新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

9月も終わる。ほとんど太陽を見ない月だった。ただ私にはM紙の俳壇の特選という陽が輝いた!

2016-09-30 21:55:56 | 日記

  ○作句とは言葉削ぐこと吾亦紅

  ●潤吉の民家に柿の熟れてをり

  ○里山という力士居り橡の実

  ●団栗を蹴れば予期せぬ飛距離かな

  ○鶏頭に深き襞あり風留め

  ●秋涼や脳にぱしりとチョコレート

  ○素数なる生き方をして愁思かな
コメント

颱風が来たりして、毎日が雨、雨、雨。暗い空、空、空。

2016-09-23 09:12:14 | 日記

   ○電線は椋鳥止まる木にあらず

   ●おしろいの実食ぶな鴉白くなる

   ○秋気澄む柴犬耳を二つ立て

   ●秋風や馬の尻尾も走りけり

   ○犬の居ぬ小屋を月光包みをり

   ●知恵の輪を解けやすくする月光

   ○柿たわわ人は戻らず小鳥来ず
コメント

天気予報を見てると、太陽マークが一つもない。朝起きても暗い空。こんな湿った日々に気分もさっぱりしない。

2016-09-16 12:05:30 | 日記


  ○秋澄むやサイダーを飲むウルトラマン

  ●秋日和トイレのドアに青い人

  ○蝉出でし穴より吹き来秋の風

  ●秋の月犬居ぬ小屋を覗き込む

  ○自転車に母と子二人秋うらら

  ●老人の大独り言身に沁みる

  ○月光がメリーゴウラウンドに乗る
コメント

颱風が毎週やってくる。わが町は風よりも雨の方が助かるが、毎週の襲来で部屋が湿っぽい。台風一過というものがない。

2016-09-09 10:09:08 | 日記


  ○秋日燦とげぬき地蔵撫ぜる婆

  ●秋澄むやサイダーごくりウルトラマン

  ○秋の日やトイレに青い人の立つ

  ●秋風やきりんの首の何処吹かむ

  ○蝉出でし穴吹き出づる秋の風

  ●犬の居ぬ犬小屋に吹く初嵐

  ○自転車に母と子二人秋日かな
コメント

9号に懲りて、10号に備え植木の片付け等びしっとやったが、今回は空振り。でも、東北、北海道は悲惨。これらの災害も想定外か!?

2016-09-02 09:46:46 | 日記


  ○妻の臀さらりと撫ぜる稲穂かな

  ●草千里秋雲渡る橋失せり

  ○瓜坊は猪の子どもや羊雲

  ●服着たる犬と老女に牛膝

  ○揺れなけば芒燃え出す夕日かな

  ●電線の無き空大事鰯雲

  ○山彦の秋気を連れて戻り来る
コメント