おじぃの独り言

セミリタイアして第二の人生をエンジョイするおじぃの備忘録です。

江戸末期安政二年(1855年)創業『原田酒造場』@飛騨高山

2018-04-13 05:33:51 | グルメ
飛騨高山の『原田酒造場』は江戸末期の創業の伝統ある蔵元で、銘柄『山車』が有名です。



飛騨乃酒『山車』は、高山祭の絢爛豪華な祭り屋台「山車=だし」から、「山車=さんしゃ」の清酒銘柄としています。



飛騨乃酒『山車』は、江戸末期安政二年(1855年)に、徳川幕府直轄地「飛騨」の旧城下町「三之町」にて酒造業を開始しました。



以来、江戸・明治・昭和の激動の時代を十代にわたり清酒醸造を守り続けてきました。代々その技術に研鑽を重ね、淡麗である一方で、しっかりとした芳醇な米の旨みを兼ね備えた『山車』独自の風味の豊かさを「奥伝 飛騨流厳冬寒造り」にて醸しだしております。



難関アルコール部門で【モンドセレクション金賞受賞!】定番酒での金賞受賞は山車実力の証ですねぇ。



お店では思う存分『山車』の利き酒をさせて頂きました。



豊富で清冽な北アルプス伏流水と良質の飛騨産米を原料に、厳しい冬季寒仕込みによりじっくりと醸しだされた味わいを四百年の時の浪漫と共に楽しみれる『山車』です。





ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癒される『高山の古い町並み... | トップ | 日本の原風景世界遺産『ひだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事