立川湯屋敷梅の湯 若旦那のフロント日記

コミック11,000冊!スーパーマニアック銭湯の裏事情!

男の店だぜ! in 「三豊麺」さん

2018-09-19 23:00:00 | ラーメン

浴場組合がある神田の裏通りにまた一つラーメン屋を見つけた・・・ほんの数百メートルの距離なんだけど、こっちは、駅に向かう道とずれてるので、一度も来たことなかったわけ!

実はこういうことは、自分の店でもおこっている・・・「立川湯屋敷 梅の湯」より「立川駅」に近いところに住んでいる方は、ほんの数百メートルしか離れていないというのに、ここに銭湯があることを知らなかったりするのだ・・・だから、商売っていうのは難しいんだよなあ

こちらがその「三豊麺」さん・・・間口の狭さがそそる・・・醤油・味噌・塩・トンコツ・坦々麺とそれこそなんでもありのラーメン屋さんのようだ!ある意味、専門店ぽさはないわけだけど、近所にあって本当に嬉しいのはこういうお店ですよね^^

しかも、おすすめメニューなる日替わりっぽいメニューもあるので、困った時には役立ちそうだ!もっとも、困った時にしか来ないというのも迷惑な話だけど^^

風呂屋が閉店するって時にも、やってきたお客さんが言うんだそうです

「ここが無くなったらお風呂が壊れた時に困るので続けてほしい」・・・お風呂壊れた時の為に営業を続けるなんて、無理((涙))

そんなわけだから困った時に来るなんて言い草は許さん!(自分で言って、自分で否定してるわけだな!)では、スッキリしたところで話をもどしまして・・・今日は初来店、何を食べるか迷ったんだけど、お店の看板で一番大きく書いてあったつけ麺にしました!

「濃厚魚介辛つけ麺(880円)」

かなりの太麺ということで、茹で時間8分と書いてあった・・・大丈夫!若旦那は時間だけは腐るほどありますから!^^・・・その証拠に若旦那は開店時間11時半に合わせて来店してますから!(ダメなところを自信たっぷりに言うよねぇ?)

まだ、店内には誰もいないので、8分待つのもなんでもなかったのだ・・・もっとも、若旦那のラーメンが運ばれてくる頃にはカウンターには客が5人ほど、テーブルに2人組が1組入ってました・・・なかなかの客入りのようだ!^^ただし、お客さんは100%男性・・・この店にはどこか、女性が入りづらい雰囲気があるのかもしれない(お前の思い込みかもしれない!)

 太いけど、ワシワシはしてないなぁ、とっても食べやすい^^

味に大きな特徴はないけど、もうこの手のスープはほぼ完成形が見えているので、もうどこで食べても充分な及第点のものが出てくる!ある意味、醤油ラーメンと同じレベルに達した感すらある^^よって、これはものすごく辛くしてしまったりすると逆にウケるんじゃないかと思うんだけどなあ^^これじゃあ、辛つけ麺と言っても、ピリ辛だもん^^(おまえはマヒってるからな!)

ただ、こちらのお店、入ってくる人たちがみんな

「大盛!」とか

「チャーハンセット!」とかを頼むから、なんか落ち着く^^

最近、大盛無料って言ってるのに、それを断って「並でいいです!」なんていう信じられない人たちがたくさんいて、若旦那はそのたびに傷ついてるんです、そう、自分の心の弱さにね(涙)

よって、この男の店に若旦那はきっとまた来ます・・・次はチャーハンセットを頼む!^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

 


冷たいそば週間⑨ 暑いときはネバネバ! in 「つぼみ家」さん

2018-09-18 23:00:00 | そば

好き嫌いばかり言ってる若旦那ですが、実際本当に食べられないものは世界に一つだけ・・・あっ、ちょっと待てよ・・・世界には信じられないレベルの食べ物も存在するからな、そうなると日本に一つだけ・・・あっ、ちょっと待てよ・・・地方には信じられないレベルの食べ物も存在するからな・・・確か桧原村ではカブトムシの幼虫を食べてるって話だったし(本当なんだろうな!?)そうなると東京に一つだけ・・・あっ、ちょっと待てよ・・・東京っていうのはなんでもある街だからな・・・都内には「カエル」や「サソリ」は当たり前、神田にも最近「ワニ」を食べさせるお店ができたし、中には「オオグソクムシ」が頂ける店まであるっていうからな・・・となると、立川に一つだけってことになっちゃいますね・・・ちょっと規模が小さくなってしまったけど、その食べ物はなにかって言うと納豆なんですね(それを言う為だけにこれほどだらだらと書いたというのか?)

ネバネバするのが苦手なの?なんてきかれたりもするんですけど、そこはまったく関係ない純粋に味と匂いが苦手ときたもんだ、何しろ、子供の頃から嫌いでねぇ、かといって、家族全員嫌いってぇわけじゃあない、若旦那以外は毎日納豆でも大丈夫ってくらいの納豆好きの家で育ったってんだから、こりゃあもう筋金入りですわな・・・えっ?なんで急にそんな話をしたのか?て、そりゃあ、おめえさんこれからネバネバの話をするからに決まってるじゃあありゃあせんか(で、そのおかしな口調はどういう意味があるんだ?)

やってきたましたのは、神田駅東口のガード下で店をかまえる「つぼみ家」さん・・・駅から少し離れているので、朝のピークを過ぎると本当に空いていて、ゆっくりと食事ができるので若旦那が最近もっともよく行くお店です、ただね、席がね、こういう感じだから少しお尻が疲れちゃうんですけど!

さて、こちらも色々なメニューがどんどん出てきて、若旦那をまったく飽きさせないお店なので、店内の張り紙などに細かく目を通していきます・・・おっ!またいいメニュー発見したぞ!

これしかないな・・・お値段的にはかなり高額商品になっちゃうけど、ネバネバ3兄弟が入ってますからね、これを頼まなくてはネバネバハンターと呼ばれる資格はない(呼ばれてないけどな!)

「ねばとろそば(500円)」

おおっ!これはなかなかそそる!・・・まずは1種類づつ楽しんでみよう!オクラのこの青臭さ、いいねぇ!・・・とろろの優しい甘み、いいねぇ!めかぶの磯の香りと喉の通り、いいねぇ!それぞれに、きっちりとした個性が出てる・・・では、個性の融合じゃ!これでもかとかき混ぜてみるぞ!

ついでに、わざびと七味を大量に投入したら、いつもの食事のようなビジュアルにかわった(いつも何を食べてるんだ?)

麺はしっかりとしたコシがあり、つゆはこれだけ薄まった感があってもしっかりと味を主張してくる・・・ネバネバ好きなら楽しい食事になること間違いなし!ただ、問題がないことはない・・・絡めて絡めて、飲むように食べちゃうから、梅雨も全部飲んでしまうってこと!塩分の取りすぎに注意しなければならない若旦那にはこれはヤバイ(涙)

これで「なめこ」が入っていたら、完璧だったなぁ^^なんて、贅沢を言ったらキリがない、十分満足いたしました、ごちそうさまでした。

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

 


ピンバッチをディスプレイしてみよう

2018-09-17 23:00:00 | 銭湯

大好きな激安洋品店「タカハシ」で素敵な時計を見つけた!

なんと価格は580円・・・これで580円は安いんじゃない?

アタッシュケースみたいになってて、なにやらとってもお洒落・・・これはお買い得だということで、売っていた4個全部購入して帰ってきた・・・もちろん、時計のまま使うわけじゃない、若旦那はそんなに時間に縛られる男ではないのだ!

破壊する^^時計の本体はいらないので外してしまおう・・・小さなネジ4本でとまっていただけなので、簡単に外せた・・・もちろん時計もペンチ一つあれば楽勝でばらせるぜ、俺は壊し屋だからな(なにかのスイッチ入っちゃったのかな?)

方眼紙みたいなのを見つけたので、それを貼って、目安となるところに印をつけたら、穴をあけていく・・・本当は小さな穴で行けるかなって思ったんだけど、実際はバッチの土台みたいな部分があるので、比較的大きめの穴をあけないとうまくはまらないことが判明・・・徐々に径を大きくしていくよぉ^^

壁紙っぽい物を印刷してボードに張り付け、その後、ピンバッチを付けていく・・・しかし、つけてみると、これだとイマイチしっくりこない・・・もう少しバックのデザインを凝ってみることに・・・1枚の画像の半分だけ透過率を下げるという若旦那にしてはなかなかの技術を用いて、これが完成形だ!

うんうん、不器用な若旦那にしては結構まともなものができた!

調子に乗って、4つとも作っていきますよぉ・・・結果、透過率を20%ぐらいまで下げた壁紙がしっくりくることがわかったのでこんな感じで完成しました!

家族からはこんなにがさばらしてどうするんだ?と文句を言われたけど、とりあえずお店に飾ることに^^

実は、若旦那は結構な数のピンバッチを所有しているので近いうちに飾ってみようかなと思う・・・楽しみに待て!(だから、誰も待ってないってば!)

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

 


おやじたちばかりで来てもいいじゃないか! in 「ピアット・ジョルノ」さん

2018-09-16 23:00:00 | パスタ

なかなか、多摩地区の集まりに出る機会が少なくなっている若旦那でありますが、今日は久しぶりに参加、その後食事の為に国分寺駅にやってきた・・・いつもは、和食のお店ですよね・・・それが常識のようになっている・・・しかし、本当にそれでいいんでしょうか?「おじさん=和食」という思い込みはもう捨てたほうがいいのではないでしょうか?・・・で、わがままを言って、本日選んだのはこちらのお店!

「ピアット・ジョルノ」さん・・・どうやらイタリアンのお店のようです・・・いやぁ、嬉しいなあ^^

実はここ国分寺駅「セレオ」のレストラン街には何度も来てるんですけど、基本的に寿司の「銀蔵」さんと和食の「甍」さんしか来たことなかったんです^^

こちらは昼間はずっとランチをしてらっしゃるみたいで、ランチ5時までって書いてあります、やりすぎ!^^

まずはランチのサラダを食べながら生ビールだね^^

幸せですねぇ・・・ちなみにランチビールは小さいけど300円で頂けます・・・それにメインのパスタかピザを選んで、それにソフトドリンクもついてくるようです・・・メインの前につまみも軽くいただきましょう

「アンチョビポテト(420円)」

揚げたポテトにアンチョビたっぷりの熱々オリーブオイルがかかっているという健康なんだか不健康なんだかわからない超若旦那好みの見た目・・・もちろん、見た目だけじゃない、味も完璧に若旦那の好みに合致してます^^

おっ、コレも来た!

「3種チーズのピッツァ」

単品の値段がちょっとわからないけど、これもセットで選ぶことのできるピザです。

イタリアンのお店でよく出てくる、ほとんど辛くない辛みオイルをかけて頂きます・・・チーズの甘みとオイルの微妙な辛さがたまりませんが、それよりなにより会うのは「アンチョビポテト」のアンチョビオイルにピザのミミの部分を浸して食べるっていうやつ!

これがはまった!これだと、まったく味のないミミの部分もめちゃくちゃ楽しんで食べられる(言い方悪いなあ)

っていうか、このオイルがあるなら、ピザは生地だけでもいいかも^^(パンとか頼みなさい!)

と、そうこうしてたらメインのパスタがやってきた!

「たっぷりシラスのペペロンチーノ(1230円)」です!

この絶妙なアルデンテ感、一切焦げを感じない先生の香ばしい香り、そこにほのかなシラスの塩ッ気・・・なにこれ、すごく美味しいんですけど^^このモチモチしたパスタも専門店ならではって感じだなあ^^

ペペロンチーノが美味しいと、他のパスタも食べてみたくなりますよねぇ・・・もちろん、今日はもう十分ですけど^^

最後にセットのアイスコーヒーを頂いて、ランチは終了!

おじさんでもたまにはこういうランチをみんなでするって楽しいもんだ・・・店では浮いてましたけどね^^

これから、国分寺に来た時は、毎回違うお店に行きたいなあと人の感想は聞かずに一人思う若旦那でありました!

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


数量限定「銭湯コミック」を手に入れろ!

2018-09-15 23:00:00 | 銭湯

「立川湯屋敷 梅の湯」にまたあたらしいポスターがはりだされた!

なんでか、黄色でかぶってしまった「WE LOVE SENTO」の銭湯利用啓発キャンペーンポスターだ!

このポスターよく見てみると一番下に小さな文字で何やら書いてある!

前項の浴場で配布中「銭湯コミック」銭湯は長生き作戦の最前線基地だ!!・・・と書いてある・・・そのコミックというのがこれ!

16ページほどの薄い冊子だけど、全ページフルカラーの渾身の作品だ!^^

ストーリーはというと、たまたま風呂が壊れて訪れた銭湯で、若者が地域住民との交流を通して銭湯の良さに目覚めるというベタなもの(ベタって言っちゃダメだろ!)名前こそ出てませんけど、若旦那もその監修に携わった愛着ある1冊ですので、お客様にも是非読んで頂きたい!

各浴場に30部しか置いていない、大変レアなものをなっておりますので、お早めにゲットして頂くことをおすすめします^^

「立川湯屋敷 梅の湯」では、フロント前で配布中!よろしくお願いします!

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯