逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

謎のSARS-CoV-2 \(^o^)/オワタ

2020年10月30日 | SARS-CoV-2と情報戦
奇妙奇天烈、摩訶不思議 謎のSARS-CoV-2 \(^o^)/オワタ   インタビュー◎国立病院機構仙台医療センターの西村秀一氏に聞く 今冬のインフルエンザは流行しようがない 2020/10/28 日経メディカル   インフルエンザと新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の同時流行も懸念される今冬。国は都道府県に対し、同時流行に備えた医療体制の整備を . . . 本文を読む
コメント (6)

未必の故意の殺人を謝って済ます謎の国策PCR検査抑制

2020年10月29日 | SARS-CoV-2と情報戦
首相辞任表明(8月28日)直前の8月7日厚生労働省を退官していた鈴木康裕・前医務技監(事務次官待遇)が謎の国策「PCR検査抑制」をコッソリ謝罪。 謝って済む話ではないが、菅義偉現首相のように一切謝らないよりは少しだけ善良な技術官僚の姑息な責任逃れ(これが普通の一般市民なら泣きながら土下座するところを、股を広げてふんぞり返る上級市民の不真面目な笑顔の謝罪) 医師が必要と判断した人のPCR検 . . . 本文を読む
コメント (12)

米大統領選最終盤「天下分け目」の泥仕合

2020年10月27日 | 政治
2020年11月3日投開票のアメリカ大統領選の直接対決(10月23日の二回目の最終回)の司会者Kirsten Welkerは生粋の民主党の党員で反トランプの急先鋒だった   ベテラン専門記者による日替わりコラムです。火曜日は、大治朋子・前エルサレム特派員が担当します。 火論 討論会「真の勝者」=大治朋子 会員限定有料記事 毎日新聞2020年10月27日  . . . 本文を読む
コメント (3)

ちょっとどころか、大きな違和感

2020年10月25日 | 政治
奇妙奇天烈、摩訶不思議。1年遅れの中曽根康弘の不気味すぎる葬式   (別の意味で「桜を見る会」スキャンダルと同質の)1億円もの国費を投入しただけではなくて、(天皇家にとって大事な「ハレ」の伝統行事である新嘗祭の真っ最中なのに)嫌がらせのように東大など国立の学校や官庁には半旗を掲げるよう菅内閣が通達を出す。しかも数百人の自衛隊員を儀仗兵として動員することで必死で政府自民党は「国葬」を装 . . . 本文を読む
コメント (4)

天下分け目の「仁義なき戦い」最終戦

2020年10月23日 | 政治
2020年11月3日投開票のアメリカ民主党大統領候補の(民主党オバマ政権の)ジョーバイデン副大統領(左側)と、息子のハンター(右側)2010年1月30日撮影 典型的なオクトーバーサプライズ??? 形勢不利と見て今までのバイデン勝利確実!から180度逆の「トランプ再選」に切り替えた「コペルニクス的転換」のNHK \(^o^)/ オワタ (午前6:00 〜 午前7:00)2020年10月23日 . . . 本文を読む
コメント (4)

「首なし美女」と同じ女性刺殺男自殺の怪

2020年10月21日 | 社会
顔無し名前なしの上級犯人?の怪(日本で一番危ない暴力団住吉会系の関東連合が関係した押尾学事件では死亡した女性の名前が秘密にされ報じられなかった) 30歳女性刺殺 逃走男はホテルで自殺…妻は「よくもこんな事件を起こしてくれたな」2020年10月20日 火曜 午後7:30 FNN 群馬県高崎市で10月18日発生した会社員の大沢佳那子さん(30)が刺され、死亡した事件。 男が死亡 . . . 本文を読む
コメント (1)

神嘗祭と同日、不吉な中曽根棺桶と捧げ銃

2020年10月19日 | 宗教
アメリカ軍傭兵組織ISIS(イスラム国)も真っ青、狂気の破壊的カルト宗教 2020年(令和2年)10月14日の防衛省命第九号の第二条によれば、1年も前の2019年11月29日に死んでいる中曽根康弘の遺体を入れた棺桶が存在していて、その棺を警護する自衛隊員の儀仗兵たちが弔銃(捧げ銃 ささげつつ、英語: Present arms)の行うというのですから不気味である。1年前の中曽根康弘の葬式で火葬され . . . 本文を読む
コメント (7)

薩長クーデター政権(靖国史観)による歴史の偽造

2020年10月17日 | 社会・歴史
今週の本棚 橋爪大三郎・評 『日本を開国させた男、松平忠固 近代日本の礎を築いた老中』=関良基・著 会員限定有料記事 毎日新聞2020年10月17日(作品社・2420円) ペリーが来航し翌年に日米和親条約を、また五年後(1958年)に日米修好通商条約を結んだ。その交渉をまとめたのが、老中の松平忠固(ただかた)だ。彼は忘れられた人物だ。徳富蘇峰は「老獪(ろうかい)で我執な俗吏」と酷 . . . 本文を読む
コメント (2)

NHK政治マガジン 突然歴史の歯車が動きだす

2020年10月16日 | 東アジア共同体
アメリカ人より、もっとアメリカンファーストだった日本人 (^_^;) 「世界経済をリードしている国」とのアンケート調査で、世界中が「中国」と答えたが、韓国、日本米国の3ヶ国だけが「米国」と答えた。しかも朝鮮戦争継続中で韓国軍の指揮権をアメリカ軍が握っている南朝鮮を除けば、アメリカよりも日本の方が世界で一番比率が高かった。(★注、日本人の愛国心とは「米国愛」だったとの笑えないオチ) 中国が警 . . . 本文を読む
コメント (4)

歴史を動かした人工知能(AI)アラン・チューリング

2020年10月15日 | 政治
80年以上前の第2次世界大戦中、チュ-リングは解読不可能と言われたナチス・ドイツの暗号機エニグマ(画像はレプリカ)を破り、連合国を勝利に導いた。 学術会議問題でデマを流す国会議員が知らないこと 軍事研究とチューリングの悲劇 2020.10.14 18:20週刊朝日 日本学術会議推薦の会員候補6人を菅義偉首相が任命拒否し、河野太郎行政改革相が学術会議の運営見直し言い出した。甘利明元経 . . . 本文を読む
コメント (1)

内戦必至!カオス(混沌)の米大統領選挙

2020年10月13日 | 政治
(反トランプの急先鋒)米ジャーナリストが、米大統領選挙後の市民戦争を警告 9月 27, 2020  Pars Today 米国の著名ジャーナリストが、今秋の大統領選後に国内で内戦が発生する可能性を指摘しました。 米紙ニューヨークタイムズのコラムニスト、トーマス・フリードマン氏は、米CNNのインタビューで、トランプ氏が大統領選挙の勝者に平和的に権力を移譲しない可能性に言及し、論争が巻 . . . 本文を読む
コメント (2)

挙国一致の謎の「闇の国策」PCR検査抑制の怪

2020年10月11日 | SARS-CoV-2と情報戦
サノスのデシメーション?   世界中で日本一国だけに生まれた謎の破壊的カルト宗教「PCR検査スンナ派」についてて日本人は誰でも一人の例外もなく(マスコミでもネットでも同じで喧々諤々の大論争が散々起きて賛否で大論争が起きた結果)その存在を知っている。 ところが何故か理由は不明だが、その「実態」が丸っきり不明(「存在」が最高機密」 . . . 本文を読む
コメント (5)

ペンス米副大統領の頭の蠅が最大ニュース

2020年10月09日 | 社会
 堂本かおる @nybct   見たよ、ハエ。 午前2:34 · 2020年10月9日·Twitter for iPhone   . . . 本文を読む
コメント (2)

新コロ「存在脅威管理理論」と佐藤優(怪僧ラスプーチン)

2020年10月08日 | SARS-CoV-2と情報戦
ウイルスと内向の時代 コロナ後の大転換を国家と個人はどう生き残るか  2020/7/1 徳間書店 佐藤優  (著) 脅威に対応できるのは独裁体制か!?極端な成果主義か!?中国が感染震源となる理由、米国の対中批判の思惑、国民監視を強化する国家、リモートの果ての未来、互助なき社会の到来―未曽有の変化を受け入れよ。リモートの実践でわかった、組織と社会と . . . 本文を読む
コメント (1)

アメリカ大統領医師団Vsリベラルメディアの新コロ騒動

2020年10月05日 | SARS-CoV-2と情報戦
記者会見する医師団。アメリカ大統領主治医のショーン・コンリー医師(10月4日)   ホワイトハウスが公式に出したトランプ大統領の新型コロナウイルス感染症の診断書   孫崎 享 @magosaki_ukeru · 7時間   . . . 本文を読む
コメント (4)