新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

飼い亀が冬眠から覚めるのは一か月後。しかし、この寒さをうまく越せたかが心配。

2018-02-23 21:20:11 | 日記
  
  ●春の宵隣りあってるエーティーエム


  ○チューリップ一茎の上花一つ


  ●村中の雪収めれず積み上がる


  ○巻癖の取れし暦や七日かな


  ●虎模様踏切棒の震えかな


  ○温き日に擽られてる枯木山


  ●冬籠りものぐさ太郎になっている
コメント

ジムに行って軽く体をほぐしている。固くなった筋肉はなかなか柔らかくならないが、血行が良くなり気持ちが良い。

2018-02-16 10:11:52 | 日記
   
   ●今日冬至今年一番悔ゆる夜


   ○胃を病むか野良猫繁縷食べてをり


   ●歩くとは生きる事なり春日和


   ○風花や自撮り画面に入り込む


   ●春立つや葉を押す花茎桜草


   ○植え枡の七種で食ぶ薺粥


   ●どの足を動かそうかと百足聞き
コメント

3か月ぶりにジムへ行った。体力が衰えているのを心配していたが、行けばジムの雰囲気に体が馴染んだ。

2018-02-08 10:32:53 | 日記
  
  ●三輪車乗りたかったと雪積る


  ○日向ぼこ豆大福を妻と分け


  ●うららかや縞馬笑うような顔


  ○追って来て幼てんとう虫見せる


  ●暮れ早し陣取りごっこ引き分ける


  ○手袋に指収まらず泣く子かな


  ●自転車に載せてと枯葉籠に入る
コメント