だんなっちょんのブログ

ヤ〇トのセールスドライバーやってます。
競馬・飲酒・昼寝・スマホいじりが趣味の
甲斐性無しの二児の父

新型コロナウイルスで痛感したこと。

2020-04-09 13:43:27 | 生活漫談
1月~2月に中国でコロナコロナ騒いでいた時はことの重大さはわかっていても
どことなく遠い話の印象を持っていた。とりあえず中国人は春節に備えて向か入れるとか
習近平国家主席を4月に歓迎するとか、東京五輪を開催するとか無理でしょという
実感はつかめても、さすがに英米仏伊西あたりの欧州列強中心が死者万単位で出し
未だにめどが立たない事態になり、日本国内でも緊急事態宣言を慌てて出す事態になる
想像まではいたらなかった。
特に欧米の感染拡大と影響は度肝を抜くレベルで多くの日本人を連日震え上がらせている
のではないでしょうか。

「我々はBCGの日本株を受けているから日本は広まりが薄い」だの
「インフルエンザや肺炎の死者ペースより明らかに下回る」だの
楽観視できる材料はあるといえど、温まってきた現在においても感染は止まらず
率は低くても死に至る可能性がある病気であること、
そして長期戦を覚悟しないといけない絶望感はリアルで痛感する日々である。
特にこどもの無邪気な笑顔を見ると、それを失わせてはいけない気持ちは当然のこと
自分もコロナにかかってくたばるわけには行けない気持ちは日を追って強くなる。

子どもの学校も明日から5月6日まで臨時休校が決まった。
3月から休みっぱなしの上にさらに休みとなると運動不足や健康面も心配になる。
今はコロナウイルスの拡大を食い止めるためにできる限り我慢しないといけないが
自分も仕事休みの日に1日中家にいるのは息が詰まるしストレスがたまる。

しかしわがままは言ってははいけない。
自分は本社が大っぴらに言っていた通り国指定のインフラ業のため「通常営業」
コロナに感染するリスクが相変わらず高まるのは憂鬱だが、仕事がありサラリーが出るのは
多くの仕事上の影響を受けて困っている人のことを思えば四の五の言ってはいけない。
バカの私でも緊急事態宣言で飲食店やサービス業従事者の打撃がいかほどが想像できる。

SNSの知り合いの自営業者の方も連日「仕事がなくてやばい・・・どうしよう」
「去年の今頃は花見で楽しんでいたのに・・なんでこんなことに」と過去の花見でにぎわっている画像
を再アップしつつの呟きをみるといたたまれない気持ちになる。
テレビでも大きくは言わないものの、慎みながらも識者が「これが何か月も続くと失業者が山ほどあふれる可能性がある」「自殺者が増える」とかもう鬱になる。

自分は仕事柄いろんな場所に車を走らせておりますが、例年花見で盛り上がっている公園を
横切っても騒いでいるのは1グループか2グループ程度(通常は平日含めて大賑わい)
飲食店や美容室等の荷物は激減で横眼で見てもガラン・・・。365日殆ど開けているはずの
大手学習塾はまさかの長期休暇・・・。公園には子供がぽつぽついるが土日はガラン・・。

こういう時に自分の好きな格言というか名言の重みを感じる。
「何気ない日常がいかに幸せか」
「健康第一」


人間は何気なく過ごしている日常の重みと良さが慣れてしまって気が付かないが
それが失われる重みは失わないとわからない。
それを噛みしめて日々を大事に生活していきたいと思います。

そして最後に
「やまない雨は無い」

仕事で絶対的キャパを超える業務と時間に追われ
キッツくて頭にくることがあるたびにこの言葉を噛みしめている。
どんなに大変でもしっかり地に足をつけて頑張っていればいつかは終わると
信じております。

今はみんなくらいけど、いつか普段の日常を取り戻して
娯楽施設に満面の笑顔をたくさん持った人がにぎわう日々を願ってやみません。








コメント