新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飼亀が冬眠から覚めた。例年と一週間とずれてない。この子の体内時計の正確さに毎年唖然とする。

2018-03-30 21:31:10 | 日記
 
  ○啓蟄や人の蠢くスクランブル


  ●水切りの水輪は五つ春逝きぬ


  ○一束に赤根八本ほうれん草


  ●ものの芽の解れて未来目指しをり


  ○顔中で欠伸する嬰チューリップ


  ○菜花咲く前の蕾を食う哀れ


  ●父母の年を越えたる墓参り

ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
« 急に春になった。桜も突然と... | トップ | 今月で74歳になる。この半年... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事