逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

「福島第一よりチェルノブイリの方が良かった」泉田新潟県知事(資料)

2013年09月30日 | 放射能と情報操作
『ニュースの「大きさ」と「重要度」は反比例する』 マスコミですが、ニュースの大事さと大きさが『比例する』と勘違いしている善良な人が大勢いるのですが、実は反比例の関係なのです。 マスコミが全てを正しい価値観で報道しているなら、この『逝き世の面影』のような政治ブログの存在価値が無くなるのです。 重要度と大きさが一致するは芸能とかスポーツ等の娯楽面だけ。 大悪党小悪党や妖怪変化、化け物が跳梁跋扈す . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (2)

東京電力広瀬社長「来年度中に汚染水浄化完了」と海洋投棄を宣言

2013年09月27日 | 放射能と情報操作
(2011年3月11日以前の稼動中の東京電力福島第1原発) 左下側(南側)の岸壁近くの海面上に白く川のように見えるのは1~4号基の冷却水(温排水)の放水。 右上(北側)の白い部分は5・6号基の冷却水の放水で、今回気象庁がIAEAに「1日計約600億ベクレルを外洋に放出」と報告。 『5・6号基ポンプで汚染水を1時間に6,500トン1日計約600億ベクレル外洋(原発港湾外)に放出』 9月8日に . . . 本文を読む
コメント (26)   トラックバック (4)

「この国は恐ろしい国だ」気が付かないの間に日本国の姿が変わって来ている

2013年09月25日 | 社会
『日本は恐ろしい国である』 『この国は恐ろしい国だ 連休の間に考えるべき国の姿』と題した日刊ゲンダイ2013/9/21記事が、寺島実郎(月刊世界10月号『日本は恐ろしい国である』)を紹介している。 寺島実朗は。徳川時代の公開火あぶりなどの凄惨なキリシタン抹殺を例に、 『この大量殺戮と集団的狂気を日本人としてどう受け止めるべきか。 「お上」の権威付けと「民衆」の無知が一体となって異端排除に向か . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (3)

国際公約のペナルティー「罰ゲーム」の原発視察

2013年09月23日 | 政治
(6年前に下痢で政権を放り出した安倍晋三首相が、福島第一原発事故現場の視察で下痢でもないのにオシメ着用の不徳) 『名札の漢字も間違えられ…(東京電力提供)』との注釈付きの赤ヘルの安倍晋三総理の映像。 ガックリと肩を落として放射能汚染水が垂れ流される港湾を呆然と眺めている風にも見えるから不思議である。 山頭火の『うしろすがたのしぐれてゆくか』では無いが、アベノミクスや消費税増税、集団自衛権に浮 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (5)

「敗戦前夜の陰鬱」見せしめに脱原発のみのもんたや徳田毅議員を血祭りに

2013年09月20日 | 放射能と情報操作
『マスコミや自民党内の粛清(パージ)「長いナイフの夜」が始まった』 100万人で0~2人と極端に発症数が少ない小児甲状腺がんが、人口200万人の福島県で去年9月に検討委から1人目発症が発表される。 2ヵ月後の11月、二人目が発症。野田佳彦は衆議院を即座に解散して自民党に大政奉還している。 今年2月13日、北朝鮮核実験騒動に紛れて福島県が『小児甲状腺癌3人目』(実数は10名発症)を発表する。 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (5)

一月後れの真夏の怪談、福島第一原発汚染地下水、みのもんた次男窃盗未遂事件

2013年09月17日 | 放射能と情報操作
『もともと地下水で沼状態だった福島第一原発原子炉建屋の地下』 福島第一原発の敷地ですが、元々は海抜30メートル以上の崖になっていた。 ところが、原子炉冷却用の海水汲み上げの経費削減目的で海抜10メートルまで掘り下げて原子炉やタービン建屋を建設している。 この為に、阿武隈山系からの豊富な地下水が原子炉建屋敷地に大量に流れ込むようになっていた。 『「あとは野となれ山となれ」高濃度放射能汚染水の海 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (3)

「幾ら何でも無理筋」詭弁と妄想と虚言と幻惑と錯乱、羞恥心と罪悪感と僅かの謝罪

2013年09月15日 | 社会
『原発の資材置き場のJヴィレッジでキャンプ。 20年五輪で田嶋副会長』 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三副会長は12日、2020年東京五輪開催決定を受け、東日本大震災後に東京電力福島第1原発事故の対応拠点となっているナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」について「(サッカーで)東京五輪のキャンプ地の中心になると思う」と述べ、練習施設としてできるだけ早い時期の復興に期待を寄せた。 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (4)

東京五輪経済効果3兆円の大法螺で10月1日消費税8%決定

2013年09月12日 | 経済
(経済産業省発表の、消費税2%増税の1997年をピークに、16年間も減り続けるデフレ経済下での日本国の国税収入の推移) 『スポーツとは無縁のオリンピック招致の舞台裏』 2020年五輪の開催地が日本の東京に決まったが、12年前に2008年夏季オリンピックの開催を目指し、大阪府や大阪市などが中心となって卓球の福原愛選手をシンボルキャラクターに、大阪の大とサクラの花を掛け合わせたシンボルマークで . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (2)

レッドラインを踏み超えた日本、1941年12月8日と2013年9月8日

2013年09月09日 | 政治
(1年前の2012年09月07日『悲劇の絶滅動物』に掲載した、最後の一頭だったタスマニアタイガーのベンジャミンの映像 メスなのにベンジャミンとういオス名前が付けられたぐらいにタスマニアタイガーは人類にとって未知の動物だった。 77年前の1936年9月7日に死亡して、有袋類最大の肉食獣タスマニアタイガーは地球上から完全に絶滅してしまう。) 『中国国営新華社通信の大誤報』 5年前北京オリンピッ . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (5)

「あとは野となれ山となれ」高濃度放射能汚染水の海洋投棄

2013年09月07日 | 放射能と情報操作
『子供だましの低級な手品に騙される一億総白痴化現象の怪』 今日9月7日朝刊でマスコミが初めて汚染水の最終処理方法としての海洋投棄に言及しています。 しんぶん赤旗は第一面に海外報道の引用との形で、毎日新聞は見開き2ページの汚染水特集の紙面で漁協幹部の苦渋の決断との形で報道する。 今までの東電とか政府とかマスコミとかの説明ですが、根本的に辻褄が合っていない。 今までの色々な不思議の根本は、この海 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (4)

9月7日までの白日夢 2020年東京オリンピックの日本政府の本気度 

2013年09月04日 | 社会
『2020年のオリンピックが東京に決まる確率(オッズ)は1.2倍』 英国のブックメーカー(掛け屋)のオッズ(掛け率)では東京がトップとなっている?らしい。 国際オリンピック委員会(IOC)の開催地決定は9月8日(アルゼンチンのブエノスアイレス時間では9月7日)と目前に迫っている。 スポーツ学の原田宗彦の読売新聞オピニオン記事『2020年東京オリンピック招致の可能性』によると、2020年五輪招 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (4)

「そして誰も居なくなった」シリア空爆の悪夢とアメリカの落日 

2013年09月01日 | 軍事、外交
『1999年のユーゴ空爆や2003年のイラク侵攻』 古今東西の戦争を研究したプロイセンの戦略家クラウゼヴィッツが指摘したように、『戦争』は政治や経済と不可分で一心同体。密接に結びついていて切り離せない。 世の中で『戦争』ほど合理的なものはないのである。 ところが世界は広く、政治経済で考えても合理的な理由が誰にもさっぱり分からない例外の戦争が、時には発生するから不思議である。 物理学の原理原則 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (5)