新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

8月27日の朝日俳壇に「シャツの跡着て少年は泳ぎをり」が入選した。(大串 章選。)嬉しい!

2012-08-31 09:57:13 | 日記
 

     ○新蕎麦の墨書のうましビルの店

     ●とりあえずビール一杯初蟋蟀

     ○秋や立つ伸び早まりし爪を切る

     ●秋気澄むすっぽり剥けし茹卵

     ○大西日上弦の月赤み帯ぶ

     ●西瓜切る割り口二つ上を向く

     ○蝶の影片陰に入りて消えにけり
コメント

毎日猛暑が続く。植木の水遣りが忙しい。亀の水替えが大変。そして、ビールが旨すぎる。

2012-08-24 09:40:17 | 日記
  

   ●片陰の間を歩く我影や

   ○いなびかり亀どたどたと池に入る

   ●外反の足過ぎりたりプール際

   ○おちこちに鳴き尽くしたる蝉骸

   ●引力に胡瓜勝たる曲りかな

   ○放物線描くボールや秋気澄む

   ●秋や立つ亀じつくりと甲羅干す
コメント

油蝉やみんみん蝉は鳴いているが、にいにい蝉の声は聴けない。最初に鳴きだすのに・・・。なんか不思議!

2012-08-17 10:02:01 | 日記
  


   ●高き天目指し回るやサインポール

   ○花穂割れて葯揺らぎをり稲の花

   ●柚子坊や葉を食べ尽くし明日は明日

   ○朝顔のつる左巻きつぼみ右

   ●稲の香や黄金の波に乗りてくる

   ○朝顔の蕾解れて今日の花

   ●秋めくや入道雲の上に雲
コメント

立秋が過ぎた途端、朝夕の風が涼しくなった。季節は確実に進んでいる。まだ蟋蟀は鳴かないが・・・。

2012-08-10 10:10:40 | 日記
  


     ●秋の蛇丸みの少し増しにけり

     ○地に落ちし蝉を掴めば鳴き騒ぐ

     ●手花火の玉の落ちれば闇の来る

     ○口笛の音の擦れる炎暑かな

     ●鈴虫の鳴き声溢す大樹かな

     ○雲の峰天覆うやう膨らみぬ

     ●草の穂や中流どもの屋敷跡
コメント

雨が降らない。暑さで花たちが弱っているので水遣りに努力しているが、数が多く大変!

2012-08-03 10:16:53 | 日記
  


     ●特売の西瓜の縞の騒がしく

     ○腰空蜻蛉腹離れぬよう飛びにけり

     ●父の日に厄介な酒届きけり

     ○シャツの跡白き少年泳ぎをり

     ●紅蜀葵一日花は大と咲く

     ○にいにい蝉幹に溶け込み鳴きにけり

     ●尾繋オリンピックのD難度
コメント