Sleeping in the fields of gold

小麦畑で眠りたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そして〆はやはり・・・

2010-12-31 | Weblog

毎年高齢ですが(うぉい!)もとい、恒例ですが。
会津の「こづゆ」である。

ヤマアラシさんはこれがないと年が越せないらしいので。
しかし、今年の出来はいまひとつ。
なんか水っぽい。(←喰ってるだけな割に五月蝿い)

あっという間の一年でしたなぁ。
正直あんまりいいことはなかった一年だけれども、まぁ、生きて年を越せそうなので、それだけでもまずありがたいですなぁ。

まぁ、人間、なるようにしかならんさ。(←年が変ったくらいで人間が変るか。既に毒づく)


皆様もどうか良いお年をお迎えくださいまし♪
幸多き新年となりますように。
コメント

末永く

2010-12-31 | Weblog

まぁ、みごとになにもしていなくても、一年は音もなく過ぎていくものである。
あぁ、光陰矢のごとし、るるる。

今年はさる筋からおいしいお蕎麦をちょうだいして、年越し蕎麦となった。
ありがたいなぁ、おいしいなぁとお蕎麦やさんのある方角へ頭を垂れてずるずるといただく。

せっかくのいただきものなのだから、なにか素敵な器にでも盛って写真を撮ればいいものを。
ふつうの金ザルに乗っちゃってるもので(笑)。氷まで乗ってるし(笑)。
仕方がないから、とりあえずアップで写してみました。

のど越しのするりと軽やかな、それでいてコシのあるおいしいお蕎麦であった。
誰かがどこかでそぅっと思っていてくれるというのは、ありがたいことである。

皆様、今年も本当にいろいろとお世話になりました。
これからもどうぞ、末永くよろしゅうお頼もうします~♪
コメント

マーフィーの法則

2010-12-28 | Weblog

年内最終のゴミ収集日が過ぎたあとで、なんとなく大掃除がしたくなる(笑)。

いや、掃除といっても古い下着を処分しただけなのであるが。
派手なセクシーなかつての下着を捨て、ゴムもよろよろの「ダメじゃん」な下着ばかり取っておく。

スーパーのショッピング袋二つ分。
色とりどりのセクシーな下着=過去の栄光(笑)を捨てた。
もう、用はないさ。

だってさ。
これが人生だよ。
それが現実だよ(笑)。

大体もう、ウェストが太って入らないもの(爆)。
来年はさすがにダイエットをすべきなのかもしれない。(←来年からかよ)

まったく年末に掃除するたぁ。
日本人てのは、じつに律儀だねぇ。
(つぅか、日頃からやっとけって話のような気もするが)

ま、私の中では、大掃除完了。(えぇっ?)
コメント

ご隠居生活

2010-12-27 | Weblog
もうすぐ新しい年になろうかと言うのに、ワタクシの趣味はすっかりご隠居である(笑)。
毎日メダカを飽きずに眺めている。
面白い。

小さなメダカ三匹しかいないのだから仲良く暮らせばよいものをと思うのに、そうもいかない。
三匹の中にも力関係があり、小さな社会がある。

メダカのオス・メスがいまひとつ分からない。
ほぼ透明だし、泳ぐのは早いし、小さいものだから、ヒレの形なんぞで見分けられる方法はあるらしいのだが、判断するに至っていない。ただ、なかの一匹、一番大きめの奴がなにかというと、残りの二匹を追い回している。しかし、追い回すといっても、一番チビを追う時と、中くらいのを追う時では若干様子が違う。チビは容赦なく追い払われるのだが、中くらいのは「ちょっかいを出す」程度のことで、なんとなく流れる空気がこの二組の場合では違う気がする。

ひょっとして中くらいはメスだろうか。そして残り二匹がオスだろうか。

まだ分からん。

メダカをくれた先生は「この時期はあまり餌を食べないよ」と言っていたのに、家に来てからはなんだかよく食べる気がする。
餌が大きすぎて食べられないようだったので、すり鉢でごりごりすって小さくしたのである。それを料理用の刷毛でもう一度集めて、と(まだ一度も料理に使っていなかったのに、初めて使ったのがメダカの餌とは…。とほほ)。我ながら「まめだなぁ」と思う。このエネルギーをなにか別のことに使うべきではないのだろうか?

いや、いかん。
おいらはご隠居だもの。

これが王道(笑)。

コメント

これがほんとの

2010-12-26 | Weblog

クリスマスプレゼント♪

友人と電話でついつい長話。
私にとっては、これが自分へのクリスマスプレゼント♪
まぁ、別に一年頑張って働いたとかじゃないんだけど、全然(笑)。
のらりくらり、自由気ままにとりあえず生きているだけなんだけど。

すっかり、ご隠居。
心までご隠居(笑)。

母上様。
彼氏に素敵なディナーなんてご馳走になってませんよ。
あなたとは違うんです、残念ながら。
ディナーもデザートも自前でそろえるんです。
しかも、デザートはまだあまってます。げふっ。

友人たちよ、
一年お疲れさま。
ようさん頑張ったね。

仕事納めになったら、ゆっくりのんびり良い新年を!
コメント

どこから湧いてでたの?

2010-12-25 | Weblog
びっくりした。
クリスマスプレゼント、というわけではないが、メダカちゃんたちの水槽の水替えをした。
まだ水はきれいだったのだが餌を少しあげすぎたようで、底に沈んだ餌から軒並み黴が生えて菌糸が伸びている。
これで病気になっちゃっても困るので、少し早めだけど水替えをした。

で。
終わってから。

ふと水槽の壁を見ると、なにやら黒い物体が壁沿いに動いている。

?!????!

なに、これ?

えーーーー。
動いてます。
生きてます。

口がじょわじょわ動いています。
エロい、肛門みたい。(←なんだその表現)

どうやら、田螺である。

…。

水槽洗ったばっかりなのに。
どこから???

あーーーーーーーっ!

もらってきた先生のとこか。
先生は田螺をメダカの水槽で何匹か買っていたのである。

水草かなんかについてきたのだろうか?
しかしそんなに水草もらってこなかったんだけどなー。
あるいは、買ってきた水草に卵がついていたのかな?

田螺。
1分おきくらいに2mmくらいのウンチをして歩く。
このウンチが微妙に半円形。ネックレスの小さな鎖の輪のひとつが、半分に割れたような形。
まだ水槽の壁にコケもなにもついてないのに、一体何食ってるんだろう?
謎。

謎謎々。

ま、害はないだろうから(たぶん)いっか。

降って湧いたタニシー。
これも天からのクリスマスプレゼントなのか?

気持ち悪い口元が素敵♪(←意味不明)

まぁ、なんていうか。
そもそも生物は、口も肛門も一緒だもんねぇ。
後に機能別に入口と出口に分かれたけどさ。

所詮、穴だもん(←おい(笑))。



コメント

メリークルシミマス!

2010-12-25 | Weblog

文字通りである。
メリー苦しみます。

今宵はケーキ地獄であった。
シャンパンとケーキを買いに出た。
帰宅したら、別口で買い物に行っていたヤマアラシさんがケーキを買ってきていた。
がびーん。

ダブルケーキ!

しかも、ヤマアラシさんが買ってきたのは結構な大きさの「ブッシュドノエル」
まぢかよ…(汗)。

ちなみにヤマアラシさんは「糖尿病」です(苦笑)。
ので、それほど食べられるはずもなく、一口二口。
結局、ワタクシが残りを全て喰わねばならぬー。

おいら、そんなにケーキ好きなわけじゃないしー。
ふー。ひー。
ありがたいことだけれど、メリークルシミマス、でござった。

もう来年は買わないぞぅ!
コメント

南の国から

2010-12-23 | Weblog

南の蘭の国より、クリスマスのお祝いに花束が届きました~♪
らんらんららら~♪(←はい?)

綺麗でございます~♪
コメント

『手』

2010-12-22 | Weblog
久方ぶりに美容院へ行った。
白髪が目立ってきて行かなきゃ行かなきゃと半ば脅迫めいた思いを持っていながら、時間がないわけでもないのに(お金がないこともあって(笑))ついつい先延ばしにしていたら、もう年を越しそうになった。

別に髪を年内に切らなければいけないなどということはなく、新年になってから切ったっていいわけなのだが、ここはそれ、日本人。ついつい、なんとなく、身支度を整えてからすっきりとして新年を迎えたいなんて気持ちがあるのだろう。これって、日本人くらいなんじゃないのか。欧米人でわざわざ年内に髪を切りに行くとか考えられないし。実際、美容院のおねーさんも年末は駆け込み需要が多いのだと言っていた。

今まで足掛け10年くらいは通っていたかと思う美容院をやめて、今回は新しい店に行った。新しい店といっても、もう何年も前から営業はしていて単に私が初めて足を運んだだけの話だけれど、たまたま割引券を地域新聞で見つけたので、今までの店に不満も持っていたし、ここはほれ、替えてみるかと。

初めての店ってめんどうくさい。あれこれ個人情報を書かなきゃいけないし、一から担当者とつきあっていかなきゃいけない。何度か足を運んでいる店なら、そういう一切がわりと「てきとー」に済ませられる。

結果。
満点、というわけではないし、難をつければ細かい点では色々あるのだが、結構気に入った。
何より店が小さいのがいい。席は3つしかない。シャンプー台は2つ。割合と予約をしっかり取るためか、あまり飛び込みの客はいないようで、長時間誰かが待っているということもない。そして何より気に入ったのが、「担当者」が基本的に最初から最後まで全部、シャンプーからカットから白髪染め、ブロー、マッサージまで一人でやってくれるのだ。これは当人にしてみれば大変だろうけれど、前の店では各過程で人が代わって相当待たされて嫌になってしまった。

担当してくれた女性が頭の回転の早い子で、「呆け突っ込み」が結構デキル。カンちゃんと言う。
ちょっとざっくばらん過ぎる感じもあるのだが、やることはちゃんとやっているのでOK。

値段のサービス中だというので、生まれて初めて「眉カット」もしてもらった。ザクザク今まで自分で切っていたけれど、プロに整えてもらって、プロに眉を書いてもらうと、まー、なんつぅか、エッジのかかったキリッとした「THE眉!」という感じになった(笑)。私は眉を描くのが苦手なので、特に左眉、楽しかった。

最後にブローしてもらいながらカンちゃんは私の髪の毛の先っちょの方だけ、コテにあてて(今、コテって言わないか(笑)。カーラー?」くるりん♪としてくれた。
「少し巻いてみましょう」と言われたとき、「縦ロール?」と思わず聞いてしまって「縦じゃないです」と笑われたのだが、私にとって「巻く」と言ったらなんとなくイメージ的に縦カールでアントワネットごっこ、なのかと。

いやぁ、ちょっとした手間で変るものですね。いいとこの「マダム」みたいな感じになった。
カンちゃんは言う。
「まぁ、ちょっとした手間ですけどね。その一手間をかけることによって全然変ってくるんです。芸能人だって綺麗ですけど、あれ、トリートメントとかマメにやっています。美は一日にしてならず、です」
それから、自分が言ったことにやや照れている。

いえいえ。素晴らしい。そうだよ、美もローマも一日にしてならず、だね。
ワタクシはいたく感心致しましたよ。
だって、眉カット楽しかったし。525円で人生初体験だよ(笑)。
カンちゃんのアイディアでくるくる巻やったおかげで、楽しかったもの。有閑マダムみたいになれたし。

いや、帰ったらまたすぐにゴムで束ねちゃうんだけどさ。
せっかくのキリリ眉も落としちゃうんだけど。

なにより感心したのは、彼女の「手」だった。
ふとした拍子に、彼女の手のひらを見たとき、見かけの格好は黒い帽子をかぶってショートパンツでかわいらしいのに、その手がひどく荒れて、むごいことになっているのだった。
美容師というのは、日々染料やシャンプーなどで水を使うので、手が荒れてしまう。
この彼女の手を見て、立派だなと思った。とても立派だ、と思った。

真面目に働く手。

笑顔の裏の、この手荒れが。
プロの力なのだ。


コメント

そう言えば

2010-12-22 | Weblog

今日は皆既月食の日であった。
残念ながら、その時間帯気にはしていたのだが、関東地方は曇り空。

北海道、でっかいどう、では見られたらしいのね。
いいなー。
生まれてこのかた、皆既日食とか月食とか、見たことがない。

見たかったのー。

赤い月。
人が狂いそうね(笑)。

でも、色なんてものも。
危ういものだもの。
決してstaticなものじゃ、ないんだものね。

そこに、残った波形。
それが人間に見えている色。

違う生物ならば。
異なった色彩に見えている。
不思議だね。

とても、不思議。

コメント

いらっしゃい♪

2010-12-22 | Weblog
本日、お引越し。
ワタクシではありません。メダカ君たち。

いつも通っている整体の先生がメダカを飼っていて、とても育てるのがお上手でいらして増えるので「良かったら、いる?」ってな具合で、水槽や水草、餌もろもろ準備して、本日いただいてまいりました。

おちびさんたち、3匹。
写真もあんまりちゃんと写っていないんですみませんねぇ。ピント合わないし、動き早いし、あんまり驚かしたくもないもので。

水槽に放した直後はそれこそ気がふれたかのように泳いでおりました。
歩いて鞄に入れてもってきたので、結構道中揺れたでしょうし、色々買い物をしなければいけない事情もあってすぐに連れ帰ってやることができなかったから、申し訳ないことをした。

テンパりまくりなのが、泳ぎを見ているだけでも分かる。

ヤマアラシさん曰く
「そりゃそうだろ、人間も同じだ。田舎から出てきた奴が突然都会に来たら、泡食うだろう」

…。もしもし?
ここは「都会」なのですか?

というか、人(魚)口密度で言えば、先生のとこにいた時の方がはるかに高かったように思いますがー。
都会に来たメダカ説。結構笑える♪

居間で、ヒーターをかける部屋なので、それがちょいと心配ねぇ。
なるべく直接風がいかないようには調節しているんだけれども。

ワタクシがお風呂に入っている間、ヤマアラシさんは居間の大きい方のヒーターをつけず、床に小さな電気ヒーターを出してきて、細々と背中をそれで温めていた。

メダカ様のために寒さを我慢している模様(笑)。律儀だねぇ、この人は。
この人のこういうところは、幼い頃から農家で様々な生物とともに暮らしてきた人らしい優しさだなぁと思う。


コメント

実践あるのみ

2010-12-21 | Weblog
ピンキーちゃんからいただいたバナナカッター。
いかがなものかと思いつつ、早速試してみる。

ほほぅ、まだ若いそれほど熟していないバナナであったが、結構さっくり行く。
へぇ、案外便利なのかな?と思いきや、えー、最後の5mmくらいが切れないんです(笑)。
いや、切れているけれど、器の上で「ガンッ」と力ある程度入れてはたかなければいけない感じ。
あるいは指で、一個ずつ「押す」とか。

笑えます。

便利なのか、不便なのか、これ(笑)。
しかも洗うの、やっぱり面倒くさい(笑)

ただ、色はかわいいし、キッチンのフックにかけてなんとなくテンションを高めてくれるような気も致します。
(結局「精神論」なのか(笑))

きゅうりはこれで切れないのかな?
切れたら、逆にそっちのが便利かも。今度試してみよう。
コメント

初ホームベーカリー!

2010-12-20 | Weblog
「ほんとにやるのか?」と言われながら、ヤマアラシさんにホームベーカリーをクリスマスプレゼントとして買っていただきました♪ひゃっほい♪

わーい♪
到着したなり、備品のチェックもそこそこに一番簡単だという「食パン」に挑戦してみる。(←まず、説明書を読まない人間)
説明書についているレシピでやってみるが、そもそも「大さじ」「小さじ」がどれだけの分量なのか分からない。
その横にグラム数が書いてあるが、あるものは小さじ1で2.8g、とされ、あるものは小さじ1で6gと表記されている。
で、結局小さじ1はどれくらいなのか、というか計量スプーンはあるが、3つあるうちのどれだ!
というぐらい、いいかげんな知識しかない中での試みなのでございます。

えー。一般的に大さじ1は15cc。小さじ1は5cc。調味料によって容積は同じでも重量が異なるのですね、ハイ。
うちにはデジタルの秤なんてものもありませんし、液体の計量カップもありません(笑)。
非常に目の粗い、ざっくりしたのならあるのですが、1g単位とかで量れませんし、10cc単位とかで量れません。
なので結局、細かいところで「あてずっぽう」なわけです。エェ。毎度のことですが。

で。小麦やらなにやら色々入れて、ボタンを押すと勝手に働き始めます。
かわいい♪
そのうちぺったん、ぺったん結構でかい音を出して叩き始める。
いや、一瞬壊れたかとびびったね。(初日でかっ!汗)
一人で、黙々と働く子です。いい子だ。
そしてイーストの匂いにまみれ、4時間後。

このようにできあがった。
ヤマアラシさんは落ち着かず、本物を見るまで、このちびっこい機械でパンが焼けるとは信じていなかった。
どうだっ!(←って、スイッチ押しただけだよ)




ちょっと周り焦げ気味だけど。初作品としては、まぁまぁなんじゃないのか。うん。
なかはふわふわで外はカリカリ。あ、私ひょっとして「焼き色」のスイッチをいじったかなー?はて。
なかなか、楽しいでござる♪

慣れてきたら、サンタさんからいただいた素敵な舶来品の菌を使ってやってみようと思うなり。
いやー、小さな幸せだなぁ。
地味に楽しいなぁ、うひひ♪

P.S. あ゛。計量カップも計量スプーンも備品でついてた…(爆)。

コメント

ある意味、スプラッタか?

2010-12-20 | Weblog
ピンキーちゃんより早めのクリスマスプレゼントをいただいた。
ありまー。
困った、何も用意してないし(笑)。

なんだか限定品のチョコレートで、「おねぇたまと言ったらバナナ」らしくバナナグッズ満載である。
ま、当然果物のとしてのバナナ云々ではなく、特別バナナ好きというわけでもなく、いわゆる下ネタ系の話である(笑)。
まったく最近私なんか縁がないと思うのにナー。

バナナチョコはまだいい。
うん。

この「バナナのはしご」みたいなの、なんだ?
「バナナカッター」だそうである。バナナをそのまま横に寝かせて、一気に全部細切りにできる、と。

便利…?なのか…?
だって、逆に洗うの面倒くさくない?(←どこまでも面倒臭がり)
バナナを包丁で切るくらい、難はないけどなー。
しかも私はバナナを持ったまま包丁で切りながら皿に入れてしまうから、わざわざ俎板とか使わないし。

別にいらなーい、これ。と正直思った。
が、そうは言えないので、ありがとう♪(笑)(←頑張って大人ぶる)

チョコは摩訶不思議な味。
バナナ(正確にはプランタン。バナナとそっくりのよく中南米などで食される果実だが、こちらは生では食べられない。炒めたり揚げたり、火を通してから食す。そのままだと渋い。)チップスのカケラみたいなのが入っているが、妙に塩味が強い。そして後味がなんだかほろ苦い。プランタンのアクなんだろうか。分からん。オーガニックのハワイかなんかのチョコレートらしいのだが、摩訶不思議な味。

いまひとつピンキーちゃんと私はかみ合っていないように思うが。
うーむ(笑)
コメント

サンタが一足早くやってきた♪

2010-12-20 | Weblog
うふふー♪
ちょっと早めにサンタさんが来てくれました。

最近パンを焼くのに興味があってという話をサンタさんにしたら、サンタさんが「そいじゃ、こいつを使ってみなさい♪」と言って、遠い海の向こうからトナカイに乗せて持ってきた貴重な菌(←怪しい(笑))や塩をくださったのです。

写真はその菌の包み。
世界各国の言葉にて「イースト菌」なるものの呼び名が分かるという優れものである(笑)。
タイ語(?)とアラビア語に関してはさっぱり分からんのだが。
でもこれを覚えたら、どこへ行っても「イースト菌」が買える。
(しかし、イースト菌だけ手に入れてどうしようというのか?というのは、また別の問題。いや、イースト菌を見せたら小麦を買うことができるだろうし、たぶん生き延びられるね。)


今、実験的にパンを作っている。
が、これは失敗する可能性も高いので、サンタさんからの贈り物を使うには勿体無い。
ちょっと様子を見て、上手くできるようになったら大事につかいまーす♪

ありがとうーーーサンタさんっ♪
コメント