぇ♪きゅん♪

ムスカも悪い奴なんだけれど、結構可哀想な奴だしなぁ。

それにしても、ラピュタにいるあのロボットたちの名前が分からん。
あの子たち、高性能で感情さえあって。まったく立派だな。欲しいゎ(笑)。
ラピュタに住みたいよ。しかし、水はどうやって入手しとるんだ?

一番最初に現れる、幽閉されていたシータを助けて死んでいく(=壊れていく)ロボット君が好き。
ロボットが壊れていくだけなのに、泣けるんだよなぁ、もうっ。
だってねぇ、あの子、身体ボロボロなのにシータを最後まで守ってくれるじゃないっすか(めそ)。

アテクシ、昔「ガリバー旅行記」を少し読んだことがありまして。
だから、ラピュタには思い入れがありますなぁ。フーイヌムにも(笑)。ネットのYahoo!も元は「ガリバー旅行記」のフーイヌムの国からキャラクターから来ています。ご存知の方も多いでしょうが。浅ましい野蛮な人間=ヤフーと、理性的な馬の形をした生物=フーイヌム。フーイヌム、好きなんすよぅ(笑)。(だって、馬が好き。でも、馬じゃないんだけどさ、彼ら。馬のビジュアルなだけで)

Twitterではどうやら「バルス祭」だったようだ。


「バルス」で滅びても、まるでユグドラシル(生命の樹)のラピュタの根幹と巨大な飛行石だけは残って、どこまでも天に昇っていく。

監督の「情」だよなぁ。
「想い」は残ってほしいというか、さ。

ジブリの映画の中で、「ラピュタ」が一番好きだと言っていた君は、今どこにいるのだろう。
叶うならば。
ラピュタのような美しいところで、暮らしているといいな。


世は滅び、また生まれる。
その、繰り返し。

コメント

スネイプ先生

2016-01-14 | Weblog

嗚呼。

ハリー・ポッターの「スネイプ先生」を演じたアラン・リックマンも亡くなったそうだ。
なんか、訃報ばっかやなぁ…。

スネイプ先生。

変な顔だけど、好きだったなぁ。

ハリーのお母さんを好きだったがゆえに、陰からずっと複雑な気持ちでハリーを見守っていたスネイプ先生。
好きでした。

スネイプ先生も癌だったのね…。
魔法は効きませなんだか…。

どうか、安らかに。

コメント (3)

Dean

2016-01-14 | Weblog

なんか知らんがDean FUJIOKAがいつのまにか人気者になっているのねぇ?
朝ドラに出ていたんだってね?
見ていなかったから分からないけれど、実は彼がこんなにメジャーになる何年か前からアテクシ彼を知っておりました。
彼が売れてきたんだなと思うと、ちょっと嬉しいですけどね。

以前、台湾のドラマを見ていて、そこに出ていたんですよなぁ、彼。
まぁ、いわゆる「イケメン」で随分と綺麗な顔の人だなぁと思ったら、キャストロールで見るとどうも名前が日本人っぽい姓。
へぇ、台湾で活躍している日本人俳優さんなのかな?くらいに思っていた。

ハーフなんですね、この方。日本人と台湾人の。
ゆえに中国語も日本語もペラペラで。4か国語くらい話せるそうな。
しっかし、綺麗な顔だよな~(笑)。
でも、ここまで整っていると、アテクシは苦手ですけどね(笑)。イケメン苦手(笑)。

私が見た台湾ドラマでは、お金持ちの御曹司で、昔はデブだったのだけれど成長してこんなイケメンになって。幼馴染の女の子をただひたすらに想いつづけていたんだけれど、結局フラれてしまうという悲しい役柄でした。
アテクシはこういう物語の中で「選ばれない方」の男の子、好きなんですよ、結構(笑)。

で。
なにやら今回、深田恭子とのドラマが始まったとかで、最後の15分くらい見たのだけれど。
いやぁ~。

ディーン・フジオカは綺麗なのだが。

これ、物語がダメでしょう。
脚本も二昔前くらいのノリだよね。

これはひどいなぁ…(笑)
金かけてこれ作る価値あるかぁ???

せっかくの綺麗どころ、ディーン・フジオカなのに。
このドラマはこけるだろうなぁ(笑)。

それにディーン演ずる上司。
全然「S」でもないし、普通に優しい人だろうが~~(笑)。

勿体ないねー。

彼はこんなに綺麗な面しているんだから。
アテクシだったら「汚れ役」をやらせたいけれどねぇ(笑)。
その方がこの人は魅力が出ると思うんだけどな。

ドラマ製作陣も、もそっと本気ださんかねと思う。

最近、NHKのドラマは案外いいですよ。4-8回とかの短めのシリーズのもの。
以外に骨太です、ここのところ。
この間チラッと見た「逃げる女」良かったぞ。

何が起こってるんだろ、NHK。
世代交代か?(笑)

名のある俳優を出して、しょぼい脚本でやるよりも。
無名の俳優でもいいから、いい原作を探してきていい脚本で、深夜枠でも面白い作品を作る方がよほどいいですよ。

そういうものを求めている視聴者は、必ずいるから。
少ないパーセンテージでもね。

ほんとにいいものは、ちゃんと伝わる。

視聴者、なめんな。
やっつけ仕事するんじゃねーよ。




コメント

初雪

2016-01-12 | Weblog

嗚呼、今日は寒かったですね。
東京は初雪。

朝、ゴミ捨てに出たら、ちらちらと雪が舞っていた。

震えながら、空を見上げる。
吐く息も白い。

洗濯はしたものの、なんせ外に干せないので室内干し。
午後から訪問入浴があるが、まだ少し時間があるので二度寝。
と思ったら。

9時過ぎに電話が鳴る。

イラっ(怒)。
誰だよ?ケアマネか?

叔父であった。

それも先日、虫食い野菜を持ってきた叔父である。

なんだよっ(怒)?まだなんかあるのか?
いいかげんにしろよ!

朝の9時過ぎに。
「この前は本人がいるのであんまり聞けなかったけれど、今後どうするんだ?」とか。
「施設のことは考えているのか?」とか。
「あなたの将来のことが不安」とか。

わざわざ朝の9時過ぎに電話して話すほどのことなのかっ?

うるせ~~っつぅんだよっ(怒)!

てめぇより、こっちの方が当事者なんだ。
てめぇの考える程度のことは、考えているに決まっとろうがっ!
どあほぅがっ!

心配だってんなら、寝かせろよ。

自分が調べたとかいう、老人ホームの連絡先をわざわざご丁寧に教えてくれる。
(なんでわざわざ、あんたん家の近くの老人ホームを選ばなきゃいけないんですか?意味が分からん)
老人ホームの資料なんざ、30件近く請求しとるわいな。
金も出さないんなら、余計な口を突っ込んむんじゃねぇっ!


(マジで)ブチ切れる寸前。
睡眠を邪魔されるの、ほんとーーに嫌い(怒)。アテクシの唯一の楽しみなのに。
どうにかそれなりに対応したけれど、苛立ちはもろに声に出ていたろうなぁ。

毎日、毎日、疲れてんだよ。

お願いだから、寝かせてくれ。
身がもたない。

心配してくれるのなら、どうか何もしないで放っておいてくれ。
それが一番の「助け」だから。マジで。

皆、死ねばいいのに。


雪よ、すべてを氷で閉ざしておくれ。
コメント (2)

R.I.P

2016-01-11 | Music

デヴィッド・ボウイが癌のため亡くなったという速報が入った。

あぁ、そうか…。

人間だからいずれは死ぬものだけれど。
デヴィッド・ボウイは年をとっても、なぜだかいつまでも死なないような気がしていた。

あぁ、そうか…。亡くなってしまったのか。

綺麗な人だったよなぁ。
左右の眼の色が違うヘテロクロミアなのも、なんとも言えぬ色気があって良かった。
(ただ、この人のは生まれつきではなく、事故によるものだそう)
男でも女でもなく、あの中性さゆえに、性的で聖的で美しい存在感の人だった。

そうか…。

寂しいねぇ。
アテクシはこの人に恋をしていた頃があったよなぁ。


一つの時代が去っていくんだねぇ。


また、いつか。
地球に落ちてきておくれ。
コメント