新藤麦飲、毎日真剣に生きる!生きた証の一日一句!

毎週金曜日、週の日々の句を7句更新している。

二階のフラワーボックスのゼラニュームの赤い花が春を知らせる。太陽の恵みに感謝。

2010-01-30 10:08:39 | 日記
●崩されし武甲山見ゆ仏の座

○七草の粥の緑やささめけり

●幼子の瞳に菫映りたる

○風止みし関東平野寒明ける

●新年会輩の声は変わらずや

○一夜明け淑気の満つる夫婦かな

●紅梅や陽に浸されて咲き初めぬ
コメント

大寒が過ぎた。でも紅梅がほころび、桜草が咲きだした。花は、春の近づくの知っている。

2010-01-23 10:02:29 | 日記
●笹鳴きや枝の迷路を抜けて行く

○初笑い厨と厠詠み違え

●起き抜けの雑炊作りてんてこまい

○初雀囀り枝よりはみ出しぬ

●健康の秘訣は妻の根深汁

○箱根下り大腿筋の盛り上がり

●老犬の鼻光おり四温かな
コメント

ベランダの桜草が葉の間から花芽を覘かせている。ピンクが愛らしい。もう花の季節も近い。

2010-01-16 09:35:11 | 日記
 ●冬欅見てみよ全て晒しおり

 ○冬茜一番に好きな紫富士

 ●初鴉わが家見下ろし鳴きてをり

 ○葱鮪食む白は野生を忘れさす

 ●侘助や門辺に立ちて客を待つ

 ○つくずくと妻の輝く正月や

 ●蝋梅香部屋に満ちたり白昼夢

  ★枇杷の花坂を下れば母の家 「NHK 俳句実作」鈴木まゆ先生A評価句
コメント

新年を迎えて晴天が続く。金柑の実を食べに小鳥達がやってくる。特にめじろ夫婦が愛らしい。

2010-01-09 10:13:35 | 日記
●蝋梅の香り玄関に飾りたり

○日向ぼこ猫一瞥もなかりけり

●間道を行けば笹子の迎え来る

○さやけしや侘助妻の手の高さ

●いちばんの綺麗を見たり初茜

○初春やポルシェに残る指印

●鵯のあつけらかんと赤実食む
コメント

年が開けた。俳句の奥深さを知るようになったこの頃、新鮮な感覚を持ち続けたい。

2010-01-02 10:40:31 | 日記
 
 ●日溜りに侘助はんなり咲きにけり

 ○おほどかに初富士裾を拡げをり
 
 ●大晦日妻風呂に入る音温し

 ○冬欅身の潔白を晒したり

 ●空き地にも七草育てる日差し射す

 ○浮寝鳥水輪重ねて流れをり

 ●冬至かな無為という時過ごしをり
コメント