立川湯屋敷梅の湯 若旦那のフロント日記

コミック11,000冊!スーパーマニアック銭湯の裏事情!

「SENTO meet-up」へのお誘い

2019-01-20 23:00:00 | 銭湯

東京都の主催による「SENTO meet-up」という交流会が行われることになりましたので、一体、どんなことをやるのかをご説明させて頂きます。もっとも、このようなチラシが東京都の銭湯店頭に置いてありますので、それをご覧いただければいいって話なんですけど^^

日時は2月16日(土)12:00~14:00(受付は11:30から)

募集は30名、対象とさせて頂いているのは都内の銭湯で働くことに興味がある人、経営をしてみたい人、銭湯を舞台に新しいことに挑戦してみたい人、銭湯経営者の話を聞いてみたい人、とにかく銭湯が好きな人・・・っていうことで、つまりは、銭湯愛のある人ならどなたでもいいよってことなんですね^^

参加する銭湯経営者は3名、なんとそのうちの1人が若旦那でございます、どこにでもあらわれますねぇ、暇なんですねえ^^

会場は大田区蒲田の銭湯「ゆ~シティー蒲田 3階ホール」・・・「JR蒲田駅」や「京急蒲田駅」「東急蒲田駅」、どこからでも徒歩圏内にあるとってもアクセスのいい銭湯です。

チラシの裏面には詳しく内容が記載されています、3部構成になっていまして

第1部は「東京都浴場組合」の理事長より10分程度のお話を頂きます

第2部は「朝日新聞DIALOG」の社長さんをファシリテーターにお迎えしてのワークセッションで、ブラッシュアップした上で発表ということですが、若旦那くらいのジジィになると、もう何を言ってるのかわからない^^・・・つまりは社長さんの進行により、アイデアを出し合い、それを意見交換でより良いものに仕上げるってことなんでしょうね^^これが40分

第3部は参加者と銭湯経営者の自由な交流会でこれが70分(軽食・飲み物用意あり)

お申込みは

メール syaken_01@jmar.co.jp

または FAX 03-3432-1837 ということなんですが、なんか専用の申込書があるみたいなんで

「㈱日本能率協会総合研究所」03-3434-6283(9:00~17:00)までお問合せしてみてください。

たくさんのご応募をお待ちしております、ちなみに、応募多数の場合は抽選だそうです^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


「立川湯屋敷 梅の湯」のマッサージ機がかわった話

2019-01-19 23:00:00 | 銭湯

風呂あがりのマッサージって本当に気持ちいいですよね・・・実はかつて「立川湯屋敷 梅の湯」でも、プロのマッサージの方が週一で店に出ていたこともあるんですが、何しろ、狭い店内なのに場所を取りますのでね、最近は機械頼みになってしまってます・・・ちなみに昨年まで置いてあったのがこちら!

「フジ医療器」さんの結構高価で結構大きいマッサージ機、とってもいいんですけど、これまたものすごく場所をとるんですよねぇ・・・だから、今年から違うマッサージ機に変更することにしました・・・というのも、同じく「フジ医療器」さんから、とってもコンパクトで可愛いマッサージ機が出たからなんです^^

それがこれ!

小さいから2つ置いちゃった^^(それじゃあ、まったくスペースの活用になってないけどな!)でも、これによりカップルでお座り頂いてるお客様もいますから、やっぱり1台より2台だよねえ^^

ついでにコインタイマーつけるのやめちゃった、面倒だから!^^

フロントに声をかけてもらって時間貸しのシステムにしたんです・・・無料にしてくださいと言われることも多いですけど、無料にするとすぐにマッサージ機が壊れちゃうのと、かえって本当にやりたい方ができなかったりするのでね・・・それに若旦那って商売人だから(それが本音だな!)今回は30分200円、60分300円ていう金額にしてみました、利用いただいた方には大変好評です^^

それに、この形だと予約を受け付けられるのでね・・・ご入浴前に時間を指定してご予約いただければ、お風呂上りにスムーズにマッサージに入れます・・・いかがでしょう?(誰に売り込んでるんだ?!)

これからしばらくはこのスタイルでいきますんで、よろしくお願いします^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


銭湯が「BEAMS」さんとコラボ?って話

2019-01-18 23:00:00 | 銭湯

今まで内緒にしていましたが、実はこのたび銭湯は「BEAMS」さんと「牛乳石鹸」さんとコラボの企画を進めておりまして、本日、電撃的にスタートさせて頂くことになりました。

東京都すべての銭湯にかかげられたのは素敵な暖簾・・・店頭に出せない形の店舗でも店内のどこかにこの暖簾がでているはず!

なんとなんと、「立川湯屋敷 梅の湯」では2階にあがるところにもう一つ入口があるような形にさせて頂きました・・・これまでにない斬新なデザインだと思いませんか?

同時にスタンプラリーも開始されます、商品の交換は新宿の「BEAMS」さんの店舗ということで、多摩地域の方からすると少しハードルが高いんですが、そこはご容赦願うとして、店頭にこのようなスタンプ帳をご用意しています!

他にも、このような素敵なポスターが貼ってあるんですけど、このポスター、裏面も読み物としてなかなかの出来きなんです!

実はこのポスターもプレゼントさせていただくことになっていまして、店頭にご用意してございますので、興味のある方は是非お手に取って頂きたいと思います。

さらに、私の友人でもあります鶯谷の「萩の湯」さんにおいては、ペンキ絵がこのキャンペーンの図柄に変更されました!

こちらが本日、若旦那のもとに届いた、ペンキ絵作成中の写真です・・・めちゃくちゃ可愛い絵が描かれています^^

若旦那も近いうちに、実物を拝見しに伺う予定になっていますが、皆さんも是非足を運んでみてください^^

キャンペーン期間は3月31日まで!是非是非、ご参加ください!

 

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


結果、若旦那のコメントが掲載された話

2019-01-17 23:00:00 | 銭湯

昨日、新聞記者さんに取材されたという話をしまして、若旦那に聞いてどうするんだ?なんて言っていたわけだけど、なんと、今朝の読売新聞に若旦那のコメントがしっかりと紹介されていた^^・・・真面目に答えておいてよかったねぇ^^

「親方になっても応援」というところに若旦那のコメントがございますので、ご覧ください!

ただ、稀勢の里関への想いと共に、若旦那の相撲愛は確か15分以上にわたって語られたはずなのに、使われたのはこの数文字なんですよねぇ(おまえ、急に贅沢言い始めたな!)

そもそも立川市っていうのは相撲の町でして、若旦那の子供の頃は神社には必ず土俵がありまして、毎年大々的な少年相撲大会も開かれていたんです、若旦那も小学生の間、毎年かかさず出場していまして、もちろんちゃんとまわしを付けておしりを出して戦っておりました!

大会終了後は「立川湯屋敷 梅の湯」に全員揃って入浴するんですが、もちろん体中砂まみれなもので、玄関先でホースで水をぶっかけられてから店の中に入ったものです、すごく楽しい思い出ですが、今そんなことしたら、色々な意味で怒られちゃうかもしれませんね^^

そうそう、昨年、立川場所が行われましたが40年ぶりということで、つまりは若旦那が小学生の時に前回の立川場所が行われていたんですね・・・競輪場の駐車場を利用して会場がつくられたりしてまして、取り組みを終えた力士たちがこれまた「立川湯屋敷 梅の湯」に入りにきたんです・・・もちろん、有名な関取はいらっしゃらないんですが、それでも嬉しかった覚えがあります、でっかい人たちが次々と湯船に入りまして、皆さんが出たら本当に湯船のお湯が半分になってたんです、まるで漫画のようでビックリしましたよぉ^^

しかし、本当に稀勢の里関の引退は残念でした・・・お弟子さんの稀勢のなんとかって四股名の関取が生まれるのを楽しみにするとしましょう、稀勢の里関、お疲れさまでした。

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


全国浴場新聞」コラム「銀輪躍動」2018年12月 「ロッカーの鍵」

2019-01-16 23:00:00 | 銭湯

稀勢の里が引退になってしまいましたね・・・若旦那と大相撲なんてまったく関係ないと思いきや、「立川湯屋敷 梅の湯」には「大相撲 立川場所」で頂いた座布団が飾ってあったり、フロントのバックヤードに歴代横綱暖簾がかかっていたりとちゃっかり相撲色を出しちゃってるんですねぇ^^・・・なんとそれゆえ、さきほどある新聞社からご連絡を頂きまして、「若旦那、相撲ファンでしたよね?稀勢の里の引退に一言ください!」だって^^

若旦那のコメント聞いてどうするんだよぉ?と内心、めちゃくちゃ笑いながら、結構真剣に答えちゃったりして^^今後の親方人生で、良い関取を育てて頂けることを期待しましょう^^

 

さて、話は変わりますが、「立川湯屋敷 梅の湯」では、下足箱の鍵を預かり、脱衣室のロッカーの鍵をお渡しするというシステムをとっていて、これにより、レンタルタオルやレンタル充電器などの貸与がすごく簡単にできるようになっている・・・それよりなにより、脱衣室のロッカーのカギが無くならない

何しろ、銭湯における鍵の紛失の多さには皆、頭を悩ませているんです、簡単に合鍵をつくればいいってものじゃないので、結局、しばらくは使えなくなってしまい、お客様に大変なご不便をおかけすることになりますしね

で、このたび、ロッカーを新調した若旦那、アイデアで少しでも鍵の紛失をなくしたいということで、こんなことを書いてみた!

 

 

第12回 「ロッカーの鍵」

ロッカーの鍵の紛失に困っている方は多いのではないだろうか?私もその一人である。私の店では下駄箱の鍵を預かり脱衣室の鍵を渡すというシステムなので、脱衣室の鍵はほとんどなくならないのだが問題は下駄箱、とにかくすごい勢いでなくなってしまう。

今回、下駄箱の入替にあたって、コインリターン式にするということも考えたのだが、それはやはりお客様の利便性が大きく下がる。

色々思案しながら何度も下駄箱を開け閉めしているうちに、人は扉を閉めると無意識に鍵も閉める癖がついていることに気づいた。

鍵を閉めると抜いてしまい持ち帰ってしまう、だとすれば、扉が閉まりきる前に手を離してもらえばいいのでは?ということで、ある程度の位置から扉が自動的に閉まる金具をとりつけ、ついでに扉を掴みづらくするため取っ手部分をなくし、鍵自体を引いて扉を開ける形にしてみた。

 設置から半年、なんと紛失した鍵は3個とこれまでの数分の一に減少した。小さな工夫で変わることというのがあるものだ。全国の皆さんからのアイデアも是非お聞きしたい。

2018.12.1 全国浴場新聞「銀輪躍動」

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯