心の奥にある神秘の力

この、心の力がどれだけ人生に影響を与えるか

絶望的な状況に立たされたとき・・・

2016-10-08 10:31:32 | HP
初めての人はプロローグから見てくださいね


以前、ブログに次のような文章を書き込んだ記憶があります

「明日があると思わず、今日で命が尽きると思い
          目の前の出来ることに 専念せよ」

9月30日(金)
五大新聞の一社の一面に 「編集手帳」 なるものがあり
その欄に 下記のような文章が載ってました

厳しい人生を歩んでいる人にとって 
何か心に感じてくれるのではないかと思い 記載しました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

編集手帳

「木を見て、森を見ず」   この諺は

物事の細部に気を取られて、全体を見るのを忘れる・・・ことを戒める
諺として昔から使われている

しかし
今回はこの諺に新解釈を施し、賛美として使ってみたい

プロ野球パ・リーグで優勝した日本ハムの選手たちを見ていて

一時は、ソフトバンクに11.5ゲーム差をつけられた。

相手が11連敗し、自身が11連勝しても追いつけないほどの大差である

客観情勢という 「森」 を見渡せば、
        道を開拓する心は萎えたにちがいない

その日その日の対戦相手という 「木」 だけを見つめ、
目の前の1本を切り倒すことに精魂を傾けての大逆転である

そこで あえて言う  

     「森を見ず、木を見よ・・・」 と


野球に限らず、スポーツに限らず、絶望的な劣勢にたたされたときの
戦い方を教わった気がする


原文のまま
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さんの心に少しでも勇気を・・・との思いから

最後に 津田左右吉の詩を一句


「明日いかに ならむは知らず 今日の身の 
    
           今日するわざに わが命あり」


「明日の我が身はわからないが 
        今出来ることのみに一生懸命やってみよ」


(たっちゃんはの解釈)





「想いの力」を信じて ~私は子宮頸がんステージ4b~

人気ブログランキングへ



松山市にありますカロス健康センター:腰痛 膝痛
心の悩み 腱鞘炎 肉離れ円形脱毛症 -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加