逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

アポロ11号飛行士の1970年謝罪会見 (^_^;)  

2019年04月09日 | アポロ11号・宇宙開発
左から月を歩いたバズ・オルドリン飛行士とニール・アームストロング船長、何故か口髭姿のマイケル・コリンズ。(3人全員が疲労困憊と言うか、体力、気力とも限界のグロッキー状態が何とも痛々しい) 50年前の最新技術『人類として最初の「月面の第一歩」アポロ11号飛行士たちの苦悩と挫折』 Apollo 11 Press Conferenceとのタイトル(YouTube ユーチューブで現在も公開中 )で . . . 本文を読む
コメント (8)

硫黄島(摺鉢山)から74年、アポロ11号から50年

2019年02月24日 | アポロ11号・宇宙開発
渡邉英徳‏ @hwtnv 73年前の今日。1945年2月23日,「硫黄島の戦い」において,摺鉢山の山頂に星条旗を掲揚するアメリカ兵。白黒写真のニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。 ★注、 1945年2月23日なので『73年前の今日』は間違いで、正しくは74年前の出来事である。 この後、日本軍はほぼ全滅する。(Wikipediaによると、)日本軍には小規模な航空攻撃を除いて、増援 . . . 本文を読む
コメント (2)

ファーストマンの悲劇

2019年02月12日 | アポロ11号・宇宙開発
『日本のファーストマン(最初の男)は、』 日本人で最初に宇宙へ行ったのはジャーナリストの秋山豊寛さん(TBS 東京放送社員)で、1990年ソビエト連邦第3級宇宙飛行士として宇宙ステーションミールに1週間滞在した。 1990年12月2日、ソ連のバイコヌール宇宙基地より宇宙船ソユーズTM-11で打ち上げられて、12月10日まで宇宙空間に8日間滞在したが、宇宙に行ったことで「お金や権力や名声などと云っ . . . 本文を読む
コメント (1)

2回目のスプートニクショック  (^_^;) 

2019年01月06日 | アポロ11号・宇宙開発
アメリカのアポロ計画の画像には一箇所も無かった月のクレーターがはっきりと写っている『中国探査車、月の裏側を走行 「中国人にとって大きな一歩」』1/5(土) AFP News 中国国家航天局(China National Space Administration)は4日、同国の月探査車が月の裏側を走行したと発表し、「中国人にとって大きな一歩」と称賛した。 『アポロ11号から50年後のビフォー& . . . 本文を読む
コメント (6)

中国 世界で初めて月の裏側着陸へ

2018年12月08日 | アポロ11号・宇宙開発
『中国が月面探査機打ち上げ 世界で初めて月の裏側着陸へ』2018年12月8日 8:00 AFP 中国は8日未明、月の裏側に着陸する月面探査機を世界で初めて打ち上げた。計画が成功すれば、政府念願の宇宙大国入りに向けた大きな前進となる。国営新華社(Xinhua)通信が伝えた。 探査機「嫦娥4号(Chang'e-4)」は午前2時23分(日本時間午前3時23分)、南西部の西昌(Xichang)にある . . . 本文を読む
コメント (2)

テスラの刑事捜査前日だった月旅行

2018年09月20日 | アポロ11号・宇宙開発
米宇宙開発企業スペースXのビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)が宇宙に打ち上げられる様子のイメージ図(2017年9月17日入手)。(c) AFP PHOTO /SPACEX/HANDOUT 翼や窓が付くと途端に胡散臭くなるBFR 『スペースXの月旅行、初の乗客に「ゾゾ」前澤氏 アーティストを同乗に招待へ』2018年9月18日AFP 米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)が計画する民間人向 . . . 本文を読む
コメント (9)

アポロ11号49周年だったのに、・・・

2018年07月27日 | アポロ11号・宇宙開発
『誰も彼も危険物(タブー中のタブー)として触れたく無かったアポロ11号の快挙』 49年前の1969年7月20日はアメリカのアポロ11号による人類初めての月軟着陸の記念日なのですが、・・・マスコミの報道が何も無し。当事者であるNASAを筆頭に日本のJAXAやマスコミや有識者、宇宙作家でジャーナリストの松浦信也など関係者とかマニアも同じく何も発信しなかったが、その唯一の例外が今回の月面で星条旗を掲げ . . . 本文を読む
コメント (4)

まるで「逃げ水」のような無人月探査レース

2018年01月12日 | アポロ11号・宇宙開発
2017年月へ!だったのに、・・・遠くだとはっきりしていたが『近づくほど、逆にぼやけ実態が消えて無くなる「逃げ水」のような無人月探査機』 2017年1月24日、XPRIZE財団とスポンサーのGoogle社は、「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エックスプライズ)」にエントリーした33チームのうち、日本のチーム「HAKUTO」など5チームのみが月面探査レース(国際コンテスト) . . . 本文を読む
コメント (5)

ロシアより愛を込めた意趣返し

2018年01月08日 | アポロ11号・宇宙開発
『まさに劇的ビフォー&アフター』  before and after?プーチンの強烈な皮肉? 61年前の1957年に人類で初めての人工衛星スプートニクを打ち上げたソ連ですが、4年後の1961年には世界初の有人宇宙飛行を実現している。(ガガーリンのボストーク1号) 月面探査でもソ連はアメリカに常に先行していたが、無人探査機(ルナシリーズ)で月の数百グラムの砂を持ち帰った程度ですが、アメリカのアポ . . . 本文を読む
コメント (5)

パンドラの箱を開けるトランプ大統領 

2017年12月12日 | アポロ11号・宇宙開発
『NASA、40年ぶり有人月面探査へ トランプ大統領が指示』2017年12月12日 7:03 発信地:ワシントンD.C./米国 【12月12日 AFP】 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は11日、航空宇宙局(NASA)に対し、将来の火星探査に向けた準備の一環として、有人月面探査計画を約40年ぶりに再開するよう指示した。 トランプ大統領はホワイトハウス(White Hous . . . 本文を読む
コメント (3)

いけいけどんどん リニア新幹線+株価2万円=テンションMAXで月面軟着陸を目指す日本

2015年04月22日 | アポロ11号・宇宙開発
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の月面探査機「SLIM」の想像図(JAXA提供) 『本当はアベノリスクだった、「いけいけどんどん」アベノミクスの危ない中身』 今ではほぼ死語になっている『いけいけどんどん』の語源については、薩長の軍事クーデターの明治維新後の富国強兵政策と強く結びついた言葉で、使われ始めたのは日清戦争の前後。日本が近隣のアジア諸国に対する侵略戦争を推進する軍部のスローガンのような . . . 本文を読む
コメント

米ロ2030年頃、月への有人飛行を計画

2015年04月02日 | アポロ11号・宇宙開発
『ロスコスモスとNASA 宇宙での協力を続ける』 国際宇宙ステーション(ISS)の長期滞在クルーを乗せたロシアの宇宙船「ソユーズTMA16M」が打ち上げられた。「ソユーズ」がISSに到着するまでにかかった時間は、たったの6時間だった。ISSには、新たな長期滞在クルーのロシアのゲンナジー・パダルカ飛行士とミハイル・コルニエンコ飛行士、そして米航空宇宙局(NASA)のスコット・ケリー飛行士が到着した . . . 本文を読む
コメント

46年間行方不明だったアポロ11号の16ミリカメラが発見される

2015年02月27日 | アポロ11号・宇宙開発
『アポロ11号月面着陸時のカメラ アームストロング船長の遺品から発見』 1969年7月に人類初の月面着陸を成し遂げたアームストロング船長らが月面に一歩を踏み出す様子や、米国旗を固定する様子が、月着陸船「イーグル」に搭載された16ミリカメラによって撮影されている。 カメラはフィルムを回収後、月着陸船内に放置される予定だったが、船長が記念品として持ち帰った。 2012年8月にアームストロング船長が亡 . . . 本文を読む
コメント (3)

月面にはためく星条旗と半世紀後のルナー・リコネサンス・オービター(LRO)

2014年07月22日 | アポロ11号・宇宙開発
『頭の柔軟体操としてのアポロ月着陸船』 日本ではフクシマの『猫だまし』か『赤いニシン』(間違いに誘導するニセの手がかり)だとしか思えない特定機密保護法や集団自衛権、原発の再稼動など、世界ではマレーシア航空機の神隠しに続く撃墜事件にイスラエル軍によるパレスチナの大虐殺などなど。余りにも理不尽で腹立たしいことが多すぎる。 今回は視点を変えて深刻すぎる目の前の問題点を、気分転換で半世紀も前の誰も被害 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

日本の特定秘密保護法アメリカのQE3、アポロ疑惑と中国月探査機映像

2013年12月23日 | アポロ11号・宇宙開発
『キーワードは「あるもの」ではなく、逆の「ないもの」が大事』 マスコミ報道では皆さんが例外なく全員注目する『書いていること』よりも、誰も気が付かない『書いていないこと』の方が大事な場合がよくある。 新聞社が公平中立と標榜しても、それは建前であり事実では無い。 書いている内容は同じでも、出来る限り多くの情報を集めるのが仕事の通信社と、紙面に限りがある新聞社とは性格が大きく違う。 新聞社は通信社の . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (2)