立川湯屋敷梅の湯 若旦那のフロント日記

コミック11,000冊!スーパーマニアック銭湯の裏事情!

若旦那 健康セミナーを受ける in 「明治記念館」さん

2018-07-26 23:00:00 | 健康

毎年、楽しみにしているセミナーがある・・・「明治記念館」さんで行われるセミナーでその名も「健康セミナー」・・・講義を受けたあと「健康弁当」を食べるのだ^^

こんな素敵な部屋でセミナー受けるんだからそりゃあ楽しいですよね^^

ただ、講義の内容をお話してもたいして面白くないだろうから、ここは割愛させてもらっちゃおうかな?若旦那的には楽しかったんですが、実は少し前に書いた講義とまったく同じ先生、まったく同じ内容だったんです^^同じことを何度も書かれてもねぇ・・・(おまえ、毎日同じようなブログ書いてるくせによく言うな!)

こうして、健康弁当を頂くのが楽しみなんです^^

なんてヘルシーなお弁当なんでしょうか?・・・こういうのを食べていれば、こんなに太るはずないんですけど(涙)何しろ白いご飯もおかわりできませんしねぇ(涙)

でも、ワタクシ、このあと、なんで太るのか、そのヒントとなる出来事に遭遇したんです!それはお弁当を食べ終わった若旦那が家路につこうとした時のことです!

「時間あるだろ?軽く飲もうか?」と偉い方々から声をかけられる若旦那・・・

「いや、今日はもう帰ろうかと・・・」と断る若旦那・・・

「ちょっとだけだし、そういえば大事な話もあるんだよ!」と適当なことを言う偉い方々・・・

これ絶対に大切な話する感じじゃねぇじゃねえか!(口が悪いぞ!)

でも、大丈夫!軽く飲むぐらいなら若旦那みたいな低燃費な人間はすぐにカロリー消費しちゃうから!

うんうん、つまみも刺身なら問題ない!確か刺身はカロリーがゼロだったはずだから(どこからの情報かな?)・・・ちょっと待って!生シラスじゃないか・・・大好物なんだよなあ・・・生タコも好きだしなあ・・・えっ?食事?食事はいいよぉ・・・

そりゃあ、出されれば食べるけど・・・って、なにこれ?やたらと旨そうだなあ・・・大好物だけでお腹いっぱいになるパターンじゃんか・・・何かの罠か?・・・確か、白いご飯にはカロリーがあるんだよなあ(当たり前だろ!)

そうか、こうして太っていってるわけだな?

肉~~~?ダメだこりゃ!

この「羽衣」さんていうお店は店内に3つのカウンターを持つ、とっても素敵なお店なんです・・・店に入って左に寿司カウンター、中央にステーキカウンター、そして右に天ぷらカウンターってね!

そういえば、この「羽衣」さんで来月の9日の木曜日に鉄板焼きの食べ放題が開催されるそうです・・・限定10席、男性6000円、女性5500円で牛や豚や鳥や烏賊、帆立、カレイ、そして野菜などが食べ放題なのだそうです・・・すご~~く贅沢な話だなあ・・・興味のある方はお早めに予約をお願いします!^^(今度は明治記念館さんの手先に?)

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


若旦那 衛生に関して考える④ 「国民健康・栄養調査」からの「野菜メニュー店」

2015-01-25 17:14:13 | 健康

厚生労働省が昨年の11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果がまとまり、公表されました。

この調査は5,204世帯を対象として実施され、有効回答の得られた3,493世帯についての集計だそうです!

一言でいうと、「主な生活習慣に関する状況は、60歳以上で良好」ということらしいです・・・野菜摂取量を含む食事バランス、運動習慣、睡眠時間、喫煙者の割合、どれをとっても、60代以上の層は良好な数値を示しているんですねぇ^^

年代別で言うと、20,30,40代は本当に数値が悪い・・・まぁ、若旦那なんて、肉とラーメンしか食わず、まったく運動をせず、睡眠時間は短く、肥満体系ですからね・・・最悪ですよね・・・言ってて悲しくなります(涙)

少し驚いたのは、受動喫煙に関する調査なんですね、微減の状況は変わっていないようなんですが、いまだ3割の方が、飲食店、遊技場、職場などで受動喫煙しているそうです、これは、高く感じますねぇ・・・ちなみに東京都浴場組合では東京都の「受動喫煙防止ガイドライン」を受けまして、全施設禁煙の早期達成を目指して日々、組合の皆様への理解を求めているところなんです・・・若旦那の所属しております、北多摩組合・・・これは、立川、国立、昭島、東大和、武蔵村山、府中、国分寺、調布、狛江といった広範囲に及ぶ組合なんですけど、その中で、禁煙・分煙の実施が出来ていない店舗は1軒だけという現状です・・・こちらにも、たびたび、お願いはしているんですが、そこは、経営者ご家族がみな喫煙者らしくて、自分たちが吸いたいがために禁煙に踏み切れないみたいなんですねぇ・・・ちょっと、困ってます^^(あっ、めちゃくちゃ、内輪の話になってしまった)

まぁ、そのことは置いといて・・・東京都では「地域における食生活改善普及事業」における野菜メニュー店普及促進事業なるものが実施されることとなったそうで、具体的には今年の4月頃から本格始動するようです!

今までも同じような事業があって、そちらは、「健康づくり協力店」と言ったそうなんですが、今回の「野菜メニュー店」の導入に伴い、そちらは、27年2月頃を持って終了通知が出され、終了するそうです!

さて、この「野菜メニュー店」・・・1色あたり120g以上の野菜を使用したメニューがあるお店であれば、どなたでも登録できるということなんです・・・

登録されますと、ステッカーが頂けたり、広報誌、情報誌などに掲載されたりするそうです。たとえば、東京都のホームページ「とうきょう環境ステーション」や保健所のホームページなどにも「野菜メニュー店」として掲載されたりするそうです^^決して、高くないハードルのようなので、たくさんの飲食店の皆さんが注目してくださるといいですねぇ^^

みんな、いっぱい野菜食べようよ!(って、お前が言うな!)

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

 


若旦那 衛生に関して考える③ 「光化学スモッグ」

2015-01-24 18:27:04 | 健康

古くて新しい大気汚染と言われる「光化学スモッグ」に関する昨夏の発生状況が昨年末に発表されたということで、資料を頂いたので、若旦那も考えてみる^^

中国をはじめとする東アジア諸国の急速な経済発展に伴い、大気汚染物質物質の排出量も飛躍的に増加しているようで、それがまた季節風なんかに乗って日本にも運ばれてきているようです!その結果、若旦那が子供の頃、夏になると頻繁に聞いていた「光化学スモッグ」という言葉が、現代に復活したのです!!

東京都は大気汚染防止法及び環境確保条例に基づき「東京都大気汚染緊急時対策実施要項(オキシダント)」を定め光化学スモッグ注意報などを発令するそうです・・・ちなみに昨夏の発令日数は9日、猛暑であった一昨年の17日に比べ約半分だったそうで、それによる健康被害の届け出はゼロだったようです。

ところで、光化学スモッグって、どんなものか知ってました?若旦那なんか、まったく知りませんでしたけど、自動車や工場などから排出される窒素酸化物や揮発性有機化合物が、太陽の強い紫外線を受けると光化学反応を起こし、オゾンなどの酸化性物質を発生させるんですって、それが気象条件などによってどこかにたまり、白くモヤがかかったような状態になる・・・この状態を「光化学スモッグ」というんだそうですよ!^^

4月から10月にかけての日差しが強くて気温の高い、風の弱い日に発生しやすいのだそうです、特に7,8月は気温も高く紫外線も安定した天気が続くため、発生しやすいのだとか!

ちなみに発令には段階がありまして、学校情報 → 予報 → 注意報 → 警報 → 重大緊急報 と推移していくのだそうですが、予報からすでに緊急時協力工場・事業場には燃料使用量の削減要請がはじまるそうで、段階に応じて削減量が最大40%まで増加していくのだそうです。

若旦那が生まれて間もない昭和46年なんてね、発令が33日で健康被害の届け出人数は28,000人を超えてるんですよ、恐ろしいですねぇ・・・今後、その頃のような状態に戻らないことを祈るばかりです^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

コメント (2)

若旦那 衛生に関して考える② 「害虫」

2015-01-23 17:07:29 | 健康

昨年はなんと言っても、デング熱の流行により、「ヒトスジシマカ」が脚光を浴びましたね・・・そうそう「アカイエカ」っていうのも、なかなか厄介なヤツらしいですよ・・・実は、日本においては公衆衛生の向上により、蚊が媒介する感染症は少なくなてはいるのだそうです、しかしながら、熱帯地域で発生する例のデング熱、マラリア、また近年アメリカで流行したウエストナイル熱などが、今後、日本で流行する可能性も危惧されている現状・・・私たちにできることはなんなのでしょうか?

体中に一日中、虫よけスプレーを吹きかけ続けるわけにもいかないし、そもそも、若旦那なんて、夏になると虫取りに出掛けるのに、虫よけスプレーなんてやってたら、みんな逃げちゃいますよね(涙)まぁ、もっとも、意外と雑木林とかには蚊、いなかったりするんですけど^^・・・どうやら、一番の対策は発生源を作らないということになりそうです。

庭などの空き缶や空きビン、古タイヤなど水の溜まりそうなゴミ・不用品はすべて撤去し、バケツなど普段使用しているものでも、水が溜まりそうなものは逆さにする、水生生物などを飼育している鉢などは1週間に1度は水を入れ替える、雨どいや側溝は定期的な清掃をして、雨水・排水ますには殺虫剤を投入・・・そうして、増やさないことこそが一番の防御になるそうですよ!

通常、条件が良ければ2週間ほどで成虫になってしまうのだそうですが、逆に言えば、2週間に一度、あたりに気を配るだけで、かなりの予防ができるというわけです、早速、暖かくなる前に、家の周りをチェックしましょう!^^

昨年の9月、ついに、とうとう、東京都でも「セアカゴケグモ」が見つかってしまいました・・・しかも、同じ多摩地域の三鷹市で(涙)はじめて日本上陸を果たしてから20年・・・ついに、足元までやってきたなぁという印象です・・・これは、きっと、避けられないとは、ずっと前から思っていましたが、いざ来られるとやっぱり怖い・・・すでに発見されている「ハイイロゴケグモ」っていうのも、同じ「特定外来生物」ではあるんですが、なんでも、「セアカゴケグモ」の方がはるかに攻撃性が高いらしい(涙)日当たりの良い暖かい場所のくぼみや穴、隙間に巣をつくるそうですから、屋外で作業する時は十分注意をしましょう!

見つけても、決して触ってはいけません!殺虫剤を用いるか、熱湯をぶっかけるか、靴で踏みつぶすのもOKだそうです!^^1匹いれば、周囲にはもっといるぞ、気を付けろ!

害虫に分類されるべきものがもう一つ「指定薬物」・・・日々(といっていいほど)増え続けている感じがする「危険ドラッグ」の脅威をうけて、「東京都薬物の濫用防止に関する条例」が一部改正されました。危険ドラッグ販売店への警察官の立入調査が可能になり、都職員が知事指定薬物を含有する疑いのある物を試験検査の目的で無償で収去できるようになりました・・・遅い遅い・・・ぬるいぬるい・・・もっともっと厳しくてもいいですね、こればかりは!

昨年は立川市内でも錦町・富士見町と相次いで危険ドラッグだ原因とみられる事故がおこっている・・・これは、もしや、立川でも簡単に危険ドラッグが手に入るような状況になっているのではないかと心配したのだが、警察関係の方に話を聞いたところ、まだ立川市内では、その手の販売店は確認されていないそうだ・・・今後も、その手の店の出店は許さないで頂きたいものだ!

都内では薬物濫用防止活動の一環として、標語やポスターの応募活動を取り入れている「防止活動率先校」なるものが増え続けている・・・ちなみに立川市では9校中5校が標語の応募数で規定を満たしている・・・近隣地域と比べて決して悪い数字ではないが、是非、すべての学校で、取り組んでほしい・・・「ヤクブツ・ダメ・ゼッタイ」・・・まず、この町を守る・・・結果、東京が、日本が、守られる・・・そういうことでしょ?^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

 

コメント (4)

若旦那 衛生に関して考える① 「食中毒」

2015-01-22 17:05:39 | 健康

衛生に関する商売をさせて頂いている関係で、「保険医療協議会」なるものの委員をさせて頂いている若旦那・・・本日も会議に出席したのですが、まぁ、なんといっても風呂屋の若旦那ですからね、たいした意見も言えず、イマイチ、貢献できていない気がします・・・ので、せめて、情報を一人でも多くの方に広めるという広報?周知?啓蒙?・・・ともかくそういう活動ぐらいはしてみようかなと思いまして、本日はその第1弾!

本日のテーマは「食中毒」です^^

東京都で年間、どれくらいの食中毒がおこっているのかご存じですか?もちろん、その年によってマチマチなのですが、約100件の報告があるようです。多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれでしょうが、ただ、死亡者はいないということで、その点は、ほっとさせられます。

ちなみに、多摩立川保健所管内では、昨年9件の報告があるんですが、ほとんどは生肉の摂取によるものだという報告があります、お肉のたたき、刺身、カルパッチョ(若旦那の大好物ばかりです)が原因で症状が出るようです・・・このケースは「カンピロバクター」という菌が見つかるタイプですが、この「カンピロバクター」という菌は、あらゆる動物が保有しているそうで、中でも牛や豚よりも鳥が多く保有しているんだそうです、新鮮な肉でも繁殖するので、やはり火を通す以外に手はないということです、生食好きには天敵ですね・・・皆さん、お肉はよく焼いて食べましょう!!^^

もう一つ、よく耳にするやつに「ノロウィルス」っていうのがありますよね、冬場に発生しやすいもので、集団発生につながり場合があるので、恐れられてますよね。

このウィルスはオハイオ州ノーウォークの小学校ではじめて検出されたことから、その名がついたのだそうですが、カキを含む2枚貝から検出されることが多いということで、これまた若旦那の天敵と言えます!なにしろ、若旦那は生カキが大好きなんですから!!(いや、そんなに力入れなくてもね)

「サルモネラ」ってのも忘れちゃいけませんね、自然界に普通に存在しまくっているこの菌は、ペットなどを介して食品を汚染することもあるようです、生肉やうなぎやスッポンなどが原因になることもあるのですが、鶏卵による食中毒も報告されているそうで、十分な加熱工程を経ていない玉子料理が要注意だそうです、もっとも、最近は、鶏卵の予防がすすんでおり、減少の傾向にあるのだそうです。新鮮な卵を割卵後、速やかに食べることで、かなり予防できるようです、もちろん、完全に加熱するのが一番なんでしょうけど^^

こうした微生物の情報は東京都福祉保健局の食品衛生安全情報サイト「食品衛生の窓」などで詳しく知ることができますので、是非、チェックしてみてください。

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯