だんなっちょんのブログ

ヤマトのセールスドライバーやってます。
競馬・飲酒・昼寝・スマホいじりが趣味の
甲斐性無しの二児の父

木村王位きたー

2019-09-26 19:42:35 | 生活漫談
木村王位史上最年長初タイトルおめでとうございます。
挑戦者決定戦では羽生九段を下し現役最強の豊島王位から7番勝負の末勝ち取った
タイトルです。正真正銘文句なしのタイトルだと思います。
過去何度もタイトル戦に出場しながら羽生さんを中心としたメンバー相手に跳ね返されて
無冠のまま終わるのかと思いきや、昨年あたりから調子を上げる。
A級昇級を決め、王位挑戦を決め、竜王戦挑戦者決定戦まで進出するなど絶好調
勢いを保ちながら、名人相手に4-3で悲願の初タイトル。
とても嬉しく思います。

同時に悲観することも。
豊島名人も棋聖に続いて王位まで失い、名人のみ。
もちろん竜王挑戦が残っているので暮れには「豊島竜王名人」の可能性もあるから
簡単に否定的には思えないけど、時の最高クラスの豊島さんがタイトルを連続で失うのは
ちょっと悲観的に映るなぁ。
もうすぐ30歳で時の帝王になるには不甲斐なく映った。
タイトル防衛能力を考えれば渡辺三冠には一歩劣る印象を受けた。
こういう状況じゃ渡辺三冠が4~5年無双状態になり、気が付いたら藤井七段を始めとする
若手勢力に一気に覇権を握られるのではないかと思っている。

羽生世代が衰え誰が覇権を握るのか?という時代に
当たり前のように渡辺三冠が再浮上しその位置をキープ。
菅井・高見・中村太一・豊島・広瀬がタイトルを奪うもどれも安定感がない。
菅井・高見・中村はタイトルを翌年には即座に失い豊島も2つ取られた。
広瀬さんは羽生さんから竜王奪取するも、渡辺棋王相手に跳ね返され、
どうしても渡辺・羽生クラスになる若手はいない。

あと2年すれば藤井七段が高校を卒業する。今は学校や勉学が阻害して
研究に力入れられないからタイトル戦まででてこないが(羽生・渡辺も高校時代はタイトルに出るほどではなかった)18や19歳になると一気に火を吹く可能性がある。
その時に受け止めるが今のところ渡辺三冠ぐらいしか思いつかない。
すでに朝日杯を2つ勝つなど常軌を逸した天才。
藤井さんが高校卒業するまでにある程度頭角を現す20代が出てきてほしいが
ちょっと今のところ見当たらないなぁ・・三段リーグ突破者も高齢化がが進んでいるし。

そういういみで豊島さんには竜王名人を取り、来期は全部防衛し
何かしらタイトルをさらに積み重ねてほしいものだが・・・。



コメント