新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年は柿の実りが良い。こんなに実をつけて枝が折れぬかと心配する。

2009-10-31 09:55:56 | 日記
●数珠玉や糸で繋ぎて母思う

○猫の目の高さに赤き万年青の実

●雑木紅葉独歩になりて眺めたり

○秋深し亀右回りに日を追いし

●秋の蝶季節区切りの祭りの日

○実の垂れる柿の木ぐっと支えたり

●藪枯し正体見せし野分後
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近くの公園で翡翠をみた。碧い羽が素晴らしかった。散歩はこうした自然との嬉しい出会いがある。

2009-10-24 10:09:44 | 日記
●柿の実の朱色は葉より集まりぬ

○新蕎麦や箸割りながら打つを見る

●しどけなく亀足垂らす秋日ざし

○ほうずきや赤風船の赤き玉

●秋の蛇つの字しの字の陰日向

○泡立ち草空き地の型に黄を詰めし

●小鳥来る命続くと知る目覚め
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊の蕾が日々大きくなっていく。どんな色の花か忘れたが、丹精してきたからだ。愛情一番。

2009-10-17 10:51:42 | 日記
●園児食ぶ弁当匂う秋うらら

○台風の過ぎて気づきし花の香や

●身を包む続きし命星月夜

○どの部屋に入りても一人秋の蝿

●力芝足を掴や秋の暮れ

○夜長し自販機の音厭はしや

●塾柿や道に置かれし地雷かな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の花水木の清々しさからは想像できない紅葉初めの葉!早く赤くなって欲しいよ。

2009-10-10 11:43:07 | 日記
●吾亦紅甘納豆の発売中

○蚯蚓鳴くほんとの声を聴きたしや

●式部の実露の紫玉になる

○秋の声忘れたきもの含みおり

●揺れる度思い出いずる芒原

○がちやがちやや競い鳴くなか一人酒

●秋の暮れライト揺れ揺れ妻帰る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

94歳、97歳の知り合いが亡くなった。これまで矍鑠していたのだから驚きだ!翻って我が人生は?

2009-10-03 11:39:39 | 日記
●秋澄みて蝶遊ばせる軽さあり

○五つなる思い弾けし桔梗かな

●思い出の数だけ揺れる芒かな

○秋の雨自転車に幌掛けに行く

●マンションの隅の小さき秋夕焼け

○コスモスに色無き風は揺らされて

●長らえて道に大の字柿一葉
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加