心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

ご主人を亡くし落ち込んでいた80歳の女性

2013-12-20 16:31:10 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


先日の寒い朝の出来事です

いつものごとく水シャワーを浴びて上半身裸のまま
玄関に出て数分間北風にさらしていると

ご近所の80歳の女性が通りかかって、たっちゃんの姿を見るなり
いつ見ても元気ですね・・・と挨拶を交わしたとき
その女性からこのような言葉が・・・

> 先日、日赤病院に歩いていったんよ(笑)

ここから日赤病院というと4キロはあります
その距離を 「行き」 だけでなく 「帰り」 も
ゆっくりではあるが歩いて帰ったそうです
実は
この女性が今年の3月杖をついてカロスの前を歩いているのを見て
杖をつかないと歩けないんですか?
と聞くと

> いいえ、歩けないことはないんだけど
  以前こけて、
  それいらい息子たちが危ないから杖をついて歩け
  というので杖をついてるんよ

息子さんは貴女のことを心配しての言葉でしょう
でも、それを続けていくことは貴女のためにならないのよ
そう話すと
その女性は何でかなぁ?という顔をしてたっちゃんの顔を見てました

そこで意を決して たっちゃんの思いを話したんです

元気で最後まで生きたいと思うならば杖などはつかないで
ご自分の足で歩ける間は歩きなさい
貴女は杖などつかなくてもあるけるでしょう
と言って 「想いの力」 を黙って投射しました

そして、ちょっとここで歩いてみて・・・と促すと
その女性は歩いたんですが
ある歩き方が弱弱しい歩き方なんです
もっと腰から下腹を前方に突き出すように歩いてごらん
と言って歩いてもらうと
歩けるんですよ颯爽と、その後心を明るく積極的に持って
生きていくことの大切さをお話しました

それから1週間経ったときに別の近所の奥さんから
80歳の00さん実はご主人をなくしてからズーッと元気がなく
うつ病みたいになって心配してたんだけど

この間、元気そうに手を振って歩いている姿を見てビックリして
どうしたん元気になって何かあったんと聞くと

> カロスの酒井さんから心が大事元気で生きたかったら
  足をこき使えと言われて(笑)
  それから杖なしで毎日この近所周りを歩くようにしたんよ
そしたら、身体も気分も調子がええんよ

と近所の人に話してたみたいです

その80歳の女性が日赤まで歩いてみようと思う気持ちに
なったことがなりより嬉しいことです

今日はたわいもない話でした






エキテンに掲載中です

人気ブログランキングへ



松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症




コメント

米国の脳外科医が 「死後の世界」 を見た

2013-12-18 10:55:18 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


今回のタイトルの真意はこうです

真実を知った上でこの実相の世界の法則を使うならば
神秘の力は神秘にあらず

つまり、実相の世界においてはこの力は当たり前のことで
誰でも普通に使っている普通の力という意味です

ただ、その真実を知っても信じられないがために
実相の世界では当たり前で普通のことが、
この世では奇跡とか神秘と表現されるわけです

その理由は、
やはり肉体を持った私たちの肉体意識は見たり聞いたり触ったり
する五感の影響をもろに受け、
いくら超常現象的な体験を積んだとしても
その事実を科学的に物理学的に繰り返し証明しなければ
信じないと言う 「思い込み」 が脳にインプットされているんです
つまり
この世を現実のごとく見せかけているということです
まあ 「神」 がその辺りのところは上手く隠しているんでしょうね

今回は、その辺りのことを裏付けるような番組が放映されました
その内容を簡単に紹介しましょう
今回のブログのタイトルがその番組のタイトルです

この番組は、皆さんもご覧になった方もいるかも知れません

11月28日の木曜日に放映された”アンビリバボー”の中で・・・
アメリカの脳外科医のスペシャリストが自らの体験を基に死後の世界の
存在を詳しく語った番組なんです

ある日彼の脳にある細菌が攻撃を加え意識を失った彼は勤務している
病院に搬送され
そこで6日間意識がなく7日目に意識を取り戻しその間に
死後の世界で見た不思議な映像を鮮明に覚えていて
その内容をノートに書き綴ったそうです

ここでは詳しいことは省きますが自分が体験したことは
このような脳の状態ではありえないことを証明したのである

つまり、今までこのような現象はたびたび起きてはいましたが
そのたびに識者たちは自信満々に ”脳” による幻覚であると
発表してきたわけです

しかし
今回、死後の世界(実相の世界)を鮮明に体験した脳外科医は
意識快復後、自分が意識を失っていた6日間の

     脳の写真を冷静に分析した結果
     脳は「ブラックアウト」の停止状態であった

ということが判明したのです
そのような状態の中で、自分が体験したあの鮮明な映像は
脳による影響(幻覚)では発生しない
という結論に達したというわけです

つまり、
彼は脳以外に 「何か」 存在するんではないか

     それが、何か・・・と問われても 分からない

分からないが 人間の身体の中には
脳以上の働きをする 「何か」 が存在していて
その 「何か」 が 私に不思議な世界を体験させた
そうでなかったら自分が体験したことは説明がつかない
また
この証明は何百年何千年経っても解明できないかも知れない・・・と

そこで、たっちゃんは思う、この世の中には
確かに
常識では考えられないような不思議なことがある

ということを謙虚な気持ちで受け入れる中に 

     「幸せが」 隠されているよな気がする



「想いの力」を信じて ~私は子宮頸がんステージ4b~

人気ブログランキングへ



松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症




コメント

続 なぜ、人は ”思いより” ”出来事” を・・・

2013-12-11 11:41:40 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね



今ね皆さん、たっちゃんが説いているところのこの説明は
ほんとに大事なところを言ってるんだからね
真剣に聞いてもらわなくては困りますよ

軽~い感じでファ~とした気持ちで読んでもらっちゃ困るんです
厳しいようですけど 
もう一度ご自分の心を見つめなおして清く、美しい気持ちになって
これから先読んでください

八重の桜じゃないけれど 「ならぬことは、ならぬのです」

この世で幸せに生きていくためには、しっかりと把握してもらいたい
大事なところなんですから

つまり思ったことを行動に移さない限り
警察官に逮捕され刑務所に入ることはないんです
ないからこそ世の中の人は自由勝手に思ったりしてるわけです
その 「思う」 という行為が実相の世界ではその通りの出来事となり
その出来事はこの世に投射されて現実化するという「法則」を
この世を信じている人の多くは信じません
その結果
この世で苦しみたくもないのに苦しんでしまうという
思いを感じながら生きていくというわけ・・・

とは言ってもこの体験も心の進化には必要なプログラムです
心の進化とは 「幸せに生きていく」 ということ

話を元に戻しましょう
識者やその道の偉い人が言っているところの教えは
知識、学問としては通用しても
実践となると通用しませんよ・・・と言うことです

例えば、野球が上手くなりたい少年がいてその少年にバットを持って
こういう風に構えてこういう風に打ち下ろすと打てる・・・
と言って苦しい練習もしなくて打てますか
何百回も何千回も何万回も何十万回も振って振って振りぬいて
血豆が破れて血が噴出してもなお振り続けて
初めて打つコツをその少年なりに掴むわけですよ

そこまでしても、生きた投手の球を打てるようになるための
第一歩に過ぎない
でも、その第一歩をクリヤーしないことには
緊張感の中で生きた投手のボールを打つことは出来ない
そういった試練を乗り越え耐え忍んでこそ
公式戦において目の覚める打球が打てるようになるんです

もっと簡単な例で言えば
例えば
高校教育の部活動としての枠を超えないような練習しかしていない
チームの監督さんが
大観衆の応援する中でバッターボックスに向かう球児に
監督がこう叫んだとします

「おい、00緊張せずにリラックスして打って来い」 と叫んだ

それを聞いた球児がハイと返事してリラックスできますか?

出来るわけがないんです
そのような優等生の練習しかしてない監督の一言で
リラックスができるならこんな楽なことはありません

それを可能にするためには、

監督の決して妥協しない厳しい練習に

選手がどこまで牙を向き歯を食いしばり監督のノックに向かっていくか

選手の心の中では ”監督なんか死んでしまえ” という怒りの声が
火の玉の闘志となって練習に向かわせていくのです

涙も流し、血も流し、もうやめたい、という挫折にも耐え忍び

これでもか、という 真っ直ぐ歩けないほどまでの
 
   緊張感のある厳しい練習に耐え忍んでこそ 

不可能を可能にする精神力を身につけることができるのです


これは、何も野球に限ったことだけではありません
日常生活において様々な試練に耐え忍び
       頑張っている人々に言いたいのです

  苦しみが多ければ多いほどその後には
        必ず感動ある喜びの人生が待っていると

そのために、ぜひ実行していただきたいこと
それは・・・
それぞれの人たちが日常生活という厳しい環境の中で

     心を静かに休ませて

自分自身を 「ありのまま」 に見つめるという作業を
諦めずに続けることです

  すべては 「神」 のみ心のままに・・・です

その過程において、たっちゃんのブログを教科書と思い
何度でも読み返すということを飽きることなく続けてください
そうすることによっていつの日かこの世に生まれてよかった
と思われる日が必ず来ることは間違いありません

  それが 「真実の法則」 であり

      「幸せの方程式」 です

この 「幸せの方程式」 はこの世でも完全に働いています


たっちゃん先生



エキテンに掲載中です

人気ブログランキングへ



松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症




コメント (1)

なぜ、人は”思い”より”出来事”を大事とするか

2013-12-08 17:45:09 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


前回からの続きになりますが
よく知識人とか何々のお寺の大僧正と言われる偉い方々が
「人生は心の思い方考え方ひとつ」でどのようにでも変わる・・・
というお話をされています

実際の話その通りなんです、ブログでも同じことを言ってます
しかしね皆さん考えてみてください
なるほどなぁその通りだ・・・と思って実際その通りに出来るなら
この世の中は幸せな人で溢れかえり、
不幸な人は一人もいないと言うことになりません?

ところが実際の話、現実はその逆の人の方が多くないですか
断っておきますが、
今現在幸せに暮らしている人は感謝をもって生きていくことです
そうじゃない人は、ここはもう一度真剣に考えてもらいたい

確かに、幸、不幸は心の持ち方ひとつ・・・その通りです
しかし
それは実相の世界の法則において初めて成り立つ話であって
そうではないと思っている人つまり
この世が本当の世界だと思っている人には通用しません
なぜ通用しないかと言うと
この世が絶対と思い込んでいる人たちは五感で感じる見る聞く触れる
という出来事のみを絶対と思って生きているからです

早い話何か事件が起きたとします
そのときに大事なことは、この世の法律おいては

  「思っただけでは事件」 にならないということです

警察官がね 「お前、今心の中で人を殺そうと思っただろう逮捕する」
なんてことはありません
行動を起こして、出来事が発生して、初めて事件となるわけです

> たっちゃんそんなこと当たり前のことでしょう ̄Д ̄ =3 ハァ

そう、その当たり前の中にこそ真実が隠されていると言うことを
皆さんは(世の中の人は)気づいてないんです
前回にも言いましたね

   これが 「シンプルな方程式」 の実態です

   つまりスーッと流しているんです



今日はここまで

次回は、より真相に迫っていきます



エキテンに掲載中です

人気ブログランキングへ



松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症




コメント

”シンプルな方程式”

2013-12-05 12:18:52 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


”見える出来事は、見えない「意識・心」” から発生している
というのが 「シンプルな方程式」 の原則です

精神世界・真実の探求も原点は日常生活における

     「シンプルな方程式」  にあるんですが

この”当たり前のことの中”に真実が隠されているという事実に
世の中の人の多くが意外と気づいてない
というか気にしてない・・・と言ったほうが合ってるかな

今までも触れないことはなかったけど
今回は、その点をもっと詳しく、噛んで含めるように説明していきます

心をこめて読んでいただければ、どんな人が読んでも一発で
心から受け入れられると思います

では
以前、2012・03のブログに 「人生は心で決まる」という
ブログの中に次のような文章がありましたね

 「物質豊かな生活を生み出す根本は「見えない”心”にあると言う
  絶対的真実に気付かないんだ
  (この問題に関しては後日改めって説明します)

ここで、ほんとに遅くになりましたがその本題に入ります
でも、最初から読んでこられている読者の方たちには
改まって説明する必要はないと思うんだけど

ここであえて言います

ブログを真剣に読んでくれている皆さんですから
頭で理解できている人はたくさんいると思います
しかし、「実相の世界」 を心から受け入れられているかと問われると
はたして何人いるでしょう
ここが本当に難しいところなんですよね
この問いかけはね たっちゃん自身も含めて言っているんです

つまり、
この世で起きている、泣いたり、笑ったりするような
様々な出来事は、その人自身の意識によって起きているという
極めて 「シンプルな方程式」 に基づいて現象化されているわけです

そうと分かれば日ごろ思ったり考えたりする意識と言うものの
大事さがわかるでしょう

さて
前回のブログでも言いましたが 

「人間の身体には凄い力が存在している」 ということが
分かっていても、意識しなければその力は働きません

そしてこの力は 意識すれば意識の通りに発揮するということも
皆さんは知っています
つまり
健康でカッコイイ体を造ってくれるのもこの力であり
病になって辛い思いをするのもこの力
病になった身体を元の健康体に戻すのもこの力

この世に起きる様々な出来事は人間が行動を起こして初めて発生する
その発生の元は意識(心)にあるわけです

そんなこと当たり前じゃないかと思うでしょうけど
その当たり前の重要さがわかっているようでわかっていない
なぜか
人と言うのは見える出来事ばかりに意識が振り向いて
その出来事がなぜ起きたか
その根本原因には関心が向かないと言う傾向があるんです
もちろん
全然向かないと言ってるわけじゃないんですよ
向くには向くんですけどスーッと流してしまってる人が
世の中には意外と多いのじゃないかと思うんです
((なぜスーッと流してしまうのか後日説明します)

早い話、たっちゃん自身も含めて言えることなんだけど
心と言うやつはなかなか自分の思った通りには動いてくれない
というのが現実でしょう

だからこそ、今までさんざん言ってきたように
「自分自身を冷静な心で見つめる」 という習慣が
何をおいても大事なんだと言うことを
今一度ゆっくりと考えてみましょう



エキテンに掲載中です

人気ブログランキングへ



松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症




コメント