新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

今年は桜の紅葉がすばらしい!様々の紅色に日本に生まれてよかったと思う。

2010-11-27 10:15:06 | 日記
  

   ●短日の夕日のごとく生きて来し

   ○寒鴉飛び立ち電線揺れにけり

   ●枇杷花や香の降りてきて咲くを知る

   ○焼芋の湯気の連れくる香もうまし

   ●前衛の画家の描きし菊人形

   ○桜紅葉共に参るや父命日

   ●山茶花や蕾に追れ散り続け
コメント

猛暑に耐えた菊が遅ればせながら満開!爽やかな日和の中清涼だ。

2010-11-20 10:07:29 | 日記

   ●短日や蝶よ日のあるうち帰れ

   ○悩み事千切りて捨てし鱗雲

   ●長き夜の終わり回文「寝るね」なり

   ○万年青の実日差し訪れ赤の増す

   ●そぞろ寒バイクの吐きし白煙

   ○日当たればぱぱつと開く花八手

   ●短日や鉄塔黒く迫りくる
コメント

同年齢の訃報が相次ぐ。我々の世代も下り坂か?悔いの無い生き方をしたいものだ。

2010-11-13 09:56:57 | 日記
  ●湯豆腐で無為の一日閉じにけり

  ○枯れ葉蹴り腕に飛び来る仔犬かな

  ●銀杏の葉仰ぐも踏むも妻と共

  ○木枯や地震のごとく足払う

  ●秋日差し置いてきぼりにされし亀

  ○秋深し郵便受けに友の音

  ●雪柳あっけらかんと帰り花
コメント

ようやく菊の蕾が膨らんできた。猛暑の中生き抜いてきたのだから、開花の遅いのは仕方ない。

2010-11-06 10:07:06 | 日記
  ●いきなりの腓返りや冬近し

  ○手の平に乗せて叩きぬ別れの蚊

  ●芋の露落ちぬ重さに纏まりぬ

  ○日矢降れば柿の実色を増しにけり

  ●都会へと紅葉降り来る壁の蔦

  ○一坪の庭にも来る赤蜻蛉

  ●蓮の実をミサイルと見る悲しさや
コメント