おじぃの独り言

セミリタイアして第二の人生をエンジョイするおじぃの備忘録です。

近代化日本の歴史に触れられる『台湾総統府』@台湾台北

2019-04-23 06:03:59 | 旅行
台湾でまた大きな地震がありました。大丈夫でしょうか?


『台湾総督府』は、日清戦争の結果清国から割譲された台湾を統治するために設置された日本の出先官庁でした。台北市に設置された台湾総督府本庁舎は、今日でも中華民国の総統府として使用されています。



『総統府』は、平日の午前中と、不定期の終日に一般公開されており、内部を見学することができます。身分証明のためのパスポートが必要です。



平日の公開は午前9時から正午まで。日本語・中国語・英語のツアーガイドが付き、パネルを使って総督府の歴史を解説してくれます。見学は1階のみで、予約不要です。



大正8年(1919年)の完成時には、赤レンガ造の建造物としては日本一背が高いものになりました。施工においては耐震・耐熱帯気候の工夫が随所に施されたほか、塔には台湾初のエレベーターを設置したり、防火のために館内は禁煙として建物の四隅に喫煙室を設けたりと、当時として画期的な試みが導入されてます。



『総統府』は赤レンガと白い花崗岩で造られたルネッサンス様式の風格ある建物です。設計はコンペによって競われ、日本銀行の本支店の設計を多く手掛けた『長野宇平治』の案が選ばれ、それに総督府営繕課の『森山松之助』が修正を加えて、1919年に完成しました。太平洋戦争時に空襲で一部損壊しましたが、1948年に修復され、文化資産保存法により国定古蹟となっています。



平日の見学コースの1階の回廊に向かいます。「建築の物語、総督の物語、総統の物語、台湾の物語」という4つのテーマで各部屋の中にパネルや資料が展示され、総督府から総統府への変遷がわかりやすく紹介されています。



日本の歴代総督の案内や下関条約の議定書など興味深い史料も数多く展示されています。



建物の真ん中にそびえる60メートルの中央塔には台湾初のエレベーターが設置されました。



人気の写真スポットの総統の執務室。



総統の執務室にあるものと同じテーブル。



総統府を守る憲兵の制服です。




耐震構造で、亜熱帯特有の疫病を防ぐため、中庭を作って採光と風通しも良くしました。



1階部分はぐるりと中庭を囲む回廊が続いています。風通し通しの良さと建物内への採光を考えた気持ちの良い中庭は疫病予防のためでもあったそうです。



赤レンガと白い花崗岩で造られたルネッサンス様式の建物は、上空から見ると日本を意味する「日」の字の構造になっており、日本の方角である東向きに建っています。日本統治時代に台湾総督府として建設された当時の面影を偲ばせます。



建物内の材木はすべて一級品であった台湾ヒノキを使用しています。



こんなところにも『平渓天燈節のランタン上げ』の写真が、



『総統府』の中の郵便業務はほかの郵便局と基本的に変わりません。



現在の総統『蔡 英文』とのツーショットもあり。



こちらは過去の台湾と日本の歴史的関係を無料で学べるお勧めの観光ツアーです。


ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村
コメント

台北の王様グルメ『小龍包』@台湾台北

2019-04-20 07:01:47 | グルメ
台北の中山にある専門店の『京鼎樓(ジンディンロウ)』に行ってきました。



日本人も多く、行列のできるお店です。



『京鼎樓』は、小籠包の有名店「鼎泰豊」で修行した兄弟が、『京鼎小館』に続いて出店した2号店で、絶品小籠包は現地の方はもちろん日本人観光客やビジネスマンにも大人気です。



現在は東京(恵比寿・池袋・お台場など)・横浜(SOGO)など首都圏に多数、ミント神戸にも店舗を構えています。



店内は地下に50席・1Fに12席・2Fに60席の三層になっていて、2階に通されました。



『京鼎樓』の注文は、オーダーシートに個数を記入して店員さんに渡すタイプで簡単です。



先ずは『台湾ビール』から、台湾乾杯!



浦和にもできたようです。



きました。



生姜に酢と醤油を入れて小籠包のスタンバイ完了。



たっぷりの肉汁とさっぱりとした味付けの小籠包。



こちらは少し皮の厚い蒸し餃子。



そして『京鼎樓』オリジナルの「烏龍茶小籠包」です。生地に緑茶が練り込まれているそうで、綺麗な緑色がインパクトあります。味は、生地の “ほんのり” お茶風味と、烏龍茶が入った具の程よい苦みが丁度良い感じです。



やはり本場の小龍包は日本では味わえない美味しさでした。


ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村
コメント

台北最大の夜市『士林夜市』@台湾台北

2019-04-17 05:36:00 | 旅行
台北には饒河街観光夜市、華西街観光夜市、師大夜市など多くの夜市があり、中でも『士林夜市』は最大の夜市です。



生き方は、台北駅から淡水へ向かう紅線(淡水信義線)に乗り込み『劍潭駅』で下車。駅前には大きな球体のついたビルがあります。



今回は、故宮博物館の帰りなので『士林駅』から向かいました。



平日ですが、物凄い人ごみです。



『士林夜市』の中心には、2011年12月にオープンした新しい施設で1階はゲームやお土産、雑貨などの屋台があり、地下には食べ物の屋台が連なっています。



先ず目指したのは、台湾B級グルメの代表格『胡椒餅』、有名店の『福州世祖』。



『胡椒餅』は、小麦粉で作ったパイ風のサクサクした生地の中に、胡椒でピリリと辛めに味付けされた豚肉餡と、1㎝ほどのぶつ切りにされた葱が入っている釜で焼き上げた焼きまんじゅうのような食べ物です。



溢れんばかりの肉汁が閉じ込められて、焼きたてを食べると、そのおいしさに病みつきになる人が続出する台湾の定番グルメです。



続いて一気に有名になったミシュラン掲載店『阿輝麺線』。



メニューは 「大・小」、それにトッピングを選べます。

•大腸・・・モツ
•花枝・・・イカ
•綜合・・・モツ・イカの半々
•清麺線・・具なし



大腸麺線(ダーチャンミェンシェン)を頂きました。日本人大好きなかつおとカキの旨みがじっくり味わえるスープに、ツルリとした細麺の組み合わせ。最高に美味しい麺線でした。



『阿輝麺線』は『士林慈誠宮』の前にあり、ランタンの飾りを見ながら頂けました。



そして最後は『士林豪大大鶏排』、士林夜市を代表すると言っても過言ではない特大サイズのスパイシーな鶏排(フライドチキン)のお店です。こちらの行列は凄いです。



アジアを象徴するとてもエネルギッシュな夜市でした。


ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村
コメント

歴代皇帝の華麗なる秘宝を集めた『故宮博物館』@台湾台北

2019-04-14 07:08:06 | 旅行
『故宮博物館』は、中国の歴代の皇帝らによって収集され、北京の紫禁城(故宮)に保管されていた歴史的文化財を保存、展示する博物館です。



この博物院には、中華民国政府が台湾へと撤退する際に故宮博物院から精選して運び出された美術品が主に展示されており、その数が合計6万件冊。



台湾の国立故宮博物院は、台北市北部の士林区にあり、付近には高級住宅街が広がっている。



アクセスはMRT淡水信義線の士林駅からバスで約30分ほどです。




先ず入って驚くのが、牌坊(パイファン)と呼ばれる巨大な中国の伝統的建築様式の門です。中華文化のシンボルの一つとされています。



展示品はとても多く、日本語パンフレットに記載された有名処を紹介します。

『毛公鼎(もうこうてい)』、中国古銅器中最も長文の銘をもつ鼎。



2800年以上前のものと推定され、国権を象徴する礼器にもなっていました。



有名な『翠玉白菜(すいぎょくはくさい)』は、翠玉(翡翠)を、虫がとまったハクサイの形に彫刻した高さ19センチメートルの美術品。残念ながら貸出中で現物を見れませんでした。



『玉圭』、BC2200~1900年の山東龍山文化晩期のもの。圭は鉞(まさかり)や鉋(かんな)などの刃のある器具で、器形は尺に似ています。祭祀のさいに王やシャーマンが手に持ち、身分を証明するものです。



北宋時代の定窯『白磁嬰児枕』、枕です。



『白玉彫直紋炉瓶盒組』、清朝宮廷は様々な玉材を用いて炉瓶盒を大量に制作し、各宮殿の陳列用としてました。



『霁青描金遊魚粉彩轉心瓶』、清代のもので、乾隆年間の作品。こちらは“轉心瓶(転心瓶)”で、中段の画像では、瓶の構造が分かります。青地に金釉の文様が華やか。

 


外側瓶に開けられた4ツの花弁型小窓から内側瓶に描かれた魚が泳いでいるかのように覗けます。乾隆窯の技術、芸術性の高さが窺えます。



『唐傭立女傭』、唐時代の作られた、ふくよかな体つきに衣をまとった姿の美人像。



『雕象牙透花人物套球』、清代末期の作品。



象牙の塊りを、どうくり抜いたのだかサッパリ分からないが、入れ子式に17層の球状に彫刻。しかも、それぞれの球体は、ちゃんと回るという。 



そのほかにも手の込んだ美術品が数多くありました。



『故宮博物館』は、1965年8月台北の外双渓に台北新館を落成し同年11月12日に一般公開はじめました。その後国をあげて展示スペースの拡充と倉庫の建設および研究や出版・国際交流活動等ハードソフト両面に力を注ぎ、その収蔵品の価値の高さも相俟ってルーブル・エルミタージュと並び称される博物館となりました。




ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村
コメント

Fly to 台北 from 羽田 on 2019冬

2019-04-11 06:16:05 | 旅行
久しぶりの海外旅行です。



東京オリンピック前の羽田空港国際線ターミナルを見てみました。



遠くには国内線のターミナル。



国際線ターミナルは急ピッチで拡張工事中です。



今回の海外旅行の目的地は台湾台北、羽田からの直行便です。




国内線と同じように離陸して直ぐに右旋回します。



この日は低気圧の影響で地上は曇りですが、上昇して雲の中を抜けると快晴です。



遠くには雲の中から富士山が飛び出しています。



そして富士山の上空、山頂の雪がなくなり、相当に風が強そうです。



富士山の脇の赤石山脈、山頂はきれいに雪を頂いています。



三河湾に入り中部国際空港。



この日は低気圧の影響で雲が多く日本列島はよく見れず、いきなり台湾台北の松山空港への着陸です。



松山空港は台北の真ん中にあり、ビル群の中を降下していきます。



空港内にグランドピアノがあり自動演奏していました。洒落ていて、NHK番組の『空港ピアノ・駅ピアノ』の世界ですねぇ。




ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村
コメント