立川湯屋敷梅の湯 若旦那のフロント日記

コミック11,000冊!スーパーマニアック銭湯の裏事情!

これはかなり個性的だ! in 「田舎そば かさい」さん

2018-11-14 23:00:00 | そば

中野の駅前、電車から見えるお蕎麦屋さんがある・・・いっつも、サラリーマンでいっぱいだ・・・若旦那もサラリーマンの端くれであるからして是非参戦したいと常々思っていたのだ(だから、おまえは風呂屋だって言ってるだろ!)

しかし、見るところ、あそこはとってもこじんまりとした完全な立ち食いなんだよなあ・・・実は若旦那は混雑している完全な立ち食いなんて行ったことがないサラリーマンだからしてちょっとびびっているだ!(だ・か・ら・・・おまえは、風呂屋!)

でもね、今日は中野で乗り換え、時間もたっぷり・・・時刻は中途半端な10時・・・行くっきゃない、行くっきゃないよぉ!!

先客あり、しかし、空きスペースもある・・・突入じゃ!

いきなり、目の前に店員さん、いかん、券売機のないスタイルだ!すぐにオーダーを決めなければ・・・えっと、何にしよう?何にしよう?メニューは壁に貼ってあるだけ、あそこから選ばないといけない・・・どれも、当たり前のものしかない、上から田舎そば・・・たぬき・・・わかめ・・・月見・・・変わったところだとアジ天ぐらいかなぁ・・・いかん、優柔不断が出まくって、まったく決められない!

おまえ、いい加減に何か注文しろよという店員さんの厳しい視線が突き刺さる!動揺した若旦那、思わず質問で乗り切る作戦に!

「すいません、田舎そばってなんですか?」

「ああ、かけそばのことです!」元気よく店員さんが答えてくださった

ああ・・・やってしまった、一番上に書いてあってもっとも安いんだから、かけそばに決まってる・・・なんという愚かな質問・・・これはもう、風呂屋で「シャンプーって頭洗うものですか?」って聞いてるぐらいチンプンカンプンな質問だ、まったく恥ずかしい(涙)

先客たちかわも、おいおい、この素人サラリーマン、変な質問してるぜ!みたいな冷たい視線を送ってくる・・・なんて嫌な人たちだ!(勝手に、想像で人を恨んでいくんじゃない!)

「コロッケそば、ください」

きゃ~~~、なんでよりによってコロッケそばなんだ?それは、常連になってから頼むやつでしょうが!(そうなのか?)・・・ほどなく、目の前にあった、ものすごく小さなコロッケを一つ乗せた蕎麦が出てきた!

「コロッケそば(380円)」

えっ?このそば、ふとっ!こんなに太いそばは、若旦那のそば人生史上はじめてじゃないかなあ?^^うどんとまでは言わないけど、通常のそばの倍以上はあるなぁ^^

それだけに、かなり噛み応えがある・・・なるほど、これは田舎蕎麦だ!

つゆは色が濃く見えるけど、まったく塩からいとかってことはない、あっさりとしていて食べやすい・・・楽しくなってきた・・・口に入った瞬間はちょっと食べにくさを感じるんだけど、噛めば噛むほど、味わいがあがっていく不思議な麺だ・・・さすがにいつも混んでるだけあって、これは他では味わえないものだなあ・・・これで春菊天とかあったらなぁ・・・いやね、とにかく、メニューがシンプルなんだよなあ・・・次に来たら何を頼むかもう決めとかないと、逆に決められない・・・よぉし、次は「かき揚げそば(390円)」にします!(別に今決めなくても!)

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

 


富士じゃなくてふじ? in 「ふじそば」さん

2018-10-03 23:00:00 | そば

今日はキャノンさんのショールームを見学するために「品川駅」にやってきました・・・担当の方との約束には、ちょっと早く到着してしまったので、駅前で何か食べることに^^(いつも、何か食べることにしてるな!昼でもないのに!)

おっ、そば屋さんだ・・・ああ、「富士そば」さんか・・・せっかく「品川駅」に来たんだし、もう少し変わったお店がいいなあ・・・ん?むむむ?・・・左の奥見えますか?なんか、「そば うどん」て書いてあるみたいだ・・・ちょっと行ってみよう

おお!なんと「立喰そば ふじ」さん・・・「富士そば」さんの先に「ふじそば」さんがあるなんてこりゃあ洒落てる・・・行くっきゃない・・・って、この扉みたいなのが入口?・・・恐る恐る中に入ってみる・・・

雰囲気バリバリすぎるな^^自分のお店がこのような状態になるのは、ちょっとヤバイ気もするけど、若旦那はこの感じ嫌いじゃない!^^

カウンター内から野菜を切る音がガンガン響いてる、自家製天ぷらの証拠だ!・・・話し方とかの様子からなんとなくここは家族経営の臭いがする!期待が高まるなあ^^

なかなかに不ぞろいの天ぷらたちが、並んでいる・・・少し悩んだけど、春菊天がなかったので、オーソドックスなメニューで様子を探ることにする^^

「かき揚げそば(400円)」

写真じゃわかりづらいけど、器がめっちゃ大きい、つまりすごくボリュームがある1杯だ!かき揚げが小さく見えるけど、それは間違い!さっきも書いた通り、器が大きいのでそう見えるだけで普通に大きなかき揚げだ!ねぎがたっぷりなのも嬉しい・・・つゆはかなりすっきりした色合いで味も最高にいい塩梅だ!

かき揚げの重量感がすごい、具もだけど粉もたっぷり使われてて、これはつゆを吸うとさらに食べごたえがあがるタイプだ!まさにそばにぴったりの天ぷらと言える・・・野菜がこれでもかと入っている・・・もちろん、自家製なので、カウンター内をのぞけばこのかき揚げの具材もわかるだろうけど、あんまりジロジロ見るのもなあ(食べてみりゃわかるだろ!)いえいえ、食べてもそうそうわかるもんじゃない、ものすごく小さく刻んであるんですよ、こちらのかき揚げは!

たまねぎ、かぼちゃ、ねぎ、なす、まだまだ色々ありそうなんだけど特にわからないのがこの赤いもの、紅生姜でもないし、にんじんでもないようだ・・・よく見たら、カウンターに並ぶ天ぷらの中に一際赤いのがいくつか入ってる・・・あれなんだろう?・・・紅イモかなあ・・・結局、最後までわからなかったんだけどね(わからんのんかい!)

やっぱりこういうお店は色々な発見があって面白かったなぁ・・・天ぷらそばっていうメニューがあるんですけど、何の天ぷらか書いてなくて、どうやら揚がっているものの中から選ぶみたいなんです、常連さんたちは、みな色々な天ぷらを頼んでました・・・中には、からあげって、店内のどこを見ても書いてないものを頼むツワモノまで^^

ここにまた来ることはめったにないと思うけど、忘れないぜ、「富士そば」さんそばの「ふじそば」さん^^

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


神田にはまだあった立ち食いソバ in 「天亀そば」さん

2018-09-25 23:00:00 | そば

神田の立ち食いソバ系はすべて網羅したと思いあがっていた若旦那だが、また新たに発見してしまった・・・それは、めったに行くことのない西口方面・・・いわゆる日本橋の方に向かうルートなんだけど、なんとなんと、ザ・立ち食いってお店がこんな大都会でまだ店を開いてくださっていた^^

「名代 天亀そば」さん・・・24時間営業とある・・・ここ夜なんて人いないんじゃないだろうか?・・・なんて考えながら店に入る・・・すると壁になにゃら新聞記事のようなものが貼ってある・・・タクシードライバーに愛されるお店といった記事だ!なるほどそれで納得!ここらじゃあ、タクシードライバーさんが食事をするようなお店はまったくなさそうだもんな。

店内は完璧な立ち食い・・・今ではここまで席のない店は本当に珍しい・・・若旦那の来店時間はいつものように10時ちょいすぎだから、もっとも客が少ない時間帯なんだけど、年配の従業員さんたちが忙しそうに働いている・・・昼に向けて準備をしているのだろう・・・それにしても足元にネギがあったり、もう少し食べ物に気を使ってもよさそうな気もしないでもない^^

やっぱり最初なんで、一番好きなやつにしてみる・・・「春菊天そば(400円)」・・・一等地は一等地だけど、駅から少し離れた完全立ち食いおお店にしては決して安いとは言えないお値段だが・・・まぁ、普通と言えば普通なのかな?

麺がとってもかわってる・・・全粒粉っていうのかなあ?こんな小さな粒なのに、なんか舌にざらつく感じもあったりするし、なにより鼻に抜ける香りが独特だ!こういうクセのあるものって、逆に印象に残ってまた食べたくなったりするんだよなあ・・・コシというより固めと表現した方がしっくりきそうだけど、この麺は独自のものとしてしっかりと認識したぞ!^^

春菊天は葉っぱのところを掻き揚げたもの・・・粉は少な目のヘルシータイプだけど、やっぱり茎がないと少し香りが足りない気がする・・・それに若旦那は粉部分も好きだからなあ・・・ふやけた衣が味わいを増しますからねぇ^^

なんか、冷やし系のメニューがまったくなかったんだけど、ないはずはないんで、次回はそれを試してみたいと思います・・・いずれにしても、また一つお店が発見できたことは実に喜ばしい(これ以上、そば屋行ってどうしようってんだ?)・・・だって、オイラは江戸っ子ですから!(だから、おまえは江戸っ子じゃないってば!そもそもオイラってなんだ?)

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯


冷たいそば週間⑨ 暑いときはネバネバ! in 「つぼみ家」さん

2018-09-18 23:00:00 | そば

好き嫌いばかり言ってる若旦那ですが、実際本当に食べられないものは世界に一つだけ・・・あっ、ちょっと待てよ・・・世界には信じられないレベルの食べ物も存在するからな、そうなると日本に一つだけ・・・あっ、ちょっと待てよ・・・地方には信じられないレベルの食べ物も存在するからな・・・確か桧原村ではカブトムシの幼虫を食べてるって話だったし(本当なんだろうな!?)そうなると東京に一つだけ・・・あっ、ちょっと待てよ・・・東京っていうのはなんでもある街だからな・・・都内には「カエル」や「サソリ」は当たり前、神田にも最近「ワニ」を食べさせるお店ができたし、中には「オオグソクムシ」が頂ける店まであるっていうからな・・・となると、立川に一つだけってことになっちゃいますね・・・ちょっと規模が小さくなってしまったけど、その食べ物はなにかって言うと納豆なんですね(それを言う為だけにこれほどだらだらと書いたというのか?)

ネバネバするのが苦手なの?なんてきかれたりもするんですけど、そこはまったく関係ない純粋に味と匂いが苦手ときたもんだ、何しろ、子供の頃から嫌いでねぇ、かといって、家族全員嫌いってぇわけじゃあない、若旦那以外は毎日納豆でも大丈夫ってくらいの納豆好きの家で育ったってんだから、こりゃあもう筋金入りですわな・・・えっ?なんで急にそんな話をしたのか?て、そりゃあ、おめえさんこれからネバネバの話をするからに決まってるじゃあありゃあせんか(で、そのおかしな口調はどういう意味があるんだ?)

やってきたましたのは、神田駅東口のガード下で店をかまえる「つぼみ家」さん・・・駅から少し離れているので、朝のピークを過ぎると本当に空いていて、ゆっくりと食事ができるので若旦那が最近もっともよく行くお店です、ただね、席がね、こういう感じだから少しお尻が疲れちゃうんですけど!

さて、こちらも色々なメニューがどんどん出てきて、若旦那をまったく飽きさせないお店なので、店内の張り紙などに細かく目を通していきます・・・おっ!またいいメニュー発見したぞ!

これしかないな・・・お値段的にはかなり高額商品になっちゃうけど、ネバネバ3兄弟が入ってますからね、これを頼まなくてはネバネバハンターと呼ばれる資格はない(呼ばれてないけどな!)

「ねばとろそば(500円)」

おおっ!これはなかなかそそる!・・・まずは1種類づつ楽しんでみよう!オクラのこの青臭さ、いいねぇ!・・・とろろの優しい甘み、いいねぇ!めかぶの磯の香りと喉の通り、いいねぇ!それぞれに、きっちりとした個性が出てる・・・では、個性の融合じゃ!これでもかとかき混ぜてみるぞ!

ついでに、わざびと七味を大量に投入したら、いつもの食事のようなビジュアルにかわった(いつも何を食べてるんだ?)

麺はしっかりとしたコシがあり、つゆはこれだけ薄まった感があってもしっかりと味を主張してくる・・・ネバネバ好きなら楽しい食事になること間違いなし!ただ、問題がないことはない・・・絡めて絡めて、飲むように食べちゃうから、梅雨も全部飲んでしまうってこと!塩分の取りすぎに注意しなければならない若旦那にはこれはヤバイ(涙)

これで「なめこ」が入っていたら、完璧だったなぁ^^なんて、贅沢を言ったらキリがない、十分満足いたしました、ごちそうさまでした。

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯

 


冷たいそば週間⑧ コスパならこれか!? in 「箱根そば」さん

2018-09-12 23:00:00 | そば

冷たいそばを探求する旅人となった若旦那(また旅人ぶり始めたな!)

冷たいそばだと、顕著にそばの質が現れることに気づいてきました!

やはり、うまいそばは冷やしてもウマイ・・・逆に言えば、ごまかしがきかないんですよね・・・ただ、この間、そば好きの著名な文化人と立ち食いそば談議で盛り上がったんですけど(どういうシチュエーションでその談議は実現したんだよ!)やはり、人によって好みって違うんですねぇ・・・若旦那は喉越しとか麺のコシあたりがもっとも重要なんですが、その方は香りや歯ごたえ(コシともまた違うものらしい)が重要だっていうんです

そう考えると、つゆでも大きく左右されますしねぇ^^・・・さて、あと冷やしを食べていないお店は?・・・っとあったあった・・・こちら秋葉原駅 昭和通り口前の「箱根そば」さん・・・こちらは、立地のせいもあるのかもしれないけど、かなり混雑しているお店です、最近外国人の旅行者の姿が目立つ立ち食いそば屋さんの中でも、もっとも外国人の方が多い印象ですね、今日もアジアと欧米からのお客様がいらしてまして、ワールドワイドな店舗となっています・・・ただ、何度かみかけたんですけど、まったく口に合わないらしくて、ほとんど食べていない状態で返却口に置いてあるどんぶりを見かけたりすることもあって、それはちょっと寂しいんですけど・・・ただ、自分が海外に行った時のことを考えると頼んじゃってから、これは厳しいってものありますよね(涙)・・・ビーンズとかね(ただの豆じゃねえか!頼む前にわかるだろ!)

さて、「箱根そば」さんは季節のおそばも大変充実しているんですが、今回は定番の味を頂くことにします…時刻は10時5分・・・あれだな!店の前に一番目立ってる看板・・・見えるでしょう?

 

「朝そば(330円)」午前11時までのメニューですけど、これは最高にコスパがいい!小さいながらにかき揚げと大根おろしとわかめ・・・まずは、かき揚げをザクザク壊しまして、つゆにつけておきます・・・そうじゃないとこちらのかき揚げは結構カリカリなんで、口内に刺さっちゃいますから!^^

では、よく絡めまして・・・うん、うまい、麺はまったくゴワゴワしてない・・・ツルツルッと入ってくる・・・つゆの具合もいいし、大根おろしも臭みなく水気なくいい具合で絡む・・・そろそろ、かき揚げも食べごろだ・・・ほどよく柔らかくなっていてこれまたいい感じ!

なんか、冷たいそばを食べ始めた時は、やっぱり温かいのには到底及ばないなあなんて思っていたんだけど、最近、美味しいのばかりに当たる気がする・・・これで330円・・・コスパならこれだな!

 

スーパーマニアック銭湯 立川湯屋敷 梅の湯