立川湯屋敷梅の湯 若旦那のフロント日記

コミック11,000冊!スーパーマニアック銭湯の裏事情!

生親子丼? in 伊藤商店

2015-05-29 17:16:09 | グルメ

立川湯屋敷 梅の湯があるのは立川市高松町、さらに駅に近づくと曙町・・・その曙町にある立川市立第2小学校のそば、地元で緑川と呼んでいる道沿いに、なにやら、妙な定食屋のようなものが出来たという噂を耳にしたので、早速、行ってみることに!

どこかな?どこかな?・・・あっ・・・これに決まってる^^ものすごく、妙な感じのお店があった^^

これ、メニュー写真がなかったら、お店感ゼロだなあ^^でも、メニューは豊富にあるようなので、好き嫌いが多い若旦那でも問題はないだろう・・・が、しかし、一応、入る前に注文を決めていこう・・・万が一、納豆定食しかなかったら、困るからね!

チキンカツカレーか、うんうん、いいね!

から揚げ丼・・・うんうん、それもいい!

鶏丼・・・ん?鶏たたき・・・鶏キムチ、鶏生姜焼き・・・これ、全部鶏じゃんか^^なんと、鶏専門店?この店構えで、鶏専門店?やるなぁ、しかも、めっちゃくちゃ魅力的なやつがある・・・絶対にこれを食べるぞ!

店内に入ると、5,6人の男性が食事中!ふむふむ、結構、はやってるんだなあ・・・場所はそんなに良いとは言えないから、これは味にも期待できるかも^^

で、若旦那の注文したコイツがやってきた!

数量限定の「生親子丼(700円)」・・・生親子?・・・普通、生親子って聞いたら、サーモンとイクラを思い浮かべるよね?だけど、こちらは鶏の専門店!!そうです、まさかの鶏サシと生卵^^

こんなにあたたかい日に、生で鶏を食べるなんて、若旦那は勇気があると思うでしょ?でもね、若旦那は、お腹は弱いが、お腹がやられることには強いので、どんなナマモノもまったく問題はないのです!^^っていうか、これがなんでも出すお店なら少し躊躇するかもしれないけど、こちらはなにしろ鶏専門店ですからね!間違いない!!^^

一口目から、メチャ旨だ!もちろん、まだ卵は壊さない!!淡泊な鶏の旨みを存分に味わう・・・目を閉じると、白身魚のような、またはメバチマグロのような、ほどよいネバリ・・・一瞬、魚かと思うほどだが、そこはやはり肉・・・歯ごたえにいくらか強さを感じる・・・半分ほど食べ進めたところで、卵を破壊、コクをプラスするのだ!ああ・・・なんという幸せ!黄味の甘味が鶏身の旨味と混ざり合って・・・って、ゴロだけで言ってるから意味がわからん^^

立川の穴場ともいうべき場所に出来た、伊藤商店さん、きっとまた来ます!

ごちそうさまでした!

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


今日まで?・・・それじゃあ頂きます!  in 「青樹」さん

2015-05-28 17:27:51 | ラーメン

立川湯屋敷 梅の湯からもっとも近いラーメン屋さんである「青樹」さん、その距離約150メートル・・・しかも、駅までの道筋にあるものだから、もう年中前を通ることになる・・本日も何気なく通りかかると・・・ん?

なぬなぬ?限定?台風らーめん?台風らーめん18号?うま辛or激辛?期間も限定、1日20食限定?いつまで?え~~~~っ!今日まで?ええ~~い、食べるとも!!!

ジャン!!もちろん激辛をチョイス!!

今頃になってやっと理解した!

あっ、これ台湾風ラーメンなのか^^それで台風ね(遅い!遅すぎる・・・ニブイ!鈍すぎる!)

今にはじまったってほどではないけど、最近、若干の台湾ラーメンブームを感じるんだよなあ、特に台湾まぜそばってのが増えてる気がする・・・安くて美味しいんだよなあ^^

で、こちらの「台風らーめん(850円)」・・・辛さはそうだなあ、若旦那にとってはマイルドな部類ですな^^もともと、「青樹」さんは、麺がすごく美味しいから、何やっても美味しいんだけど、これもまた結構合うなぁ・・・台湾ラーメンの独特の香りもするんだけど、なぜか、青樹さんらしさは損なわれてないんだよな・・・それでまた、ランチのサービスであるご飯が合う・・・辛し高菜を乗せたご飯と、辛いスープを吸わせたひき肉をのせて、軽くかき混ぜて頂くんだけど、こういう丼があってもいいくらいだ^^

「青樹」さんはじめ、立川ラーメン団の皆さんは限定ラーメンを次々と出してくださるので、本当に飽きないね!でも、限定ラーメンばかりを食べてしまって、本来の煮干しを食べる暇がないのが悩みだなあ^^

今日も、美味しかったです、次の限定も楽しみにしてます、ごちそうさまでした!

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


約束通りやってきた 「まるひろ」さん in 昭島くじらロード

2015-05-21 21:43:10 | ラーメン

銭湯とお寺、まったく関連性の見えない施設ですが、同じ環境衛生に携わる業務があるということで、袖触れ合う程度のお付き合いをさせて頂いていまして、その共通する組織の打ち合わせで、本日は昭島の高名なご住職にお時間をとってもらい、ご自宅へ訪問させて頂くことになりました(緊張)

万が一にも遅刻する訳にはいかないので、とてつもなく早く家を出た、一応、住所はわかっているとはいえ、現地に行ってみないことにはね^^お寺自体はすぐに見つかりました、当たり前、すんごくでっかいだもの^^でも、こう大きいと、入口に困る、少なくとも3か所くらい怪しいところがあるので、すべてチェックしておく!

さて、時刻はまだ12時前、お約束まであと1時間、何か食べるとしよう・・・おっそうだそうだ!先日、「めだか」さんに行った時に、駐車場の先に見えた「まるひろ」さん、今度行くって宣言したんだった・・・ちょうどいいや、あそこに行ってみよう!

少し車で走りましたが、ほどなく到着、こちらが、昔ながらの中華そばでおなじみの「まるひろ」さんです^^

くじらロードの駐車場のすぐ横なんですが、残念ながら、こちらには駐車場サービスはありません・・・もっとも、一番安価な中華そばは500円ですから、駐車場料金のサービスは難しいのかもしれませんね^^

そのせいもあって、お店の前に車が不法に駐車されているのもよく見かけますが、ああいうことが続くと、お店にも近隣にも迷惑がかかり嫌ですねぇ(涙)若旦那は、路上駐車を絶対にしない宣言をしておりますゆえ、当然、駐車場に入れさせていただきます^^

さて、店内に入りますと、カウンターはいっぱい、あちゃ~待つようかなと思ったら、奥の座敷テーブル席に通された、ありがたやありがたや!

すぐに注文しましたが、タイミングが悪かったのか、そこそこ待ちまして、やってきたのがこちら!

「中華そば 大盛 わんたん 味玉付(1000円)」・・・・う~~ん、なんとなくだけど、またやり過ぎている?(涙)なぜ、こうなってしまうのか?・・・学習能力が欠如しているのでしょうか?(涙)

さて、気を取り直して頂きます、スープは本当にものすごくオーソドックスな醤油味なんだけど、なにかなぁ、ほのかに特徴のある香りが混じってる、こういうソフトインパクトが癖になるツボだったりするんだよなあ^^

麺はかなり細い弾力ある系(最近、この表現にはまっているようなので、お付き合いください)、大盛だから、がっつり入ってるけど、淡泊なスープをガンガン絡めてきて、お腹に溜まる感なく滑り込んでく!^^テーブルにあった胡椒をガンガンかける、これまた引き締まって美味しい^^

ワンタンは生姜が効いてる・・・でも、若旦那はいっつも思うんだけど、ワンタンて皮が美味しいよなあ・・・肉ぬきワンタンとかあってもいいと思うなぁ、ああ、つまりはワンタンの皮っていうトッピングがあってもいいと思うなぁ^^

しかし、この安心して食べられる感じ・・・このお店が老若男女に愛される理由なんだろうなあ・・・っていうか、ラーメン屋さんとしては、珍しいくらいにご高齢のお客さんが多い・・・今日も、年配のご夫婦が仲良くカウンター席で中華そばをすすってました^^

お腹を休めたい、心を休めたい・・・・そんな時には、是非こちらにどうぞ!!

スープまで完食し、何気なく時計を見ると、あと3分で駐車場の値段があがることが判明!!・・・・大変だ!猛ダッシュで店を出て・・・ぎりぎり30分で清算・・・200円ですみました・・・こういう駐車場代もバカになりませんからね^^ダッシュした甲斐がありました!

ご住職に電話し、どこに車を寄せればいいかを尋ねます・・・北門よりどうぞ!と言われる・・・住職?普通は北門とか言われてもイメージわきませんぜ?しかし、ご安心ください、ワタクシめは下見をすませておりますゆえ、一発でわかりましたとも^^

このあと、素晴らしいメロンを頂きながら、住職のありがたいお話を1時間以上にわたり、お聞かせいただけることを、まだ若旦那は知らなかった^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


可愛い立ち食いうどん屋 「ゆず屋製麺所」さん

2015-05-20 22:44:22 | グルメ

神田で懇親会があるので、お昼過ぎに家を出た、今朝からまだ何も食べていないが、神田に着くのは3時少し前になる、いかにも中途半端だ、困ったなー、そんなことを考えながら予定通りに神田駅着

 
少し駅前を物色、ラーメンはがっつり食べちゃうからダメだな、チャーハンはラーメンも一緒に食べちゃうからダメだし、寿司はちょっと、気分じゃない、ここは軽くやっぱりそばだなあ、なんて考えてたら・・・気になってたお店があったことを思い出す・・それが、こちら!
 
 
神田駅前でとっても目立つ可愛い看板・・・「ゆず屋製麺所」さんです、最初に見かけた時はラーメン屋さんかと思って、店内を覗いたんですが、よく見たら、「神田UDON」って書いてあるんですよね^^
 
店外の券売機前で、さて、なにを頂こう、やはりわかめか、いやしかし、初来店だし、オススメのかき揚げにしよう、こちらはうどんの専門店、そばの選択肢はない、よしよし、決まった、それにしても、この手の立ち食いのお店でうどんオンリーって珍しいよなあ^^
 
カウンターに、チケットを出すと、
「生卵にしますか、ちくわ天にしますか?」と聞かれる
・・・えっ?なに?若旦那の戸惑いを感じた店員さんがすかさず
「今、サービスでどちらかがついてます」、とのこと
しまったー、そうと知っていれば揚げ物はやめて、わかめにちくわ天でよかったなあ、まあしかし、今更仕方ないので生卵を、お願いする
 
が、ふと、価格表を見るとなんと、生卵は60円、ちくわ天は100円とある、おいおい、40円も違うの?参ったなあ、しかしそこはほら、なにより貧乏性な若旦那のことですから、すかさず・・・
「やっぱりちくわ天にしてください」
・・・はあ、食べたいものより値段でなびく、相変わらずダメダメだなあ
 
店内は想像以上に狭い、立ち食いで5.6人も入ればいっぱい、時間が時間なので先客はお二人、それも、若旦那のうどんが来る前に店を出たので、若旦那のうどんが出てきたときには店内は若旦那1人になってました
 
おお!やっぱり、なんとなく、バランスの悪い感じのものがきた、しかも、かき揚げにもちくわが入ってる、とんだちくわ好き男の注文になってしまった
 
出汁を一口、うわっ、店の名に恥じない柚子の香り、透き通った出汁だが、しっかりとした味、これは美味しい・・・七味、生姜、ゆず胡椒、すり胡麻・・・カウンラー上には雰囲気のある調味料が並んでる^^
 
 
軽く七味をふる、うんうん、とってもいい感じ、うどんは細いけど、だらしなくのびてはいない、立ち食いとは思えないクオリティを感じるなあ、生姜をひとさじ、ふむふむ、すごくさっぱり感が増す、若旦那はこのケースの生姜は味が淡泊になり過ぎるので、それほど好まない・・・よって、生姜はもうここまでにする^^柚子胡椒をひとサジ・・・こっこれは辛い、胡椒辛さが素晴らしく効く、入れすぎ注意の文字にうなづく、苦手と言いつつ、ゴマを一振り、この出汁には合う・・・再び七味からの繰り返し^^・・・ウマイよウマイよ!!
 
あっという間に完食、出汁も残らずいただく、満足満足、さて、では、本部に向かうとしよう・・・
ごちそうさまでした
 
 
 

町の洋食屋さん 「ZEN」さん

2015-05-19 21:38:17 | グルメ

若旦那がよく買い出しに訪れる店の一つ、総合卸しの「タジマヤ」さんの東久留米店!!ここに出掛けると、帰り道に、色々なお店に立ち寄って帰ってくるのが毎回の楽しみなんです・・・で、今日もやってきたわけだけど・・・さて、今日は何を食べて帰ろうか?

大好きな回転寿司「ダイマル水産」さん・・・あの味噌ラーメンか?あの醤油ラーメンか?・・・いや、うどん?・・・あっ、その時、思い出したんだよぉ!

いつも、ダイマル水産さんに向かう途中の裏道に突如現れる謎の洋食屋さんのことをね!

よしっ!今日はあそこに行こう!!・・・で、やってきたのがこちら、「洋食屋 ZEN」さん、住所は小平市花小金井、花小金井駅から北にすすみ青梅街道を超えた住宅街の一角、距離にして800メートルくらいはあるのかなぁ、やっぱり、車で来る方が便利かなぁ!

ドアを開けると、一気に異世界に誘われる・・・すごく雰囲気満点の店内にはテーブルが8個・・・お昼少し前に到着したので、店内にはまだ余裕が・・・奥の一段高くなった席に通される・・・隣はお一人様の年配の男性・・・新聞片手にミックスフライなどを頂いているよう・・・イカス!!

さて、何を食べようか・・・ランチも色々あるみたい・・・フライにカレーに、その時、壁の写真に目がとまる・・・おお!あれだ!あれにしよう!迷うことなく決定!!さて、若旦那が頼んだものはなに?

・・・・・・・これだぁ!!!

「トンカツナポリ 大盛(1500円)」・・・めっちゃ熱々の鉄板の上にナポリタン・・・そして、トンカツ・・・おもわぬB級なメニューの発見に心が躍る^^熱々鉄板は、テーブルに運ばれてもなおパスタを熱し続け、カリカリパスタを作っていく^^ケチャップ味じゃなくて、高級な味がするナポリタン、シェフは有名ホテルで修業を積んだかなり立派な方らしい、その上品さは上に乗るトンカツに現れている・・・このトンカツこそが洋食屋さんで食べてるんだなということを実感させてくれるね、サクサクの衣に、優しい優しすぎる食感の肉・・・そもそも、トンカツをなんていうの、デミグラス?つまりはトンカツソースじゃないもので食べてる時点で、もう、気分が違うんです・・・ああ、幸せ!

ただ、これ大盛?ホントに?大盛にしなかったら、どんだけちょっとなの?いくらなんでもそこは上品すぎるのでは?値段のことは言いたくありませんけど、1500円ですからね、そこはやっぱりボリュームも欲しいですよぉ、だってね、大盛にするのに200円かかったんですよ、業務スーパーだったら200円あれば乾麺で600グラムは買えちゃいますからね(ナンセ~~ンス・・・そういうタイプの人種は来ない感じの店なんですよねぇ^^)

気がつけば、お店は満席・・・ウェイティングのカップルの姿が見える・・・隣の紳士はビールなど飲んでくつろいでる・・・いかん、ここは俺が席をあけなければ^^9割がた女性が占める昼下がりの洋食屋さんを、ホクホク笑顔であとにする中年オヤジ!大変、美味しかったです、近くにあれば、もっともっと来る機会があるんだろうなあ^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯