新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

遅ればせながら暑い日がやってきた。晴れればすぐ30度を超える。持病ある身には、この落差が堪える。

2017-08-25 09:11:50 | 日記
  
   ○厠にて出会いし記憶かまどうま

   ●もう一本ビールを買いに行く夜長

   ○知恵の輪を解くに忘我の夜長かな

   ●マンションの窓は生きをり夜長かな

   ○屑籠の紙の解れる夜長かな

   ●休む枝探して飛ぶや赤とんぼ

   ○秋めくや首を回せば骨の音
コメント

青空が見えない。ジムの洗濯物が乾かない。暗い毎日で気分が乗らない。こんな夏、初めてだ!

2017-08-18 09:12:20 | 日記
  
   ○止まる枝探して飛ぶや赤とんぼ

   ●秋風や首を回せば骨の音

   ○振り向けば背中に来てる秋の風

   ●秋はもう杉玉吊るす割烹屋

   ○秋刀魚買い野菜売り場に回りけり

   ●この秋も鶏頭咲けど二三本

   ○来る秋や菊の蕾に皹走る
コメント

涼しい毎日が続いて助かる。が、もう8月も半ば。夏本来の暑さが来ないことは、何か嫌な事が起きる前兆のような気がする。

2017-08-11 09:47:04 | 日記

  ○片蔭の古本街に宝あり

  ●土用の日うなぎの「う」の字目が付きぬ

  ○糠味噌に胡瓜を漬けて夜祭ヘ

  ●遠雷や電動自転車ギアチェンジ

  ○水遣りのホースに蛇の姿見る

  ●地下街の七夕竹は空欲しと

  ○ぽってりと咲き撓う枝百日紅
コメント

八月になっても涼しい日が続く。我々には過ごしやすくて良いのだが、暑い時には暑くないと、何か良くないことがある気がする。

2017-08-04 10:02:01 | 日記
 
  ○ありじごく遠雷察知動きをり

  ●にいにい蝉歩きながらも鳴いている

  ○口笛の掠れがちなり炎暑かな

  ●紅蜀葵一日だけの大文字

  ○おんぶばった負われているは雄である

  ●駆け乗り来座り扇子をぱたぱたす

  ○歳時記の下巻を捲る秋隣り
コメント