心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

親友 が 入院19日間の経過

2019-04-27 10:16:00 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね



4月1日に検査と治療のため日赤に入院することになる
その後
19日金曜日に退院したとの連絡が親友から入る
その19日間の経過を簡単に報告します

医師や看護婦さんたちは献身的に接してくれている
ありがたいことだ

2日に化学療法を受ける、

その後の経過・・・

1)抗がん剤を受けた翌日から体のだるさと食欲なし

2)日に日に体重が減少一週間で44.3キロ(3.5キロ落ちる)
   (入院前は47.8キロ 健康時は65キロ)

3)投与7日後
  歩くことも車イスでないと移動ができない状態になる

化学療法を受けると 「想いの力」 の影響力は極端に落ちます

それでも、何とか退院できるように送ってはいました
退院する前日、見舞いに行くと 
ベットに横になっていた親友がスーッと起きてきたのには驚きました

それまでは起きるのも、かなりの時間を要し難儀しながら起きたのが
その日はスーッと起きるんですからね
力がもどってきているのは間違いない
この調子ならすぐに退院できると親友と話した翌日退院ですからね

奥様の話では 退院したその日に仕事に行ったそうです

親友曰く
「抗がん剤がこれほどしんどいものとは思わんかった」

退院後 温泉に行きたいというので21日日曜日いつもの温泉に行く
そこで、驚いたことは 体重が46.3キロに戻ってました
そして・・・
風呂場の中も 一人で歩いているんです

抗がん剤の影響が切れるのが2週間ほど (担当医の話)
親友が元気を取り戻し始めたのが17日以降からです
とは言え
まだまだ、しんどい状態には変わりはありません
しかし、あれほど 腰と右肩の痛みを訴えていたのが
この最近は
腰の痛みと右肩の痛みは気にならないよにまで回復しているようです

4月24日 仕事場に電話する

>もしもし00か、腰と右肩の痛みはどうなんぞう

「おかげさまで、あれほど痛かった腰と右肩の痛みが気にならん
これはほんとに嬉しいことよ 酒井のおかげじゃ ありがたいと思うとる
ほやけんど・・・ 上体が前に倒れてくるけん 
これがなんとかならんかのう思うんじゃけど
ほんなに何もかも一片に言うわけには行かんわいのう 笑」


>そうやって仕事をがんばっておれば
 お腹もすいてくるし食欲も出てくるけん
 そしたら体重も増えるし筋肉もつく 腹筋もついてくる
 そうなったら自然に背筋が伸びて真っすぐになるけん 
 心配せんでもええ


「わしも病院では力を吸い取られるようで力が抜けてしもうたけど
今は、なんか力がついてきよる感じはするよ」

このように 余命2カ月と宣告された親友が4か月経ち
なんと
あと3日で 「 令 和 」 の時代を迎えようとしてます


追伸

26日(金曜日)電話があり 

「腰はほんとに痛みがなくなって来たんやけど
 今日は右の肩が痛くて電話したんやけど 酒井と話し始めたら
 痛みが消えたわい(笑)
 これは 何回体験しても不思議やな」



健康アドバイザー サカイ
コメント

一生懸命に生きなくてもいい

2019-04-17 10:49:08 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


一生懸命に生きるということは努力と言うものが出てきます
これは しんどい生き方です(たっちゃん先生の今までの生き方)
そうではなくて
自分の好きなことをする
好きなことをしているときって夢中になっているでしょう
楽しいから何時間やってても心は疲れない

そんなこと言っても  (-ε-)ブーブー

生きていくためには嫌なことでもしないといけないことも
あるじゃないですか ムカムカ…((o(-゛-;)
(ムカつくな今日のたっちゃん先生は)

そんな時はどうすればいいんですか ?(  ̄っ ̄)ムゥ

そんな時はね 

 「この辛いことや嫌なことが 何かいいことが起きそうな気がする」

と思えば 楽しい気分になるでしょう
思うことは自由なんだからね

( ̄へ ̄|||) ウーム なるほどね~思うことは確かに自由だわ

でもね、ほんとの意味で、そのことが分かってきたのが
この新居に移って来てからです

この新居に移ってカロスでは体験できないような
体験をさせられているからね
そんな中、ここ数日こんな思いが湧いてきたんですよ

まずは最初に改めることから

1) 一生懸命に生きることはやめなさい

2) 人にも、自分にも厳しく接しないこと

3) 厳格な生き方はやめること

4) 努力はしない

上記の逆の生き方が今までのたっちゃん先生でした
もちろん、
上記のような生き方がいいと思う人は自由です
上記の4つの心構えは
ぼく自身に対して言っていることですから

次に
お勧めする生き方

1) すべての人に優しく接すること

2) 楽しいことのみ考える(ワクワク、ウキウキすること)

3) 目の前のことのみやり、先のことは考えない

4) したことは忘れ、されたことは忘れない
  (相手のために・・・忘れ、自分のために・・・忘れない)

5) この世に存在する、すべての事を好きになる
  (そういう気持ちで生きていく)


この生き方を実践していくために体の奥に意識を持っていく
そして・・・

「困ったことや、心が折れそうな時、迷ったとき」

人に相談したりしないで自分の心に聞くことにしたんです

今までの、たっちゃん先生は辛い時や心が折れそうな時は
聞いてくれる優しい友人に愚痴ってました

そりゃそうですよ 別に言い訳するわけじゃないけれど
ほんとの自分は見えない魂だとわかってはいても魂は見えないもん
それに引き換え
身体は見えるんですから身体が自分だと実感しますよ
皆さんだって同じ気持ちだと思うんだけど
すると、肉体意識が主導権を握ってしまう
ここが難しいところ

じゃあ、この見えない魂こそがほんとの自分だと感じ出したのは
何でだと言うと
やはり、現在の体験でしょうね 
今(カロス)までの生活では体験しえなかった体験をしてますから
その体験が・・・
そう言う方向に導いてくれたんだと思います

でも・・・まてよ 
何で、今までそういうことに気づかなかったんだろう(・へ・;;)うーむ

ほんとに1人マンション生活を送るようになって4か月
特に、ここ最近、ほんとに
なんか変なんですよね

何が変なんですか・・・と聞かれても

 ( ̄~ ̄;) う~~~~~~~~ん わからん

今はほんとにわからんのです
わかったときは、もちろん報告させてもらいます




健康アドバイザー サカイ
コメント (2)

気持ち こそがすべて

2019-04-07 12:30:15 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


この世を歩んでいくうえに大切なものは何ですか?
とたずねられれば 心が一番
気持ち感情が働く場所が 「心」 です
つまり 意識が働く場所も 「心」 です
 
すべての出来事に対しても 感情という要素は要だと思ってます
心乱れるのも、静かな心になるのも、熱い心になるにも 感情の世界

ぼく自身、今のバイトにしても、生活環境にしても厳しいものがあります
しかし・・・
すべての出来事は自分自身のために必要なこととして納得して・・・
というか、
この世に降りてきた魂はみんな覚悟して、この世に生まれてきたんだと思ってます
ぼくは、この環境にあって 初めて修行の核心に触れたような気持ちになってます
それと言うのも 見えない世界の人と繋がっているなぁ・・・と
感じさせる出来事が、ここ数日続いているんです
そういう状態の中
毎日毎日、心を見極め
何を思いどう受け止めようとしているのか 観察の行が続いてます

観察の目的は

   「 ほんとうの自分に気づき その通りに生きていく 」 

そうすれば、この世においても実相の世界と同じ暮しを体験できる
貧乏もなく、病なく、悩みもない、豊かで健康で喜びに満ちた人生を歩むことができる

その人生を体験するために個々の 魂 はこの世に来た
       (この世に生まれたすべての魂)
ぼく自身は、
この事実(真実)を実証するために、この世に来たと思います
そのヒントとなるのが

「私(魂)は進化するために→ 酒井 龍彦という人生を体験しているんだ」

このように思えるようになったのは4月5日金曜日です
不思議なことになぜこういう気持ちになったのかわかりません
フーッと浮かんで来たんです
そうすると 
今までは理屈(感覚的に知っていたと・・・)では知っていた真実が
        
感情の方面からスーッと心に入ってきて妙に納得したんですね
つまり
感覚的に・・・
ほんとの自分は見えない魂で
見えている酒井龍彦さんは、ほんとの自分ではない

見えている酒井龍彦さんは
私(魂)が進化するために必要な役割を演じている大切な道具(身体)なんだと
ならば この道具(身体)自身も大切に手入れをしないといけない

その結果 
身体自身である酒井龍彦さんを客観的に感じるようになってきた
というのが 今現在の心境です

この心境は理屈ではなく 感覚(感情)で感じるようになりつつあります








健康アドバイザー サカイ
コメント