逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

一から始める米アルテミス

2022年09月05日 | アポロ11号・宇宙開発
50年前のアメリカのアポロ計画の目的はタッチダウン『旗を立てたら任務完了』 半世紀後の現在の月面探査は、中国が2013年に『嫦娥3号』が月面着陸。2019年には『嫦娥4号』が世界初、月の裏側に軟着陸成功。2020年『嫦娥5号』が中国初のサンプルリターンに成功して世界最先端を走っている 米ケネディ宇宙センターの発射台に設置された月探査計画「アルテミスI」=30日、米フロリダ州ケープカナベ . . . 本文を読む
コメント (3)

ふわふわのレゴリス(月面の砂)

2022年04月09日 | アポロ11号・宇宙開発
タカラトミーとソニー、月探査ロボ開発 22年打ち上げ 2021年5月28日 19時00分 朝日新聞   月面に着陸した着陸船のイメージ=ispace提供(★注、月面着陸時のロケット逆噴射で柔らかいレゴリスを吹き飛ばしてごつごつした岩が露出?)   民間初の月探査「HAKUTO―R」計画を進めている日本の宇宙ベンチャー「ispace(アイスペース)」は5月27日 . . . 本文を読む
コメント (2)

53年ぶりアポロ11号着陸船見つかる

2022年02月24日 | アポロ11号・宇宙開発
グレート・リセット(システムの壊滅的な崩壊)世界帝国アメリカの断末魔。信用失墜 Shan (Shanmuga Subramanian)@Ramanean 2022年2月22日   . . . 本文を読む
コメント (8)

無駄な「創意工夫」インジェニュイティ

2021年10月03日 | アポロ11号・宇宙開発
NASAが航空機用電動推進技術の開発で民間2社に助成金2812億円 2021年10月01日 NASA  by Aria Alamalhodaei, Nobuo Takahashi   NASA(米航空宇宙局)は米国企業2社を選び、航空機の電動推進技術の開発を推進する。この技術を2035年までに米国航空戦隊に導入することが目標だ。 選ばれたGE . . . 本文を読む
コメント (5)

52年後に見えてくるアポロ11号の真実

2021年06月16日 | アポロ11号・宇宙開発
© 読売新聞 重要土地等調査・規制法が可決、成立した参院本会議(16日午前2時28分、国会で)=源幸正倫撮影 重要土地等規制法が成立…未明の参院本会議で可決 2021/06/16 02:39 読売新聞 安全保障上重要な土地の利用を規制する「重要土地等調査・規制法」は16日未明の参院本会議で、自民、公明両党や日本維新の会などの賛成多数で可決された。 同法 . . . 本文を読む
コメント (2)

【悲報】壊れていくアメリカ(NASA)

2021年04月20日 | アポロ11号・宇宙開発
世界で唯一の超大国アメリカのトホホな現実「無理が通れば道理が引っ込む」「泣く子と地頭とアメリカNASAには勝てぬ」あるいは筒井康隆のハチャメチャなSF小説の並行宇宙(パラレルワールド) 早川由紀夫さんがリツイート Takuro Daimaru|大丸拓郎 @t . . . 本文を読む
コメント (3)

4月12日 世界宇宙飛行の日 

2021年04月12日 | アポロ11号・宇宙開発
ボストーク1号の飛行経路 世界宇宙飛行の日(ロシア語: День Космонавтики、英語: Cosmonautics Day) 60年前の1961年4月12日ソビエト連邦の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン(27歳)がボストーク1号に 搭乗し地球を108分間で1周して無事生還、この時のガガーリンの「地球は青かった」の言葉は、世界に残る名言になっている。(★注、ガガーリンの「地球は青かっ . . . 本文を読む
コメント (6)

夜明け前の中国月面探査機打ち上げ

2020年11月26日 | アポロ11号・宇宙開発
中国、月面探査機を打ち上げ 3カ国目となる土壌採取へ 2020年11月24日 BBC ジョナサン・エイモス、BBC科学担当編集委員   中国は24日、月面無人探査機を打ち上げた。月の土壌サンプルを持ち帰る計画だ。 探査機「嫦娥(じょうが)5号」は24日早朝、海南省の文昌宇宙発射場から大型ロケット・長征5号で打ち上げ、来月中旬に地球に戻る。(★注、24日早朝 . . . 本文を読む
コメント (2)

祝 51年目のアポロ11号記念日

2020年07月21日 | アポロ11号・宇宙開発
7月20日6時58分14秒鹿児島県種子島宇宙センターから打ち上げられたアラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「HOPE」(1・5トン)を搭載したH-IIAロケット42号機(三菱重工) HOPEは、UAE建国50周年となる2021年に中東初となるの無人探査機の火星到着を目指す「エミレーツ・マーズ・ミッション(EMM:Emirates Mars Mission)」の探査機である。 UAEはプロ . . . 本文を読む
コメント (7)

アポロとペドフィリア(小児性愛)と原発事故

2019年07月20日 | アポロ11号・宇宙開発
世界規模で『隠蔽されたアメリカの闇』 現在の科学的知見では50年前のアメリカのアポロ11号の月旅行当時とは大きく違い、本物の月面には巨大なクレーターが口をあけ暗黒の宇宙空間には星々が輝いていた。飛行士の頭上には青い地球が圧倒的な大きさで覆いかぶさるように迫ってくる別世界だった 早川由紀夫‏ @HayakawaYukio · 7月18日 人間は月に行ったか授業ま . . . 本文を読む
コメント (6)

アポロ11号飛行士の1970年謝罪会見 (^_^;)  

2019年04月09日 | アポロ11号・宇宙開発
左から月を歩いたバズ・オルドリン飛行士とニール・アームストロング船長、何故か口髭姿のマイケル・コリンズ。(3人全員が疲労困憊と言うか、体力、気力とも限界のグロッキー状態が何とも痛々しい)50年前の最新技術『人類として最初の「月面の第一歩」アポロ11号飛行士たちの苦悩と挫折』Apollo 11 Press Conferenceとのタイトル(YouTube ユーチューブで現在も公開中 )で、人類最初の . . . 本文を読む
コメント (8)

硫黄島(摺鉢山)から74年、アポロ11号から50年

2019年02月24日 | アポロ11号・宇宙開発
渡邉英徳‏ @hwtnv 73年前の今日。1945年2月23日,「硫黄島の戦い」において,摺鉢山の山頂に星条旗を掲揚するアメリカ兵。白黒写真のニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。 ★注、 1945年2月23日なので『73年前の今日』は間違いで、正しくは74年前の出来事である。 この後、日本軍はほぼ全滅する。(Wikipediaによると、)日本軍には小規模な航空攻撃を除いて、増援 . . . 本文を読む
コメント (2)

ファーストマンの悲劇

2019年02月12日 | アポロ11号・宇宙開発
『日本のファーストマン(最初の男)は、』 日本人で最初に宇宙へ行ったのはジャーナリストの秋山豊寛さん(TBS 東京放送社員)で、1990年ソビエト連邦第3級宇宙飛行士として宇宙ステーションミールに1週間滞在した。 1990年12月2日、ソ連のバイコヌール宇宙基地より宇宙船ソユーズTM-11で打ち上げられて、12月10日まで宇宙空間に8日間滞在したが、宇宙に行ったことで「お金や権力や名声などと云っ . . . 本文を読む
コメント (1)

2回目のスプートニクショック  (^_^;) 

2019年01月06日 | アポロ11号・宇宙開発
アメリカのアポロ計画の画像には一箇所も無かった月のクレーターがはっきりと写っている『中国探査車、月の裏側を走行 「中国人にとって大きな一歩」』1/5(土) AFP News 中国国家航天局(China National Space Administration)は4日、同国の月探査車が月の裏側を走行したと発表し、「中国人にとって大きな一歩」と称賛した。 『アポロ11号から50年後のビフォー& . . . 本文を読む
コメント (6)

中国 世界で初めて月の裏側着陸へ

2018年12月08日 | アポロ11号・宇宙開発
『中国が月面探査機打ち上げ 世界で初めて月の裏側着陸へ』2018年12月8日 8:00 AFP 中国は8日未明、月の裏側に着陸する月面探査機を世界で初めて打ち上げた。計画が成功すれば、政府念願の宇宙大国入りに向けた大きな前進となる。国営新華社(Xinhua)通信が伝えた。 探査機「嫦娥4号(Chang'e-4)」は午前2時23分(日本時間午前3時23分)、南西部の西昌(Xichang)にある . . . 本文を読む
コメント (2)