逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

うろんなゴーン逮捕!あちこちに飛び火

2018年11月24日 | 宗教
『日本会議』の緑タヌキに飛び火する『東京都知事就任の直前まで、フランス・ルノーの社外役員だった小池百合子』  逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去 2018/11/21 日刊ゲンダイ 「ゴーン・ショック」が東京都の小池百合子都知事に“飛び火”した。ゴーン容疑者と小池知事は21日、都が掲げる「スマートシティ」構想や環境問題について対談するトークイベントを開く予定だったが、事 . . . 本文を読む
コメント (3)

アパルトヘイト「負の連鎖」イスラエル

2018年06月06日 | 宗教
イスラム教を揶揄したフランスのシャルリ・エブドの風刺画を原因とした大規模テロの発生で騒然とする中で先進国首脳として初めて中東4カ国を訪問し、イスラエルではダビデの星の前で演説した安倍晋三首相。あらかじめISIS(イスラム国)が殺害を予告していた湯川遥菜氏や後藤健二JOGO(城後)氏など日本人2名の首を切って殺す脅迫ビデオがネットで公開されたのは、その3時間後である。 負傷者の救護中にイスラエル . . . 本文を読む
コメント (1)

創価学会と公安(特高)警察の深すぎる繫がり

2018年04月22日 | 宗教
長い間「最高機密」だった、・・・・  『最後に残されていた「日本の闇」の最大のピース』 創価学会秘史 – 講談社 (2018/3/1)  高橋 篤史 (著) ベストセラー1位- カテゴリ 創価学会  世界的イベントを3月11日に控えた創価学会の「秘史」を明かそう 『人間革命』には書かれていない真実    2018年3月9日 高橋篤史 日本を代表する巨大宗教団体、創価学会。絶 . . . 本文を読む
コメント (2)

バチカンと中国との叙任権闘争が決着 関係改善へ

2018年02月28日 | 宗教
欧州の一部地域にシベリア寒気団による厳しい寒波が襲来。珍しい大雪のローマではバチカンの司祭や神学生たちも雪合戦に興じている。2月26日 ロイター 『中国 バチカンと急接近 不信感抱く「地下教会」』2017年1月9日 毎日新聞 1951年に断交した中国とバチカン(ローマ法王庁)の関係改善の動きに注目が集まっている。中国のカトリック教会は長く、当局の指導を受け入れた政府系教会と、バチカンに忠誠 . . . 本文を読む
コメント

平和な日本とは違い宗教戦争の真っ只中の欧米の宗教事情

2015年05月14日 | 宗教
『米国、クリスチャンの数が減少』2015年05月13日Sputnik 日本 米国ではクリスチャンの数が減少している。Pew Research Center (PRC)による報告書「米国の宗教風土の変化」に示された。USA Todayが報じた。 RPCが最初に同種の調査を行った2007年以来、最大の下げ幅。クリスチャンと自己規定する米国人は全体の78.4%から70.6%にまで減少した。老若、配偶者 . . . 本文を読む
コメント (8)

イノセンス・オブ・クリスチャン「悪意の無い悪意」は恐ろしい

2015年01月11日 | 宗教
『テロと対テロ戦争との、近すぎる不都合な関係』 イスラム教の預言者ムハンマドを笑いものにした報復での今回のフランスでのテロ事件に対して日本の安倍政権をはじめ欧米各国が非難声明を出しているのですが、・・・ それはそれで『正しい』とは思うが、自動車とカラシニコフを使用したならテロ(悪)で、無人機とミサイルの使用なら対テロ戦争(善)だというのも不思議である。両方とも、憎むべき無差別殺人ですよ。(両者 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (1)

ネット世界は珍獣動物園だった(コメント資料集 Ⅱ)

2014年12月08日 | 宗教
コメント集ですが、基本的に一般常識人に羞恥心を与えるポルノの類であり、良識有る人物が読んで不愉快になったり頭が混乱するなどの精神的被害に対して当方には一切の責任がありません。(自己責任の範囲ですが、不可解で禍々しい宗教論議に興味がないなら最初から読まないことを薦めます) 22年前の1991年(冷戦崩壊)から突然大問題になった従軍慰安婦の怪現象2013年05月23日 | 社 . . . 本文を読む
コメント

ネット世界は珍獣動物園だった(コメント資料集 Ⅰ)

2014年12月08日 | 宗教
コメント集ですが、基本的に一般常識人に羞恥心を与えるポルノの類であり、良識有る人物が読んで不愉快になったり頭が混乱するなどの精神的被害に対して当方には一切の責任がありません。(自己責任の範囲ですが、不可解で禍々しい宗教論議に興味がないなら最初から読まないことを薦めます) 志村健世のブログ2013年05月21日22:23 カテゴリ 新自由主義に賛同できない理由を進化論から考えた 一昨日の「病 . . . 本文を読む
コメント (5)

ネット世界は珍獣動物園だった

2014年12月07日 | 宗教
 『資本主義末期の国民国家のかたち・内田樹の腹立たしい手品』   内田樹ですが、何故安倍晋三などの日本の右翼国粋主義が売国的なのかの解説では、 『隠れ○○なので、過激にやりすぎて、わざと失敗して覇権を破壊している』との田中宇の国際ニュース解説よりも説得力が有る。 (田中流解説が、もしも正しいなら絶対に勝てない対米戦争を始めた東条英機も今のネオナチ路線で暴走 . . . 本文を読む
コメント

日本人の神様とGODは何が違うのか?「ふしぎなキリスト教」

2013年07月03日 | 宗教
(SFホラー映画エイリアン3では、邪悪で凶暴な『異星生物』の宿主として体内にエイリアンの卵を寄生された女性宇宙航海士リプリーを頭髪をすべて刈り、坊主頭にしたシガニー・ウィーバーが演じる) 『不思議な橋爪大三郎のふしぎなキリスト教』 本の帯には『起源からイエスの謎、近代社会への影響まですべての疑問に答える最強の入門書!』とあり、 Amazonのカスタマーレビューは最高ランクの5つ星が41に対 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (3)

「ふしぎなキリスト教」不思議な橋爪大三郎

2013年06月26日 | 宗教
『待ち望まれていた科学的解説本「ふしぎなキリスト教」』 西洋近代文明を理解するためには、まずキリスト教を理解しなければならないのは明確な事実である。 ところが歴史的に日本人は長年一番大事な『キリスト教』の理解を惰ってきた。 正しくは一生懸命真面目に、必死になって『何とか学ぼうとした』が、とうとう最後まで『不思議なキリスト教』の本質を『理解出来なかった』のである。 日本人が長年理解することに失 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (3)

アメリカ建国の精神とスティーブ・ジョブズの死

2011年10月10日 | 宗教
『アメリカの 終わりが遂にきた』宮台真司 全米で広まる格差反対デモとアップル創業者スティーブ・ジョブズの死は、アメリカ自身の死をも予感させる。 人間の無限の欲望を抑制するのではなくて最大限賞賛して『夢は最後には実現する』とのアメリカンドリームの国、アメリカ。 唯一の超大国でもあり民主主義の世俗国家の代表でもあるアメリカではあるが光あるところには必ず影が出来る。 金融危機の深刻化で、アメリカン . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (2)

科学と「新時代の信仰」時代の風東京大教授・坂村健

2011年08月28日 | 宗教
『毎日新聞コラム「時代の風」の胡散臭い主張』 『戦争は、希望』との刺激的な言葉で一時は注目を浴びた31歳のフリーターが手を変えて『反原発は、非科学的』との印象操作に励んでいる。 今回は何と、坂村健東大教授の御用学者が『戦争は希望』のフリーターとまったく同じ非科学的な独断偏向の主張を毎日新聞コラム『時代の風』で行っている。 学歴信仰や新聞の信用度は日本では抜きん出て非常に高く、一流新聞が東大教 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (3)

ビン・ラディン?の海上投棄、ムスリムを水葬にする不見識

2011年05月04日 | 宗教
インドの聖なる河ガンガー(ガンジス川)の聖地ベナレス(バナーラス)のガート(沐浴場)と水葬 現在水葬は法律により日本国内では禁止され、刑法190条の死体遺棄罪に該当するとされるが、聖なるガンジス川ではヒンドゥー教の最高教義の儀式の一環として行われていて、人々はここに『死にに来てガンガーに流される』ことがヒンドゥー教徒として一番大切なことであるとされている。 これは、『ヒンドゥー教が、仏教の無 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)

最終回『原理主義の妄想』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年02月03日 | 宗教
今まではコメントを全文掲載していましたが話が長いし横道に逸れるしくどいし難解で、余分な書き込みが多くしかも間違っている。 今回は分かりやす様に短く要約し解説していますが、要約前の全文は『神は妄想である』 コメント集3(資料)2009年11月24日(宗教)に掲載しています。 『ネオコン共和党』 (ejnews) ネオコンは20世紀中期ニューヨークを中心にしたユダヤ系元マルキシストやトロツキーア . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)