逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

貴乃花の「狂言」(誣告罪)と加計疑惑国会審議

2017年11月15日 | 政治
『大相撲九州場所 盛り上げ 貴乃花親方と力士、田川市長表敬 浅香山親方、直方市役所訪問』 /福岡. 毎日新聞2017年11月3日 地方版

「幕内は2桁白星を」
12日開幕の大相撲九州場所を前に、田川市内に宿舎を構える貴乃花部屋の貴乃花親方(45)と力士らが2日、同市の二場公人市長を表敬訪問した。
同部屋は、親方の父の故・二子山親方(初代貴ノ花)が同市川宮の「相撲茶屋貴ノ花」の先代社長と親しかった縁で、2011年から市内に宿舎を置く。
部屋には貴景勝、貴ノ岩の幕内力士2人のほか、同市出身の貴西龍(序二段)ら計9人が所属。すでに田川入りし、1日から稽古(けいこ)を始めている。
表敬訪問したのは、貴乃花親方、貴景勝、貴ノ岩と後援会メンバーの計12人。二場市長は「今年は2人の幕内力士がいる。年々、関取が増えて大きな部屋になり、うれしく思う」と激励。貴乃花親方は「勝ち越しで満足してては、田川の人に喜んでもらえない。幕内力士2人には(白星)2桁目標くらいの気持ちで挑んでほしい」と語った。【斎藤毅】
〔筑豊版〕

『「手続き踏んだ」「4条件満たさず」 加計認可巡り攻防』11/15(水)朝日新聞社

衆院文部科学委員会は15日、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が運営する岡山理科大の獣医学部新設が認可されたことについて審議した。国家戦略特区で学部新設が認められ、林芳正文部科学相が正式認可するまでの過程について、政府・与党側は手続きの正当性を主張。一方、野党側は特区を認める前提とされた四つの条件がクリアされていないなどと指摘した。
質疑では、自民党の義家弘介・前文科副大臣が、一連の過程について「ゆがめられた行政ではなく、きちっと手続きを踏みながら歩んできた」と述べた。文科省の義本博司・高等教育局長も大学設置・学校法人審議会(大学設置審)での審査について「外部からの意向が及ぶものではない」と答弁。設置審が加計学園に指摘した不備は改善されて認可に至ったとして、手続きに問題はないとの考えを強調した。
一方、野党側は獣医学部新設にあたり、安倍内閣が閣議決定した「獣医師が新たに対応すべき分野の具体的な需要」などの4条件に、加計学園の獣医学部新設が合致していないのではないかと追及した。
11/15朝日新聞



日馬富士の暴行疑惑でやくみつるさん「ビール瓶で殴ったことが事実なら引退に値する」やくさんは時津風部屋の暴行死事件で、再発防止検討委員会の外部委員を務めた。2017年11月15日Huffington Post

やくみつるさん「瓶で殴打、引退に値」 角界の緩み指摘
2007年の時津風部屋の暴行死事件をめぐり、再発防止検討委員会の外部委員を務めた漫画家のやくみつるさんは、「看過できない。上下関係における暴力は前時代的。これまで排除しようと懸命にやってきた。信頼を取り戻しつつある相撲界に水を差す出来事だ。どこか緩みが出てきている」と憤る。
診断書に記されたけがが、日馬富士によるものかは慎重に見極めるべきだ としつつ、「ビール瓶で殴ったことが事実であれば引退に値する。愚直に品格と力量を求めるべき角界で、到底許されない」と断じた。
暴行死事件を受けた再発防止策として「外出時の服装に気をつける」など、身近な姿勢から正す取り組みを進めてきたが、最近なし崩しになっている部分があり、心配していたという。
相撲に関する著書があるスポーツ評論家の玉木正之さんは、相撲には神事、興行、格闘技としてのスポーツという面がそれぞれあると解説する。「スポーツは反暴力から生み出されるものなのに、相撲界にはその認識が育っていない。暴力に対して寛容な気持ちが強い。相撲界、力士それぞれの意識の問題が根底にある」と指摘する。
(朝日新聞デジタル 2017年11月15日 05時41分)



『露骨すぎる、あからさまな貴乃花親方の「暴行」狂言?(誣告罪)』

安倍晋三首相が半年間も必死に逃げ回ったモリ加計お友達疑惑ですが、とうとう11月15日に衆院文部科学委員会で、野党2、与党1の時間配分(前回より与党側が2倍)で審議が始まった。
と思ったら、世論形成で一番影響力がある映像メディア(テレビ)のニュース番組は大相撲の人気横綱日馬富士を、国民的人気がある貴乃花親方が弟子(貴ノ岩)を暴行したと警察に被害届を出していて、報道陣が大挙して福岡市で3日前の11月12日(日曜日)から開かれている大相撲九州場所に押し掛ける騒ぎになっている。
世間を頭からなめているとしか思えない子供だましな貴乃花と安倍内閣(文部科学省)の二人三脚(相撲協会とか文科省、やくみつる等ファンや有識者やジャーナリスト)による、マスコミ総ぐるみ安倍晋三『モリ加計疑惑』隠しのこれほど露骨な『猫だまし』も珍しい。
(新聞などの活字メディアでも何かを大きく報じるとその分他が小さくなるが、時間枠が限定されるテレビニュースはもっと影響が大きい)

『到底言い逃れ出来ない矛盾点』

時系列で整理すると、
一人横綱の9月場所で優勝した日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が10月の秋巡業中に幕内貴ノ岩(27=貴乃花)を暴行し、重傷を負わせた日付は10月26日未明だった。
ところがである。貴の岩は暴行された当日の26日の鳥取巡業で普通に、元気いっぱいで相撲をとっている。その後も島根や広島など巡業を全て何事も無く済ましていたので、貴乃花親方を含めて周りの関係者全員が重傷だと気が付かなかったという。(巡業で元気に相撲をとる姿をTBSテレビなどが報じている)
3日後の10月29日に貴乃花親方が鳥取県警に被害届を提出。相撲協会の春日野広報部長(55=元関脇栃乃和歌)によると「取り下げるつもりは今のところない」としているという。(貴乃花は警察には届けを出したが、相撲協会には14日まで何の連絡もしなかった)
横綱日馬富士の暴行で重症を負った筈の貴ノ岩がにこやかに貴乃花親方と元気いっぱいで福岡県の田川市を表敬訪問したのが11月2日。毎日新聞(福岡本社版)が写真付きで報じている。
11月4日に初めて鳥取県警から相撲協会の方に暴行事件の問い合わせあり、相撲協会が被害届を出した貴乃花親方に事情を聴くが何故か『分からない』と答えたという。(もしも、貴乃花の発言が事実なら、相撲協会とは無関係な誰か第三者が勝手に被害届を出したことになる)
ところが、警察からの問い合わせで相撲協会が暴行事件を把握した途端、今まで元気だった貴ノ岩が突然重体になり入院したのが11月5日。『脳震盪、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い』と診断され4日間入院したとされているので、貴ノ岩が退院したのは9日だった。
日曜日の11月12日から大相撲の九州場所が何ごとも無く始っていた。貴ノ岩は初日(12日)から休場したが、ところが診断書が出されたのは翌日の13日であるらしい。(診断書無しの休場届とは、『ずる休み』を疑われるので有り得ない珍事)
急転直下、事態が急変してマスコミ大騒ぎになったのは国会で加計学園の審議が始まった15日の朝だった。

『不可解な貴乃花の猫だまし?』

暴行から3日後の10月29日の鳥取警察への被害届には『軽傷』との別の診断書が添付されていたとか、初期の報道では4日間だった入院日数が5日間に増えるなど、貴乃花親方とかマスコミの報道が基本的な部分で変遷しており信憑性が大いに疑われる成り行きで、ほぼ『大騒動を起こす』ことだけが目的の愉快犯的な事犯になっている。
★注、
見知らぬ相手からの通り魔的な暴行事件なら警察が積極的に動くが、今回の様な身内の宴席での酔っ払いどうしの暴行事件の場合は、双方の和解を勧めるので(暴行された痕が無いと動かないので)貴乃花部屋としては診断書を添付したと思われる。



『公益財団法人「日本相撲協会」を所轄する監督官庁は半世紀ぶりに加計学園の獣医学部新設を認めた文部科学省』

時系列的に判断すれば、貴ノ岩を暴行して重傷を負わせたのはモンゴル力士の慰労会の行われた10月26日の現役横綱の日馬富士では無いことになる。(目撃証言があるので暴行は事実でも、重傷は悪質な狂言である可能性が高い。今回やくみつるが言うように『診断書に記されたけがが、日馬富士によるものかは慎重に見極めるべき』であろう)
田川市への表敬訪問(11月2日)以降の元横綱の貴乃花親方の可能性の方が遥かに高いのである。(貴ノ岩が入院したのは横綱日馬富士が暴行した日から2週間も経過していた)
しかも、一応は横綱日馬富士は報道に対して言葉少なに語る。ところが、貴乃花親方は対照的に公の場所で一切喋らないし、そもそも人前に絶対に『顔も出さない』のである。(たぶん、いくら出たくても矛盾点を追及されるのが怖くて人前に『出られない』のである)
貴乃花親方ですが、あの安倍お友達の準強姦もみ消し疑惑記者(元TBSワシントン支局長、山口敬之)と同じで真っ黒クロスケである。
横綱日馬富士暴行事件を公開した日付が九州場所が始まった3日前ではなく、何故モリ加計審議が国会で始まる15日だったのか。(あの元TBSワシントン支局長の山口敬之とは180度逆に、わざとマスコミで騒動を起こしているのでしょう)
それにしても隠蔽の手口が杜撰で、見え見えの『猫だまし』を行っているのですが、それほど安倍晋三首相(政府、文科省)追い詰められ余裕をなくしている何よりの証拠である。
所詮『猫だまし』は瞬間芸であり長くは騙せない。これでは今年いっぱいが限度で、そう長くは持たないでしょう。(今回の国会開会日は35日間だが実質的には1週間程度しかないと言われている)

(おまけ)



『安倍自民党アンダーコントロールのマスコミ各社』それでも、『真実を伝えたい』との涙ぐましい必死の努力

11月15日から始まった衆議院文部科学委員会での加計学園の獣医学科新設では政府が答弁に答えられす10回も中断するなど、もはや末期症状だが、伝える毎日新聞の第一面が秀逸である。
何とも不可解な貴乃花部屋の貴ノ岩の『暴行で重傷』が、政治的に何を意味するか(手品の仕組み)が丸わかり。(安倍晋三アンダーコントロールである毎日新聞などマスコミ各社のフェイクニュースですが、それとなく、『隠されたトンデモない事実を知って欲しい』と誰にも分からない様に、真実を密かに匂わせているのである。ところがハッキリ書かないので読者の誰にも真実が分からない)


72年前の1945年8月12日毎日新聞の第一面は、皇居に向かって深々と頭を下げる国民を後から撮った6段抜きの大きな写真と『悠久の大義に生きん』、『最悪の状態に面した祖国!』と善良だが無知な一般大衆が読めば徹底抗戦を訴えているようでもあり、戦況を熟知している一部知識層が読めばポツダム宣言での無条件降服を示唆している風にも、どちらでも解釈が可能な不気味なものだった。

『歴史は繰り返す。一回目は悲劇として、二回目は喜劇として、』

1945年4月28日イタリアのムッソリーニはパルチザンに捕まり愛人とともに処刑され逆さに吊るされる。ヒトラーは首都ベルリンの地下壕で4月30日に自殺。ドイツは5月9日ベルリンでドイツ軍最高司令官が降伏文書に署名して欧州での戦争は終結する。
ドイツ降服から3ヵ月後の8月9日未明ソ連軍がヤルタ会談で決まっていた対日参戦を決行して、日本は即座にソ連参戦のその日の内に御前会議を開催しポツダム宣言受諾(無条件降伏)を決定する。
8月10日に日本はボツダム宣言受諾(無条件降服)を連合国に伝えた。
ところが、国民に対しては『受諾』は依然として機密扱いで、『玉音放送』の8月15日まで新聞は表面的には徹底抗戦に見えるが、実は読者に対して『どうか、敗戦をそれとなく察してくれ。』との腹立たしい内容の記事を書いて誤魔化していたのである。



阿南陸相が知らなかった?阿南惟幾陸相名義で出された『全軍将兵に告ぐ』、『聖戦を戦い抜かんのみ』との勇ましい布告

8月9日の御前会議で無条件降伏に最後まで反対した阿南 惟幾(あなみ これちか)陸軍大臣ですが、10日午後には阿南陸相と海相、外相の合意で『今や真に最悪の状態に立ち至った』とポツダム宣言受諾(無条件降服)を示唆する下村宏情報局総裁談話を決定。8月11日には各新聞社が掲載する。
日本の敗戦を国民に隠しつつ、同時に『終戦をほのめかす』との摩訶不思議なキメラ獣かヤヌス神の様な態度(二面作戦?)をとっていた新聞の8月11日の一面には(それとなく敗戦を匂わせる)情報局総裁談話を載せるが、その側には逆に降服記事の影響を打ち消す『聖戦を戦い抜かんのみ』との阿南陸相の徹底抗戦の布告を掲載する。
ところが、阿南惟幾陸相の名前で出された『全軍将兵に告ぐ』との勇ましい布告は、当の陸相自身が知らない出所不明の怪文章だったので、情報局が陸相の『偽布告』の掲載を止めるように指示したが既に新聞は印刷しているとして、毎日新聞はそのまま発行を強行する。
自分が作った『生きて虜囚の辱めを受けず』の戦陣訓に背いて米軍の捕虜になった東条英機とは大違いで、8月15日の玉音放送で自決した数少ない日本軍幹部の一人が、この阿南 惟幾(あなみ これちか)陸軍大将だった。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« とうとう出てきた神・意見(... | トップ | 脳がイカれて・・・(・∀・) »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『日馬富士は嵌められた?』 (ローレライ)
2017-11-15 15:21:17
『日馬富士は嵌められた?』、『後出し被害届』では『冤罪』を主張できる。『法廷闘争』は注目の一番だ。
あらゆる問題 (ちくわ)
2017-11-15 16:58:19
どんなスキャンダルでもどんな悪政でも、嫌亜の風を吹かせばすべて隠蔽できてしまう。これは日本人の病気でしょう。
まっるきの霞 (農婦)
2017-11-15 20:21:46
私達国民にとっては何も見えませんし、私達国民
は、あべ晋三のばかさに気がつかない
誰のせい でもない私達が平和過ぎただけ(^-^)/
2ch相撲板「おかしい。これは加計隠しのスピンだ」 (2chすげー)
2017-11-16 23:43:00
970 名前:待った名無しさん[] 投稿日:2017/11/16(木) 22:49:25.09 ID:057YJMSA0
新日本プロレスの医事委員会に名を連ねる牧田総合病院脳神経外科の朝本俊司医師(55)は「全治2週間はまずない。
普通1~2か月は入院でしょう。頭蓋底骨折は転落事故などに見られる高エネルギー外傷ですよ。
(略)
診断書によれば、貴ノ岩は11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院した。
「髄液漏」まで確定した上で診断書通りの負傷であったとすれば、入院前に貴ノ岩が稽古をしたり、
直前の2日に福岡・田川市役所を表敬訪問していたことは考えられないという。
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/sumou/829072/

980 名前:待った名無しさん[sage] 投稿日:2017/11/16(木) 23:05:48.95 ID:7q+aFxG/0
>>970
おかしいよな
殴ってたらアザが残るのに
巡業の映像では貴ノ岩の顔も体も異常は見当たらなかった
件のニュースに過去の怪我した写真使ってるところもあって不信感増すわ

985 名前:待った名無しさん[] 投稿日:2017/11/16(木) 23:11:44.95 ID:lhVY6IqH0
>>980
どこの社が過去の怪我した別の写真使ってたの?

987 名前:待った名無しさん[sage] 投稿日:2017/11/16(木) 23:13:55.21 ID:jAsl2ucvd
>>985
フジだろ
新入幕の時のアザだらけの映像しつこく流してるよ

日馬富士による貴ノ岩への暴行傷害事件 総合スレ2
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/sumou/1510745574/
貴乃花も安倍晋三も「慧光塾」 (ちょここ)
2017-12-14 17:56:40
安倍晋三代議士、ホテルニューオータニの大谷和彦社長などが熱心な信者で広告塔的役割をしている。実はこの慧光塾信者のなかには、貴乃花親方もいたのだ。
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/07/post_7c08.html
「毎晩声をあげて…」安倍首相のオカルト行動を昭恵夫人が証言! 慧光塾や池口恵観の“お告げ政治”がいまも?
http://lite-ra.com/2016/11/post-2714.html
ピンチはチャンス (たま)
2017-12-16 12:06:06
貴乃花親方も貴の岩を利用して自分の大嫌いなモンゴル力士達を一気に潰せる最大のチャンスを得られて大喜びしているように見える。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事