新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

このところの暖かさに、沈丁花の花が開き香りが家を包む。季節の贈り物だ!

2010-02-27 10:07:11 | 日記
●風運ぶ夜鳴き続きし余寒かな

○幼子のかしわ手聞こゆ初詣

●ふるさとは寒し武甲は崩されて

○雑煮餅焼き過ぎたるも事始

●春眠の猫そこのけや車出づ

○パンジーや諍い解きて笑いをり

●桜草越しに受け取る便りかな
コメント

妻の弾く琴の音が聞こえる。「春の海」だ。至福とは斯くを言うのか?

2010-02-19 17:19:14 | 日記
●春来たる三日月高く残りたり

○ねこやなぎ握れば返る暖かさ

●のったりとどぜうくねりし春や立つ

○霙落つ森閑まさに極まれり

●雑炊や芹の点睛食そそる

○ミロの絵に初日当りし新世界

●根深葱包丁鈍く光をり

 ★朝日新聞「埼玉文化」俳壇に入選しました。(2月23日)
  寒雀ふくらみ過ぎて破裂すな 鎌倉佐弓先生選
コメント

飛行機雲が青空を割って伸びる。その先に百人以上の命が有るとは不思議な感じだ。

2010-02-13 10:01:48 | 日記
●そぞろ出て大根求め帰りたり

○春めきて一人散歩を悔みおり

●白雲や忙しく流れ寒戻る

○そこはかと妻の顔見しバレンタインデー

●忽然と鉄塔消えし春の闇

○日脚伸ぶ戻らぬ妻や風呂洗う

●浅蜊汁紋様味わい啜りたる
コメント

立春が過ぎた。氷点下の朝が続くが日に明るさがある。家々の屋根の瓦が眩しく光る。

2010-02-06 09:55:52 | 日記
●土筆伸ぶ袴脱がして食したり

○ふぐりかな花避け座る所なし

●寒雀欅大樹の葉となりぬ

○終わり無き摘草になる蕗の薹

●ビル街の花屋の梅の香りけり

○春や立つ瓦の波の眩しかり

●笹鳴きやチャッチャチャッチャと名乗り出づ
コメント