心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

奇跡は起きるか

2017-09-10 13:10:09 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


今回の文章は「前回、前々回」からの続きとして読んでください



あなたの命は 2、3日しか持ちません


今から、書くことは事実に基づいて再現してますが
必要最小限度しか載せてません


ある末期の癌患者さんから心の訴え

「私の命は 2、3日 しか持たないと言われました
 
  たっちゃん先生 助けてください」

状況はこうです
末期の子宮頸癌から肺に転移し気管支にも転移気道が塞がれて自力呼吸ができず
6月の末に緊急入院となり 放射線治療を施すも進展なく二度の手術をおこなうも
状況は好転どころか悪くなる一方で三度目の手術後に宣告

8月1日  担当医から

「あなたの 命は 2、3日 しか持ちません

  癌が気道を塞ぎ 呼吸が出来なくなり 右肺も潰れます」

と宣告される

ぼくは1日~7日間 集中的に想いの力を送りました

なんとか助けたい 死なせてなるものか その一心です

その結果 16日検査 担当医から

「気道はまだ狭いものの前回と比べて
    良くなっている右肺も機能している・・・」

という内容の報告を彼女からもろう
その2週間後

8月30日時点で
お粥も食べられるようになりリハビリも車イスで散歩もしているそうです

ここまで来れば 後は病院に任せとけば大丈夫でしょう

医学の力で 「2、3日の命」 と判断した状態がなぜ蘇ったのか
 そこには 何らかの 力が 働いたのは確かです
でないと このような 結果は起きないでしょう

大事なことは いつも言っているように 「事実」 です

ハッキリと宣言しますが 
ぼくは 自己宣伝のために書いたのではありません
癌に侵され痛みに苦しんでいる人に希望を持ってもらえれば・・・
という想いからです
もちろん 
すべての癌患者さんが同じように回復なるかどうかはわかりません

やってみないとわからない、というのが正直な気持ちです

終わりに・・・

8月1日 ~ 8月16日 まで の16日間は

   ほんとに 疲れました

でも  良かった ・・・ 彼女もよく頑張った




松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症

「想いの力」を信じて ~私は子宮頸がんステージ4b~
コメント (2)